とにかく価格が安いおすすめの激安タバコを44銘柄全部まとめてみた!

箱から1本出ているタバコ

↓ JUULの販売店で最短3日到着を実現 ↓

今の時代、タバコの価格は値上げするばかりです。

喫煙者にとってタバコの値上げは「え~また上がるの…勘弁してよ~」と思ってしまうぐらいの大ダメージです!

このまま価格が上がり続ければタバコは誰もが手を出せる趣向品ではなく、金持ちの道楽と化してしまうかもしれませんね…

今回は、喫煙者の皆さんのために「おすすめの安いタバコ」DR.VAPE(ドクターベイプ)を全部まとめました!44銘柄紹介しているのでどうぞご覧ください!激安タバコはどれかな~?

目次からササッとチェック

タバコの価格が値上げされるのは何故?

2018年10月にタバコの価格が値上げされてからどんどん価格が上がってきているタバコです。

タバコの価格が値上げされる月の前に、カートンをまとめ買いする消費者が多く、コンビニなどで商品棚の上にたくさんタバコが積まれていた光景が昨日のように感じます。

そもそもタバコが値上げの対象になっているのは何故なのか?気になったので、タバコが値上げ対象の理由を先に紹介したいと思います。

タバコは我が国の貴重な財源

実はタバコ税には4種類の税金がかけられているのですが、中でも「タバコ特別税」という税金は、旧国鉄の長期返済費用に充てられています。

さらに「地方タバコ税」という税金もかけられているのですが、この税金は各都道府県と各地方を支える財源として使用することが目的の税金になっています。

消費税や所得税を上げるより趣向品であるタバコの価格を値上げした方が、税収対策として利用しやすい傾向にあるのかもれません。

タバコ税は国のために大事な財源であるため、日本において最も税率負担が多い趣向品の一つなんです!

増税

【2019年10月】タバコの値上げ全279銘柄一覧まとめ!

2019年10月2日

タバコ値上げ対策には電子タバコも得策

日本国内では今後も税金だけでなくタバコ税の増税が予定されていて、増税前に電子タバコに移行する人がすごい勢いで増えています!

その中でも今最も売れているDR.VAPE(ドクターベイプ)DR.VAPE(ドクターベイプ) は初登場から1年足らずで累計販売本数が100万本と超えている大ヒット電子タバコで、増税によるタバコの値上げを心配する必要も無く、コストパフォーマンズも優れているので禁煙・節約など、タバコに関するお悩みを持つ方には強くおすすめしたい電子タバコです!

火を使わないのでタール・ニコチンなどの有害物質も一切発生しないドクターベイプは、吸い心地も紙巻きタバコに負けないので、紙巻きタバコ愛煙家も違和感無く満足感の高い喫煙を楽しむ事ができます。

しかも今だけ!通常価格8,500円のところ、3,500円で購入できるお得なキャンペーが開催中なので、このチャンスにメンテナンス不要・有害性無し・吸い心地抜群のドクターベイプを始めてみませんか?

日本製で価格が安いおすすめのタバコ【200円代】

割れた豚の貯金箱とハンマー

この先タバコの価格がグンと値上げされる前にタバコをやめるのが一番の得策なのかもしれませんが、そんな簡単にやめれたら苦労しないんですよ…

ということで早速、おすすめの安いタバコを紹介していきたいと思いますが、ここでは日本製と海外製で分けて紹介します!

まずは日本製の価格が安いタバコ「200円代」から行ってみましょう。

200円代でしたらメジャーなタバコに比べると約300円ぐらい安いタバコですね!

補足
この記事では価格が490円~520円のタバコ(メビウス、セブンスター、マルボロなど) を「メジャーなタバコ」と表記していきます。

日本製の200円代のタバコ「ピース(10)」

ピースは日本で人気のあるタバコの銘柄の一つで、長く愛煙されているタバコです。

メジャーなタバコ価格と同様の商品も出ていますが、こちらのピースは10本入りで260円の価格で販売されています。

高質なバージニア葉とバニラ豆のバニリン風味が使用されているので、甘く芳醇な香りと深みを楽しむことが出来るのがピースの特徴でもあります。

さらにピース(10)は従来のタバコにあるフィルターが無く両切りタバコで「ショートピース」「ショッピ」という愛称で親しまれています。

ピース(10)の詳細
  • タール:28mg
  • ニコチン:2.3mg
  • 価格:260円
  • 本数:10本入り
  • 販売店:全国のコンビニ、タバコ屋、スーパーなど

