リトルシガーの税金は安い?コンビニで安く買えるリトルシガーまとめ

↓ JUULの販売店で最短3日到着を実現 ↓

タバコDR.VAPE(ドクターベイプ)の税金が上昇する中、ついにタバコを辞めたという人やそれでも吸い続けるという人もいると思います。

そんな中で人気を集めているのが、葉巻の一種「リトルシガー」です。

では、リトルシガーの税金に関してはどうなのか?

今回の記事ではリトルシガーの税率やコンビニでも購入できる銘柄を一通りピックアップしてまとめてみましたのでぜひご参照ください!

リトルシガーとは?

「リトルシガー」とは、葉巻の一種です。

葉巻の一種ではありますが、構造的には紙巻きたばこと似ています。

まずは、通常のタバコとリトルシガーのどこが違いが違うのか次の項目で見ていきましょう!

リトルシガーと紙巻きタバコの違い

紙巻きタバコは、ペーパーで巻いたタバコ葉にフィルターをセットしたものです。

一方で、リトルシガーも同じような構造をしているのですが、異なるのはタバコ葉を巻いているシートです。

リトルシガーでは、巻紙にタバコ葉を原料に作られた「シートタバコ」を使用しています。

紙巻きたばことリトルシガーを比較したのが以下の表になります。

中身 タバコ葉 タバコ葉
フィルター
巻紙 ペーパー シートタバコ

このような違いがあり、ほとんど紙巻きタバコと同じようなものなのですが、に分類されます。

リトルシガーの楽しみ方

リトルシガーは葉巻の一種ではありますが、紙巻きタバコと似たような形態になっており、紙巻きタバコと同じような楽しみ方ができます。

また、葉巻らしい豊かな香りも魅力となっており、口腔喫煙でも楽しむことができます。

紙巻きタバコから移行者が多いタバコはコレ

リトルシガーは紙巻きタバコと比べ比較的安いので、増税によるタバコの値上げを気にしてリトルシガーを始める人も増加していますが、リトルシガーはクセが強いために「吸えなくはない」といった声が少なくありません。

そんな時、最もおすすめしたいのがDR.VAPE(ドクターベイプ)DR.VAPE(ドクターベイプ)で、有害物質ゼロでありながら吸い心地は紙巻きタバコに負けていないので、喫煙者からの移行者が増加傾向にあります。

電子タバコなので増税値上げの心配も不要で周囲への影響も無く、自分への健康も気にする必要が無いので、今の社会に最も適している電子タバコです。

しかも今なら通常価格8,500円のところ3,500円でお得に購入できるキャンペーンが開催されています!この機会に無理無く味わいが楽しめるドクターベイプで満足度の高い喫煙時間を過ごす事ができます。

火を使わないのでタールも発生せず、メンテナンス不要で誰でも手軽に抜群の吸い心地と高品質なフレーバーを楽しむ事ができるドクターベイプを始めてみませんか?

リトルシガーが安いのはなぜ?

リトルシガーの特徴に値段が安いことが挙げられます。

例えば、「フォルテ」という銘柄の場合、20本で270円で販売されています。

最近では、増税の影響でタバコ1箱500円を超えるのが当たり前になってきた中で、この低価格はかなり魅力的ですよね?

ただ、どうしてリトルシガーだけがこんなに安いのか気になると思いますし、安かろう悪かろうだとあまりメリットを感じないのも事実です。

という事で次項で、リトルシガーが安い理由を詳しく解説していきましょう。

タバコと葉巻で税率が違う

一番大きな要因は「タバコと葉巻にかかる税金が異なる」という点にあります。

そもそもタバコにも葉巻にもタバコ葉が使われているわけですが、税金はこのタバコ葉の重量に応じて発生します。

しかし、紙巻きタバコでは、1本当たりタバコ葉1gというざっくりとした計算で税金が算出されますので実際に紙巻きタバコに含まれているタバコ葉は0.4~0.6g程度です。

