成人年齢18歳の引き下げはいつから?タバコやお酒はどうなる?

公開日: 
喫煙者向けコラム

最近、成人年齢が18歳に引き下げられるという報道を目にしますが、成人年齢引き下げはいつからなのか?タバコやお酒の年齢制限が気になる方も多いのではないでしょうか?

本記事では、成人年齢引き下げはいつからなのか?タバコやお酒はどうなるのかを解説し、なぜ成人年齢を引き下げるのか理由やメリット・デメリット、賛成・反対意見をご紹介します。

成人年齢引き下げはいつからなのか結論から言うと、成人年齢引き下げは2022年4月1日金曜日からとなっており、タバコ・お酒の年齢制限はこれまでと同じ20歳のままという事が分かりました。

成人年齢引き下げで成人年齢が18歳に!成人年齢引き下げはいつからなのか解説

成人年齢引き下げはいつから

最近、成人年齢引き下げに関する報道を目にしますが、成人年齢引き下げで成人年齢は何歳になるのか?成人年齢引き下げはいつからなのか、なぜ引き下げるのか理由を解説していきます。

結論から言うと、現在の成人年齢は20歳ですが、成人年齢引き下げによって成人年齢が18歳になり、成人年齢が引き下がるという民法の改正は2022年4月1日より適応されます。

また、なぜ成人年齢が引き下げられるのか?理由としては、世界的にも成人年齢は18歳が主流となっており、若者の自立を支援する等が挙げられます。

成人年齢引き下げにより成人年齢が20歳から18歳になる

日本では明治9年から成人年齢は20歳とされてきましたが、2018年6月に成人年齢引き下げを含む民法の改正するという法律が成立しました。

現在の成人年齢は20歳となっており、20歳になると大人として認められるので、もちろんタバコ・お酒が買えるのも20歳からでした。

ですが、成人年齢を20歳から18歳に引き下げるという民法の改正が行われる事が決定したので、成人年齢引き下げにより成人年齢は18歳になります。

20歳から18歳に成人年齢が引き下げられるのはいつから?

成年年齢を18歳に引き下げることを内容とする「民法の一部を改正する法律」は,2022年4月1日から施行されます。
  2022年4月1日の時点で,18歳以上20歳未満の方(2002年4月2日生まれから2004年4月1日生まれまでの方)は,その日に成年に達することになります。  2004年4月2日生まれ以降の方は,18歳の誕生日に成年に達することになります。

出典:法務省

上記を見て分かるように、成人年齢引き下げはいつからなのか結論から言うと、2022年4月1日金曜日から施行されるので、4月1日以降は成人年齢が18歳になります。

ですが、2002年4月2日~2004年4月1日生まれの方はいつから成人年齢になるの?と疑問に思いますよね?

生年月日 成人となる日 成人
年齢
2002年4月1日まで 20歳の誕生日に成人 20歳
2002年4月2日~
2003年4月1日
2022年4月1日に成人 19歳
2003年4月2日~
2004年4月1日
2022年4月1日に成人 18歳
2004年4月2日以降 18歳の誕生日に成人 18歳

上記の通り、2002年4月2日から2003年4月1日生まれの方は19歳、2003年4月2日から2004年4月1日生まれの方は18歳が成人年齢になり、現在18歳・19歳の方は2022年4月1日に新成人となります。

なぜ20歳から18歳に成人年齢が引き下げられるのか?引き下げられる理由

我が国における成年年齢は,明治9年以来,20歳とされています。
近年,憲法改正国民投票の投票権年齢や,公職選挙法の選挙権年齢などが18歳と定められ,国政上の重要な事項の判断に関して,18歳,19歳の方を大人として扱うという政策が進められてきました。こうした政策を踏まえ,市民生活に関する基本法である民法においても,18歳以上の人を大人として取り扱うのが適当ではないかという議論がされるようになりました。
世界的にも,成年年齢を18歳とするのが主流です。成年年齢を18歳に引き下げることは,18歳,19歳の若者の自己決定権を尊重するものであり,その積極的な社会参加を促すことになると考えられます。