日本製の200円代のタバコ「ホープ」

今のタバコにはフィルターが付いている商品がほとんどなのですが、ホープは日本初フィルター付きタバコとして販売されたタバコになります。

ホープも1箱10本入り260円の価格で、タバコ本来の味と香りを楽しめますが、通常のタバコに比べて長さが短くなっています。

糖分が多く甘い香りを放つ黄色種というタバコ葉が使用されており、香料にはハチミツが使用されているので甘い香りと味を楽しめるタバコです。

また「ショートホープ」「ショッポ」の愛称で親しまれていて、全4種類の味が販売されています。

ホープの種類を見る

ホープ・オリジナル

・タール:14mg
・ニコチン:1.1mg
・価格:260円
・本数:10本入り
・販売店:全国のコンビニ、タバコ屋、スーパーなど

ホープ・オリジナルはレギュラータイプのタバコで、弓矢のイラストと箱の文字が青で装飾されています。

ホープ・ライト

・タール:9mg
・ニコチン:0.8mg
・価格:260円
・本数:10本入り
・販売店:全国のコンビニ、タバコ屋、スーパーなど

ホープ・ライトもレギュラータイプのタバコで、タールが9mgとホープ・オリジナルに比べて低くなっています。

弓矢のイラストと箱の文字が赤色で装飾されています。

ホープ・スーパーライト

・タール:6mg
・ニコチン:0.5mg
・価格:260円
・本数:10本入り
・販売店:全国のコンビニ、タバコ屋、スーパーなど

ホープ・スーパーライトは、ホープ・ライトよりもタールが3mg低くなったレギュラータイプのタバコです。

弓矢のイラストと箱の文字が黒で装飾されたデザインになっています。

ホープ・メンソール

・タール:8mg
・ニコチン:0.6mg
・価格:260円
・本数:10本入り
・販売店:全国のコンビニ、タバコ屋、スーパーなど

4種類あるホープの中で唯一のメンソールタイプで、短いタバコながらも強いメンソールの爽快感を味わう事が出来ます。

弓矢のイラストと箱の文字がメンソールらしい緑色で装飾されています。

日本製で価格が安いおすすめのタバコ【400円代】

シンガポールのコイン

価格が激安な200円代のタバコは、やっぱり誰もが知っている銘柄になりました!

現在の日本製のタバコの値段は490円~520円がありますが、やはり200円代となると1箱10本入りしかありませんね…

1日数本程度しか吸わない人には充分1日で1箱持つかもしれませんが、余裕で10本以上吸ってしまう人は、予備を常備しないといけないので、カバンやポケットがかさばってしまうのが難点ですね。

では、続いて日本製の400円代のタバコを紹介していきたいと思います!

日本製の400円代のタバコ「ゴールデンバット」

以前まで旧3級品と呼ばれていたタバコ製品で、2015年まではフィルターがない両切りタイプのタバコとして販売されていました。

2016年の発売110周年を迎えた際に、両切りからフィルター付きタバコと変更され、さらにタールとニコチン量も変更されました。

2004年には宮城県限定でゴールデンバット・ボックス(紅茶風味)ゴールデンバット・メンソール・ボックス(カシス風味)が登場しましたが、人気はいまいちだったようで、僅か半年程度で販売が終了しています。

2019年1月には北海道の一部の売店で、リトルシガー(葉巻)が2種類発売されています。

※ゴールデンバットは2019年10月以降在庫が無くなり次第、販売終了です。

ゴールデンバットの詳細
  • タール:15mg
  • ニコチン:1.0mg
  • 価格:420円
  • 本数:20本入り
  • 販売店:全国のコンビニ、タバコ屋など(在庫が無くなり次第廃止)

日本製の400円代のタバコ「エコー」

エコーはオレンジ色のパッケージが印象的な旧3級品と呼ばれたタバコです。ゴールデンバットがフィルター付きタバコに変更されるまでは、フィルター付きタバコの中で一番安いタバコの銘柄を誇っていました。

かつてはお年寄りが好んで吸っていたタバコだったので「お年寄りご用達のタバコ」と言われており、今でもお年寄りが吸っているイメージがありますよね!

しかし2019年10月の消費税増税の影響により在庫が無くなり次第、廃止となってしまいました。といってもエコー自体が無くなる訳ではなく、リトルシガーである「エコーシガー」として新たに生まれ変わっています。

エコーの詳細
  • タール:15mg
  • ニコチン:1.0mg
  • 価格:440円
  • 本数:20本入り
  • 販売店:全国のコンビニ、タバコ屋、スーパーなど(在庫が無くなり次第廃止)

日本製の400円代のタバコ「わかば」

わかばも旧3級品と呼ばれていたタバコ製品で、発売当初である1980年代は認知度が少ない銘柄でした。

しかし昨今のタバコ税率の増加により、フィルター付きのタバコおよび旧3級製品の中ではロングサイズ(80mm)になるため、需要が高まってきている傾向にあります。

2016年までは200円代の値段だったのですが、2017年を境に300円の値段になってしまい、さらには2019年10月の消費税増税の影響により在庫が無くなり次第、販売終了という悲しい結末を迎えました。

と言ってもエコー同様に、リトルシガーである「わかばシガー」として生まれ変わったので、わかば自体無くなった訳ではありません。

わかばの詳細
  • タール:19mg
  • ニコチン:1.4mg
  • 価格:450円
  • 本数:20本入り
  • 販売店:全国のコンビニ、タバコ屋、スーパーなど(在庫が無くなり次第廃止)

日本製の400円代のタバコ「うるま」

うるまも旧3級品と呼ばれていたタバコの一つですが、恐らく見かけたことが無い人の方が多いタバコの銘柄なのではないでしょうか?

