【保存版】免税店で購入した海外へのタバコの持ち込み制限について

免税店のタバコの海外への持ち込み制限

↓ JUULの販売店で最短3日到着を実現 ↓

一昔前に比べてタバコの価格が上がってきています。

その理由としては、タバコの価格が上がったというよりも税金額が上がったことが原因です。

そのため、あえて税金分が控除される免税店で買い、海外へ持ち込む人も多いんです。

という事でこの記事では、免税店でタバコを買うとお得な理由や、持ち込み制限、そもそも違法ではないのか?について詳しく解説していきます。

免税店でタバコを買うとどうして安くなるのか?

免税店が安くなる理由

免税店でタバコを買うと、税金が免除されるため通常よりも安く買ってお土産にすることができます。(お土産という名目で自分で吸う以外にも自分用で買う人も多いです。)

なぜ空港の免税店でタバコが安く買えるのかというと、国内でのタバコに課せられている約6割もの税金が控除されているからなんです。

空港やホテルなど、旅行で観光客が多く訪れる場所には「TAX FREE」と書かれた免税店がたくさんありますよね?

最近では、中国や韓国からの訪日外国人が多く免税店で爆買いしていくこともニュースになっているほどです。

このように観光客に人気なのは、お菓子や薬ですが、愛煙家にとってはタバコも注目されているアイテムです。

空港の免税店では日本で買うとかかるはずの税金がないためタバコを安く買えるということがわかったところで、この章では、日本のタバコにかかっている税金の内訳と、免税店ではどのくらいの税金が控除されやすく変えるのかについて詳しく見ていきましょう。

日本のタバコの税負担内訳

免税店で安く買える理由をわかったところで、国内を例にしてどれだけの税金がかかっているのかその内訳は以下の通りです。

国内の煙草への税金
  • 国タバコ税 24.2%
  • 地方タバコ税 27.6%
  • たばこ特別税 3.4%
  • 消費税 7.4%

以上合計 62.6%

このように、半分以上が含まれているのがお分かりかと思います。

免税店でタバコの税金が控除される割合

タバコの一箱の値段の半分以上が税金だということをお伝えさせていただきましたが、免税店でのタバコの値段から実際に控除される金額はそのうち約35%です。

この数式になる計算は複雑なので割愛しますが、60%の税金のうち半分を控除してもらうことができるというわけなんです。

例えば、日本でユーザーの多いメビウスの1カートンの通常価格は4,800円ですが、免税店だと3,100円で買うことができます。

これだけ安くなるのであれば、ついまとめて買ってしまいたくなる気持ちも理解できますが、実は免税店にはあるルールがある事をご存知でしょうか?

それは、あくまでも日本の免税店でタバコを購入した場合、国内から出国することが前提になってしまうということです。(パスポートの提示など決められた手続きがあります。)

したがって、安く買えるチャンスとしては、自分自身が海外に渡る時か海外を行き来する友人に依頼するかのどちらかのパターンのみになってしまうことを注意してください。

免税店で買ったタバコの持ち込み制限

タバコの持ち込み制限

海外の免税店のタバコには、MAXで持ち込みができる数に制限があります。

ここでは、それぞれ日本に海外から持ち込むパターンと、諸外国に持ち込むパターンとで例を挙げてみていきましょう。

日本居住者向けのタバコの持ち込み数

  • 2018年10月1日から 紙タバコ400本まで(一箱20本入りなので2カートンまで)
  • 2021年10月1日から 紙タバコ200本まで(1カートンまで)

