喫煙者が多い職業や会社の特徴とは?業種による喫煙の傾向について

公開日:  更新日:
喫煙者向けコラム

会社や職業によっては喫煙者が少ない業種だと、喫煙者の方は副流煙の問題から肩身の狭い思いをして休憩中にタバコを吸わなくてはいけなくなります。

筆者自身も喫煙者が自分1人しかいなく、タバコを吸う際に非常に肩身の狭い思いをしてタバコDR.VAPE(ドクターベイプ)を吸っていた頃があり居心地が悪かったのを覚えています。

そこで今回は喫煙者が多い会社や職業の特徴を紹介!また業種による喫煙の傾向についてもまとめました。

日本の喫煙者は減少傾向にある?

夜の東京

昔に比べれば禁煙というワードが日常的に飛び交い、タバコの副流煙がもたらす健康被害の問題性も国内で高まってきています。

また非喫煙者が望まない受動喫煙を無くせるようにと受動喫煙防止条例などを施行したりと喫煙に関する規制が厳しくなってきて喫煙者の方は全体的に肩身の狭い思いをしてタバコDR.VAPE(ドクターベイプ)を嗜まないといけなくなってきました。

そこでまずは日本人の喫煙率を見ていきましょう。我々と同じく肩身の狭い思いをしてタバコを吸っている同士はどれくらい居るのでしょうか?

日本人の直近の喫煙率とは?

2018年の全国喫煙率
男性 女性
27.8%
8.7%
男女統計
17.9%

全国喫煙率を見てみても男性より女性が少ないことが分かりますが、男性の27.8%という数字は多い方なのか少ない方なのか今一ピンと来ていない方もいらっしゃるかも知れませんので、補足で説明すると喫煙者率が最も高かった1965年の喫煙率では、男性の喫煙率は82.3%女性は15.7%の調査結果となっています。

さらに喫煙者人口で言うと2018年時点では1,880万人もの国民が喫煙者であることがJTの調査で明らかになっています。

日本では電子タバコが流行中?

年々日本でも喫煙者が減少傾向にあるとされていますが、一方でニコチンもタールも含まない電子タバコ『DR.VAPE(ドクターベイプ)』DR.VAPE(ドクターベイプ)が大流行していることをご存知ですか?

禁煙や節煙の第一歩としても選ばれているドクターベイプは、とにかく強い吸い応えと味の良さに定評があります。従来の電子タバコにありがちな「吸った気にならない…」という欠点を克服しているので、吸った後の満足度が高いことも特徴です。

有害性物質も一切発生しないので健康的で、副流煙や受動喫煙の心配はありません。さらに、タバコ独特の臭いは皆無なので営業職やサービス業などでタバコの臭いが気になる方には非常にオススメです!

今なら通常価格8,500円のスターターキットが3,500円で購入できるキャンペーンも開催されており、大変お得です。こんなに安く手に入るのは今だけ限定ですので、少しでも気になる方はゲットしてみてはいかがでしょうか?

喫煙者が多い職業や会社とは?

ネクタイを締める男性

日本の喫煙者は年々減少変更にありますが、まだまだタバコ愛している愛煙家の方は多く居ます。かくいう筆者もタバコの価格が値上がろうが健康に悪いと散々言われようが禁煙しようと思えないんですよね。

非喫煙者の方からしたら「副流煙の影響を受ける私たちはの健康は!?」となってしまいますが、そんなこと思っていても喫煙者の方に言える訳ないので今から紹介する喫煙者が多い職業を参考にこれから就職や転職の職業を検討してみて下さい。

喫煙者が多い職業「政治家」

ドラマや映画でも政治家といったらタバコをプカプカふかしているシーンが印象的ですが、現実でも政治家は喫煙者が多い職業と言われています。

特に30~50代の政治家(男性)の多くは喫煙者が多いのですが、反対に女性の政治家喫煙者は国際的にも低いようです。

しかし政治家の方は禁煙に関する法案を自ら作っていたり、社会情勢や健康面などで喫煙者は減っている傾向にあります。

喫煙者が多い職業「病院関係」

女医

喫煙者が多い職業では病院関係の職業に勤めている方も喫煙者が多いとされています。これは労働環境が過酷という医療現場のならではの結果ではないでしょうか?

過去に「タバコは体に悪いから禁煙しましょうね。」と医師から説得されたことがあったので「先生は喫煙者ですか?」と質問したところ「先生も喫煙者だから説得力ないよね」と返答が返ってきた経験がありますが、体に悪いと知っていても医者などは意外に喫煙者が多いのも特徴ですよね。

しかし勤務先である病院自体が禁煙になってきているので病院関係の喫煙者は減少傾向にあります。

喫煙者が多い職業「営業職」

営業職の方も喫煙者が多いのが特徴な職業です。営業の方はどうしても取引先相手との飲み会などの付き合いがありますが、タバコも同じように付き合いで吸ってしまうこともあるようです。

また営業職というのもストレスがかかる業種でもあるので、ストレス発散にタバコを嗜む方も多い業種の一つとも言えそうですね!

