なぜパチンコ店でタバコは吸えない?禁煙の法律や吸える条件を解説

公開日: 
喫煙者向けコラム

今では当然となっているパチンコ店の禁煙化・分煙化ですが、なぜ現在パチンコ店ではタバコが吸えないのかご存じでしょうか?

結論から言うと、2020年4月に施行された「改正健康増進法」によってパチンコ店を含む全屋内施設での喫煙が原則禁止とされたからです。

本記事では、パチンコ店でタバコが吸えなくなった理由を解説!改正健康増進法の内容やパチンコ店でタバコが吸える条件もご紹介します。

なぜパチンコ店でタバコが吸えないのか解説

パチンコ たばこ なぜ 吸えない 法律

早速、なぜ現在のパチンコ店ではタバコが吸えないのかを解説していきます。数年前まではパチンコ店に限らずどこでもタバコが吸えることが当たり前だったにもかかわらず、なぜ今はパチンコ店でタバコが吸えないのでしょうか。

結論から言うと、2020年4月1日に施行された「改正健康増進法」によって、パチンコ店や飲食店といった屋内での喫煙が原則禁止されました。したがって、現在はパチンコ店での禁煙・分煙が義務付けられています。

禁煙の法律の改正・改正健康増進法の施行により屋内での禁煙が原則となった

2020年8月2日に施行された「健康増進法」が2020年4月1日に改正され「改正健康増進法」となりました。改正健康増進法は主にタバコの受動喫煙についての考え方を改めることが目的とされており、屋内での喫煙は原則禁止となりました。

これによってパチンコ店・飲食店をはじめとする様々な屋内施設では禁煙・分煙が行われ、現在のパチンコ店ではタバコが自由に吸えなくなっています。

パチンコ店の多くは喫煙所・加熱式タバコエリアを設置している

改正健康増進法によって原則禁煙になりましたが、現在ほとんどのパチンコ店では「喫煙所・加熱式タバコエリア」の設置によって分煙という形が取られています。

喫煙者が比較的多く来店するパチンコ店では、完全に禁煙にしてしまうと売り上げが著しく低下してしまう可能性があった為取られた対策になっています。

改正健康増進法の施行以降でも自由に電子タバコを吸う事ができるパチンコ店がある

1-2 葉タバコを原料としないいわゆる電子タバコは、製造たばこにも製造タバコ代用品にも該当せず、改正法の規制の対象外となるのか。また、規制の対象外である場合、喫煙禁止場所でこれらの製品を使用している者への対応はどのようにすればいいか。

(答)いわゆる電子タバコは、改正法の規制の対象外です。

なお、改正法とはかかわりなく、施設の管理権原者が当該施設のルールとして、いわゆる電子タバコも改正法における喫煙禁止場所では使用しないこと等のルールを定めることは可能です。

出典:改正健康増進法の施行に関するQ&A

意外に知られていませんが、改正健康増進法で言及されているのは「ニコチン・タール等の有害物質を出すタバコ」なのでニコチン・タールを含まない電子タバコについては何も言及されていません。

その為、改正健康増進法によって原則禁煙となったパチンコ店ですが、実は電子タバコなら遊戯中の喫煙が許可されている店舗もあります。店舗によっては電子タバコも禁止しているところがあるので確認は必要です。

ホテルの禁煙ルームで喫煙がバレたら罰金?請求額や法律

ホテルの禁煙ルームで喫煙は罰金?請求額や法律・アイコスがバレるか解説

改正健康増進法によりホテルの禁煙化が進んでいますが、禁煙ルームで喫煙した事がバレると罰金を請求されるのか?請求額や法律・ホテルでタバコを吸う方法を解説し、アイコスやグロー、プルームテック・電子タバコ等を吸っても臭いでバレないのか調査します。

なぜアイコスやプルーム等の加熱式タバコを吸う事ができる店舗がある?喫煙所・加熱式タバコエリアの設置条件を解説

加熱式タバコ パチンコ なぜ 吸える 喫煙所

ここまでは、なぜ現在のパチンコ店ではタバコが吸えないのか・法改正によるパチンコ店の変化について解説してきました。ここからは、なぜアイコスやプルーム等の加熱式タバコを吸う事ができる店舗があるのか解説していきます。

