ドクターベイプ(DR.VAPE)は害だらけで危険?安全性はある?

↓ JUULの販売店で最短3日到着を実現 ↓

紙巻きたばこ・加熱式タバコ・電子タバコなど、数年前に比べるとタバコの種類もだいぶ増えた印象があります。人それぞれ好みや用途によって使い分ける方もいますが、最近特に人気があるのが害の少ない電子タバコです。

今回は、そんな電子タバコの中でも国内で人気の高い『DR.VAPE(ドクターベイプ)』DR.VAPE(ドクターベイプ)をピックアップして、電子タバコに害や危険はあるのか?安全性はあるのか?など、気になる有害性について紹介していきます!

目次からササッとチェック

ドクターベイプ(DR.VAPE)は害がなくて安全な電子タバコ

禁煙ブームが加速する現代で、タバコに含まれる有害なニコチンもタールも全く含まれていない安全性の高い電子タバコ『DR.VAPE(ドクターベイプ)』DR.VAPE(ドクターベイプ)が禁煙や節煙に取り組む方に注目されています。

ドクターべイプはタバコのように有害性物質は一切発生しないので、副流煙や受動喫煙による健康被害の心配もありません。周囲の人々に迷惑をかけることなく楽しむことができ、禁煙によって自分自身も健康的になれるのも大きな魅力です。

さらに、ドクターべイプは第三者機関の厳しい検査にも合格しているので安全に使用することが可能です。害のあるニコチンやタールはもちろん、発がん性物質のアルデヒド類が含まれていないこともしっかりと検査済みです。

少しでも健康被害の危険性が少ない安全な電子タバコを探しているのであれば、国内製造で安全なドクターべイプをおすすめします。公式サイトでより詳しい内容知ることができるので、気になる方は是非確認してみてください。

ドクターベイプ(DR.VAPE)はどんな電子タバコ?

そもそもドクターベイプってどんな電子タバコ?誰でも簡単に使えて簡単だって聞いたけど、操作が複雑だったり面倒なことはないの?

というわけで、まずはドクターべイプ基本的な製品情報を紹介しておきます。

ドクターべイプの概要と使用方法について

ドクターベイプはいわゆる電子タバコの1つで、専用のカートリッジを本体に接続することで本物のタバコを吸っているような感覚を味わう事ができるアイテムです。

ドクターべイプの操作は非常に簡単で、吸い込むだけで自動的に水蒸気が発生し、吸うのを止めれば自動的に電源がオフになるので初心者でも扱いやすい電子タバコになっています。

さらにメンテナンスも一切不要で掃除の手間もなく、カートリッジが空になれば捨てるだけなので衛生的にも安心して使用することが可能です。

ドクターべイプのカートリッジの種類

ドクターべイプのカートリッジは6種類で、

カートリッジの種類
  • クラシックスモーク味
  • ワイルドビター味
  • ミントメンソール味
  • リラックスバニラ味
  • ジューシーマスカット味
  • ピュアアップル味

ドクターべイプではこれら6つのカートリッジを交換して、さまざまなフレーバーの味わいを楽しむことができます。

なんと、このドクターベイプを手掛けたのは「ニコラ・フォルミケッティ」という超有名デザイナーで、ニコラはレディー・ガガの斬新なスタイルを作り出したという事でも世界中で話題になっています。

さらに最近では超個性的バンドユニットの「ジェニーハイ」や、ホストで実業家、タレントとしても活躍する「ローランド」ともコラボしており話題性も抜群な電子タバコです!

ドクターべイプ

ドクターベイプの販売店舗はどこ?コンビニ・ドンキで購入可能?

2020年1月6日

ドクターベイプ(DR.VAPE)や電子タバコの有害性&危険性について

有害性&危険性

では、本物のタバコのように煙が出せるとして、ドクターベイプそのものに有害性や危険性はないのでしょうか?

紙巻タバコから加熱式タバコや電子タバコに切り替える時に一番気になるのがタバコに対する有害性だと思うので、ここからはドクターベイプや電子タバコの有害性や危険性について調べた内容をお伝えしたいと思います。

→ 害のない最先端の電子タバコ ←DR.VAPE(ドクターベイプ)

電子タバコにニコチンは含まれている?

