【2024年値上げ銘柄】タバコ値上げはいつからいくらになるか解説

公開日: 

2024年はタバコが値上げが予定されており、いつから値上げされるのか、いくら値上げされるのかが気になっている方は多いでしょう。

結論から言うと、タバコは2024年の10月に値上げされる可能性が高く、値上げ幅は銘柄によって1本あたり3円ほどで、20本入りであれば1箱あたり60円ほどの値上げ額になると予想されています。

当記事では、2024年のタバコ値上げがいつからなのかに加えて、値上げ幅や紙巻きタバコ・加熱式タバコのこれまでの値上げの推移についても解説します。

書き出しBOX>(商標以外)DRV|pc/sp共通

\シリーズ累計販売2,000万本超/
1箱でタバコ4箱分吸える「DR.VAPE Model2」が6,470円引き!!
上記リンクから話題の新型タバコがフレーバー3箱無料+永久製品保証付き!!

3連>(商標以外)電子タバコ|pc/sp共通
月版
100種吸い比べて比較!
おすすめ電子タバコTOP3

タバコはいつからいくらになる?2024年のタバコの値上げ時期や値段について解説

2024年タバコの値上げ時期や値段

これまでにも幾度となく値上げされてきた紙巻きタバコや加熱式タバコですが、2024年にも加熱式タバコの値上げが予定されています。

2024年の加熱式タバコの値上げについて、値上げされること自体は知っているけれど、いつからいくら値上げされるのかは詳しく知らないという方も多いでしょう。

ここでは、2024年のタバコ値上げがいつから実施されるのかに加えて、値上げ幅についても詳しく解説していきますのでぜひ参考にしてみてください。

タバコの値上げ時期は2024年10月となる可能性が高い

はじめに、2024年のタバコが値上げされる時期について政府からの正式な発表はまだなく、現時点では詳細な値上げの時期は不明です。

しかし、これまでのタバコの値上げはほとんどが10月1日に実施されていることから、2024年のタバコ値上げも10月1日の実施となる可能性が高いと考えられます。

タバコが値上げされる前に買い溜めしておきたいという方は、10月1日に予想される値上げに備えて夏頃までには買い溜めておくと良いでしょう。

加熱式タバコの値段は1本あたり3円程引き上げられる

政府によると「加熱式タバコの値段は1本あたり3円程度の値上げを段階的に行う」とされており、最終的には銘柄にもよりますが20本入り1箱60円ほどの値上げ幅となる予定です。

しかし「段階的」な値上げであることから、2024年の値上げでいきなり1箱60円アップになるのではなく、毎年10円から20円ほどの値上げが数年続く可能性があります。

いきなり大幅な値上げになることを考えればまだ猶予が残されていますが、将来的には確実に1箱60円程度の値上げは達成されるので、今から備えておくようにしましょう。

加熱式タバコの税負担が紙巻きタバコと同水準になる

現状では紙巻きタバコと比較して加熱式タバコは税負担が軽いため、紙巻きタバコよりも1本あたりの値段が安くなっています。

しかし、将来的には加熱式タバコの税負担も紙巻きタバコと同程度の水準になることが明言されており、それに伴い加熱式タバコの税率が引き上げられる予定です。

税率が引き上げられることによって増加した税収は、防衛費の財源に充てられる方針が決まっているので、国際情勢を鑑みた必要な増税とも捉えられるでしょう。

2022年 加熱式タバコ 値上げ いつから いくら

【2023年最新】タバコ値上げはいつから?今後2023年以降も行われるか解説

2022年のタバコ値上げがいつから実施されるか気になる方必見!2022年に値上げされる加熱式タバコ銘柄一覧や値上げ額がいくらになるか値上がり表を用いてご紹介します。また、なぜタバコ値上げが行われるのか、たばこ税がなくなるとどうなるかも解説!