結論から言うと、パチンコ店の著しい売り上げ低下を防ぐ為の緩和策として分煙という方法が取られているからです。また本項では、喫煙所・加熱式タバコエリアの設置条件についても解説しますので気になる方は是非ご覧になってみて下さい。

パチンコ店の禁煙化による売り上げ減少を緩和する為に喫煙所・加熱式タバコエリアを設置している

先ずは、なぜアイコスやプルーム等の加熱式タバコを吸える店舗があるのかについて解説していきます。改正健康増進法によって屋内施設では原則禁煙になったにもかかわらず、なぜパチンコ店で加熱式タバコを吸えるのでしょうか。

結論から言うと、喫煙所・加熱式タバコの喫煙可能エリアを設置して禁煙ではなく分煙を行っているからです。これは、パチンコ店のホール全面禁煙化による著しい売り上げの低下を防ぐ為の緩和策として多くのパチンコ店で取り入れられています。

なお、喫煙所・加熱式タバコの喫煙可能エリアの設置には様々な条件がある為、パチンコ店のどこでも取り入れられている訳ではありません。次の項で喫煙所・加熱式タバコエリアの設置条件をご紹介します。

パチンコ店における喫煙所・加熱式タバコエリアの設置条件一覧

続いては、喫煙所・加熱式タバコエリアの設置条件をご紹介します。喫煙所・加熱式タバコエリアの設置には建物の構造・明確な表記・年齢制限といった条件があります。

喫煙所・加熱式タバコエリアの設置には全ての条件を漏れなくクリアする必要があり、技術的にも予算的にもかなりの負担になる為、喫煙可能エリアを採用していないパチンコ店も多くあります。

喫煙所・加熱式タバコエリアの設置条件

喫煙所・加熱式タバコエリアの設置条件
  1. 加熱式タバコエリアはパチンコ施設の一部でなけばならない
  2. 加熱式タバコエリア・喫煙所であると分かりやすく表記する
  3. 加熱式タバコエリア・喫煙所が店舗内にあると店舗入り口に分かりやすく表記する
  4. 喫煙所の外から中に流れる空気の気流が0.2m/秒以上である
  5. 煙が喫煙所から施設の屋内に流出しない為に、壁・天井によって区画を分ける
  6. 煙が施設の屋外に排気されている
  7. 20歳未満の客と従業員の喫煙所・加熱式タバコエリアへの立ち入り禁止

パチンコ店の喫煙所・加熱式タバコエリアはパチンコ施設の一部でなければならない

前項では、喫煙所・加熱式タバコエリアの設置条件をご紹介しました。上記にあるように、加熱式タバコエリアは「パチンコ店の一部」でなければならないので、全面喫煙可能な店舗は違反となってしまいます。

しかし「パチンコ店の一部」とあるだけで明確な割合や広さの指定がない為、店舗のほとんどを加熱式タバコエリアにするという問題があります。売り上げ・稼働率の低下を抑えるために店舗運営側もルールのギリギリを狙っている様です。

アイコス全39種類の味・人気フレーバーランキング

アイコス全60種類のおすすめ人気フレーバー・値段・新作の味を解説

人気加熱式タバコIQOS(アイコス)のマールボロヒートスティック・ヒーツ・テリア・センティア全種類の味を人気おすすめ順にランキング形式で値段と共にご紹介!最新の新作フレーバーや廃盤、ニコチン・タール量、2022年のスティック値上げも解説!

現在も電子タバコが吸えるパチンコ店があるのはなぜ?

電子タバコ パチンコ なぜ 吸える

ここまでは、なぜアイコスやプルーム等の加熱式タバコを吸える店舗があるのか解説してきました。続いては、なぜパチンコ店で電子タバコが吸えるのかについて解説していきます。

同じタバコという名前にもかかわらず電子タバコは禁止されていないお店があるのはなぜでしょうか?近年VAPEの様な電子タバコユーザーも増えてきたので知っておきたい話ですよね。

結論から言うと、電子タバコは法的な縛りが設けられていない為パチンコ店でも吸う事ができます。本項では電子タバコと法律の関係・注意点について解説していきますので是非ご覧になってみて下さい。

現在も電子タバコがパチンコ店で吸えるのは電子タバコの分類がタバコではなく電子機器だから

パチンコ店・飲食店といった屋内施設の禁煙・分煙が義務化された中で、なぜ電子タバコは屋内でも吸えるのか疑問に思った方も多いのではないでしょうか?