うるまは沖縄県向けに製造販売をしているタバコになり「うるま」という製品名も沖縄の方言から来ています。

うる=砂、ま=島という意味があり砂礫島のことを意味している方言になります。

味も癖のあるタバコで、沖縄では中年男性やお年寄りから支持を得ている人気のあるタバコです。

うるまの詳細
  • タール:17mg
  • ニコチン:1.2mg
  • 価格:450円
  • 本数:20本入り
  • 販売店:沖縄のタバコ屋など
販売終了

【タバコ】わかばとエコーが2019年10月以降に販売終了が決定!

2019年11月15日

日本製の400円のタバコ「キャメル」

キャメルはラクダのイラストが特徴的なタバコのパッケージで、490円のキャメル・ナチュラルシリーズがあります。

しかし今回おすすめするタバコは、キャメル・メンソール・ボックスとキャメル・ライト・ボックス、キャメル・ボックスの400円のタバコです!

そんなキャメルの吸った時の味わいは、キャメル特有のナッツの香りを感じれる風味豊かでナチュラルテイストの味わいになっています。

キャメルの種類を見る

キャメル・ライト・ボックス

・タール:6mg
・ニコチン:0.6mg
・価格:400円
・本数:20本入り
・販売店:全国のコンビニ、タバコ屋、スーパーなど

2018年6月に発売されたキャメル・ライト・ボックスは、キャメル特有のナッツ風味の香りと6mgのタールで程良い吸いごたえを感じる事ができるバランスのとれたタバコです。

パッケージはキャメルの象徴でもあるラクダとロゴを一体化させ、青色で装飾されています。

キャメル・メンソール・ライト・ボックス

・タール:5mg
・ニコチン:0.5mg
・価格:400円
・本数:20本入り
・販売店:全国のコンビニ、タバコ屋、スーパーなど

キャメル・メンソール・ライト・ボックスは、タールが5mgと程良い吸いごたえを感じる事が出来るメンソールタイプのタバコです。

強いメンソールを特徴としているので、吸った時にクリアな味わいを楽しめます。パッケージはキャメルの象徴でもあるラクダとロゴを一体化させ、メンソールのタバコらしい緑色で装飾されています。

キャメル・ボックス

・タール:12mg
・ニコチン:1mg
・価格:400円
・本数:20本入り
・販売店:全国のコンビニ、タバコ屋、スーパーなど

クリーム色を基調とし、真ん中にキャメルの象徴でもあるラクダとロゴを一体化させたシンボルでシンプルなデザインになっています。

日本製の価格が安いタバコまとめ
  • 価格が激安な200円代となると1箱10本入りしかない
  • 400円代はわかば、エコーなどの旧3級品もあるが、販売終了もしくは沖縄限定のうるまとキャメルの3種類しかない

海外製で価格が安いおすすめのタバコ【200円代】

たくさんのコイン

日本製の価格が安いタバコ紹介が終わったので、続いては海外製の価格が安いタバコについて紹介していきます。

海外製のタバコはメジャーなタバコであれば、コンビニやタバコ店、自販機で買う事が出来ますが、今から紹介するタバコは価格が安いだけに少々マニアックなタバコも入ってきます。

気になるタバコを見つけたら、マイナーたばこ情報@Wikiというサイトで販売店の情報を検索することができますよ!

では早速、海外製の価格が安いタバコ200円代を見ていきましょう!

海外製の200円代のタバコ「キャプテンアーク」

アークロイヤルという銘柄の姉妹銘柄として誕生した、ウルグアイが生産国の海外製タバコです。

姉妹銘柄であるアークロイヤルのタバコでは、価格が480円とメジャーなタバコと大して価格が変わりませんが、このキャプテンアークは1箱の価格が230円です!

実はキャプテンアークは、元々3種類ありましたが、現在はキャプテンアーク・ブルーというワインベリーフレーバーしか販売していません。

ちなみに販売が終了してしまったフレーバーは、チョコミントとバナナフレーバーです。(個人的にバナナ吸ってみたかった…)

