タバコの煙で輪っかの作り方をマスター!初心者が上達するコツを解説

タバコの煙で輪っかの作り方をマスターしよう

↓ JUULの販売店で最短3日到着を実現 ↓

タバコを吸っている方なら、だれもが憧れる「タバコの輪っか」を作りたい!挑戦してみたい!という方も多いのではないでしょうか?

最近では電子タバコの普及により、新たなタバコの楽しみ方として様々な「トリック」が存在しますが、一般的な紙巻きタバコでもできる「輪っかの作り方」を解説していきます!

さらに、初心者が上達するコツやポイントも解説していきますので参考にしてみてくださいね。

タバコの煙で!輪っかの作り方とは?

早速ですが、まずはタバコの煙を使った輪っかの作り方をお伝えしていきたいと思います!

初心者にもわかりやすいように解説していますが、文章だけでは伝わりにくい場合もありますので動画も参考にして練習してみましょう。

紹介している動画は、電子タバコの「VAPE」を使った輪っかの作り方になりますが、基本的に紙巻きタバコも同じ要領なのでチェックしてみてくださいね。

【輪っかの作り方その1】煙を口の中に溜め込む

まずは、口の中いっぱいにタバコの煙を溜め込みましょう。ここでは、肺ではなく「口の中」だけに、吸い込むのではなく「溜め込む」ということを意識してください。

どうしても慣れるまでは時間がかかってしまうことが多く、中にはむせてしまう方も多いので気を付けてくださいね。

溜め込むタバコの煙の量は多ければ多いほど輪っかを作りやすくなります。ポイントは、軽く口を開けると煙が勝手に漏れ出てしまう程度だと覚えてください。

【輪っかの作り方その2】口をオ(ホ)の字にする

次に、口の形を「オ」または「ホ」の形にします。どちらの形でも構いませんので、自分がやりやすい、なおかつ自分の口に合った形を見つけるのも大事なポイントです。

この時のポイントは「唇を尖らせること」と「力を入れすぎないこと」が重要です!舌の位置は口の底につけたまま引っ込めておくことが理想です。

また、口を大きくすれば大きな輪っかができますので、なるべく無理がない程度で大きな口を開けられるように意識してみてください。

【輪っかの作り方その3】煙を押し出す

そのまま喉の奥を狭める(または絞める)イメージで、溜め込んでいるタバコの煙を外に押し出すことで輪っかが出来上がる仕組みです。

煙を押し出すことが輪っかの作り方で一番の難関ですが、煙を押し出すイメージとしては「喉を少し詰まらせてしまった時に出る声」「コッコッと咳き込む感じ」を再現してみると上手くいく可能性がありますよ。

また、ここでは肺の空気を使わないように気を付けます。あとは口の中だけで勢いよく煙を押し出してみましょう!

煙を押し出す際の注意点
・下あごは動かさない
・息を吸わない
・唇を動かさない
・声は出さない

【輪っかの作り方その4】ひたすら繰り返す

これまでの手順をひたすら繰り返し繰り返し練習してみてください!

最初はなかなか上手くいきませんが、慣れてくるとタバコの煙が輪っかになって出てくることがあるので、上手くいった時のイメージを忘れないように繰り返しましょう。

輪っかの作り方の注意点とは?

輪っかの作り方の注意点とは?

タバコの煙を使った輪っかの作り方を解説したところで、輪っかを作る際の注意点をまとめてみましたので紹介していきます!

慣れないうちはどうしても難しいですが、注意点をしっかり守れば安全に輪っかを作ることができるのでしっかりと把握しておいてくださいね。

輪っかを作る時にはイメージが大事!

まず、輪っかを作る時にしっかりとそのイメージを思い描いておくことが大事です。

タバコの煙は「吐き出す」のではなく「押し出す」イメージで、煙のかたまりを外に押し出してやるイメージだと思ってください。

輪っかを作る時には肺の空気は使わない!

誕生日ケーキのロウソクを吹き消す時のような「フーッ」という息を吹き出してしまうと、上手に輪っかを作ることはできません。

ですので、肺の空気を使わずに口の中の空気だけで息を押し出すイメージで行うように意識してみるのがコツです。基本的に息を押し出している時以外は息を止めながら行うのがポイント。

輪っかを作る時にはやりすぎ注意!

初心者はもちろん、タバコを吸い慣れている方も注意が必要なことが「やりすぎない(タバコを吸いすぎない)」ことです!

タバコの煙にはにはタールやニコチン、一酸化炭素をはじめとする有害物質が含まれているので、輪っかを作ろうとして何本も喫煙してしまうと「ヤニクラ」という症状を引き起こす可能性も。

また、口の中にタバコの煙をため込むことで喉が痛くなったり、体調不良になってしまう場合がありますので十分に気を付けてください。

初心者必見!上達するコツやポイントを伝授!