結論から言うと、電子タバコはニコチンやタールが入っていないので「タバコ」という分類ではなく「電子機器」に分類されているからです。その為「タバコ」の受動喫煙を防ぐ目的とされた改正健康増進法は電子タバコが対象として含まれていません。

改正健康増進法で触れられているのはタバコに含まれる有害物質だから

改正健康増進法は、非喫煙者が受動喫煙によってタバコに含まれる有害物質を取り込んでしまうことを防ぐ為に施行されました。つまり、改正健康増進法で触れられているのはタバコに含まれるニコチン・タールといった有害物質なのです。

したがって、ニコチン・タールを含まない電子タバコは屋内で吸っても問題がないとされています。なお、店舗のルールとして電子タバコも禁止している店舗があるので注意が必要です。

パチンコ店での電子タバコ使用をめぐるトラブルには要注意

パチンコ店での電子タバコの喫煙は基本的に認められていますが、思わぬトラブルに巻き込まれる可能性があるので注意が必要です。

電子タバコは禁止されていないと言っても、他のタバコと同じく煙が出るので周囲から勘違いされる可能性は高いです。面倒事を避けたい方・周囲の視線が気になる方はパチンコ店で電子タバコは吸わないことをおすすめします。

ベイプエンジン レビュー アイキャッチ

Vapengin(ベイプエンジン)レビュー!口コミ評価・人気リキッドも解説

Vapengin(ベイプエンジン)の口コミや評価が気になる方必見!ニコチン・タールを含まない持ち運びシーシャであるベイプエンジンを実機レビューします。また、リキッドの人気ランキングやドンキホーテで買えないベイプエンジンがどこで買えるか解説!

原則禁煙となった現在のパチンコ店でもタバコは景品にある?

パチンコ 景品交換 タバコ 方法

ここまでは、なぜパチンコ店で電子タバコが吸えるかについて解説していきました。ここからは、現在禁煙となっているパチンコ店でもタバコが景品にあるのかについて解説していきます。

パチンコの帰りに景品で貰ったタバコで一服をしたことがある方も多いでしょう。以前は当たり前に景品として置いてあったタバコは今でも置いてあるのでしょうか?

結論から言うと、現在でもパチンコの景品としてタバコは置いています。喫煙所のあるパチンコ店であれば帰りに一服が今でもできますね。

禁煙となった現在のパチンコ店でもタバコの景品交換はできる

では早速「原則禁煙となった現在のパチンコ店でもタバコは景品にある?」という疑問に答えていきます。結論から言うと、現在のパチンコ店でもタバコの景品交換はできます。

タバコは景品の中でも「一般景品」に分類されており、食料品・消耗品・おもちゃ・DVD・電化製品と一緒に用意されているので、タバコが規制された現在でも交換可能です。

禁煙となった現在のパチンコ店でタバコの景品交換をする方法

続いては、パチンコ店でタバコを景品交換する方法をご紹介します。景品交換の方法はシンプルで、パチンコ玉の数量を計測して計測結果が記されたレシートを景品カウンターに持って行けば、一般景品であるタバコに交換してもらえます。

なお、各パチンコ台に計数機がある場合はジェットカウンターで総数計測する必要はありません。また、店舗によっては店員が景品の交換手続きをするのではなく、セルフで景品交換ができる店舗もあるので確認しておきましょう。

パチンコ玉を景品交換する手順

パチンコ玉を景品交換する手順
  1. パチンコ台の並んでいる列の端にあるジェットカウンターで出玉の総数を計測する(各台に計数機があれば不要)
  2. 総数が表記されたレシートを景品カウンターに持って行く
  3. 景品を選び店員に交換手続きをしてもらう(セルフ交換の店舗もあり)
最新の紙巻きタバコのわかばとリトルシガーのわかばシガーの有害性・値段・味・臭いを徹底解説