出典:法務省

なぜ20歳から18歳に成人年齢が引き下げられるのか?法務省の(成年年齢関係)改正Q&Aによると、世界的にも成人年齢は18歳が主流となっており、若者の自立を支援するという理由から成人年齢を引き下げるとのこと。

既に選挙権が18歳に引き下げられており、既に18歳を大人として扱われる場面があった事も成人年齢が引き下げられる理由の一つとされています。

未成年喫煙

未成年がタバコを喫煙して警察にバレた時は販売側が処罰される?

未成年者の喫煙が警察にバレるとどうなるか、知っていますか?未成年者のタバコ喫煙や所持が発覚すると処罰対象になるのは販売側もしくは、販売・譲渡してしまった成人者の責任になります。身の回りの喫煙者は本当に成人済みなのか、今一度確認しましょう。

成人年齢引き下げ後のタバコ・お酒の年齢制限、成人式はどうなるのか解説

成人年齢引き下げ後のタバコ・お酒の年齢制限、成人式はどうなる

成人年齢引き下げはいつからなのか?なぜ成人年齢が引き下げられるのか理由を解説したところで、続いては成人年齢引き下げ後のタバコとお酒の年齢制限、成人式はどうなるのか解説していきます。

結論から言うと、18歳に成人年齢が引き下げられてもタバコや、お酒の年齢制限は変わらず20歳のままとなっており、成人式をいつ行うのかは各自治体から発表されます。

成人年齢が引き下げられてもタバコやお酒の年齢制限は20歳のまま

民法の成年年齢が18歳に引き下げられても,お酒やたばこに関する年齢制限については,20歳のまま維持されます。また,公営競技(競馬,競輪,オートレース,モーターボート競走)の年齢制限についても,20歳のまま維持されます。
これらは,健康被害への懸念や,ギャンブル依存症対策などの観点から,従来の年齢を維持することとされています。

出典:法務省

先程お伝えしたように、成人年齢が引き下げられてもタバコや、お酒、公営競技の年齢制限は20歳のままです。

なぜタバコ・お酒の年齢制限はそのままなのかというと、健康維持・ギャンブル依存症対策等の観点から、成人年齢引き下げ後もこれまで通りタバコや、お酒の年齢制限は維持されます。

よって、18歳に成人年齢が引き下げられた後も20歳になるまでは、20歳未満の飲酒・喫煙行為は禁止となります。

18歳に成人年齢が引き下げられた後の成人式はどうなる?

成人式の時期や在り方に関しては,現在,法律による決まりはなく,各自治体の判断で実施されていますが,多くの自治体では,1月の成人の日前後に,20歳の方を対象に実施しています。
成年年齢が18歳に引き下げられた場合には,そもそも18歳の方を対象とするのか,高校3年生の1月という受験シーズンに実施するのか,2022年度は3学年分同時に実施するのかといった問題があると指摘されています。
政府としては,成年年齢引下げを見据えた環境整備に関する関係府省庁連絡会議において,関係者の意見や各自治体の検討状況を取りまとめた上で情報発信し,各自治体がその実情に応じた対応をすることができるよう取り組んでいきたいと考えています。

出典:法務省

18歳に成人年齢が引き下げられた後の成人式はどうなるのか疑問になる方が多いと思いますが、成人年齢引き下げ後の成人式の時期はまだ決まっていません。

2023年の成人式はそもそも18歳を対象とするか、受験シーズンに実施するか等まだ検討中のようなので、各自治体での成人式に関する発表を待ちましょう。

一部では2023年以降も20歳になる年で成人式を行うという自治体が多いようなので、現時点では3学年同時に成人式を行う可能性は低いと考えられます。

電子タバコは未成年でも買えるのか

未成年でも電子タバコは買える?ドンキで購入したら警察の補導対象?

