タバコのロングとショートの違いは長さと値段?種類で味は違う?

タバコ ロング ショート 違い

↓ 吸い応え抜群!《50%OFF》で購入できるのは当サイトだけです ↓

[PR]株式会社HAL
※2021年01月28日更新

愛煙家の方でもタバコのロングとショートの違いを知っている人は少なく、ほとんどの愛煙家は自分好みのタバコドクターベイプモデル2が定着しているので他の銘柄を試さない人が多いですよね?

タバコのロングとショートではフィルターの長さやタバコ葉の量、値段が異なるので、もちろんロングとショートでは味わいや煙の量にも違いがあります。

今回の記事では、タバコ初心者の方やロングとショートの違いが気になる方の為に、タバコのロングとショートの違いは長さと値段なのか?種類で味の違いはあるのかについてじっくり解説します。


\いまさら人には聞けない/
※現時点で「ドクタースティック」という最強のタバコを知らない方は絶対にヤバいです。
上記リンクから話題の新型タバコが今だけ8,000円引き+全額返金保証付き!!

タバコのロングとショートの違いを解説!

ショートロングの違い

タバコを吸っている方であれば、ロング・ショートという単語を聞いた事がある方が多いと思いますが、実際ロングとショートの違いについては詳しく知らない方が多いでしょう。

簡単に説明するとロングは一般的なタバコのサイズよりも少し長いタバコ、ショートは一般的なキングサイズのタバコです。

それでは、早速タバコのロングとショートの違いについて解説していきますので、タバコのロングとショートの違いが分からないという方は是非参考にしてください。

タバコのロングとショートの違い①:長さ

全体の長さの違いについては、ショートが85mm、ロングが100mm という前提でお話していきます。

ここで注目したいのは、全体の長さに比例してフィルター(口にくわえる部分)の長さも変わるということ。よくタバコを見てみると、ロングの方がショートよりもフィルターの長さが数ミリ長いです。

このフィルターとは、体内に入るニコチンやタールの量を調整するためにあり、長さが長いほど吸い心地がマイルドになります。

また最近主流になってきている「チャコールフィルター」(フィルター部分が茶色で2トーンカラーになっている)は、さらに雑味や匂いを吸着するように加工されています。

なので、「タバコ本来の味が好き!マイルドさなんて求めてない!」という方は、チャコール加工がされていなくて、長さも短いタバコを選ぶと良いでしょう。

タバコのロングとショートの違い②:タバコ葉の量

タバコの紙の中に包まれているタバコ葉の量は、当然ロングサイズの方が多くなります。

ただしロングサイズの場合はフィルターの長さも長くなっているので、葉っぱの量が多いから味が濃いというわけではありません。

味の違いについて次に解説しますが、葉っぱの量に比例してタバコ感が増すわけではないことを覚えておいてください。

むしろしっかりとタバコ感を味わえるのは、ショートサイズです。一方でロングサイズの方が、吸っている時間を長く味わえるという利点がありますので、ゆっくりタバコをくゆらせたい人にとっては、ロングサイズの方が人気ですね。

タバコのロングとショートの違い③:値段

ほとんどの銘柄において、タバコの長さによる値段の差がつけられていません。

だったらロングの方が得じゃないか!と思う人もいるかもしれませんが、あくまでも個人の味の好みやタバコに求めるものが変わってくるので、一概に値段が安いから得!というふうにはならないでしょう。

また、ロングとショートでも値段に違いはないので、葉っぱの量も全く同じだと思っている人も多いようです。ロングの方がパッケージにかかる値段も高くなりそうなので、不思議ですよね?

実際に作る工程においてのコストについては分かりませんが、長さによる値段の差をあえて付けないことで、ユーザーにとって一番吸い心地の良いタバコを自由に選んでもらう狙いがあるのだと考えられます。

紙巻きタバコみたいに種類で悩む必要なし!

紙巻きタバコはロングやショートなど様々な種類があるので悩んでしまいがちですが、DR.VAPE Model2(ドクターベイプモデル2)ドクターベイプモデル2どのフレーバーも美味しくてハズレなしの超おすすめデバイスなんです!