わかばのタバコはやばい?値上げ後の値段・タール数とニコチン量を解説

わかばシガーがヤバいという噂は一体何がやばいの?わかばシガーと販売終了した昔のわかばの違い、2020年・2021年の値上げによる値段の遷移、タール数・ニコチン量に味や臭い、体に悪い・安いというイメージ等わかばというタバコに付いて解説します。

パチンコ店を禁煙・分煙にしたことによるメリット

パチンコ 禁煙 分煙 メリット

ここまでは、原則禁煙となった現在のパチンコ店でもタバコは景品にあるかについて解説してきました。ここからは、パチンコ店を禁煙・分煙にしたことによるメリットをご紹介していきます。

2020年の改正健康増進法が施行されてから2年以上が経った現在、パチンコ店にとって禁煙・分煙のメリットはあったのでしょうか。

そこで本項では、パチンコ店を禁煙・分煙にしたことによる経営者側・消費者側のメリットを「衛生面」「健康面」「経営面」から解説していきます。

パチンコ店を禁煙・分煙にしたことによるメリット①:ホール全体の衛生面の向上

先ず、ご紹介するパチンコ店を禁煙・分煙にしたことによるメリット1つ目は「ホール全体の衛生面の向上」です。タバコの吸い殻や灰によってホールが汚れなくなったことはパチンコ店にとって大きなメリットです。

各パチンコ台に設置されている灰皿の清掃にかなりの手間がかかっていた従来のパチンコ店からすると大幅な人件費と時間の削減になりました。

パチンコ店を禁煙・分煙にしたことによるメリット②:来店客の受動喫煙の防止

次にご紹介するパチンコ店を禁煙・分煙にしたことによるメリット2つ目は「来店客の受動喫煙の防止」です。受動喫煙の防止は改正健康増進法のテーマとして挙げられており、施行の効果は大きく表れています。

パチンコ店を利用する非喫煙者の方にとっては、周囲の禁煙者からの受動喫煙の心配がなくなりパチンコをより快適に遊べるようになりました。

パチンコ店を禁煙・分煙にしたことによるメリット③:新たな顧客層の獲得

最後にご紹介するパチンコ店を禁煙・分煙にしたことによるメリット3つ目は「新たな顧客層の獲得」です。現在、若者を中心にタバコ離れが加速しており、全成人人口の8割が非喫煙者であると言われています。

そんな中、タバコの煙や臭いが充満していたパチンコ店は、数多くいる非喫煙者が入りづらい空間となってしまい新規客が増えづらい傾向にありました。しかし、・分煙がされたことで、非喫煙者が今までと比べて入りやすい空間となり新規顧客の獲得に繋がりました。

タバコが吸えるファミレス一覧!

【最新】喫煙できるファミレス一覧!禁煙化したファミレスもご紹介

現在でも喫煙することが出来るファミレスがあるのをご存知でしょうか?今回は2022年の全国で喫煙することが出来るファミレス・禁煙しているファミレスをご紹介!ガストやバーミヤン、サイゼリヤなど大手のファミレスもまとめているので是非ご覧ください。

パチンコ店を禁煙・分煙にしたことによるデメリット

パチンコ 禁煙 分煙 デメリット

ここまでは、パチンコ店を禁煙・分煙にしたことによるメリットをご紹介してきました。ここからは、パチンコ店を禁煙・分煙にしたことによるデメリットをご紹介してきます。

改正健康増進法が施行されてすぐは経営面での不安・喫煙者からの不満が挙げられていましたが、2年が経った現在パチンコ店を禁煙・分煙したことによるデメリットは何だったのでしょうか。

そこで本項では、パチンコ店を禁煙・分煙にしたことによる経営者側・消費者側のデメリットを「経営面」「衛生面」から解説していきます。

パチンコ店を禁煙・分煙にしたことによるデメリット①:喫煙者のパチンコ店利用客の減少

先ず、ご紹介するパチンコ店を禁煙・分煙にしたことによるデメリット1つ目は「喫煙者のパチンコ店利用客の減少」です。喫煙者の中には「タバコが吸えないならパチンコはしない」と考える方も少なくはありません。

したがって、喫煙者の客足が減少してしまい多くのパチンコ店の経営に打撃を与える結果となっています。この問題を解消する為に、先述した「喫煙所・加熱式タバコエリアの設置」が対策として取られています。