キャプテンアーク・ブルーの詳細

海外製の200円代のタバコ「ジャルム・ブラック」

インドネシアが生産国のジャルムという銘柄が販売しているブラックシリーズは、クレテックタバコになります。

クレテックとはタバコ葉にクローブ(日本でいうチョウジ)と香料を混ぜたタバコで、インドネシアでは喫煙者のほとんどがクレテックを愛煙しています。

ジャルムにはブラックシリーズ以外にジャルム・スーパー・16というタバコもあるのですが、このタバコは16本入りで450円とちょっぴり高めなタバコになっています。

タールも40mgときつめでトロピカルテイストが施された人気のあるタバコです。そしてブラックシリーズは全4種類あります。

クレテックタバコとは?
火を付けるとクローブが弾けて「パチパチ」と音が鳴るのが特徴的なタバコ
ジャルム・ブラックの種類を見る

ジャルム・ブラック・8

・タール:8mg
・ニコチン:0.5mg
・価格:240円
・本数:10本入り
・販売店:マイナーたばこ情報@Wikiで検索

クレテック特有の甘い香りとタバコそのものが真っ黒と印象的な仕上がりになっています。

箱もブラックの名前にピッタリな黒色になっています。

ジャルム・ブラック・ジャスミンティー・8

・タール:8mg
・ニコチン:0.5mg
・価格:240円
・本数:10本入り
・販売店:マイナーたばこ情報@Wikiで検索

ブラックシリーズですが、タバコはメジャーな海外製のタバコと同じ、フィルターが茶色で巻紙が白になっています。

吸った時の味わいも甘く、ジャスミンティーを程良く感じれる味と香りになっています。

ジャルム・ブラック・ミントティー・8

・タール:8mg
・ニコチン:0.5mg
・価格:240円
・本数:10本入り
・販売店:マイナーたばこ情報@Wikiで検索

ミントティー・8もジャスミンティー・8と同様にブラックシリーズながらもタバコは黒くなく、一般的なタバコの見た目になります。

フレーバーはミントティーになっているので爽やかな味わいを楽しめます。

ジャルム・ブラック・メンソール・8

・タール:8mg
・ニコチン:0.5mg
・価格:240円
・本数:10本入り
・販売店:マイナーたばこ情報@Wikiで検索

ブラックシリーズで唯一のメンソールタイプになります。

ジャルムのタバコには、2~3人しか知らないバナナ、ジャックフルーツ、シナモンが配合された企業秘密のソースが使用されているのですが、メンソールの爽快感がマッチングしたスカッとする甘さのタバコになっています。

海外製の200円代のタバコ「ジャルム・メンソール」

先ほど紹介したジャルム・ブラックと同じ銘柄ですが、ブラックシリーズではなくジャルムのメンソールです。

1箱の価格もブラックシリーズとは違い、10本入りで280円の価格で販売されています。

クレテックタバコの材料でもあるクローブ(日本でいうチョウジ)とメンソールの程良いブレンドが、吸った時に心地よく喉を通るので味わい深いメンソールタイプの仕上がりになっています。

ジャルム・メンソールの詳細

フレーバーと値段にこだわるなら絶対コレ!

海外のタバコはフレーバー好きに人気がありますが、DR.VAPE(ドクターベイプ) DR.VAPE(ドクターベイプ)は何より日本の老舗香料メーカーが開発しているので、フレーバーの評価が高くリピーターが続出しています!

それだけでなく、ドクターベイプはニコチンやタールなどの有害物質も一切含まれていないのに、吸い心地も紙巻きタバコに負けていません!味も均一で最後まで美味しく味わいを楽しむ事ができるドクターベイプは今まさに値段が気になる喫煙者にとって救世主と言うべき電子タバコです。

コスパも良く、節約にも禁煙に関しても優れているドクターベイプは今なら公式サイトで通常価格8,500円のところ、3,500円でお得に購入できるキャンペーン実施中です!

売り切れ次第の終了となるので、メンテナンス不要・吸い殻無し・嫌な臭い無し・高品質・高コスパのドクターベイプをこの機会に味わってみてはいかがでしょうか?

海外製で価格が安いおすすめのタバコ【300円代】

倒れた花瓶から溢れるコイン

海外製の価格が激安なタバコ200円代でも、やはり日本製と同様に1箱10本入りしかありませんでしたね…

昔は1箱20本入りで200円代の時代があったのが嘘のように感じてしまうご時世になってしまいました。

しかし海外のタバコだけあってフレーバーやクレテックやら個性溢れるタバコが多くて斬新なタバコと言う印象が強い!

では引き続き海外製の価格が安いタバコを紹介していきます。続いては300円代の海外製タバコを見ていきましょう。

海外製の300円代のタバコ「ガラム」

ガラムは生産国がインドネシアのタバコなので、クローブ(日本でいうチョウジ)が入っているクレテックタバコとなります。

日本でもクレテックタバコであるガラムは有名なのでガラムを知っている人は、結構多いんですよ!

ガラムの巻紙には茶色いシミがついているので、初めてガラムを吸った人は古いタバコやカビていると心配になるかもしれませんが、これはクローブに含まれる精油が染みているだけなので問題はありません!

ガラムには1箱の価格が520円、480円の製品がありますが、今回紹介するのは1箱320円のガラム・ヌサンタラシリーズです。

ガラム・ヌサンタラの種類を見る

ガラム・ヌサンタラ・マイルド12

・タール:18mg
・ニコチン:1.2mg
・価格:330円
・本数:12本入り
・販売店:マイナーたばこ情報@Wikiで検索

320円の価格ではありますが、1箱に入っている本数は12本となります。製品名にも入っているようにマイルドな味わいのクレテックタバコです。

箱のデザインは白を基調としていますが、上部にある開封部分が赤色で装飾されています。

ガラム・ヌサンタラ・メンソール12

・タール:18mg
・ニコチン:1.2mg
・価格:330円
・本数:12本入り
・販売店:マイナーたばこ情報@Wikiで検索

ガラム・ヌサンタラシリーズのメンソールタイプのタバコです。メンソールタバコの特徴的な爽快感とタバコ本来のマイルド感をバランスよく味わえるタバコです。

箱のデザインは白を基調としていますが、上部にある開封部分がメンソールタイプらしい緑色で装飾されています。

海外製の300円代のタバコ「アークロイヤル・ベリー・ロゼ・ティー」

こちらのアークロイヤル・ベリー・ロゼ・ティーは、海外製タバコ200円代で紹介したキャプテンアークの姉妹銘柄「アークロイヤル」のタバコで、生産国は同じウルグアイになります。