電子タバコ(VAPE)は未成年でも買える・吸えるのか?未成年者がドンキやコンビニで電子タバコを購入した場合、警察への通報・補導対象になるかどうかを日本の法律に基づいて徹底解説!またネット通販なら未成年でも電子タバコを買えるかどうかもご紹介。

20歳から18歳に成人年齢を引き下げる事でのメリットを解説

20歳から18歳に成人年齢を引き下げる メリット

ここまで、成人年齢引き下げ後のタバコ・お酒の年齢制限や、成人式はどうなるのかを解説しました。

次に20歳から18歳に成人年齢が引き下がる事でのメリットとデメリットを解説していきます。

まずは、成人年齢引き下げのメリットからご紹介していきますので、成人年齢引き下げについて興味がある方は是非参考にしてください。

成人年齢引き下げのメリット①:一人で様々な契約をすることができる

1つ目にご紹介する成人年齢引き下げのメリットは、親の同意なしで様々な契約を行う事ができるということです。

これまで親名義で借りていた携帯電話や、これまで作成する事が出来なかったクレジットカード・アパートを借りる・ローンを組む等の様々な契約を一人で行えるようになります。

しかし、成人年齢引き下げ後はどんな契約も行えるわけでなく、支払い能力がない場合はクレジットカード・ローン等の審査に通らない事があるのでご注意ください。

成人年齢引き下げのメリット②:10年パスポートの取得

続いてご紹介する成人年齢引き下げのメリットは、10年パスポートの取得です。

こまで10年パスポートは20歳から取得できるパスポートでしたが、成人年齢引き下げに伴い、10年パスポートも18歳から取得出来るようになります。

10年パスポートが18歳で取得出来るのはいつからなのかというと、成人年齢引き下げと同じ2022年4月1日から申請が可能です。

成人年齢引き下げのメリット③:国家資格の職業に就くことができる

次にご紹介する成人年齢引き下げのメリットは、国家資格の職業に就くことができるということです。

成人年齢を引き下げる事により、公認会計士や司法書士・医師等の国家資格が必要となる職業に18歳から就く事が出来ます。

しかし、国家試験を受験するには大学の正規課程を修了する必要があるので、成人年齢引き下げにより18歳まで引き下げても国家資格を受験する事自体難しいと言えるでしょう。

成人年齢引き下げのメリット④:親の同意なしで結婚することができる

続いてご紹介する成人年齢引き下げのメリットは、親の同意なしで結婚できるということです。

これまでは男性が18歳、女性が16歳で結婚する事が可能でしたが、女性の結婚可能年齢が18歳に引き上げられます。

引き上げはいつからなのかというと、成人年齢引き下げと同じ2022年4月1日となっており、成人年齢である18歳から結婚できるようになるので、親の同意なしで結婚する事が可能です。

成人年齢引き下げのメリット⑤:性別の取扱いの変更審判を受けることができる

最後にご紹介する成人年齢引き下げのメリットは、性別の取扱いの変更審判を受ける事ができるようになるということです。

これまで性別の取り扱いの変更審判は20歳であることが条件として定められていましたが、成人年齢引き下げにより18歳から審判を受ける事が可能です。

性別の取扱いの変更審判を受けることができるようになるのは、成人年齢引き下げと同じ2022年4月1日からとなっています。

未成年タバコ所持アイキャッチ

未成年がタバコを所持したら現行犯で逮捕される?それとも補導?