パチンコ店を禁煙・分煙にしたことによるデメリット②:パチンコ台の稼働率低下

次ご紹介するパチンコ店を禁煙・分煙にしたことによるデメリット2つ目は「パチンコ台の稼働率低下」です。客足の減少に加えてパチンコ台の稼働率低下による売り上げ減少もパチンコ店にとっては大きなデメリットです。

タバコを吸いながらパチンコを打てなくなった為、タバコ休憩での離席やニコチンの禁断症状で短時間での帰宅してしまうことによってパチンコ台の稼働率が低下してしまいました。

「喫煙者のパチンコ店利用客の減少」と「パチンコ台の稼働率低下」による売り上げの著しい減少を緩和する為に、現在多くのパチンコ店では加熱式タバコエリアの設置がされています。

パチンコ店を禁煙・分煙にしたことによるデメリット③:屋外でのポイ捨ての増加

最後にご紹介するパチンコ店を禁煙・分煙にしたことによるデメリット3つ目は「屋外でのタバコのポイ捨ての増加」です。パチンコ店屋内の灰皿が撤去されたことによって屋外でのポイ捨てが増加しました。

タバコのポイ捨て増加はパチンコ店周辺に限ったことではなく、駅・コンビニ・スーパー等の様々な場所で灰皿が撤去された為タバコのポイ捨てが増加しています。タバコのポイ捨て増加を受けて、各店舗や自治体は公衆喫煙所を設置し対策を図っています。

禁煙による禁断症状とは

禁煙による禁断症状とは?めまい・咳・だるい・息苦しい等の対処法

禁煙し始めると出る「めまい」や「だるい」などの禁断症状が出ますが、ここではそれらの症状の原因と対処法をご紹介します。また喫煙中には「咳」や「息苦しい」といった呼吸器官のトラブルも、禁煙することで軽減していくのでそれらメリットもお伝えします。

パチンコ店の禁煙・分煙に対する非喫煙者の口コミ・評判

パチンコ禁煙 分煙 非喫煙者 口コミ・評判 タバコ

ここまでは、パチンコ店を禁煙・分煙にしたことによるデメリットをご紹介してきました。続いて、パチンコ店の禁煙・分煙に対する非喫煙者の口コミ・評判をご紹介していきます。

結論から言うと、やはり副流煙や臭いを気にしなくてよくなった分快適であるといった口コミ・評判が多く挙げられています。一方で、非喫煙者ながらパチンコというギャンブルの場そのものを楽しむ方からは否定的な意見もありました。

パチンコ店の禁煙・分煙に対する非喫煙者の口コミ・評判①:服がタバコ臭くならなくていい

先ず、ご紹介するパチンコ店の禁煙・分煙に対する非喫煙者の口コミ・評判1つ目は「服がタバコ臭くならなくていい」です。非喫煙者にとってタバコの臭いは必ず気になる部分ですよね。

「自分がタバコを吸っていなくてもパチンコ店に行くだけでタバコ臭くなって周りから嫌がられる」という悩みを抱えていた非喫煙者は多くいました。しかし、今となってはパチンコ店の禁煙・分煙によって解消され、気軽に足を運べるようなったという口コミ・評判が多く挙げられています。

パチンコ店の禁煙・分煙に対する非喫煙者の口コミ・評判②:パチンコに友達を誘いやすくなった

続いてご紹介するパチンコ店の禁煙・分煙に対する非喫煙者の口コミ・評判2つ目は「パチンコに友達を誘いやすくなった」です。先述した臭いの悩みが解消された為、非喫煙者の友達をパチンコに誘いやすくなったという口コミ・評判も挙がっています。

特に若い世代はタバコ離れが進みタバコの臭いを嫌う人が多くいる為、タバコの臭いが充満するパチンコ店には入りたくないという方が多くいました。しかし、今となってはパチンコ店の禁煙・分煙によって非喫煙者の友達でもパチンコに誘いやすくなったのです。

これは、・分煙によるメリットの所でご紹介した「新規顧客の獲得」に繋がっており、パチンコ店の経営にとって良い兆候と言えるでしょう。

パチンコ店の禁煙・分煙に対する非喫煙者の口コミ・評判③:タバコの副流煙が気にならなくて快適

次にご紹介するパチンコ店の禁煙・分煙に対する非喫煙者の口コミ・評判3つ目は「タバコの副流煙が気にならなくて快適」です。自らパチンコ店に足を運んでいたとは言え、やはり副流煙は気になりますよね。

