タバコが吸えるファミレスはどこ?完全禁煙と喫煙専用室設置の目的

タバコが吸えるファミレス

↓ JUULの販売店で最短3日到着を実現 ↓

完全禁煙のお店が増えてきている中で、愛煙家の悩みはタバコが吸えるファミレスを探すこと。

というのも喫煙可能のお店が減ってきているので、グルメサイトで料理や予算でランチを探すよりも、タバコが吸えるファミレスかどうか?が重要なポイントです。

そこでこの記事では、全国チェーン展開をしているレストランの中で、タバコが吸えるファミレス情報を紹介していきます。

愛煙ユーザー必見!タバコが吸えるファミレス

タバコが吸えるファミレス

では早速、 タバコが吸えるファミレスを紹介していきたいと思いますが、その前にタバコが吸えるファミレスといっても、お店によって性質が違うことをお伝えしておきます。

というのも喫煙可能のお店でも9割以上は、喫煙専用室を設けている分煙スタイルをとっていることで、喫煙目的で入店し、どの席でも喫煙可能なお店というのは本当に少なくなってきました

また、喫煙専用室を設けていたとしても、時間帯や曜日によっては完全禁煙を実行しているお店もあるため、喫煙専用室があるからといって必ずしも喫煙可能のお店という保証はないのです。

これらのことを念頭に置いた上で、タバコが吸えるファミレスを見ていきましょう。

喫煙可能なファミレス①:びっくりドンキー

ハンバーグで有名なびっくりドンキーは、アレフが経営している外食企業です。

このアレフが経営するファミレスは、それ以外にも「ペペサーレ」「らくだ軒」などがあります。

実はびっくりドンキーに関しては、喫煙可能かどうかのネット情報にあまり正確性がありません。

というのも、数年前に時代の流れに乗って一部のお店で完全禁煙を試みたものの、あまりにも来店者数が減ってしまったことを反省し、 分煙の方針に切り替えた背景があるからです 。

現在ほとんどのびっくりドンキーでは、喫煙専用室を設けて、嫌煙家にも愛煙家にもくつろいでもらえる目的の店舗づくりに努めています。

また、店ごとで時間帯によって喫煙専用室があっても、完全禁煙を取り入れている店舗も多いです。

なおこの完全禁煙の時間帯については店舗によって異なるので、HPを確認するようにしてください。

喫煙可能なファミレス②:ビッグボーイ

ステーキで有名なビッグボーイは、グループ店舗にヴィクトリアもあります。

このビッグボーイグループ店舗では、現在完全禁煙の目的では動いてなく、喫煙専用室でブースを設けているか、お店によって時間帯ごとで全席禁煙を実施しています。

時代の流れに乗る!完全禁煙を決めたファミレス

完全禁煙のお店

一方で、時代の流れに乗ってグループ全体で完全禁煙を決めたファミレスがあります。

このように完全禁煙を実行する目的とは、社会全体で副流煙による被害を少なくしていこうという目的が背景にあるのです。

また、完全禁煙にしたことによって一部の人からのイメージが低下したとしても、残り大多数のお客様からの支持は得られるという売上増の目的も。

では、完全禁煙に踏み込んだグループ会社を紹介していきます。

完全禁煙のファミレス①:すかいらーくグループ

株式会社すかいらーくホールディングスは、2019年9月1日からグループ全店で敷地内禁煙を実施することにしました。

敷地内禁煙ということは、お客様はもちろん従業員も喫煙目的の休憩は不可能ということになります。

さて、すかいらーくグループが展開するファミレスには、以下の15店があります。

すかいらーくグループ
  • ガスト
  • ジョナサン
  • 夢庵
  • グラッチェガーデンズ
  • から好し
  • 魚屋路
  • とんから亭
  • かつ九
  • みわみ
  • バーミヤン
  • しゃぶ葉
  • 藍屋
  • chawan
  • ゆめあん食堂
  • ばーみゃん軒

「ここもすかいらーくだったんだ!」と思うお店も多いですよね?

ということは、そのぶん完全禁煙になってしまってがっかりする人も多いかもしれません。

完全禁煙のファミレス②:サイゼリヤ

イタリアンレストランサイゼリヤも、2019年9月から全店全席禁煙になりました。

それに先立って2018年から、実験的に京都府内のお店やショッピングセンター内のお店には、喫煙専用室を設けないよう実施してきたのです。

このことにより単価が安いサイゼリアにとっては、利用者の回転率が上がり、喫煙専用室の分のスペースも有効に使うことで、利益が出る商売ができることを見込んでいると思われます。