未成年者喫煙禁止法があるにも関わらず未成年者の喫煙が絶えません。未成年者のタバコ所持が警察に見つかってしまったら現行犯逮捕?それとも補導?ここでは未成年者がタバコを所持することによって罰せられる罪や未成年喫煙の悪影響を詳しくお話しています。

20歳から18歳に成人年齢を引き下げる事でのデメリットを解説

20歳から18歳に成人年齢を引き下げる デメリット

ここまで、20歳から18歳に成人年齢を引き下げる事でのメリットを解説しましたが、成人年齢引き下げにより様々なメリットがありました。

しかし、成人年齢を引き下げる事でメリットだけでなく、様々なデメリットがある事も知っておく必要あります。

次に20歳から18歳に成人年齢を引き下げる事でのデメリットを解説していきますので、是非参考にしてください。

成人年齢引き下げのデメリット①:契約の取消権がなくなる

1つ目にご紹介する成人年齢引き下げのデメリットは、契約の取消権がなくなるということです。

未成年者が親の同意なく、契約・購入してしまったものは未成年者取消権で取り消す事が可能となっており、様々な被害に遭わないよう守られていました。

しかし、成人年齢の引き下げが施行されると、被害にあっても未成年取消権で取り消す事が出来なくなり、自己責任となってしまうので、これも一つのデメリットと言えるでしょう。

成人年齢引き下げのデメリット②:個人住民税を払う必要がある

次にご紹介する成人年齢引き下げのデメリットは、個人住民税を支払う必要があるということです。

住民税は未成年だと前年の所得が135万円以下の場合は非課税になるとされていますが、この定義が成人年齢引き下げに伴い、18歳に引き下げられます。

18歳・19歳で毎月ある程度の稼ぎがある場合、これまで必要がなかった住民税を支払わなければいけません。

シーシャ 年齢 アイキャッチ

シーシャ屋で年齢確認される?未成年は違法なのか徹底解説

シーシャ屋(水タバコ屋)の利用を考えている未成年の方必見!シーシャ(水タバコ)が利用可能な年齢、年齢確認なしで利用できるか、未成年が利用する事は違法ではないのか詳しく解説します。未成年でも購入出来るシーシャもご紹介していきます。

20歳から18歳に成人年齢を引き下げる事に対する賛成意見と反対意見をご紹介

成人年齢を引き下げに対する賛成・反対意見まとめ

ここまで、成人年齢引き下げのデメリットをご紹介しましたが、成人年齢引き下げにより消費者被害を防ぐ未成年者取消権が適応されなくなります。

最近では、SNS等でも消費者被害が増えているので、成人年齢引き下げ後は消費者被害に遭わないよう、契約・買い物には気を付けましょう。

最後は成人年齢引き下げに対する賛成意見と反対意見をご紹介していきます。

20歳から18歳に成人年齢を引き下げる事に対する賛成意見

『賛成意見/17歳/女性』
これまでよりも早く自立をして大人として認められたいですし、世界的にはおかしい事ではないなら成人年齢を合わせても問題はないと思う。

『賛成意見/18歳/男性』
理由をしっかりと見た上で成人年齢引き下げには賛成ですが、これまで親の同意が必要だった契約等が一人で行えるようになるという事には少し不安を感じます。

『賛成意見/18歳/女性』
海外では成人年齢は18歳が主流となっていますし、日本でもやっと引き下げられるのかと思いましたが、正直なぜ今なのかなとも思います。

20歳から18歳に成人年齢を引き下げる事に対する反対意見

『反対意見/18歳/男性』
なぜ成人年齢が引き下げに反対なのかというと、自分自身まだまだ未熟だなと思うところがたくさんあるので、成人年齢となっても中身はまだ子供な中途半場な人が増えそうだと思ったからです。

『反対意見/17歳/男性』
理由の一つに自立を支援するとありますが、成人年齢が18歳になったとしても、学生のままで大人である自覚を持つ事は難しいと思います。

『反対意見/18歳/女性』
どんな理由であれ受験の大事な時期に成人式を行われたら困るので、もう少し考えてほしいです。

『反対意見/18歳/女性』
成人年齢引き下げ自体は別に良いと思いますが、成人式がいつ行われるのかが不安です。

20歳から18歳の成人年齢引き下げに対するTwitter上の意見

成人年齢を引き下げに対するTwitter上の賛成・反対意見をもっと見る

20歳から18歳に成人年齢を引き下げる事に対する意見を見た感想

20歳から18歳に成人年齢を引き下げる事に対する賛成・反対意見を見た個人的な感想としては、なぜ今なのか?成人式がいつになるのか不安という声が多く、反対意見が多い印象を受けました。

