ドクターベイプは害だらけで危険?電子タバコの有害性や健康被害について

ドクターベイプは害だらけなのか

↓ 吸い応え抜群!《50%OFF》で購入できるのは当サイトだけです ↓

最近では電子タバコの健康被害や危険性が問題視されていますが、身体に悪い影響がなく安全性が高いと移行者が増え続けているDR.VAPE(ドクターベイプ)ドクターベイプ

ドクターベイプは害だらけで危険?という悪い噂も耳にしますが、結論から言うとドクターベイプはニコチンやタールなどの有害物質は一切含まれておらず、発がん性のリスクもない電子タバコなので安心して使用することができます。

この記事では、本当にDR.VAPE(ドクターベイプ)は害や身体に悪い影響がないのか?電子タバコの有害性や健康被害と併せて徹底的に解説していきます。

日本国内が禁煙ムード…ということもあり、電子タバコを吸い始める人が増えてきていますよね。しかし、電子タバコの中には偽物や粗悪品などの商品が数多く出回り始めています。身体に悪い、有害で危険な電子タバコを手にしてしまわないためにも、安全性の高い電子タバコを見つけましょう!

今絶対に読むべき記事
※大損をする前に※ドクタースティックをまだ知らない方は確実に「時代遅れ」です!
⇒上記リンクから今最も話題の最強タバコが今だけ8,000円引き+全額返金保証付き!!


ドクターベイプ(DR.VAPE)に害のある成分は含まれていないのか

有害性&危険性

本物のタバコのように煙が出すことができ、吸い応えも満足感もあるDR.VAPE(ドクターベイプ)ですが、身体に一切害はなく、悪影響を及ぼす心配はないのでしょうか?なるべくなら身体に悪い、安全性の低い電子タバコは使用したくないですよね。

紙巻きタバコから電子タバコに切り替える際、一番気になるのが電子タバコの危険性や健康被害です。ここからはドクターベイプは害だらけなのか?安全に使用することはできるのか?調べた内容をお伝えしていきます。

ドクターベイプにニコチンは含まれていない

ドクターベイプに関しては、身体に悪い影響を与えるニコチンが含まれていない電子タバコとなっていますので、ニコチンによる健康被害や危険性は一切ありません。

なお、日本国内ではニコチンが含まれる電子タバコのリキッド(液体)を製造したり販売・譲渡することが薬事法により禁止されていますが、海外では日本の薬事法は当てはまりません。

ですので、海外製の電子タバコのリキッドにはニコチンが含まれた商品も存在します。

国内製造のドクターベイプには身体に悪い影響を与えるニコチン成分が入っていない為、有害性や依存性もなく「単なる煙の出るアイテム」なので、紙巻きタバコや加熱式タバコと比較しても圧倒的に害は少く安全性は高いです。

ドクターベイプにタールは含まれていない

ドクターベイプは、身体に悪いタバコの有害性物質・発がん性物質であるタールも一切含まれていない電子タバコです。

というよりも改めてお伝えすると、ドクターベイプはそもそもタバコ製品ではありません。

公式サイトには「フレーバーを楽しむ新世代電子タバコ」とも記載されていますが、販売サイトのQ&Aには「香り付きのリキッドを熱して水蒸気を楽しむアイテム」と紹介されています。

どちらの表記でも変わりありませんが、大前提として身体に悪いニコチンやタールが含まれていない商品であるため、タバコ製品には当てはまらないのです。

ドクターベイプに一酸化炭素は含まれていない

紙巻きタバコや加熱式タバコの有害性物質の1つである一酸化炭素も、ドクターベイプで発生する危険はなく身体に悪い影響を及ぼす心配はありません。

そもそも一酸化炭素はタバコ葉が不完全燃焼する際に発生する有害性物質であるため、タバコ製品ではないドクターベイプには当てはまりません。

このように、ドクターベイプはタバコの三大有害性物質である“ニコチン・タール・一酸化炭素”は含まれておらず、害や危険は一切なく安全に使用できる電子タバコであると断言できます。

ドクターベイプに発がん性のリスクはない

ドクターベイプに関して個人的にいろいろと調べてみましたが、特に有害性や発がん性物質などは発生しない・含まれていないことが分かりました。

ドクターベイプは第三者検査機関である「日本食品分析センター」での厳しい試験にも合格しており、発がん性・有害性物質であるニコチン・ホルムアルデヒド・アセトアルデヒドなどの危険な成分が含まれていないことが検査の結果で分かっています。