ドクターベイプに関してはニコチンが含まれていない電子タバコとなっていますので、ニコチンによる害や危険性はありません。

なお、日本国内ではニコチンが含まれる電子タバコのリキッド(液体)を製造したり販売・譲渡することが薬事法により禁止されていますが、海外では日本の薬事法は当てはまりません。

ですので、海外製の電子タバコのリキッドにはニコチンが含まれた商品も存在します。

国内製造のドクターべイプにはニコチンが入っていないため有害性や依存性もなく「単なる煙の出るアイテム」なので、紙巻きタバコや加熱式タバコと比較しても圧倒的に害は少ないとされています。

電子タバコにタールは含まれている?

ドクターベイプは、タバコの有害性物質であるタールも一切含まれていない電子タバコです。

というよりも改めてお伝えすると、ドクターベイプはそもそもタバコ製品ではありません。

公式サイトには「フレーバーを楽しむ新世代電子タバコ」とも記載されていますが、販売サイトのQ&Aには「香り付きのリキッドを熱して水蒸気を楽しむアイテム」と紹介されています。

どちらの表記でも変わりありませんが、大前提としてニコチンやタールが含まれていない商品であるため、タバコ製品には当てはまらないのです。

(※本記事ではドクターベイプをわかりやすく電子タバコと表現してまとめています。)

電子タバコに有害性や発がん性のリスクはある?

ドクターベイプに関して個人的にいろいろと調べてみましたが、特に有害性や発がん性物質などは発生しない・含まれていないことが分かりました。

ドクターべイプは第三者検査機関である「日本食品分析センター」での厳しい試験にも合格しており、有害性物質であるニコチン・ホルムアルデヒド・アセトアルデヒドなどの危険な成分が含まれていないことが検査の結果で分かっています。

こういった安全に対する確証のあるタバコ製品は数少ないので、より安全に電子タバコを楽しむのであればドクターべイプなどの安全性の高い製品を購入するのがおすすめです。

電子タバコは紙巻タバコや加熱式タバコよりも安全?

結論から申しますと、電子タバコは紙巻タバコや加熱式タバコよりも安全性は格段に高いです。

まず、タバコの有害性物質であるニコチンやタールを含んでいないという時点で体への影響もかなり軽減されていますし、発がん性物質である「ホルムアルデヒド・アセトアルデヒド」なども発生しないと確認が取れているのでその点も安心です。

ただ、新世代の電子タバコと言っても、熱を与えて水蒸気を発生させる仕組みなので不安要素が全くないわけではありません。

結局のところ、非喫煙者に比べると何かしらの害が身体に蓄積されている可能性は否めないので、できる事なら何も吸わずに生活するのが最善と言えるでしょう。

ドクターべイプ

タール無し・ニコチン無しの「ドクターベイプ」が流行る理由とは?

2019年9月11日

ドクターベイプ(DR.VAPE)の成分を調べてみた

ここで、ドクターべイプに使用されているカートリッジ(リキッド)に危険性はないのか、有害性のある成分はないか調べてみました。

カートリッジに含まれている成分は以下の通り。

成分グリセリン、プロピレングリコール、香料、ビタミンE、リンゴ酸、茶抽出物

公式サイトでも、日本の食品衛生法に記載されている食品添加物以外は使用していないとの事なので、先ほどもお伝えした通り安全性については十分保証されていると言っても過言ではないでしょう。

ちなみに、あまり耳にしたことはないかもしれませんが「グリセリン・プロピレングリコール」などといった成分は多くの加熱式タバコ、電子タバコでも使用される成分なので、人体に悪影響は少ないとされているようです。

タバコ製品以外にも食品に多く使用される成分で、麺類やおにぎりなんかにも使われているようです。ただし、人によってはこれらの成分が体に合わない可能性もあるので、吸った後に不調を感じる事があれば使用は控えましょう。

ドクターベイプは安心安全の国内製造

ドクターべイプにはニコチンやタールなどの有害性物質は一切含まれておらず、安全性の高さは厳しい第三者機関の検査で証明されています。

ドクターべイプに使われる専用カートリッジのフレーバーは国内で製造されているため、ニコチンの混入はもちろん、ホルムアルデヒドやアセトアルデヒドといった発がん性物質が含まれていないかもしっかりと検収されています。

日本食品分析センターの成分分析試験もしっかりクリアしているので、信頼度も高いのがドクターべイプが選ばれる理由の1つになっています。安心安全の電子タバコを求めているのであれば、有害性の少ないドクターべイプが一番です!

ドクターベイプの公式サイトDR.VAPE(ドクターベイプ)では、通常価格8,500円のスターターキットが3,500円で購入できるキャンペーンも開催されているので、このお得な機会を見逃してしまう前にチェックしてみてはいかがでしょうか?