また、18歳以下のお子さんを持つ親御さん達からも様々な契約が行えるようになる、未成年者取消権が適応されなくなるという点に対して、とても不安・心配という声が多いです。

様々な反対意見がありましたが、成人年齢引き下げは確実に2022年4月1日から施行されるので、18歳で成人を迎える方はこれまでよりも慎重に行動する必要があると言えるでしょう。

本を読んでいる木の人合

【最新版】意外と知らないタバコの雑学や面白い豆知識50選

何気なしに生活していると知らない雑学や豆知識って本当にたくさんありますよね?今回はタバコにまつわる雑学と面白い豆知識を50選まとめました。この記事を読めば普段私たちの体を満たしてくれているタバコのあれこれについて知ることが出来ますよ!

成人年齢引き下げ後のタバコやお酒はどうなる?引き下げはいつからなのかまとめ

ドクタースティック
この記事の要点まとめ
  • 成人年齢引き下げは2022年4月1日金曜日から
  • 成人年齢引き下げ後もタバコやお酒の年齢制限は変わらず20歳のまま
  • 成人年齢引き下げ後の成人式は各自治体で決められる
  • 成人年齢引き下げは反対意見が多い

今回は、成人年齢引き下げはいつからなのか?タバコやお酒の年齢制限、成人式はどうなるのかを解説し、なぜ成人年齢が18歳になるのか?引き下げる理由を解説しました。

成人年齢引き下げは2022年4月1日金曜日からとなっており、タバコやお酒、公営競技の年齢制限は変わらず20歳のままです。

また、成人年齢引き下げのメリット・デメリットや賛成・反対意見もご紹介しましたが、成人年齢引き下げは確実に行われるので、18歳で成人を迎える方はこれまでよりも慎重に行動する必要があると言えるのではないでしょうか?

全記事に適用【マーカー関連】

全記事に適用【目次下に3連divフィールド】

全記事に適用【書き出しBOXdivフィールド】

3連>(商標以外)電子タバコ pc/sp出し分け

書き出しBOX>(商標以外)ドクタースティックタイプX pc/sp共通 ::logic 1段目否定,(Drs商標)/2段目否定,(Vape商標)/3段目否定,(DrsX商標)

タグ
DR.Stick(4500) (1-特別除外,2-DrVape除外,3-Drs除外,4-JUUL除外)

全額返金保証付きの「Dr.Stick」が今なら79%OFF!

シリーズ累計1,000万個を突破しAmazon・楽天・Yahoo!ランキングで1位を獲得する「Dr.SticktypeX」は、ユーザー評価7冠を達成した愛煙家支持率No.1の人気電子タバコ!

ニコチン・タール・タバコ臭ゼロに加えて紙巻きタバコ顔負けの濃厚な吸い応えを実現しました!健康的な上に周囲に迷惑を掛けずに喉にガツンと来るコクを堪能できます。

また、1箱でタバコ30箱分吸えるコスパと30日間の全額返金保証も大きな魅力です。コスパが良いのでお財布に優しいですし、保証があるので誰でも気軽に吸い始められます!

注目必至のドクタースティックのスターターキットが、今なら11,220円オフの2,980円で販売中!お得なチャンスを逃さず今すぐ公式サイトをチェックしてみて下さい!

年齢確認

本サイトはタバコに関する内容を含んでいます。
あなたは20歳以上ですか?

  • はい
  • いいえ

Cookieは1年間保存されます。
1度だけご協力頂ければその後は表示されません。