一方で、葉巻では含まれているタバコ葉の重量通りの税金がかかり、リトルシガーは「葉巻」の一種なので、葉巻の税金ルールが課せられます。

リトルシガーは紙巻きタバコと同じような構造をしていますが、タバコ葉の量をセーブし、かかる税金を抑えることによって低価格を実現しています。

ある意味では、値上がりを続けるタバコに対して、メーカーが税制の裏をつくような商品を作り上げたと解釈できるでしょう。

増税値上げ問題も大きく関係している

2019年の増税による値上げに伴って、製造維持が困難としてエコーやわかばなどの三級品タバコが終売になりましたね。

その代替品としてわかばやエコーはリトルシガーとして再登場していますが、そういった問題は企業だけでなく消費者にも大きく関係しています。

2019年の増税値上げはタバコの銘柄もそれぞれ10~20円程度の値上げとなりますが、今後も上がり続けるのならばとリトルシガーを選択する人も増加しているのです。

しかし、リトルシガーといえど葉巻は葉巻、やはりクセの強さに「吸えなくはない」といった声が目立っています。

安さを取るのか美味さを取るのか、究極の選択ですねよね?どうせならせっかくの息抜きの喫煙くらい安く美味しく楽しみたいものです。

安く美味しくを叶える電子タバコが人気

DR.VAPE(ドクターベイプ)DR.VAPE(ドクターベイプ)は今最も紙巻きタバコから移行者の多い人気の電子タバコで、増税値上げの心配不要で誰でも簡単に美味しいフレーバーを愉しむ事ができます。

リトルシガーはタールが多く肺喫煙に不安があり、渋みの強い香りに慣れない人もいるのですが、ドクターベイプなら有害物質ゼロなので周囲への影響も気にする事無く、自分自身の健康面が気になる方にもピッタリで、肝心の吸い心地は紙巻きタバコを意識して製造されているので満足感の高い吸い心地となっているのも人気の理由の1つです。

しかも今だけ!通常価格8,500円のところ3,500円で購入できるお得なキャンペーンが開催されています!紙巻きタバコから違和感無く喫煙を楽しむ事ができるので、絶対におすすめです!

メンテナンス不要・有害物質ゼロ・ヤニ汚れ無し・臭い移り無し・高品質フレーバー・永久保証のドクターベイプをこの機会にお得に始めてみてはいかがでしょうか?

コンビニでも買えるリトルシガーの銘柄紹介!

では、ここからコンビニなどでどのようなリトルシガーが販売されているかを詳しく見ていきましょう。

普通の紙巻きタバコよりも安く手に入るので、タバコ代の節約にも繋がります。

FORTE(フォルテ)

FORTE(フォルテ)は、2016年ごろに発売されたインドネシア産のリトルシガーです。

通常の紙巻きタバコよりも細く、短いのが特徴でなんといっても1箱の価格が270円という低価格を実現しています。

先ほどの解説にもありましたが、葉巻はタバコ葉の重量に応じて税金が決められるので、リトルシガーもサイズを小さくするほど税金も安く抑えられるため低価格となります。

紙巻きタバコの半分の価格で買えてしまう魅力は大きいです。また、短くスリムながらも味わいは深く、長く吸えるというのも特徴です。


FORTE(フォルテ)
  • 本数:20本
  • 価格:270円

KEITH(キース)

KEITH(キース)はリトルシガーとして長らく愛されている銘柄でもあります。

上品で多彩な香りが魅力となっており、バニラやチョコ、ブランデーや抹茶ラテといった個性的なフレーバーがラインナップされています。

価格も1箱400円と紙巻きタバコよりも少し安いです。

色々な香りを楽しみたい方におすすめのリトルシガーとなっています。


KEITH(キース)
  • 本数:20本
  • 価格:400円

ラッキーストライク

2019年8月5日に発売されたばかりの新商品。ラッキーストライクのリトルシガーです。

350円という手頃な価格に抑えながら、ラッキーストライクらしい味わい深く豊かな香りをより贅沢な一品に仕上がっています。

ラッキーストライクといえばお馴染みの銘柄が1箱500円に値上がりしたことをきかっけに、「エキスパートカット:1箱400円」という新商品を販売したこともありました。