紙巻きタバコの値上げの推移をご紹介

紙巻きタバコの値上げ

ここまで、2024年のタバコ値上げは10月に実施される可能性が高く、その値上げ幅は最終的に1本あたり3円程度になると解説してきました。

タバコが値上げされるのは今回が初めてではなく、加熱式タバコがまだ無かった紙巻きタバコの時代から段階的に値上げがされています。

ここでは紙巻きタバコの値上げの推移について、直近の値上げ情報やこれまでにどれくらい値上げされてきたのかをご紹介していきます。

直近では2021年10月に値上げが実施された

直近で紙巻きタバコが値上げされたのは2021年10月であり、2022年および2023年には値上げが実施されず、値段は据え置きとなっています。

紙巻きタバコの値上げは2018年頃から頻繫に行われるようになり、2018年から2021年の間には1箱あたり20円の値上げが3回も行われました。

結果として、近年急速に普及している加熱式タバコとの税負担の格差が広がり、その差を埋めるために2022年および2023年は紙巻きタバコの値上げが実施されていません。

銘柄によるが10円~130円の値上げとなった

2021年に紙巻きタバコの値上げが行われた結果、銘柄にもよりますがタバコ1箱あたりの値段が10円から130円ほど上昇しています。

この値上げによって、紙巻きタバコの1箱あたりの平均価格は550円(税込)となり、1箱600円(税込)を超える銘柄も多数出てくることとなってしまいました。

紙巻きタバコが2021年に値上げした際には、その値上げ幅の広さからタバコを辞めた方も多く、総合的な税収入としてはあまり増えていないとも言われています。

40年間にわたる増税で5倍~6倍の値段になった

紙巻きタバコは40年の間に少しずつ値上げされており、40年前と比較すると1箱あたりが5倍から6倍もの値上げとなっています。

具体的には、人気銘柄であるピースは10本入り50円(税込)が300円(税込)に値上げとなり、セブンスターは100円(税込)から600円(税込)に大幅な値上げが行われています。

2024年には紙巻きタバコが値上げされる予定はありませんが、2025年以降はさらなる値上げも考えられるので、タバコ1箱1,000円がより現実味を帯びてくるでしょう。

値上げは10月に実施されます!たばこ増税について解説いくら値上げされる?

2021年のタバコ値上げはいつから?今後2022年までいくら値上げされる?

この記事では、2021年10月のタバコ増税による紙巻きタバコや葉巻タバコ、加熱式タバコの値上げはいつから実施されるのか?今後2022年までに紙巻きタバコや葉巻タバコ、加熱式タバコは大体1箱あたりいくら値上げされるのかなどについて解説します!

加熱式タバコの値上げの推移をご紹介

加熱式タバコの値上げ

上記では紙巻きタバコの値上げの推移をご紹介してきましたが、若い世代の喫煙者の約50%が加熱式タバコを利用しており、加熱式タバコの値上げの推移について気になる方も多いでしょう。

加熱式タバコの値上げが始まったのは2018年からですが、近年は紙巻きタバコの値段が据え置きであることに対して、加熱式タバコは毎年少しずつ値上げが実施されています。

ここでは加熱式タバコの値上げの推移について解説するとともに、2024年10月に値上げが実施された場合の各銘柄の値段も併せてご紹介していきます。

直近では2022年10月に値上げが実施された

加熱式タバコの値上げが直近で実施されたのは2022年10月であり、2023年は紙巻きタバコ・加熱式タバコともにタバコの値上げは実施されていません。

当初、加熱式タバコのたばこ税は紙巻きタバコよりも安かったのですが、2022年10月の値上げによって紙巻きタバコと同じ税率が適用されるようになりました。

2024年には加熱式タバコの値上げが予定されており、2025年以降も段階的な値上げが計画されています。

銘柄によるが10円~30円の値上げとなった

加熱式タバコの税率はスティックに含まれるタバコ葉の量によって異なることから、銘柄によって金額に差があります。2022年の値上げでは、1箱あたり10円から30円の値上げ幅となりました。

具体的な税率としては、国内シェアが最も高い加熱式タバコのアイコスが49%であり、グローが36%でプルームテックが15%となっているため、アイコスとプルームテックの間には3倍近い金額差があります。

しかし、たばこ税はこれからも増税されていくと予想されており、いずれは各銘柄とも定価の半分程度がたばこ税となってしまう可能性が高いです。

2024年10月に値上げした場合の各銘柄の値段

2024年10月に実施される可能性が高いタバコの値上げによって、銘柄によっては加熱式タバコの値段も1箱600円(税込)台になる可能性があります。

最も定価が安いグローの専用タバコスティックである「ラッキーストライク」が400円(税込)から430円(税込)程度に、現在500円台後半のアイコス専用スティック「テリア」などは600円台に乗ってくるでしょう。