今までパチンコを打つなら副流煙は仕方ないと割り切っていた方にとっては、今回の改正健康増進法によって副流煙を気にする必要が無くなったことはかなりの朗報だったようです。

こういった口コミ・評判が挙がっているのは、改正健康増進法による非喫煙者の受動喫煙防止は成功を収めていると言えるのではないでしょうか。

パチンコ店の禁煙・分煙に対する非喫煙者の口コミ・評判④:賭場の独特な雰囲気が薄れて少し寂しくも思う

空間を演出する要素として、昔はパンチパーマで気が荒い店員がいたり、マイクで過剰に客を煽ったり、そして店の中全体をヤニ臭さや煙が覆っていた。そういう演出も込みで、パチンコってのが僕は好きだった

出典:livedoor NEWS

最後にご紹介するパチンコ店の禁煙・分煙に対する非喫煙者の口コミ・評判4つ目は「賭場の独特な雰囲気が薄れて少し寂しくも思う」です。非喫煙者の中にはパチンコ店からタバコが無くなることを惜しむ口コミもありました。

日常とは違うパチンコ店という「賭場」の異質な空間を演出する要素として、タバコの臭いや煙を好んでいた非喫煙者からは、綺麗になったパチンコ店はどこか寂しく感じるといった口コミ・評判も見受けられました。

コンビニ安いタバコ アイキャッチ

【2022年最新】コンビニのタバコを値段が安い順に214種類紹介

2022年最新のコンビニで買える値段が安いタバコ銘柄を全種類ご紹介!ファミマ・セブンイレブン・ローソン等のコンビニで買えるレギュラー・メンソール等200円台~600円までのリトルシガーを含むタバコ銘柄全188種類を値段が安い順に徹底解説!

パチンコ店の禁煙に対する喫煙者の口コミ・評判

パチンコ禁煙 分煙 喫煙者 口コミ・評判 タバコ

ここまでは、パチンコ店の禁煙・分煙に対する非喫煙者の口コミ・評判をご紹介してきました。続いては、パチンコ店の禁煙・分煙に対する喫煙者の口コミ・評判をご紹介していきます。

結論から言うと、タバコかパチンコのどちらかを辞めたという口コミ・評判が多いです。その他にも様々な口コミ・評判がありますが意外に否定的な意見は少ないという結果になりました。

パチンコ店の禁煙・分煙に対する喫煙者の口コミ・評判①:パチンコを辞める

先ず、ご紹介するパチンコ店の禁煙・分煙に対する喫煙者の口コミ・評判1つ目は「パチンコを辞める」です。やはりタバコを吸えないのであればパチンコを辞めるという方は一定数いるようです。

今までパチンコとタバコは切っても切れない関係でした。その為、自由にタバコを吸いながらパチンコを打てないのであればパチンコには行かないと思う方はパチンコを辞めていきました。

パチンコ店の禁煙・分煙に対する喫煙者の口コミ・評判②:パチンコでタバコを吸えなくなったおかげで禁煙できた

続いてご紹介するパチンコ店の禁煙・分煙に対する喫煙者の口コミ・評判2つ目は「パチンコでタバコを吸えなくなったおかげで禁煙できた」です。先ほどはパチンコを辞めたという口コミ・評判でしたが、逆にタバコを辞めたという口コミ・評判もあります。

今まで禁煙・減煙しようと思っていても中々踏み出せなかった・続かなかった方達にとっては、パチンコ店の禁煙・分煙が禁煙の大きなきっかけになったのではないでしょうか。

パチンコ店の禁煙・分煙に対する喫煙者の口コミ・評判③:タバコ休憩のおかげで冷静になれる

次にご紹介するパチンコ店の禁煙・分煙に対する喫煙者の口コミ・評判3つ目は「タバコ休憩のおかげで冷静になれる」です。喫煙者の中にはパチンコを遊ぶ上で意外にも快適になったという口コミ・評判もあります。