アークロイヤルには480円の値段のタバコも発売されていますが、ベリー・ロゼ・ティーは1箱330円の価格で、1箱の本数は14本となっています。

ストロベリーとスパークリングワインの香りにティーフレーバーを加えた爽やかなフレーバー系の味わいを感じる事が出来るタバコでもあります。

箱のデザインも両サイドがストロベリーを連想させる少し濃いめのピンクで、真ん中にロゴが入ったカッコ可愛い見た目です。

アークロイヤル・ベリー・ロゼ・ティーの詳細
  • タール:6mg
  • ニコチン:0.4mg
  • 価格:330円
  • 本数:14本入り
  • 販売店:通販サイト

海外製の300円代のタバコ「ラーク・スマートプラス」

こちらのラーク・スマートプラスは、喫煙者なら誰もが知っている「ラーク」から登場したシリーズで、生産国はスイス・トルコです。

通常のラークは1箱460円の価格になりますが、こちらのラーク・スマートプラスシリーズは1箱390円とギリギリ300円代の値段になっています。

しかし1箱の本数は19本なので「後1本入れてよ!」と感じてしまう入り数とも言えるタバコですね(笑)

ラーク・スマートプラスの種類は4種類あり、その内の3種類はタールが1mgのタバコになります。

ラーク・スマートプラスの種類を見る

ラーク・スマートプラス1mg

・タール:1mg
・ニコチン:0.1mg
・価格:390円
・本数:19本入り
・販売店:全国のコンビニ、タバコ屋など(店舗によっては置いていない場合有り)

タールが1mgとは思えないほどの吸いごたえがあるタバコです。1mgなのでキツさもなく吸いやすいタバコになっています。

箱のデザインは光沢のあるシルバーを基調とし、両サイドとロゴが青色で装飾されたシンプルでかっこいいパッケージデザインです。

ラーク・スマートプラス・メンソール1mg

・タール:1mg
・ニコチン:0.1mg
・価格:390円
・本数:19本入り
・販売店:全国のコンビニ、タバコ屋など(店舗によっては置いていない場合有り)

メンソールタイプのタバコですが、1mgなのでとても軽めの味わいを感じれるタバコになっています。

箱のデザインは光沢のあるシルバーを基調とし、両サイドとロゴが緑色で装飾されたシンプルでメンソールらしいパッケージデザインです。

ラーク・スマートプラス・スプラッシュ・パープル1mg

・タール:1mg
・ニコチン:0.1mg
・価格:390円
・本数:19本入り
・販売店:全国のコンビニ、タバコ屋など(店舗によっては置いていない場合有り)

カプセル入りのメンソールタイプのタバコで、カプセルを潰す前は氷冷メンソールを味わえ、カプセルを潰すとフルーティーな味わいが口いっぱいに広がります。

箱のデザインは光沢のあるエメラルドグリーンを基調とし、両サイドとロゴが氷冷を連想させる青色で装飾された、カプセル入りメンソールらしいパッケージデザインです。

ラーク・スマートプラス・14mg

・タール:14mg
・ニコチン:1.2mg
・価格:390円
・本数:19本入り
・販売店:全国のコンビニ、タバコ屋など(店舗によっては置いていない場合有り)

スマートプラスシリーズの中で唯一タールが1mgではなく14mgとタール量が多めのタバコですが、そこまでキツさを感じることなく吸いやすいタバコになっています

箱のデザインは他の3種類と違いチャコールグレーを基調とし、ロゴが黒色で装飾されたダークな印象のパッケージデザインです。

値上げ

【2019年10月】今後の加熱式タバコの値上げはどうなる?

2019年10月2日

海外製で価格が安いおすすめのタバコ【400~430円代】

ぼやけたコイン

300円代のラーク・スマートプラスは、19本と「なんで19本にしたの!?」と突っ込みたくなる入り数ですが、他の海外製のタバコに比べればまだ入手はしやすいかもしれませんね!

では、続いては海外製のタバコで価格が400円~430円の製品を紹介していきます!メジャーなタバコに比べると価格は大幅に変わる訳ではありませんが、少しでも安いタバコに移行を考えている人は400円代も必見です。

海外製の400円のタバコ「ウエスト」

ウエストはドイツのタバコの銘柄の一つでもありますが、日本でも有名なので喫煙者なら吸った事はないけど名前を知っているという人が多いのではないでしょうか?