こういった安全性に対する確証のあるタバコ製品は数少ないので、より安全に電子タバコを楽しむのであればドクターベイプなどの安全性が高くて害のない製品を購入するのがおすすめです。

ドクターベイプ(DR.VAPE)は害がなくて安全な電子タバコ



禁煙ブームが加速する現代で、有害物質のニコチン・タールが全く含まれていない極めて安全性の高い電子タバコDR.VAPE(ドクターベイプ)ドクターベイプが注目されています。

ドクターベイプは「ニコチン・タール」のような有害物質が一切発生しないので、副流煙や受動喫煙による健康被害の心配がありません。タバコを吸わない非喫煙者の方々からの評判が良いのも頷けます。

しかも、ドクターベイプは第三者機関の厳しい検査にも合格している安全なタバコなので、電子タバコと言えど安心・安全!また、電子タバコの弱点とも言えるフレーバーの薄さも克服しています。

そんなドクターベイプのお得なスターターキットが、数量・期間限定で5,000円引きで発売中!他にもドクターベイプを選ぶ理由は沢山あるので、売り切れない内に公式サイトをチェックしてみて下さい。

ドクターベイプ販売店

【最新】ドクターベイプとモデル2はコンビニで買える?販売店を紹介

2021年7月12日

ドクターベイプ(DR.VAPE)の成分に害はあるのか徹底調査

ドクターベイプ リキッド成分

ここで、DR.VAPE(ドクターベイプ)に使用されているカートリッジ(リキッド)に危険性はないのか、有害な身体に悪い成分は入っていないか、その安全性について調べてみました。

カートリッジに含まれている成分は以下の通り。

成分植物性グリセリン、プロピレングリコール、香料、ビタミンE、リンゴ酸、茶抽出物

成分①植物性グリセリン(VG)

植物性グリセリン(VG)は主に保湿剤として使用される成分で、医薬品や化粧品に使用されています。植物性油脂が原料となっており、極めて安全性の高い成分として有名です。よって、人体に害のある成分ではありません。

成分②プロピレングリコール(PG)

今では様々な食品や医薬品、化粧品等に使用されているのがプロピレングリコール(PG)という成分。市販の麺類やおにぎり、お菓子、目薬などにも使用されており、大変身近な成分です。また、人体には無害な成分としても知られています。

成分③香料

食品にも使用される香料や人工甘味料は、リキッドに香りや風味をつけるためのもの。食品衛生法に基づいた香料のみが使用されているため、人体への害はありません。

成分④その他

その他の成分はいわゆる食品添加物です。ビタミンE、リンゴ酸、茶抽出物といった成分は様々な食品に使用されている食品添加物であるため、人体に対する有害性は極めて低いとされています。

ドクターベイプの成分に害はなく安全

公式サイトでも、日本の食品衛生法に記載されている食品添加物以外は使用していないとの事なので身体に悪い害や成分は含まれておらず、先ほどもお伝えした通り安全性については十分保証されていると言っても過言ではないでしょう。

あまり耳にしたことの成分ばかりですが、植物性グリセリンやプロピレングリコールといった成分は多くの加熱式タバコ、電子タバコでも使用される成分なので、人体に害や悪影響は少ないとされています。

タバコ製品以外にも食品に多く使用される成分で、普段食べているものにも含まれています。ただし、人によってはこれらの成分が身体に合わない可能性もあるので、吸った後に不調を感じる事があれば使用は控えましょう。

ドクターベイプモデル2は安心安全の国内製造!



ドクターベイプには身体に悪く害になるニコチンやタールは一切含まれておらず、安全性の高さは厳しい第三者機関の検査で証明されています。

また、専用カートリッジのフレーバーは国内で製造されているため、ニコチンの混入はもちろん、ホルムアルデヒドやアセトアルデヒドといった発がん性物質が含まれていないこともしっかりと検収されています。

日本食品分析センターの成分分析試験もしっかりクリアしているので、信頼度も高いのがドクターベイプが選ばれる理由の1つ。安心安全の電子タバコを求めているのであれば、有害性の少ないドクターベイプが一番です!

さらに今なら新型デバイスのドクターベイプモデル2の公式サイトドクターベイプモデル2にて、数量・期間限定で3,900円引きでスターターキットが買えるキャンペーンが開催中!少しでも気になる方は、是非チェックしてみて下さい。

ドクターベイプとプルームテックを比較!プルームと互換性はある?