リトルシガーはそれよりも安い350円ということですから、これも時代の流れに適応して生まれた1つの形と言えるでしょう。


ラッキーストライク
  • 本数:20本
  • 価格:350円

KOOL looped

パッケージにペンギンのイラストが加えられ、リトルシガーとして新発売された「KOOL looped」

こちらのペンギンは1933年のKOOL発売時のシンボルでもあったそうです。

また、北海道産のミントを使用しているということもあり、パッケージやフィルターなどに北海道のデザインが織り込まれてもいます。

スタイリッシュなデザインと魅力的な価格が持ち味のリトルシガーです。


KOOL loped
  • 本数:20本
  • 価格:350円

ROCK

リトルシガーの波に乗って2019年6月3日に生まれた新商品がこちらの「ROCK」です。

1箱20本で280円というFORTE(フォルテ)に迫る低価格を実現しています。

派手なパッケージデザインで「ライト」「オリジナル」「メンソール」の3つがラインナップされています。

タバコ代を安く抑えたい人にはおすすめです。

とにかく安いタバコが欲しいという人であれば「FORTE」か「ROCK」の2択になるでしょう。


ROCK
  • 本数:20本
  • 価格:280円

ピース・リトルシガー

こちらはコンビニなどに気軽に置いてある商品ではありません。

実はJTの人気銘柄「ピース」でもリトルシガーを数量限定で発売していました。

ピースらしい豊かで芳醇な香りはそのままにリトルシガーの香りを活かした上品な喫味を楽しめます。

満足感の高い商品をラインナップしている「ピース」ですが、リトルシガーに参入したことに注目が集まりました。


ピース・リトルシガー
  • 本数:20本
  • 価格:500円

2019年9月中旬から「わかば」「エコー」でリトルシガーが登場!

長らく愛されてきた銘柄でもある「わかば」「エコー」「ゴールデンバット」の3つが2019年10月以降販売を終了するという、タバコファンに残念なニュースも飛び込んできました。

1960年代からJTで発売され多くのタバコ愛好者に支えられてきた銘柄ですが、たばこ税に関するルールが改正されたことによって大幅な値上げを迫られたため、販売終了に追い込まれた形になったのが販売終了の理由です。

寂しいニュースではありますが、それでも嬉しいニュースも舞いこんでいます。

3銘柄の販売終了に合わせる形で、2019年9月から「わかば」「エコー」の2銘柄でリトルシガーが新発売されることが決まったのです!

従来のお求め安い価格はそのままにリトルシガーとしてこの2銘柄は生まれ変わりますので、わかばファン&エコーファンに関しては、この新しいリトルシガーを試してみると良いでしょう♪

わかば・シガー
  • 本数:20本
  • 価格:360円
エコー・シガー
  • 本数:20本
  • 価格:350円

リトルシガーはコンビニで買える!税金が安いので価格的にもおすすめ!

以上、ここまでリトルシガーが安い理由を解説していきました。

リトルシガーは増税に関してタバコとは税率が異なりますが、人により満足感の高い味わいとは言いにくく、今後リトルシガーも値上がりするのであれば何を吸うべきか?という不安を抱える方も多くなっています。

タバコ値上げを気にしての移行であれば、無理無く喫煙を楽しめるDR.VAPE(ドクターベイプ)DR.VAPE(ドクターベイプ)が断然おすすめです!

今だけ通常価格8,500円を5,000円も安い3,500円で購入可能なので、この機会を逃さずドクターベイプに移行してみませんか?

周囲への影響・増税値上げ・健康面・コスパ・味わいなど全ての悩みから解放されるので、いずれ移行するのであれば今が絶対に買いです。

この記事の要点まとめ
  • リトルシガーは葉巻の一種。紙巻きタバコとは巻紙が異なる
  • 葉巻とタバコの税金のかかり方が違うため、リトルシガーは安い
  • リトルシガーをラインナップするメーカーが増えてきた

タバコと葉巻の税制の違いがポイントになっている事は見てわかりますが、やはり最近はタバコの値上がりが止まらず、喫煙者の財布を圧迫している現状もあります。

なので、毎月のタバコ代が気になっている人は、本記事でも紹介している価格の安い「リトルシガー」に切り替えてみるとうのもおすすめです。

ぜひとも、本記事でお伝えした情報を活かしてアナタのタバコライフを充実させていきましょう!


国内で大流行中の「DR.VAPE」が今一番おすすめ!

発売開始から1年足らずで累計販売本数100万本を突破したDR.VAPE(ドクターベイプ)は、日本国内で今最も勢いのある最先端の電子タバコです!

ドクターベイプを永久保証付きで超お得に手に入れるのであれば、公式オンラインショップの「プレミアムプラン」を利用するのが断然おすすめ!今なら下の「公式サイトで購入」ボタンから通常価格8,500円のスターターキットと交換カートリッジが3,500円(税抜)で購入可能なんです!

5,000円も安く購入できるのは公式サイトだけ!Amazonや楽天など、他の販売店では絶対に真似できない価格を実現しているのは公式サイトだからこそです。さらに送料も無料なので、この機会に利用しないと絶対に勿体ないですw

ドクターベイプは吸い応えや満足感も非常に強く、コストパフォーマンスも抜群!禁煙にも節約にもなるドクターベイプを今すぐゲットするのであれば、公式サイトを要チェックです!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です