しかし近年では、営業の方がタバコの臭いをプンプンさせて接待を行うのは印象的にも良くないので、喫煙者が減少している傾向にあります。

喫煙者が多い職業「外仕事」

工事現場の人

喫煙者が多い職業といえば建築関係や土木関係など、いわいる外仕事の職業が多いイメージがありませんか?

筆者の知人男性曰く、外仕事をしている方たちは肉体労働なので「疲れた体にタバコとコーヒーが良い感じに一息つける」そうですよ!また外仕事の方の多くは喫煙者であるので休憩中など現場の行き道、帰り道にタバコを吸う事で仕事仲間とコミュニケーションや情報共有を行うそうです。

喫煙者が多い職業「ドライバー」

喫煙者が多い職業で外仕事の方の次に思い浮かぶのが「ドライバー」ではないでしょうか?ドライバーの職業といえば短距離運転から長距離運転などがあります。

運転免許を持っている方なら分かると思いますが、運転は凄く神経を使うのが特徴な行為。それが仕事となると時間内に到着しないといけないやら事故を起こすわけにはいかないなど、様々な精神的ストレスを感じます。

上記の外仕事でも説明しましたが、ストレス発散にタバコを吸う方は多い傾向にあるのでドライバーという神経を使う業種も喫煙者が多い職業に入るのではないでしょうか。

喫煙者が多い職業「夜の仕事」

夜の歌舞伎町

水商売や風俗、ホストなど夜の仕事をしている方も喫煙者が多い職業の特徴と言えます。

人を相手にする業種はどうしても「ストレス」が付きもの。またお客様も喫煙者が多いと、自然と自分も喫煙者になっていたという方も多い傾向にあります。

しかし副流煙の問題点からすると非喫煙者の方が夜の仕事をしていると、過酷な職場環境になってしまうことが想像出来ますね…!

喫煙者の救世主「ドクターベイプ」

喫煙者が多い職業があると言っても、国を挙げて禁煙化が進んでいるため喫煙者にとっては本当に肩身の狭い思いをすることが増えてきていることも事実です。

そんな中、ニコチン0・タール0の電子タバコ『DR.VAPE(ドクターベイプ)』DR.VAPE(ドクターベイプ)が注目を集め始めており、紙巻きタバコを卒業してドクターベイプに切り替える方が続出中!

喫煙者でもタバコの臭いが気になったり、エチケットに気を使っている方も多いですよね。ドクターベイプはタバコの嫌な臭いとは一切無縁なので、タバコ臭さを気にすることなくどんな職業の方でも気軽にリフレッシュできるのが魅力です。

公式サイトを利用すれば、通常価格8,500円⇒3,500円でスターターキットが手に入るキャンペーンも開催されています。この絶好の機会はいつ終了してしまってもおかしくありませんので、見逃してしまう前にチェックしてみてくださいね。

喫煙者が多い職業の傾向について

考える男性

喫煙者が多い職場を紹介しましたが、肉体労働やストレスが付きものな業種が多い特徴であることが分かる結果になりましたね!

また、ドライバーや外仕事といった肉体労働者の多くは昔やんちゃをしていた方も多いので、若かりし頃に喫煙デビューを果たし、そのままタバコの虜になってしまった(あくまで個人的な意見です)背景も今回の喫煙者が多い職業に業種が上がったのではないでしょうか。

さらにドライバーの方は「狭い密室空間である車内で、運転をするという業種だからこそストレスの発散方法としてタバコを吸う傾向が強いのでは?」と傾向について分析もされています。

そして厚生労働省が行ったある喫煙率の調査では「低所得の方は喫煙率が多い」という調査結果も報告されていることが分かりました。

低所得の方は喫煙率が多いのは何故?

低所得の方は喫煙率が多いという調査結果は一概に「そうだ」と断言することは出来ませんし、あくまで高所得者でも喫煙者はいます、もちろん低所得の方も非喫煙者はいます。

では何故このような調査結果が報告されたかと言うと、低所得者の中には未成年の内から喫煙を始めた方が多い傾向にあるのではないでしょうか?

「それが何?」と思ってしまうかも知れませんが、高収入の方は学生時代、頑張って頑張って勉強をして進んだ先で収入の多い会社に入社した経緯を持っている方がたくさん居ます。

学生時代に勉強一筋だった方に、タバコを吸うという発想はなかったに等しいのです。

不真面目な学生時代を送った結果

筆者も学生時代クラスメートが一生懸命勉強している間、学校近くの駄菓子屋さんでお菓子を買いあさったり学校に給食を食べに行くだけの学生生活を送っていた時期がありますが、確かに将来の事を考えて勉強していたらタバコを吸う発想すらなかったよなと思いました。

タバコを吸うと脳の活動も悪くなり集中力の低下などの症状が出て来ます。勉強に差が出た結果、低所得の業種に就くことになり低所得の方の喫煙率が高いという結果なのでしょう。

つまりタバコを吸う方が低所得の業種に就く割合が高いという調査結果であると伺えます

喫煙者を採用しない企業が増えている?