紙巻きタバコのように種類で悩む必要もないので、好きなフレーバーを選択するだけ。喫煙者からもフレーバーが美味しいと紙巻きタバコと併用してドクターベイプモデル2を使用している方も急増しています。

しかも、喫煙者から大絶賛のドクターベイプモデル2が今なら通常価格から3,900円OFFとお得なキャンペーンを実施中…!ドクターベイプモデル2を購入するなら絶対に今ですよ。

タバコの正しい吸い方

タバコの吸い方とは?肺に入れる吸い方やコツを初心者に優しく解説

2021年6月7日

タバコのロング・ショートなど種類によって味に違いがある

味の違い

タバコの長さに値段が比例しないことが分かったところで、次にタバコのロング・ショートなど種類による味の違いについて解説していきます。

一見値段が得と思われるロングよりショートサイズの方にユーザーが多い理由が分かるので、タバコ初心者は是非参考にしてくださいね。

少しの喫煙で充足感を得られる人にはロングのタバコがおすすめ

一方でそこまで強いニコチンやタールの量を欲していない人や、メンソールを長い時間楽しみたい人にはロングのタバコが合っています。つまり、タバコにあまり強くないけど吸いたい人向けですね!

禁煙を試みる人が、第一段階としてショートからロングに切り替える人もいたりしますし、吸い方に関してもショートサイズのタバコよりも深く吸い込まないと、うまく煙が体内に入ってきません。

ロングのタバコは深く吸い込んでいるわりに、ガツンとした吸い心地がないので物足りなさを感じる人もいるでしょう。

しかし、同じタールでもロングにするとほんの少し吸い応えが軽くなるので、いつも吸っているタバコがキツイと感じている人にもロングはおすすめですよ!

満足感を味わいたい人にはショートのタバコがおすすめ

ショートの方が、吸い込んだ時に体内に入る煙の量が多くなります。

あまり吸い方を意識しなくても少しの吸い込みで一気に肺の中まで煙が浸透するのを感じるのは、ロングよりもショートのタバコですね。

また、ショートのタバコはフィルターの長さも短いため、タールやニコチンが濾過される量も少なくなり、よりタバコ本来の目的を味わうことができます。

以上がロングとショートの味の違いで、ざっくり言うとより味をしっかりと感じることができるのは、ショートサイズということになります。

このことから吸い心地を求めて、値段が同じでもあえてショートサイズを選ぶ人が多いことが分かると思います。

紙巻きタバコよりも味が濃くて満足感の高いデバイス

ドクタースティック

紙巻きタバコのロングとショートでは、味の濃さや喫煙時間など違いがありますが、DR.STICK(ドクタースティック)はどのフレーバーも味が濃くて好きなだけ吸引する事ができる大人気デバイスです。

紙巻きタバコは吸ってみないと味の濃さや喫煙時間、煙の量などが分かりませんよね?ドクタースティックならどのフレーバーでも最後まで濃い味わいとガツンとくる吸い応え、満足できる煙の量が楽しめます!

つまり、紙巻きタバコにも劣らないドクタースティックは、濃い味わい・吸い応え・煙の量と全てが揃っている最強デバイス。しかも、ドクタースティックはこんなにも満足度が高いのに健康的なんて信じられません…!

そんなドクタースティックが今なら破格すぎるキャンペーン実施中!通常価格から8,000円OFFの1,980円で購入できる大チャンスですよ…!お得にゲットするなら今が絶対に買い時なので、この機会に今大人気のドクタースティックを始めてみませんか?

味の違いの差

タバコのソフトとボックスで「味に違いが出る」と言われる理由とは?

2021年6月7日

タバコの長さにもいくつかの種類がある

長さの種類

ここまで、タバコのロングとショートの違いや味の違いについてご紹介しました。

次に、4種類のタバコの長さについてご紹介していきます!