ドクターべイプのカートリッジはコンビニで購入できるのか

ドクターベイプのカートリッジだけをコンビニで買える?販売店まとめ

2019年10月1日

電子タバコは生産国にも注意が必要

生産国

ドクターべイプを含め、電子タバコを購入する上で1つ気になるのが「どこで製造されているか?」という点ですが、結論を申しますと多くの電子タバコは日本では製造されていません。

基本的には海外の企業が製造していて、その生産元の多くは中国の工場になっているのが現状です。

仮に、とある電子タバコの製造企業が日本の企業だったとしても、生産そのものを中国やその他の国に委託して販売しているケースがほとんどです。

ただ、製品の品質管理に関しては、しっかりと日本の基準に沿って販売されているので、そういった点では安全性は高いと言えます。

ドクターべイプの本体はメイドインチャイナですが、カートリッジは国内製造なので安全です!直接身体に入るものなので、やはり日本製の方が信頼度は高いですよね。

加熱式タバコで有名なアイコスやグロー、プルームテックの本体もメイドインチャイナなので、最近のタバコ製品はやはり中国で作られているみたいです!一概に中国産が悪いとも言い切れなくなってきていますね。

ドクターベイプが故障?と思ったら確認したい7つのポイントと対処法

2020年1月16日

ドクターべイプ(DR.VAPE)の口コミと評判を紹介

レビュー

ドクターべイプや電子タバコの有害性や危険性を解説してきましたが、ドクターべイプを使っている方の意見もまとめておきます。

ドクターべイプの購入を考えているのであれば、しっかりと口コミや評判もチェックしておきましょう。ここではドクターべイプの良い口コミ、悪い口コミに分けて紹介します。

ドクターべイプの良い口コミ・評判

【★★★★☆/30代前半/男性】知人に勧められて

知り合いの勧めでドクターべイプを吸ってみることにしたんですが、最近はこんなものがあるのか!と驚きました。会社の付き合いもあり吸い始めたタバコですが、周りもどんどん禁煙し始めているしドクターべイプがきっかけでタバコやめられそうです。ありがとうございます

【★★★★☆/20代後半/女性】買ってよかったです

仕事のストレスでずっとタバコを吸っていましたが、体調を壊して強制的に禁煙しなければならず、口さみしさを紛らわす目的で購入しました。ドクターべイプは吸いやすいし、女性が好きなフレーバーが沢山あるのが良いですね。毎回フレーバーを変えれば気分転換にもなるし、辛いと思っていた禁煙が楽しくなって良かったです。

【★★★★☆/20代後半/男性】今はまだ併用中だけどいい

僕にはいきなりドクターべイプだけで禁煙は無理でした(笑)でも、思ったより吸い応えがあって想像以上でした。明らかにタバコの本数は減ったし、節煙にはなってる。最近はタバコに火をつけることすら面倒にかんじる時はドクターべイプにしてます(笑)いつか完全にドクターべイプだけにしたいと思ってます!

ドクターべイプの悪い口コミ・評判

【★★☆☆☆/30代後半/男性】うーん…

禁煙したくて購入。味に関しては悪くなかったが、もう少しキック感が欲しかった。タバコらしさを求めるのはいけないと分かっているので、我慢して続けてます。

【★★★☆☆/30代前半/女性】体質?

昔電子タバコを吸っていたことがあったので、ドクターべイプも興味本位で買ってみました。前もそうだったのですが、おそらくリキッドが合わないのでしょうね…人工的な味が苦手な人には合わないかも

【★★★☆☆/20代後半/男性】節煙にはなる

一人暮らしがきっかけでドクターべイプを買いました。賃貸なので、部屋の壁が気になって仕方なく購入したため、完全に禁煙できているわけではないです。

ドクターベイプの口コミや評価は良い?悪い?リアルな評判をまとめてみた

2019年9月13日

ドクターベイプ(DR.VAPE)を使用してみたレビュー

ドクターべイプ

ここで、僕が実際にドクターべイプを使用したレビューを紹介していきます。僕の喫煙歴は10年以上ですが、今は健康を考えてアイコスに移行しました。

電子タバコは昔から使っていたこともあり、ドクターベイプDR.VAPE(ドクターベイプ)に興味を持ったのもその延長線上ですね。

フレーバーは国内製造なので安心できる

ドクターべイプ

僕がドクターべイプを選んだ理由は、フレーバーリキッドが国内製造だったので安心できると思ったからです。先ほど電子タバコは海外が生産元になっていると説明しましたが、電子タバコのリキッドも海外での製造が多いです。

しかし、ドクターべイプのフレーバーリキッドはメイドインジャパン。少しでも害や健康面を考えるなら、国内製造の方が信用できます。

カートリッジ自体はメイドインチャイナですが、僕がメインで使っているアイコスもメイドインチャイナやメイドインマレーシアなので、そのあたりは許容範囲かなと。

フレーバーが美味しい、クセもなく吸いやすい!