こちらのウエストは全ての種類が400円と、日本製でいうキャメルと同じ価格設定になっています。

また2019年10月の消費税増税の影響も受けず、価格もキャメル同様据え置きで販売されているので日本版のキャメルみたいですね!

しかも1箱の本数も20本入りなので、メジャーなタバコと同じ入り数なのに価格だけは安いタバコになっています。

ウエストは3種類のタバコ葉を使用しており、さらに上質なタバコの味わいにこだわっているので吸った際の満足感は、高い支持を得ています。

ウエストの種類を見る

ウエスト・レッド

・タール:12mg
・ニコチン:0.9mg
・価格:400円
・本数:20本入り
・販売店:全国のコンビニ、タバコ屋など(店舗によっては置いていない場合有り)

元々はタール10mg、ニコチン0.7mgだったのですが、リニューアルされ今のタールとニコチン量に変更されました。

パッケージデザインは、名前に入っているように赤色を基調としたインパクトあるパッケージデザインです。

ウエスト・ディープブルー100

・タール:8mg
・ニコチン:0.6mg
・価格:400円
・本数:20本入り
・販売店:全国のコンビニ、タバコ屋など(店舗によっては置いていない場合有り)

ウエスト・ディープブルーはロングタイプで、クセもなく吸いやすいタバコになっており、ほんのり甘めの仕上がりになっています。

パッケージデザインは、これも名前の様に深い青色を基調とした目に留まりやすいパッケージデザインを採用しています。

ウエスト・ブルー

・タール:6mg
・ニコチン:0.5mg
・価格:400円
・本数:20本入り
・販売店:全国のコンビニ、タバコ屋など(店舗によっては置いていない場合有り)

ウエスト・ブルーはタール量、吸った際の味わいなど、タバコが初めての人でも吸いやすいタバコになっています。

こちらのウエスト・ブルーはロングタイプのウエスト・ブルー100という製品もあります。パッケージデザインはどちらも水色を基調とした鮮やかなデザインです。

ウエスト・シルバー100

・タール:3mg
・ニコチン:0.3mg
・価格:400円
・本数:20本入り
・販売店:全国のコンビニ、タバコ屋など(店舗によっては置いていない場合有り)

タール3mgながらもしっかりとした吸いごたえと味わいを携えた癖のないタバコです。

パッケージデザインはシルバーを基調としたシンプルなデザインになっています。

ウエスト・ホワイト

・タール:1mg
・ニコチン:0.1mg
・価格:400円
・本数:20本入り
・販売店:全国のコンビニ、タバコ屋など(店舗によっては置いていない場合有り)

タールが1mgなので軽めで吸いやすいタバコです。1mgでもきつくないタバコを求めている人におすすめの製品です。

ウエスト・ホワイトには、ロングタイプのウエスト・ホワイト100という製品も販売しています。どちらもパッケージデザインは、白色を基調とした清潔感溢れるデザインです。

ウエスト・メンソール

・タール:6mg
・ニコチン:0.5mg
・価格:400円
・本数:20本入り
・販売店:全国のコンビニ、タバコ屋など(店舗によっては置いていない場合有り)

メンソールながらもキツさが少なく、吸った時も喉を優しく通っていく吸いやすさが印象的なメンソールタバコです。

パッケージデザインも吸いやすいメンソールらしい温かみある深緑色を基調としたデザインになっています。

ウエスト・アイスフレッシュエイト

・タール:8mg
・ニコチン:0.6mg
・価格:400円
・本数:20本入り
・販売店:全国のコンビニ、タバコ屋など(店舗によっては置いていない場合有り)

強めのメンソールのタバコなので、ウエスト・メンソールよりもっとメンソールを感じたい人におすすめのタバコです。

パッケージデザインは、黒色を基調としエメラルドグリーンの曲線が入ったメンソールタバコを連想しやすいデザインになっています。

ウエスト・アイスフレッシュ・ワン100

・タール:1mg
・ニコチン:0.1mg
・価格:400円
・本数:20本入り
・販売店:全国のコンビニ、タバコ屋など(店舗によっては置いていない場合有り)

アイスフレッシュエイトのタールが1mgになってタバコです。1mgながらも優しいメンソールを味わう事が出来るので、低めのタールでメンソールを愛煙している人におすすめです!

パッケージデザインはアイスフレッシュエイトと同じく黒色を基調とし、メンソールを感じさせる鮮やかなグリーンのワンポイントが入ったデザインです。

ウエスト・アイスエクストリーム6

・タール:6mg
・ニコチン:0.5mg
・価格:400円
・本数:20本入り
・販売店:全国のコンビニ、タバコ屋など(店舗によっては置いていない場合有り)