というのも、私たちが普段の生活でショートだと思っているタバコの長さがレギュラーだったり、ロングだと思っていた長さがロングではなかったり…ということがあるからです!正しいタバコの長さについておさらいしていきましょう。

タバコの長さ一覧
  • タバコの長さ:レギュラー…70mm
  • タバコの長さ:ロング…80mm
  • タバコの長さ:キング…85mm
  • タバコの長さ:スーパーキング…100mm

タバコの長さの種類①:レギュラー

タバコの長さ①:レギュラーは70mmのタバコになります。

ショートピースやショートホープが代表的で、私たちが「スーパーショート」と思っている種類のタバコです。

元々はこの長さが主流だったことから、レギュラーという呼び方をされている所以なのでしょう。

一般的にこの長さは、通好みでタバコが好きな中毒者が愛用している印象ですね。

タバコの長さの種類②:ロング

タバコの長さ②:ロングは80mmのタバコになります。

代表的な銘柄だとわかばが挙げられましたが、今は販売されていないので現在はあまりお目にかかれないタバコの長さとなってしまいました。これから発売されるタバコでもおそらくこの長さのタバコが販売される事はないでしょう。

しかも、タバコの見た目からして全然ロングではありませんよね。

むしろ一般的なタバコよりも5mm短いのに「ロング」と呼ばれているのは、レギュラーが標準の長さだった時代の名残なのでしょう。

タバコの長さの種類③:キング

タバコの長さ③:キングは85mmのタバコになります。

現在最も多くの人が吸っているタバコの長さで、製造や販売個数も一番多いタバコの種類です。

つまり現代の私たちの中では、このキングがレギュラーの位置付けであり、ロングサイズに対して「ショート」と呼んでいるタバコです。

タバコの長さの種類④:スーパーキング

タバコの長さ③:スーパーキングは100mmのタバコになります。

私たちがロングと呼んでいるタバコの長さで、スタイリッシュでメンソールのイメージが強い、どちらかというと女性向けのタバコという印象です。

ほとんどの銘柄で、キングサイズとスーパーキングサイズの両方が販売されています。

■タバコの長さの種類まとめ

というわけで、以上が本来のタバコの長さの正しい見分け方となりますが、まずこれらを見て意外に思われた箇所も多いのではないでしょうか?

よくヤフー知恵袋などで、タバコの長さの違いについての質問投稿がある場合、 質問者も回答者も「キング=ショート」、「スーパーキング=ロング」という前提で話が進んでいます。

おそらく多くのニュースを視聴していても、同様の認識として定着しているでしょう。

最新の初心者向け電子タバコランキング

【2021年最新】タバコ初心者向け人気銘柄ランキング10選!

2021年10月6日

【まとめ】ロングとショートの違いは長さ・値段!種類で味も違う

この記事の要点まとめ
  • 本来のタバコの長さの名称と、現代の多くのユーザーの認識には違いがある
  • ロングとショートのタバコでは値段が同じだが、タバコ葉の量はロングの方が多い
  • タバコそのものやフィルターの長さが短いほど、本来の味と吸い心地が増す

これまでロングとショートのタバコの違いをまとめると、上記3つが重要なポイントとなります。

以上のようなことから、刺激を求める人ほど短いサイズを吸っていることがわかりますし、長さによる味の違いを気にしていなかった人は「実は違うサイズの方が自分に合っていた!」という事もあるかもしれませんね。

同じ値段を出すなら、ロングとショートの種類で味も違うので吸い比べて確かめてみるのもアリだと思いますし、電子タバコにスイッチする足掛かりとしてロングに変えてみるのもおすすめです。

タバコにもいろいろと種類がある事は分かったと思うので、自分なりに試行錯誤して試してみると良いでしょう!

また、おすすめの電子タバコDR.VAPE Model2(ドクターベイプモデル2)ドクターベイプモデル2も興味がある方はチェックしてみてください。

タバコ ロング ショート 違い

ABOUTこの記事をかいた人

家族に喫煙者が多く、なんとなく吸い始めたのがきっかけで今では喫煙歴が10年以上。紙巻きタバコやアイコスなど様々なタバコ製品に移行しましたが、今は加熱式タバコのプルームテックプラスや海外製のニコチン入りリキッドを電子タバコで愛煙中です!