タバコ休憩で定期的に離席することで、パチンコで熱くなった頭と体のリセットができるので、かえってパチンコを楽しめるようになったようです。

タバコを吸いながらパチンコを打つことが快楽になっていた方にとっては、タバコとパチンコの組み合わせは名残惜しい要素ですが、悲観的に思っていない喫煙者の方もいるのですね。

パチンコ店の禁煙・分煙に対する喫煙者の口コミ・評判④:分煙していないのは時代錯誤だった

ニコカスの俺は不便になったぞ ただ分煙してなかったのは流石に時代錯誤すぎたな

出典:5ちゃんねる

最後にご紹介するパチンコ店の禁煙・分煙に対する喫煙者の口コミ・評判4つ目は「分煙していないのは時代錯誤だった」です。時代の流れとして分煙をしていないのは時代錯誤だったという口コミ・評判が喫煙者の中からも挙げられています。

現代では当たり前となっている屋内・屋外問わずの分煙ですが、つい数年前まではどこでもタバコを吸えるのが当たり前でした。そんな中でも喫煙者の中に、非喫煙者への副流煙を気にしている方も少なくなかったのではないでしょうか。

それが改正健康増進法によって、喫煙者と非喫煙者の本当の意味での共存が叶ったと考えると、健康増進法の改正は世の中にとって非常にいい変化をもたらしたと言えます。

タールが高いタバコ

【最新】ニコチンやタールが高いタバコランキング45選!

世界一タールが高いタバコ銘柄は?2022年最新のニコチン・タールが一番高いタバコからニコチン量・タール量が多い順にランキング!タール数が高い体に悪いタバコの一覧、コンビニで買える重いタバコ・強いタバコ・きついタバコを知りたい方は必見です!

なぜパチンコ店でタバコは吸えない?禁煙の法律や吸える条件を解説のまとめ

この記事の要点まとめ
  • 現在パチンコ店で原則禁煙なのは「改正健康増進法」による屋内喫煙の規制が原因
  • 売り上げ低下防止の為に多くのパチンコ店では喫煙所・加熱式タバコエリアを設置
  • パチンコ店の禁煙化・分煙化は賛否両論だが今では受け入れられている意見が多数

本記事では、なぜパチンコ店でタバコは吸えないのか?禁煙の法律や吸える条件について解説してきました。現在パチンコ店でタバコが吸えない・分煙がされているのは2020年4月に施行された「改正健康増進法」の影響であることが分かりましたね。

改正健康増進法についてのニュースが出た当時では、パチンコ店の経営者や利用者の多くから否定的な意見が寄せられていました。しかし、2年以上経った現在では当たり前のように禁煙・分煙が受け入れられています。

喫煙者が非喫煙者に気を遣わずにタバコを吸い、非喫煙者は臭いや副流煙に悩まされることが少なくなりました。これは、健康増進法の改正による分煙社会の促進が、多くの人にとって良い変化を与えたと言えるのではないしょうか。

全記事に適用【マーカー関連】

3連>(商標以外)電子タバコ pc/sp出し分け 1段目:DRS商標 2段目:クライアント

書き出しBOX>(商標以外)DRVpc/sp共通 ::logic /1段目否定,(Drs商標)

ベイプ2(5000) (1-特別除外,2-DRS除外,3-JUUL除外)

全国展開中の「DR.VAPE Model2」が期間限定5,420円オフ!

ドクターベイプモデル2

シリーズ累計販売本数1,500万本突破、Amazon・楽天年間ランキング1位、テレビCM放映やファミリーマート販売など全国展開中の「DR.VAPE Model2」ドクターベイプモデル2公式サイト限定で最安値で購入できます!

現在販売されている全7種類のフレーバーは、ニコチン・タール・タバコ臭ゼロを実現!紙巻きタバコのような嫌な臭いに悩まされず、気分に合わせたフレーバーを楽しめます。

また、1箱で紙巻きタバコ4箱分吸えるコスパと紙巻きタバコを圧倒する吸い応えが特徴!他社では実現不可能なコスパと満足感の両方を兼ね備えている喫煙者にとって夢のような電子タバコです。

そんな魅力に溢れたDR.VAPE Model2のお得なスターターキットが、期間・数量限定の5,420円引きで販売中なので、ほんの少しでも気になる方は今すぐ公式サイトドクターベイプモデル2をチェック!