カプセルが入ったタイプのメンソールタバコで、カプセルを潰すことによって氷冷のようなメンソールを味わう事が出来るタバコです。

パッケージデザインは、黒色を基調とし、氷冷を感じさせるライトブルーのカプセルがワンポイントなデザインになっています。

海外製の430円代のタバコ「ラッキーストライク・エキスパート・カット」

ラッキーストライクは、喫煙者なら誰もが知っている日本でも有名な銘柄の一つ!アメリカで誕生したタバコですが、生産国は韓国になっています。

発売当初はパイプタバコとして発売されていましたが、1916年に両切りタバコも登場、そして何十年と時が経て今の形が主流となりました。

今回紹介するラッキーストライク・エキスパート・カットシリーズは、1箱400円なので、通常のラッキーストライク(1箱520円)と比べると120円も安いタバコになっています。しかも1箱の本数は20本入りですよ♪

ラッキーストライク・エキスパートカットの種類を見る

ラッキーストライク・エキスパートカット・14

・タール:14mg
・ニコチン:1.2mg
・価格:400円
・本数:20本入り
・販売店:全国のコンビニ、タバコ屋など(店舗によっては置いていない場合有り)

製品名でもある、通常のタバコ葉をより細かく刻んだエキスパートカットを採用していて、まろやかな味わいで吸いごたえ抜群のタバコです。

パッケージデザインは通常のラッキーストライクに比べ、黒色を基調とし真ん中にロゴが入ったデザインです。

ラッキーストライク・エキスパートカット・10

・タール:10mg
・ニコチン:0.9mg
・価格:400円
・本数:20本入り
・販売店:全国のコンビニ、タバコ屋など(店舗によっては置いていない場合有り)

上で紹介したエキスパートカット・14よりタールが4mg低いタバコです。ラッキーストライクは、バージニア葉を使用しているのでまろやかな味わいを楽しめます。

パッケージデザインはネイビーを基調としたデザインです。

ラッキーストライク・エキスパートカット・6

・タール:6mg
・ニコチン:0.5mg
・価格:400円
・本数:20本入り
・販売店:全国のコンビニ、タバコ屋など(店舗によっては置いていない場合有り)

普段、キツメのタバコを吸っていない人におすすめです。タールが少ないのでバージニア葉のまろやかで豊かな味わいを堪能できるタバコです。

パッケージデザインは、エキスパートカット・10のネイビーと鮮やかなライトブルーがほどよく調和した優しみ溢れるデザインになっています。

ラッキーストライク・エキスパート・メンソール8

・タール:8mg
・ニコチン:0.6mg
・価格:400円
・本数:20本入り
・販売店:全国のコンビニ、タバコ屋など(店舗によっては置いていない場合有り)

400円のタバコといえどしっかりとしたメンソール感を味わう事が出来るので、メンソールをメインに吸っている人におすすめです。

パッケージデザインは、メンソール感溢れる濃いグリーンを基調としたパッケージデザインになっています。

ラッキーストライク・エキスパート・メンソール5

・タール:5mg
・ニコチン:0.4mg
・価格:400円
・本数:20本入り
・販売店:全国のコンビニ、タバコ屋など(店舗によっては置いていない場合有り)

ほんのりメンソールを味わいたい人にピッタリな銘柄です!1口吸えば軽い爽やかな煙を楽しむ事が出来ます。

パッケージデザインは、エキスパート・メンソール8よりも明るいイエローグリーンを基調としたザインになっています。

海外製の410円のタバコ「ブライト」

タバコを吸う男性

ブライトはMONTEPAZ社という会社が製造しているタバコで生産国はウルグアイです。

MONTEPAZ社は、創業130年以上の歴史がある南米屈指の老舗会社になり、ブライトは日本人向けに製造されたタバコになります。

410円とまだ低価格な値段ですが、品質は高めで質の良いタバコの仕上がりにこだわり続けているんですよ!