しかし、グローシリーズなど値段が500円(税込)台にキープされている銘柄もあるため、コストを抑えたい方は乗り換えを検討するのがおすすめです。

アイコス専用タバコ一覧と値上げした場合の値段予想

銘柄名 値上げ前の値段 値上げ後の値段
テリア 580円(税込) 640円(税込)
センティア 530円(税込) 590円(税込)
※1箱あたり60円の値上げが行われた場合を想定した場合

グロー専用タバコ一覧と値上げした場合の値段予想

銘柄名 値上げ前の値段 値上げ後の値段
ラッキーストライク 400円(税込) 460円(税込)
ケント 450円(税込) 510円(税込)
ネオ 500円(税込) 560円(税込)
クール 500円(税込) 560円(税込)
※1箱あたり60円の値上げが行われた場合を想定した場合
銘柄名 値上げ前の値段 値上げ後の値段
ケント 550円(税込) 610円(税込)
※1箱あたり60円の値上げが行われた場合を想定した場合

プルーム専用タバコ一覧と値上げした場合の値段予想

銘柄名 値上げ前の値段 値上げ後の値段
メビウス 580円(税込) 640円(税込)
※1箱あたり60円の値上げが行われた場合を想定した場合
銘柄名 値上げ前の値段 値上げ後の値段
メビウス 500円(税込) 560円(税込)
キャメル 500円(税込) 560円(税込)
※1箱あたり60円の値上げが行われた場合を想定した場合
加熱式タバコの安い銘柄

加熱式タバコの安い銘柄やおすすめの安いスティック10選ランキング

コンビニでも買える加熱式タバコの安い銘柄をご紹介!人気の安いスティックおすすめランキング10選と併せて加熱式タバコのデバイスの種類や値段もご紹介します。

電子タバコの値上げの推移をご紹介

電子タバコの値上げ

加熱式タバコに続き紙巻きタバコからの乗り換えが多いのが、フレーバー付きの水蒸気を吸って楽しむ電子タバコです。

電子タバコにはニコチンやタールなどの有害物質が含まれていないことから、健康に悪影響を与えることが少ないと考えられ、副流煙による影響も少ないといったメリットがあります。

ここでは電子タバコの値上げの推移について、電子タバコはお金が掛からないと言われる理由とともに詳しくご紹介していきます。

電子タバコは増税による値上げがない

タバコ葉が含まれていない電子タバコはたばこ税の対象にはならないため、たばこ税の増税による値上げの心配がありません。

電子タバコは海外では「VAPE(ベイプ)」と呼ばれており、タバコ葉ではなく水蒸気を楽しむことから、法律的にタバコとは全く違った扱いを受けています。

たばこ税が課税されない電子タバコは、紙巻きタバコや加熱式タバコと比較して値段が安いため、たばこ税の増税に不安がある方はぜひ電子タバコへの乗り換えを検討してみてください。

増税による値上げの心配がない電子タバコおすすめ3選

たばこ税の増税による値上げの不安がない電子タバコにはさまざまな種類があるため、どれを選べば良いのか迷っている方も多いかと思います。

そこで、ここでは紙巻きタバコからの乗り換え先として特におすすめの電子タバコを3種類ピックアップしていますので、電子タバコへの乗り換えを検討している方は参考にしてみてください。

以下のドクターベイプ・チラーズ・スラッシュはいずれもニコチンとタールを含まない電子タバコです。そのため、紙巻きタバコと比較すると心臓疾患や呼吸器疾患などのリスクを大幅に下げられるでしょう。

値段(税込) 吸引回数 フレーバーの種類 1パフあたりの
値段(税込)
ドクターベイプ
モデル2
3,980円
(本体+フレーバー6種類セット)
約600回 全9種類 約1.1円
チラーズ 21,120円
(フレーバー8種類セット)
約2,000回 全8種類 約1.6円
スラッシュ 2,178円
(フレーバー2本セット)
約1,600回 全10種類 約1.3円
コンビニで買える電子タバコや加熱式タバコ

コンビニの電子タバコ・加熱式タバコ全26種類を安い値段順に解説

新しい新商品を含むコンビニで買えるおすすめ使い捨て・充電式電子タバコ・加熱式タバコ(アイコス・グロー・プルームテック等)を値段が安い順にご紹介し、コンビニで買えるニコチン無しのノンニコチンスティックやコンビニでの買い方・キャンペーンを解説!

