ニコノンに害はある?タールの発生や健康被害について徹底調査!

↓ 吸い応え抜群!《50%OFF》で購入できるのは当サイトだけです ↓

※2021年02月22日更新

近年の喫煙による健康被害問題から、最近ではニコチンが一切含まれておらず喫煙の安全性が高い加熱式タバコ用「ノンニコチンスティック」なるものが注目を浴びています。

そこで今回は、ノンニコチンスティックの中でも人気のあるニコノンに焦点を当て、タールの発生や健康被害・危険性について調査し解説していきます。

結論から申しますと、ニコノンにはニコチンは含まれていませんが、スティックの加熱時に微量のタールは発生している為、健康被害が全く無いとは言い切れないでしょう。

目次からササッとチェック



ニコノンに害はある?タール発生の有無など徹底解説

ニコノンタールの害

早速、ノンニコチンスティック「二コノン」に害はなく安全性が高いのか?について徹底解説していきます!

冒頭でもお話しましたが、二コノンには加熱時に微量のタールが発生する為、害が全く無いとは言い切れず健康面への安全性が100%ではありません。

「微量だったらそこまで被害や危険性はないんじゃない?」と思うかもしれませんが、微量だからって侮ってはいけません!

タールとニコチンどちらの方が健康被害が大きいのかという研究結果では、ニコチンよりタールの方が害があり健康被害を及ぼす危険性がある事が分かっています。

二コノンは茶葉のみを使用しているのでニコチンはゼロ

ニコノンにはニコチンが一切含まれていませんので、ニコチン中毒の危険性はありません。

あくまで茶葉のみを使用した禁煙後のリフレッシュ用品になっているので、タバコと比べると圧倒的に安全性の高い健康的なタバコ代替品となっています。

そういった点からは、通常の紙タバコなどよりもかなり健康被害が少ない商品と言えるでしょう。

二コノンは加熱時に微量のタールを発生させている

ニコノンにニコチンは含まれていませんが、タバコスティックの加熱時に微量のタールが発生してしまうことが分かっています。

そういった点から言えば、安全性の高い商品とは言えないのかもしれません。

実際、二コノン公式のQ&Aにも「微量のタールは発生する為、害が無いとは言い切れません」とはっきり明記されています。

ノンニコチンスティックおすすめ人気ランキング

【最新】ノンニコチンスティックおすすめ人気ランキング15選!

2021年4月27日

二コノンより害の少ないノンニコチンスティックはコレ!

二コノンにはニコチンが入っていないため中毒性がなく、紙巻きタバコと比べても安全性が高く禁煙に役立つリフレッシュ用品ですが、例えニコチンが入っていなくても微量のタールは発生する事が明らかになっており「健康被害が全く無い」とは言い切れません。

そこでおすすめしたいのがニコチンや有害物質ゼロのノンニコチンスティックニコレス(NICOLESS)です!

二コレスは数あるノンニコチンスティックの商品の中でも吸い応えが強く人気沸騰中の商品となっており、禁煙アイテムとして手に取る方が増えてきています。

また、公式サイトを利用すれば50%オフで購入出来る等メリットがありますので、有害物質ゼロの禁煙アイテムのお探しの方は是非二コレスを試してみてください。

ニコレス ファミリーマート

ニコレスはファミリーマートで買える!値段や売っていない種類を解説

2021年5月10日

二コノンに健康被害はある?安全性と危険性を調査

二コノンに健康被害

ここでは、二コノンを使用するにあたり発生する健康被害についてお話していきます。

周囲に与える健康被害や、喫煙する事によって生じる喫煙者自身への健康被害をお話しますので要チェッです。

二コノンは禁煙場所で吸っても周囲の人に健康被害や危険性はない?

実際、ニコノンのメーカーからも加熱時に煙が発生しタールが発生することから、健康面の安全性の保障が出来ない為、禁煙場所での使用は控えるように推奨されています。

禁煙のためにニコノンを使用する場合であっても、一般的な喫煙ルールは守る必要があるでしょう。

二コノンを使用して生じた健康被害の情報を調査してみた!

禁煙の為、二コノンを実際に使用した人のリアルな声を調査してみました。

二コノンを使用して「体調が悪くなった」などの健康被害も少々見受けられました。

女性 / 30代

フレーバーは美味しかったのですが、清涼感が強ぎる。

一口吸っただけでむせてしまい、喉が凍るように冷たくなり、頭痛も引き起こしました。

フレーバーはとても気に入ったので、清涼感を弱めて欲しいです!

男性 / 40代

禁煙の為購入したのですが、僕には合わなかったのか、少し吸っただけで気持ち悪くなりました。

合う合わないがあると思うのですが、僕は合わなかったようなので吸えませんでした。

二コノンを使用すると「頭痛がした」「気持ち悪くなった」などといった健康被害が報告されていました。

もちろん健康被害が無かったという方もたくさんいますので、体調や体質に合わせ健康被害が現れたら使用を控えるなど、注意して使用すれば健康被害を引き起こすことなく使用する事が出来ます。

二コノンはタバコよりはるかに健康被害の少ないタバコ代替品!