ブライトの410円価格の種類は全部で5種類あり、バリエーション豊かな海外製タバコです。

ブライトの種類を見る

ブライト・10

・タール:10mg
・ニコチン:0.7mg
・価格:410円
・本数:20本入り
・販売店:マイナーたばこ情報@Wikiで検索

タバコのマイルドさと少し甘めのレギュラータイプの味わいになっているので、初めての人も無理なく吸う事が出来るタバコです。

箱のデザインは黒色を基調としたシックなデザインに、赤色のラインが入ったカッコいいパッケージデザインです。

ブライト・6

・タール:6mg
・ニコチン:0.5mg
・価格:410円
・本数:20本入り
・販売店:マイナーたばこ情報@Wikiで検索

ブライト・10よりタールが低めのブライト・6は、クセもなく軽めの吸いごたえを感じる事で出来るタバコになっています。

箱のデザインは黒色を基調としたシックなデザインに、水色のラインが入ったクールカッコいいパッケージデザインです。

ブライト・ロング・5

・タール:5mg
・ニコチン:0.4mg
・価格:410円
・本数:20本入り
・販売店:マイナーたばこ情報@Wikiで検索

ロングタイプのタバコで、スッキリとした味わいを楽しめるタバコです。

箱のデザインは黒色を基調としたシックなデザインに、ブライト・6より少し鮮やかな水色のラインが入ったパッケージデザインです。

ブライト・ロング・1

・タール:1mg
・ニコチン:0.1mg
・価格:410円
・本数:20本入り
・販売店:マイナーたばこ情報@Wikiで検索

ロングタイプのタバコで、タールが1mgと軽めのタバコですが、しっかりとした味わいを感じる事が出来るタバコです。

箱のデザインは従来の黒色とは反対に白色を基調としたシンプルなデザインに、水色のラインが入ったパッケージデザインです。

ブライト・6・メンソール

・タール:6mg
・ニコチン:0.5mg
・価格:410円
・本数:20本入り
・販売店:マイナーたばこ情報@Wikiで検索

ブライトシリーズの中で唯一のメンソールタイプのタバコで、メンソールもそこまで強くないので比較的に吸いやすい製品です。

箱のデザインは黒色を基調としたシックなデザインに、メンソールらしい鮮やかな黄緑色のラインが入ったパッケージデザインです。

海外製の価格が安いタバコまとめ
  • 海外製も価格が激安な200円代となると1箱10本入りしかない
  • 海外製のタバコ300円代は、日本でも馴染みのある銘柄があるので手が出しやすい
  • 海外製のタバコ400円代は流石に1箱20本入りの製品が多く、種類も豊富
何かを見て驚く男性

【随時更新】タバコの代わりになるもの30選!禁煙が成功するかも?

2019年11月15日

【おまけ」世界一高いタバコ「トレジャラー・ブラック」

今まで価格が安いタバコを紹介してきましたが「反対に高いタバコってどんなタバコなのかな?」と気になったので、おまけとして世界一高いタバコを最後に紹介したいと思います!

世界一高いタバコはどんなタバコかと言うと…その名も「トレジャラー・ブラック」

トレジャラー・ブラックはタール10mg、ニコチン0.8mg、入り数20本のタバコですが、流石世界一高いタバコだけあって箱からタバコの見た目までが高級感溢れています。

まず、パッケージに関しては箱ではなく高級感漂う缶です。そしてタバコを取り出してビックリ!フィルター部分が金色!

色々と目がチカチカしてしまいそうなトレジャラー・ブラックの価格は、1缶3000円となっています。

恐らくタバコ屋でも置いている所は少ないので、吸ってみたいと思った人は通販での購入をおすすめします!

日本製と海外製の価格が安いおすすめのタバコを全部紹介!のまとめ

タバコの価格が段々と値上げされている世の中では、如何に価格が安くて吸った時の満足感を得られるタバコと出会うか?が大事となってきます!

DR.VAPE(ドクターベイプ) DR.VAPE(ドクターベイプ)は満足度NO1の電子タバコで、増税値上げの心配も無く、周囲を不快にするような有害性や嫌な臭いも一切ありません。

今後の事を考えれば、タバコの値上げや周囲の意識などが今以上に厳しくなっていく事は充分に予想できるので、吸い心地・コスパ・健康性に優れたドクターベイプを始める事が最も満足感が高いのではないでしょうか?

公式サイトで今実施中のキャンペーンは通常価格より5,000円も安い3,500円で購入が可能なので、悩んでいるなら絶対にチェックです!

この記事の要点まとめ
  • 日本製も海外製も価格が200円代は1箱10入りしかない
  • 海外製の300円代のタバコは価格と入り数で選ぶならラーク・スマートプラスがおすすめ
  • 日本製の400円代は、入手しやすさで言うとキャメルがおすすめ
  • 海外製の400円代は種類が多いウエストがおすすめ

そして価格が激安といっても中には、通常のタバコの入り数である20本ではないタバコもあるので買う際には本数もちゃんとチェックしないといけません。

また価格が安いタバコ以外にも海外製のタバコでは、マイナーな製品もあったので「こんなタバコあったんだ!」と思った人も居るのではないでしょうか?

気になるタバコがあったら販売店をチェックして吸ってみたいところですね!

箱から1本出ているタバコ

国内で大流行中の「DR.VAPE」が今一番おすすめ!

発売開始から1年足らずで累計販売本数100万本を突破したDR.VAPE(ドクターベイプ)は、日本国内で今最も勢いのある最先端の電子タバコです!

ドクターベイプを永久保証付きで超お得に手に入れるのであれば、公式オンラインショップの「プレミアムプラン」を利用するのが断然おすすめ!今なら下の「公式サイトで購入」ボタンから通常価格8,500円のスターターキットと交換カートリッジが3,500円(税抜)で購入可能なんです!

5,000円も安く購入できるのは公式サイトだけ!Amazonや楽天など、他の販売店では絶対に真似できない価格を実現しているのは公式サイトだからこそです。さらに送料も無料なので、この機会に利用しないと絶対に勿体ないですw

ドクターベイプは吸い応えや満足感も非常に強く、コストパフォーマンスも抜群!禁煙にも節約にもなるドクターベイプを今すぐゲットするのであれば、公式サイトを要チェックです!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

NOGI

家族全員が喫煙者で小さい頃からタバコの煙と共に育ったせいか、タバコの臭い大好き幼少期を過ごす。どうせ吸っていなくても副流煙で体に害があるなら自分も吸わないと損じゃね?と言う理由で喫煙デビュー。メビウスをこよなく愛していましたが、今はアイコスユーザーです。