ドクターべイプ

実際にドクターべイプを吸ってみましたが、変なクセもなく吸いやすかったです。今までいろんな電子タバコを試してきましたが、中にはフレーバーのリキッドが化学的な味がする商品もあったんですよね…。

しかし、このドクターべイプはフレーバーの美味しさにこだわっているからこそ、噂通りの美味しさだったので驚きました!

吸いごたえも強いですし、キック感もしっかりと感じられたので満足感もあります。今はメインでアイコスを吸って、物足りなければドクターべイプで補う…というように併用しています!

ドクターべイプ

DR.VAPE(ドクターベイプ)を辛口レビュー!味も評判通り?

2019年9月13日

ドクターべイプ(DR.VAPE)はどこで買える?販売店について

紙巻きタバコや加熱式タバコを卒業して、害の少ない電子タバコに移行しようと考えているのであればドクターべイプを全力でおすすめします。

ここでは、ドクターべイプはどこで購入できるのか?コンビニやドンキホーテで販売されているのかどうかについて詳しく解説していきます。

ドクターべイプはコンビニやドンキで買える?

結論から言うと、現段階でドクターべイプはコンビニやドンキホーテといった販売店で購入することはできません

これは公式サイトのQ&Aにも記載があり、

店頭で買える場所はありますか?
申し訳ございません。現在店頭でのお取り扱いはございません。
DR.VAPE公式サイト・Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングにてお求めいただけます。

出典:ドクターべイプ公式サイト

と回答されています。

ドクターべイプは通販サイトで購入可能

基本的にドクターべイプは通販サイトからの購入が主流となり、Amazonや楽天、Yahoo!ショッピングといった大手通販サイトから手に入れることができます。

コンビニやドンキホーテといった販売店で購入することができないのは残念ですが、Amazonや楽天では送料無料で購入できる場合もあり、発送も比較的早いので利用してみても良いかもしれません。

また、これらの通販サイトでは本体だけでなくカートリッジのみの取り扱いも行っています。

最安値で購入するなら公式サイトがおすすめ

Amazonや楽天といった普段使っている通販サイトを利用するのも簡単で便利ではありますが、少しでもお得に安くドクターべイプを購入したいのであれば公式サイトDR.VAPE(ドクターベイプ)がおすすめです。

公式サイトがどれくらい安いかというと、

販売店 スターターキット 配送料
Amazon 5,400円(税抜) 送料無料
楽天 5,400円(税抜) 送料無料
Yahoo!ショッピング 5,400円(税抜) 送料無料
公式サイト 3,500円(税抜) 送料無料

こんなにも値段の差に開きがあります!

また、カートリッジに関しても、

販売店 専用カートリッジ 配送料
Amazon 2,400円(税抜) 送料無料
楽天 2,400円(税抜) 送料無料
Yahoo!ショッピング 2,400円(税抜) 送料無料
公式サイト 2,000円(税抜) 送料無料

Amazonや楽天で買うよりはるかにお得ですので、少しでも節約するなら公式サイトを選んだ方が賢い選択だといえます。公式サイトではより詳しい内容を確認することができますので、気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか?

→ 公式サイトで最安値を確認 ←DR.VAPE(ドクターベイプ)
ドクターべイプの値段

ドクターベイプの値段は販売店で違う?最安値価格で買えるのは公式?

2019年11月22日

ドクターベイプ(DR.VAPE)の気になるQ&A

ドクターベイプQ&A

公式サイトほど細かく紹介できませんが、ドクターベイプに関してよくある質問や気になる情報を厳選してQ&A形式でまとめてみました。

「ドクターベイプを試しに購入しようと思っている」
「新しい電子タバコとしてドクターベイプが気になっていた」

など、少しでもドクターベイプに対して興味のある方は参考にしてみると良いでしょう!