ここまでニコノンの健康被害について解説してきましたが、結論としてニコノンはタバコよりも健康被害の少ない商品だと言うことができるでしょう。

確かに加熱時に微量のタールは検出はしますが、茶葉のみを使用しているのでニコチンは一切含まれていない商品となっています。

また、スティック内部のエアゾル冷却用シリコンも高耐熱食品グレードのものを使用しているので、タール以外の有害物質は一切発生しないことも確認されています。

健康被害の面を考慮しても、ニコノンを禁煙や禁煙後のリフレッシュ用品として使うのは十分検討してみてもいいでしょう!

二コノン販売店まとめアイキャッチ

【最新】ニコノンはコンビニ・ドンキ・ドラッグストアで買える?

2021年4月27日

「ニコノン」と「ニコレス」の商品特徴を徹底比較!

ニコノン ニコレス 比較

ここまで「ニコレス」の健康被害や健康への安全性・危険性について解説しました。

ここからは、ニコノンよりも少し前に発売されたよく似た特徴を持つ「ニコレス」という商品と「ニコノン」の特徴を徹底比較していきたいと思います!

これから「ニコノン」と「ニコレス」のどっちを使おうか迷っている方は、参考にしてみてくださいね。

ニコノン ニコレス
使い方 ヒートスティックと同じ ヒートスティックと同じ
ニコレスより日本人向けの味になっている
ニコレスより茶葉のエグミが少ない
ニコノンよりも吸いごたえがある
ニコノンより臭いと味のクセが強い
製造方法 顆粒状の茶葉で製造されている シート状の茶葉で製造されている
価格(1箱) 418円 418円

「ニコノン」と「ニコレス」の比較①:使い方

ニコノンとニコレス共に、使い方は通常の加熱式タバコのヒートスティックと同様の使い方になります。

IQOS(アイコス)やアイコスの互換機などの加熱式タバコデバイスに差し込んで使用します。

「ニコノン」と「ニコレス」の比較②:味

次にニコノンとニコレスの味の違いについて、比較していこうと思います!

まずニコノンの味に関してですが、ニコノンは日本人向けに厳選された茶葉のみを使用しているので、エグミ・クセが少なくなっている味が商品の特徴です。

次にニコレスですが、吸ってみると茶葉を蒸したような独特の苦み・エグミを感じる味になっています。

またニコレスは吸ったときの蒸気量もすごいので、吸いごたえという点でもニコノンより優れた商品です。

「ニコノン」と「ニコレス」の比較③:製造方法

ニコノンとニコレスは、製造方法という点で大きく異なっています。

ニコノンは、茶葉を特殊製法で顆粒状にしたものを使用しており、IQOS(アイコス)などへの差し込みやすさや吸い殻が残りにくい設計がされています。

ニコレスは、茶葉を短冊形にカットしたものが使用されているので、デバイスへ差し込むときに折れてしまったり、吸い殻がデバイスに残りやすいという課題がありました。

それぞれ製造方法が異なっていますが、スティックの扱いやすさという点では「ニコノン」に分配があるように思われます。

「ニコノン」と「ニコレス」の比較④:価格

価格に関しては、両商品ともに1箱418円となっておりニコチン入りタバコスティックより安い値段で購入する事が可能となっています。

あくまでタバコとして分類されている商品ではないので、タバコ税は課せられていないことから通常ののヒートスティックより安価な価格設定がされています。

「ニコノン」と「ニコレス」の比較⑤:タールの発生

二コノンには、加熱時に微量のタールが発生する事が分かりましたが、二コレスは二コノンみたくタールが発生するのでしょうか?

二コレスのタール発生情報を調査した所、公式でも発表されておらずタールが発生するのか、しないのかはわかりませんでした。

しかし、二コレスも加熱式デバイスで熱する為、二コノン同様微量のタールは発生しているのではないかと予測しています。

「ニコノン」と「ニコレス」の比較⑥:安全性や危険性は同じ

二コノンと二コレスの比較をしてきましたが、健康への安全性や危険性はどちらの商品が大きいのかという疑問が浮かんできます。

できれば健康への危険性が少ない商品を手に取りたい所ですが、二コノンも二コレスも煙を肺に入れて喫煙をしている時点でどちらも健康被害はゼロではありません。

なので安全性や危険性を気にするのであれば二コレスも二コノンも吸わない事をおすすめします。

吸い応えを求めるなら二コノンより二コレス

禁煙のために電子タバコを使用する人が増えてきていますが、全く吸い応えが無く物足りなさを感じて禁煙に挫折する人も少なくありません。

そんな吸いごたえを求める方におすすめしたいのが、先ほど二コノンと比較したニコレス(NICOLESS)です。

アイコスで使用できる二コレスは、二コノンより吸い応えやキック感が強く禁煙成功者が続出しており、満足度が高いと評判のノンニコチンスティックです。

ニコレスは定価で購入するとニコノンと同じ418円なのですが、公式サイトで購入した場合は50%OFFとお得な価格で購入出来るので非常におすすめです。興味のある方は是非この機会に公式サイトを確認してみてくださいね。

ニコレスの全販売店舗

【2021年最新】ニコレスはどこで買える?全販売店を徹底解説!