タバコを折る人

ここまでは喫煙者が多い職業とその傾向について紹介してきましたが一方、最近では喫煙者を採用しない会社が増えてきていることを皆さんはご存知でしょうか?

先ほども説明しましたが、タバコを吸うと脳内の活動が衰え集中力の低下やタバコを吸うたびに席を立つことで業務効率の低下など会社にとってマイナスな影響が生じてきます。

また、非喫煙者の従業員からタバコ休憩は不公平だという声が多かったり、受動喫煙の健康被害などの問題から不満な声が多く寄せられていることも喫煙者を採用しない会社が増えてきている傾向にあります。

喫煙者を採用しない企業一覧

喫煙者を採用しない企業一覧まとめ!喫煙者が採用されない理由とは?

禁煙ブームにより、年々増加傾向にある「喫煙者を採用しない企業」を一覧にしてまとめてみました。また、企業がたばこを吸う人を採用しない理由についても調べてみましたので、喫煙者・非喫煙者両者ともこの問題について今一度考えてみましょう。

SUPARIでは喫煙者を採用しない会社についてまとめた記事も投稿しているので、喫煙者を採用しない会社について詳しく知りたい方は上の記事をご覧になってみて下さい。

喫煙者が多い職業や会社の特徴まとめ

年々喫煙者に対する風当たりは強くなってきており、禁煙や節煙を考える方も少なくありません。

電子タバコの『DR.VAPE(ドクターベイプ)』DR.VAPE(ドクターベイプ)であれば、吸い応え十分・タバコ臭さなし・有害性物質の発生なしとメリットだらけ!実際に多くの喫煙者がドクターベイプに乗り換え始めています。

今なら通常価格8,500円⇒3,500円で購入できる大チャンスですし、少しでも紙巻きタバコを卒業したいと考えているのであれば一度は挑戦してみる価値のある電子タバコとしておすすめです!

この記事の要点まとめ
  • 喫煙者が多い職業の特徴は「肉体労働な業種」「ストレスが溜まりやすい業種」の2つが多い傾向にある
  • 低所得の方の喫煙率が高い調査結果も報告されている
  • 喫煙者を採用しない会社も増加傾向にある

今回は日本人の喫煙率を踏まえて喫煙者が多い職業の特徴や傾向についてお話させて頂きました。

ここで紹介した喫煙者が多い職業や業種は、あくまで世論調査の結果を参考にした内容です。また低所得の方が喫煙率が高いという結果も、厚生労働省が行った調査を元に記述しています。

低所得の方が喫煙率が高いのは勉強してこなかったからなどの結果を現している調査ではありません。

低所得の方の喫煙率が高いという事ではなく世間的にタバコを吸う方が低所得の業種に就く割合が高かったこと現わしている調査結果なので、勉強をしてこなかったのが悪いとかそういう話ではなく、あくまで喫煙の傾向と関連しているお話を紹介した記事になります。

また喫煙者を採用しない会社も増えてきている傾向にある日本では、段々と喫煙者は減少していく可能性もあるかもしれません!

今の内に禁煙意識を高めておいた方が今後の自分の為にもなり得るのではないでしょうか。

全記事に適用【マーカー関連】

3連>(商標以外)電子タバコ pc/sp出し分け 1段目:DRS商標 2段目:クライアント

書き出しBOX>(商標以外)DRVpc/sp共通 ::logic /1段目否定,(Drs商標)

ベイプ2(5000) (1-特別除外,2-DRS除外,3-JUUL除外)

全国展開中の「DR.VAPE Model2」が期間限定5,420円オフ!

ドクターベイプモデル2

シリーズ累計販売本数1,500万本突破、Amazon・楽天年間ランキング1位、テレビCM放映やファミリーマート販売など全国展開中の「DR.VAPE Model2」ドクターベイプモデル2公式サイト限定で最安値で購入できます!

現在販売されている全7種類のフレーバーは、ニコチン・タール・タバコ臭ゼロを実現!紙巻きタバコのような嫌な臭いに悩まされず、気分に合わせたフレーバーを楽しめます。

また、1箱で紙巻きタバコ4箱分吸えるコスパと紙巻きタバコを圧倒する吸い応えが特徴!他社では実現不可能なコスパと満足感の両方を兼ね備えている喫煙者にとって夢のような電子タバコです。

そんな魅力に溢れたDR.VAPE Model2のお得なスターターキットが、期間・数量限定の5,420円引きで販売中なので、ほんの少しでも気になる方は今すぐ公式サイトドクターベイプモデル2をチェック!