初心者向けの輪っかの作り方を紹介したところで、さらに初心者でも必ず上達するコツやポイントを詳しく解説していきます。

コツやポイントを押さえて、確実に上達を目指していきましょう!輪っかの作り方を練習する際はぜひ試してみてください。

煙が濃い、タール数が多いタバコを選ぼう!

タバコの重さにも関係してくるのですが、ニコチンとタールの量が少ないタバコだと煙が薄く輪っかが作りにくいといわれています。

ですので、しっかりとした輪っかの作り方を目指すのであれば、タール数が10mg以上のタバコを選んでみることをおすすめします。

ただし、あまりにもニコチンやタールが強いものを選ぶと咳き込む可能性やヤニクラを引き起こすことがあるので注意が必要です。無理ない程度に楽しむようにしましょう。

姿勢は正して!口の形も確認しよう

何度も何度も繰り返し輪っかの作り方を練習していると、どうしても姿勢や口の形が崩れてきてしまいます。

初心者はできるだけ鏡の前に立ち、姿勢を正して練習に励んでみることも上達のコツ。基本的にプロの方も立ってトリックを披露しますので、座って練習するよりも立っている方がやりやすいです。

また、鏡の前で練習することで自分自身の口の形を確認できたり、煙の形を観察することもできるので非常に勉強になりますよ。

息は短く!重要なのは喉の使い方!

タバコの輪っかを作る際、一番重要といわれているのは口の形よりも「喉の使い方」「息の使い方」です。

息は極力短く、また、実際に「声」は出しませんが「音」は出します。ここで試してみていただきたい音のイメージは「ア」「オ」「カ」「コ」「アとオの中間」「オとコの中間」の6音です。

「オッオッオッ」や「コッコッコッ」などと、勢いよく喉から音を出し、できるだけ息は短く出すことが上達のコツですよ。

どうしても難しい場合は電子タバコやVAPEを!

紙巻きタバコの煙でもできる輪っかの作り方を解説してきましたが、どうしても難しい…という場合は煙の量が多い「電子タバコ」「VAPE」「シーシャ」などを利用してみることもおすすめです。

特にVAPEは煙の量が多く、ニコチンやタールが含まれていないものもあるため、タバコ以外のトリックに挑戦してみたいと考えている初心者の方にもおすすめできる商品です!

紙巻きタバコよりも早く上達したい!完璧な輪っかの作り方を試したい!と考えている方はVAPEなどの電子タバコを利用してみるのも輪っかを作る上達のコツですよ。

初心者でも上達できるコツとは?タバコの輪っかの作り方まとめ!

いかがでしたか?タバコの煙で輪っかの作り方をマスターする方法と、初心者でも必ず上達できるコツやポイントをまとめてみました!

輪っかの作り方の要点まとめ
  • 煙は押し出すイメージで!肺の空気は使わない!
  • やりすぎ注意!ヤニクラなどの体調不良を引き起こす可能性も
  • 上手くいかない場合は、煙が濃い、タールが10mg以上のタバコ銘柄を選んでみよう!

まずはしっかりと輪っかの作り方の要点を押さえることが何よりも重要です!そして、練習あるのみ!

ただし、やりすぎるとむせてしまったり体調を崩す場合があるので注意しましょう。また、周囲の迷惑にならないよう配慮が必要です!タバコのマナーを守りながら、安全に輪っか作りを楽しみましょう!

タバコの煙で輪っかの作り方をマスターしよう

国内で大流行中の「DR.VAPE」が今一番おすすめ!

発売開始から1年足らずで累計販売本数100万本を突破したDR.VAPE(ドクターベイプ)は、日本国内で今最も勢いのある最先端の電子タバコです!

ドクターベイプを永久保証付きで超お得に手に入れるのであれば、公式オンラインショップの「プレミアムプラン」を利用するのが断然おすすめ!今なら下の「公式サイトで購入」ボタンから通常価格8,500円のスターターキットと交換カートリッジが3,500円(税抜)で購入可能なんです!

5,000円も安く購入できるのは公式サイトだけ!Amazonや楽天など、他の販売店では絶対に真似できない価格を実現しているのは公式サイトだからこそです。さらに送料も無料なので、この機会に利用しないと絶対に勿体ないですw

ドクターベイプは吸い応えや満足感も非常に強く、コストパフォーマンスも抜群!禁煙にも節約にもなるドクターベイプを今すぐゲットするのであれば、公式サイトを要チェックです!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です