2021年5月10日

そもそも二コノンとは?商品の特徴ををまとめてみた

ニコノン 特徴

「ニコノンの健康被害」について解説してきましたが、ここでニコノンの商品特徴についてまとめてみたので気になる方はご覧ください。

結論として「ニコノン」には、主に以下の3つの特徴があります!

「ニコノン」の3つの特徴
  • 無農薬茶葉のみを使用しているのでニコチンがゼロ
  • 新製法の顆粒タイプの茶葉を使用
  • 通常のヒートスティックと同じ方法で使える

二コノンは無農薬茶葉のみを使用しているのでニコチンがゼロ

ニコノンの最も大きな特徴は、無農薬茶葉のみを使用しているのでニコチンが完全にゼロという点です。

ニコチンが一切含まれていない商品になっているので、中毒性がなくニコチン入りのタバコより安全性が高くなっています。

二コノンは新製法の顆粒タイプの茶葉を使用している

ニコノンの2つ目の特徴として、新製法の顆粒タイプの茶葉を使用しているということが挙げられます。

顆粒タイプの茶葉を使用していることから、IQOS(アイコス)などに挿した際のスティックの折れを防ぐ効果もありますし、吸い終わった後に吸殻が残らない設計になっています。

二コノンは通常のヒートスティックと同様の方法で使用可能

ニコノンの最後の特徴としては、IQOS(アイコス)などのデバイスでヒートスティック同様に使用することができる点です。

ヒートスティックと同じようにデバイスに挿して吸うだけですが、加熱する必要があるので加熱ブレードは必須になってきます。

更に、アイコスデバイスだけでなく、アイコスの互換機でも使用可能となっていますよ。

ニコノン 口コミ

ニコノンの口コミや評価は悪評ばかり?トラブル被害の噂は本当か?

2020年7月15日

二コノンは害であるタールが微量発生するので健康被害あり!まとめ

この記事の要点まとめ
  • ニコノンには「ニコチンゼロ」「新製法の顆粒状の茶葉のみ使用」「ヒートスティックと同じように使える」という3つの特徴がある
  • 二コノンはスティックを加熱すると微量だがタールが発生する
  • 二コノンはニコチンがゼロだが害であるタールがあるので安全性100%とはいえない

今回は、ノンニコチンスティック「二コノンの害」について詳しくお話してきました。

二コノンには中毒性のある二コチンは含まれていませんが、加熱する際に微量のタールは発生しており、健康面への危険性がゼロという事ではありませんでした。

実際、二コノンが合わない方からは「頭痛がした」「気持ち悪くなった」などの健康被害の口コミも報告されていました。

しかし、健康被害が現れたのはごく1部の方達のみで、大半の方には評判が良くタバコよりも健康への安全性が高い商品だと人気がありました。

もし二コノンが体に合わないという方は二コノン同様、人気ノンニコチンスティックであるニコレス(NICOLESS)も試してみてください!

DR.Stick(A)

飛ぶように売れている「Dr.Stick」が破格で買えるのは今だけ!

まるで本物のような吸い心地を堪能できると喫煙者も大絶賛の電子タバコDr.Stick(ドクタースティック)は、ノドへ直接ガツンとくる強い吸い応えでしっかりと満足感を味わえる唯一無二の最強デバイス!

使い勝手の良さ・フレーバーの味わい・圧倒的なコスパ力でドクタースティックに勝る電子タバコは存在しないと言っても過言ではありません!さらに今なら下の「公式サイトで購入」ボタンから驚きの7,000円OFFでスターターキットを手に入れる大チャンス…!

特別価格の2,980円で購入できるのは本当に今だけの期間限定なので、迷っている暇はありません!

売れに売れまくっているドクタースティックが入手困難になってしまう前に、公式サイトをチェックしてお得に安くゲットしませんか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

【監修者】NAKANI

以前は紙巻きタバコを吸っていましたが、ヤニ汚れが気になり始めて加熱式タバコへ移行!アイコス・グロー・プルームテックを網羅しましたが、アイコスに収まっています(笑)最近はCBD製品にも興味があり勉強中です。皆さんの役に立つタバコ情報を発信していきます!