2024年のタバコ銘柄値上げに対する肯定的・否定的な意見をご紹介

タバコ値上げに対しての意見

ここまで、2024年にはいつからいくらのタバコ値上げが実施されるのかを解説するとともに、これまでに行われたタバコの値上げ額の推移についてもご紹介してきました。

2024年に実施が予定されているタバコ銘柄の値上げについては、さまざまな肯定的・否定的な意見が存在しており、自分自身の意見を持っている方も多いでしょう。

ここでは、2024年のたばこ税の増税によるタバコ値上げに対しての意見を、肯定的・否定的な面からそれぞれご紹介していきます。

肯定的な意見:卒煙のために大幅な値上げは有効

タバコの値上げに対する肯定的な意見の中には「卒煙のために大幅な値上げは有効」というものが見られました。

実際に、タバコは有害なだけで実質的なメリットは1つも無いといった意見も多く、多くの人がタバコを辞められるに越したことはないと考えているようです。

値上げがタバコを辞めるきっかけとなることも事実であり、2024年の値上げをきっかけとして、タバコを辞めることで健康的な生活を送れるようになる方も増えるでしょう。

否定的な意見:愛煙家も社会から優遇されるべき

続いて、タバコ値上げに対する否定的な意見としては「愛煙家も社会から優遇されるべき」といったものが見られます。

たばこ税は約40兆円あると言われた国鉄債務の返済や、防衛費の財源として使われているため、愛煙家は社会に貢献しているのだからもう少し優遇されるべきだと考えている方も多いです。

また、たばこ税の増税による値上げに伴い喫煙者が減少していることから、実質的な税収入は大きく増加している訳ではないとの研究結果も存在しており、たばこ税増税の効果を疑問視する声もあります。

タバコ銘柄 イメージの記事

【最新】タバコ銘柄のイメージや偏見とは?男女別で性格診断!

2023年最新のコンビニで買えるセブンスターやメビウス・パーラメント・クール・ラッキーストライクにアメスピ・キャメルなどタバコ銘柄全20種の性格診断にイメージや偏見、男・女子受けするタバコやダサいタバコ、タバコの持ち方などをご紹介します!

タバコはいつからいくらになる?2024年の加熱式タバコ・紙巻きタバコ銘柄値上げ情報まとめ

この記事の要点まとめ
  • 2024年のタバコ税増税は10月に実施される可能性が高い
  • 2024年のタバコ税増税予定は加熱式タバコのみで最終的に60円程度高くなる
  • タバコ税増税にはさまざまな意見があがっている

当記事では、2024年のいつからタバコが値上げするのか、どれくらい値段が高くなるのかを解説するとともに、これまでのタバコの値上げ推移についても解説してきました。

2018年から段階的な値上げが続いているタバコですが、紙巻きタバコ・加熱式タバコともに今後もさらなる値上げが想定されています。

当記事を参考に、安い銘柄へと乗り換えることはもちろんですが、たばこ税の掛からない電子タバコへの乗り換えも検討してみてください。

ドクターベイプモデル2

全国展開中の「DR.VAPE Model2」が期間限定6,470円オフ!

シリーズ累計販売本数2,000万本突破、Amazon・楽天年間ランキング1位、テレビCM放映やファミリーマート販売など全国展開中の「DR.VAPE Model2」公式サイト限定で最安値で購入できます!

現在販売されている全7種類のフレーバーは、ニコチン・タール・タバコ臭ゼロを実現!紙巻きタバコのような嫌な臭いに悩まされず、気分に合わせたフレーバーを楽しめます。

また、1箱で紙巻きタバコ4箱分吸えるコスパと紙巻きタバコを圧倒する吸い応えが特徴!他社では実現不可能なコスパと満足感の両方を兼ね備えている喫煙者にとって夢のような電子タバコです。

そんな魅力に溢れたDR.VAPE Model2のお得なスターターキットが、期間・数量限定の6,470円引きで販売中なので、ほんの少しでも気になる方は今すぐ公式サイトをチェック!

たばこ銘柄を確認する

JTのタバコ銘柄一覧

BATのタバコ銘柄一覧

PMJのタバコ銘柄一覧

IMPのタバコ銘柄一覧

その他のタバコ一覧

×
×