実は2018年の9月末までは、日本製が外国製かによっても持ち込みできる数に細かい規定がありました。

さらに、入国する旅行客が日本の居住者か非居住者かによっても決まりがあったのですが、最近になってから区分を一本化し、スムーズな入国ができるようになったのです。

ただし2021年からは、一気に日本への持ち込みが少なくなってしまうので、愛煙家にとっては今がチャンスと言えますね。

日本から海外に持ち込みできるタバコの数

  • アメリカ/EU/ 韓国/タイ 200本
  • 中国 400本
  • 香港 19本
  • ニュージーランド 50本
  • オーストラリア 25本

このように、持ち込みできる数にはバラつきがあります。

注目して欲しいのは同じアジア圏でも、中国と香港では大きな差があることです。

香港に至っては一箱も持ち込めないということになりますね。

もしもうっかり規定の量を超えるタバコを持ち込みしてしまった場合、税関で足止めを食ってしまうことがあるので注意が必要です。

これについては詳しく別な章で説明します。

電子タバコの場合の持ち込み制限数

今需要が高まっている電子タバコも、免税が適用されています。

それと同時に持ち込みができる範囲があるので気をつけましょう。

日本の電子タバコの範囲量は、銘柄毎に以下のように決められています。

  • アイコス 400本
  • グロー 400本
  • ブルームテック 100個

このように海外だとお得な加熱式タバコですが、紙タバコ同様に数量が決まっているので注意が必要です。

また2021年10月1日からは、電子タバコの量が個包装で10箱までと厳しくなるので注意してください。

もしもタバコの持ち込み制限を超えてしまった場合

煙草の制限が超えてしまったら

事前にしっかりとした情報を把握しないままで(古い情報に注意しましょう!)、うっかり個数を越えて税関を通った場合、超過料金を支払う必要があります。

次の項目で、煙草の超過料金の計算方法と、超過分の申告について詳しく見ていきましょう。

タバコの超過料金の計算方法

上限を超えた紙タバコには、超えた分の一本あたり12.5円が徴収されます。

例えば600本であれば、200本分に12.5円の税率が課せられるので、2,500円を支払うことになるというわけです。

せっかく35%程安く買えていたとしても、税関を通る時に余計にお金を払ってしまうことになるので気を付けましょう。

タバコの超過分の申告は必要?

もしも超過分の申告をせずに、こっそりカバンに忍ばせて通過しようとすれば、バレた時にさらに罰金を支払う必要があるので絶対におすすめしません。

それだけではなく、別室で事情聴取をされ、状況によっては空港警察も関わってくるほどの犯罪行為であることを覚えておいてください。

申告は空港で荷物を受け取る時でも間に合います。

「申告するものはないですか?」と必ず聞かれるので、その際に超過分の申告を行いましょう。

JUULを簡単に個人輸入する方法

JUULを誰でも簡単に個人輸入する方法を分かりやすく解説!

2019年7月9日

免税店のタバコを海外へ持ち込む時の制限まとめ

この記事の要点まとめ
  • 免税店は税額分が控除されるので、通常価格より約35%安く買うことができる
  • 免税店の安いタバコには、上限個数が決められている
  • 上限個数を超えたタバコには、一本あたり12.5円の超過料金を支払う必要がある。もし申告を怠った場合は、さらに罰金を課せられることがある

この記事の3つのポイントのように、免税店のタバコはかなりお得に手に入れられることがわかりましたね。

ですが、お得に手に入る一方で購入し持ち込むことができる個数には上限があるので、事前に対象品目と国別の持ち込み制限の数量を確認しておくようにしましょう。

さらに、紙タバコだけではなく加熱式タバコや葉巻にもそれぞれ持ち込み制限があるので、しっかりと確認してみてください!

なお、海外への持ち込み制限は一人当たりの制限数になっているため、裏技的な方法として、自分の分を同行する知人に協力して購入を頼むのもアリですね。

ツアーのような大人数で免税店を利用する時は、できるだけ多くの人と仲良くなっておくのも良いかもしれません。(カウントされる人数には未成年の子供は含まれませんので注意)

最後に一つ注意点として、2021年10月からは持ち込み量が2カートンから1カートンまでとルールが変わってしまうので、把握したうえでお得に買うようにしましょう。

免税店のタバコの海外への持ち込み制限

国内で大流行中の「DR.VAPE」が今一番おすすめ!

発売開始から1年足らずで累計販売本数100万本を突破したDR.VAPE(ドクターベイプ)は、日本国内で今最も勢いのある最先端の電子タバコです!

ドクターベイプを永久保証付きで超お得に手に入れるのであれば、公式オンラインショップの「プレミアムプラン」を利用するのが断然おすすめ!今なら下の「公式サイトで購入」ボタンから通常価格8,500円のスターターキットと交換カートリッジが3,500円(税抜)で購入可能なんです!

5,000円も安く購入できるのは公式サイトだけ!Amazonや楽天など、他の販売店では絶対に真似できない価格を実現しているのは公式サイトだからこそです。さらに送料も無料なので、この機会に利用しないと絶対に勿体ないですw

ドクターベイプは吸い応えや満足感も非常に強く、コストパフォーマンスも抜群!禁煙にも節約にもなるドクターベイプを今すぐゲットするのであれば、公式サイトを要チェックです!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です