完全禁煙のファミレス③:ロイヤルホスト

高級志向のファミレスで有名なロイヤルホストは、実は意外にも2013年からと早い段階から完全禁煙を実施していたファミレスです。

当初はそのことにより売上が下がった時期もあったようですが、その後客層がガラリと入れ替わり、今ではV字回復を実現しました。

完全禁煙のファミレス④:デニーズ

デニーズはセブン&アイホールディングスが経営しているチェーンで、その他にも「太陽のグリル」や「ぽっぽ」が有名です。

このデニーズも、当初は喫煙専用室を設けながらの分煙スタイルを実施していましたが、今では完全禁煙の方向に進んでいて、2020年3月までには、全店舗での完全禁煙が完了する予定です。

完全禁煙のファミレス⑤:ココス

ココスでは、2019年9月末までに全ての店舗の完全禁煙を終了します。

それまでは喫煙専用室を設けたり、時間帯による禁煙を実施していましたが、今後は子供連れの世帯を中心にユーザーを増やすことを目的に、完全禁煙に踏み込むことになりました。

ファミレスの完全禁煙と喫煙専用室設置の目的

喫煙専用室の目的

タバコが吸えるファミレスと、一切吸えなくなってしまったファミレスを紹介してきました。

喫煙可能なファミレスの数が、2019年以降ガクンと減ってしまっていることをお分かりいただけたと思います。

これは2020年から正式に施行される、受動喫煙防止条例が大きく影響しています。

そしてこの流れに真っ向から対立しているのが、日本たばこ産業(JT)で、世界の玄関口である成田空港を初めとして、完全分煙を目的とした新しい喫煙ブースの開発・設置に力を注いでいます。

ではそもそも、完全禁煙にしてしまうファミレスと、それでも分煙を貫くファミレスとにはどのような違いがあるのでしょうか?

完全禁煙を実施するファミレスの目的

完全禁煙を決断したグループ会社は、嫌煙の時代の流れを意識した「クリーンな会社」「子供に優しいお店」を定着させるイメージ戦略を目的としています。

また喫煙ルームがないことで、空気清浄を保つための費用や、わざわざ定休日を設けて壁紙を張り替えたりする作業などもなくなるため、経費的にもかなりの出費を抑えることができます。

喫煙可能スタイルを保つファミレスの目的

一方で今現在タバコが吸えるファミレスには、完全禁煙が進む時代の中で行き場をなくしたユーザーを囲い込む狙いがあります。

あえてタバコが吸えるファミレスを貫くことで、「全ての人にやさしいお店 」を目指しているのです。

また、どうしても完全禁煙に踏み込めない背景には、地域による違いも影響してきます。

例えば北海道が発祥のファミレス「びっくりドンキー」や「とんでん」などは、一度完全禁煙を試みたものの失敗しています。

これは喫煙率が高い地域において、喫煙可能のままの方が利益が出て、それでもイメージが下がらないことが大きく影響していると言えます。

女性のための禁煙方法

【女性限定】確実にタバコをやめられる禁煙方法をあなたに教えます

2019年9月17日

タバコが吸えるファミレスと完全禁煙のファミレスまとめ

この記事の要点まとめ
  • 2019年9月には、ほとんどのファミレスで完全禁煙を完了させる
  • その流れに逆行するように、一部のファミレスについては分煙スタイルを貫いているが、ごく少数派
  • 2020年4月の条例施行後には、さらに禁煙への流れが強化されていく

タバコが吸えるファミレスについて、一覧にして紹介してきましたが、世の中の完全禁煙の流れのポイントとしては主に上記の3点です。

以上を踏まえた上で、愛煙家にはより禁煙に対する意識改革が必要ですが、その一方で、副流煙の被害を抑えることができる加熱式タバコの存在が注目されたりもしています。

専用ブースを設ける所も増えてきているので、タバコが吸えるファミレスの減少は、喫煙新時代への幕開けとも言えるでしょう。

タバコが吸えるファミレス

国内で大流行中の「DR.VAPE」が今一番おすすめ!

発売開始から1年足らずで累計販売本数100万本を突破したDR.VAPE(ドクターベイプ)は、日本国内で今最も勢いのある最先端の電子タバコです!

ドクターベイプを永久保証付きで超お得に手に入れるのであれば、公式オンラインショップの「プレミアムプラン」を利用するのが断然おすすめ!今なら下の「公式サイトで購入」ボタンから通常価格8,500円のスターターキットと交換カートリッジが3,500円(税抜)で購入可能なんです!

5,000円も安く購入できるのは公式サイトだけ!Amazonや楽天など、他の販売店では絶対に真似できない価格を実現しているのは公式サイトだからこそです。さらに送料も無料なので、この機会に利用しないと絶対に勿体ないですw

ドクターベイプは吸い応えや満足感も非常に強く、コストパフォーマンスも抜群!禁煙にも節約にもなるドクターベイプを今すぐゲットするのであれば、公式サイトを要チェックです!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

セブンスターを4年吸った後、友人の影響を受けラークのミントスプラッシュを吸ってみることに。意外と美味しいなと気づいてから、メンソール人生がスタート。そんな自分も体のことを真剣に考え、加熱式たばこのアイコスに変更。煙草、電子タバコなど幅広い情報を発信します。