  • 【Q】ドクターベイプに禁煙効果はあるのか?
    特に禁煙効果はありません。根本的に禁煙補助を目的としていないため、水蒸気の出るアイテムとしてご利用ください。
  • 【Q】禁煙エリアなど何処でも吸えるのか?
    吸えないという規制はありません。がしかし、煙の代わりに水蒸気が発生するので、常識的なマナーを守ってご利用ください。
  • 【Q】他のメーカーのカートリッジを使えるか?
    サイズが合えば利用できる可能性はありますが、互換性の保証はできません。また故障の原因となり、補償対象外なので注意が必要です。

ドクターベイプの使い方・吸い方・充電方法を解説!手入れは不要?

2020年1月16日

電子タバコに対する専門家の意見をピックアップ

専門家の意見

「たばこの煙に含まれる発がん物質の分子については、明らかに数が減っていた」

「がんの危険性については(たばこよりも)安全だと言えるが、電子たばこを20年、30年と吸えば慢性閉塞性肺疾患の原因になるかもしれず、これについて知る必要がある」

「電子たばこが通常のたばこより有害だとは思っていないが、我々が信じ込まされているような安全性があるかどうかについては、慎重に疑ってみることが必要だ」

BBCニュース

と、このように専門家や研究者たちの意見もさまざまです。

また、上記の意見が対象となっている電子タバコに関しては、恐らくニコチンなどを含んだリキッドと呼ばれる液体を使用した電子タバコの事を指していると考えられます。

つまり、これらの意見もニコチンやタールを含まないドクターベイプに対しては該当せず、従来の電子タバコよりもリスクや有害性は軽減されているのは間違いないと言っても過言ではないでしょう。

有害性がはっきりしている紙巻きタバコを吸い続けるよりも、禁煙目的としてドクターべイプに切り替えて本数を減らしていくのは有効な手段なのかもしれません。

ドクターべイプはいわゆる「禁煙補助具」ではありませんが、タバコを吸っている気分を味わえるので多くの喫煙者がタバコをやめられたとの声も。タバコよりもリスクを減らしたいのなら試してみる価値はありそうです。

ドクターベイプとプルームテックを比較!プルームと互換性はある?

2019年9月13日

【まとめ】従来のタバコに比べるとドクターベイプ(DR.VAPE)の方が害は少ない

ここまでの内容を改めて振り返ってみると、ドクターベイプは従来の電子タバコよりも安全性に優れているという事はご理解頂けたかと思います。

そんなわけで、以下に本記事での重要なポイントをピックアップしてみました。

この記事の要点まとめ
  • ドクターベイプはニコチンやタールなどの有害物質や発がん性物質を含んでいない
  • ニコチン入りのリキッドを使用する従来の電子タバコに関しては有害性も否定できない
  • ドクターベイプの成分は日本の食品衛生法に記載されている食品添加物以外は使用していない

という事で、総合的に判断してもドクターベイプはかなり安全性の高い電子タバコだという事がわかると思います。

味や匂いに関しては好き嫌いがあると思いますが、電子タバコに対して安全性を求めるのであればドクターベイプへの切り替えを検討してみるのもアリかもしれません。

現在ドクターベイプの公式サイトDR.VAPE(ドクターベイプ)ではお得なキャンペーンも開催されており、通常価格8,500円⇒3,500円で購入可能です。

5,000円割引でドクターべイプを手に入れられる絶好のチャンスとなっておりますので、少しでも興味があれば公式サイトを確認してみてください。


国内で大流行中の「DR.VAPE」が今一番おすすめ!

発売開始から1年足らずで累計販売本数100万本を突破したDR.VAPE(ドクターベイプ)は、日本国内で今最も勢いのある最先端の電子タバコです!

ドクターベイプを永久保証付きで超お得に手に入れるのであれば、公式オンラインショップの「プレミアムプラン」を利用するのが断然おすすめ!今なら下の「公式サイトで購入」ボタンから通常価格8,500円のスターターキットと交換カートリッジが3,500円(税抜)で購入可能なんです!

5,000円も安く購入できるのは公式サイトだけ!Amazonや楽天など、他の販売店では絶対に真似できない価格を実現しているのは公式サイトだからこそです。さらに送料も無料なので、この機会に利用しないと絶対に勿体ないですw

ドクターベイプは吸い応えや満足感も非常に強く、コストパフォーマンスも抜群!禁煙にも節約にもなるドクターベイプを今すぐゲットするのであれば、公式サイトを要チェックです!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

喫煙歴10年以上。ある日突然肺気胸になり1年間禁煙して電子タバコに切り替えるも、結局紙巻タバコに戻る。しばらくマルボロを吸い続け、今は紙巻タバコからアイコスに変更。有害性の少ない電子タバコへの切り替えも考えているので同じ境遇の方のタメになる情報をお届けします!