2021年7月12日

本当にドクターベイプによる健康被害はないのか

ここまでは、DR.VAPE(ドクターベイプ)に実際に含まれている成分についてご紹介しました。

ここまでドクターベイプには害のある成分が含まれていない事が分かりましたが、ドクターベイプによる健康被害は全くないと言い切れるのでしょうか?

それでは、ドクターベイプによる健康被害はないのか?についてご紹介していきます。

ドクターベイプはタバコよりも圧倒的に健康被害は少ない

結論から申しますと、ドクターベイプは紙巻タバコや加熱式タバコよりも害はなく安全性は格段に高いです。

まず、タバコの有害性物質である身体に悪いニコチンやタールを含んでいないという時点で身体への影響もかなり軽減されていますし、発がん性物質である「ホルムアルデヒド・アセトアルデヒド」なども発生しないと確認が取れているのでその点も安心です。

ただ、新世代の電子タバコと言っても、熱を与えて水蒸気を発生させる仕組みなので不安要素が全くないわけではありません。

結局のところ、非喫煙者に比べると何かしらの害が身体に蓄積されている可能性は否めないので、本当に安全性を求めているのなら何も吸わずに生活するのが最善と言えるでしょう。

ドクターベイプの成分による健康被害はない

ドクターベイプに含まれている成分は、「植物性グリセリン・プロピレングリコール・香料」など聞きなれない成分かもしれませんが、ご紹介した通り身体に悪い影響を与えるような成分は含まれていません。

さらに、ドクターベイプはタバコ製品の中でも最も身体に悪い影響を与えるとされているニコチンやタールなどの成分も一切含まれていないので、ドクターベイプに含まれている成分による健康被害はほとんどないと言ってもいいでしょう。

ドクターベイプが合う・合わないは個人差がある

ドクターベイプには、身体に悪い影響を与える成分は含まれておらず安全性も高いとされていますが、それでも人によっては合う合わないはあります。

なので、もしドクターベイプを使用した時に何かしらの違和感を感じた場合は、すぐに使用をやめましょう。

また、ドクターベイプに限らず何かしらの成分でアレルギー反応が出た事のある方は、成分を確認してから購入するといいと思います。

ドクターベイプは悪評ばかりではない

【最新】ドクターベイプは悪い評判ばかり?口コミ評価を徹底調査!

2021年7月12日

電子タバコ自体の害や健康被害について

電子タバコ 害

DR.VAPE(ドクターベイプ)に限った話ではなく、電子タバコそのものの有害性や健康被害はあるのか?気になるところではないでしょうか。

最後に電子タバコ自体の害や健康被害について詳しく解説していきます。

海外では電子タバコによる健康被害が報告されている

電子タバコによる健康被害について調査してみたところ、実際に海外では電子タバコによる健康被害が報告されていました。

そして、最近では電子タバコを使用した死亡事故なども取り上げられていて、海外では電子タバコの規制が厳しくなっている事も事実です。

しかし、これらの報告されている健康被害は、ニコチン入りリキッドを使用している事が原因とされていて、日本ではそもそもニコチン入りリキッドは薬事法により販売出来ません。

電子タバコを使用して死亡事故が起きた事は事実ですが、それはニコチン入りリキッドに対して規制のない海外での話という事になります。

健康被害の多くの原因は違法リキッドによるもの

先ほどご紹介した通り海外では電子タバコによる死亡事故も発生していますが、ニコチン入りリキッドだけが原因ではなく違法リキッドも原因の一つとされています。

日本で言う「大麻」の成分が入っているリキッドの事を違法リキッドと言い、電子タバコの死亡事故や健康被害を訴えている人のほとんどがその違法リキッドの使用歴があったと報告されているんです。

なので、電子タバコ自体の健康被害はなく、電子タバコでニコチン入りリキッドや違法リキッドを使用した事による健康被害が電子タバコの規制に大きく関わっていると言えるでしょう。

電子タバコに対する専門家の意見をピックアップ

「たばこの煙に含まれる発がん物質の分子については、明らかに数が減っていた」

「がんの危険性については(たばこよりも)安全だと言えるが、電子たばこを20年、30年と吸えば慢性閉塞性肺疾患の原因になるかもしれず、これについて知る必要がある」

「電子たばこが通常のたばこより有害だとは思っていないが、我々が信じ込まされているような安全性があるかどうかについては、慎重に疑ってみることが必要だ」

BBCニュース

と、このように専門家や研究者たちの意見もさまざまです。

また、上記の意見が対象となっている電子タバコに関しては、恐らく身体に悪いニコチンなどを含んだリキッドと呼ばれる液体を使用した電子タバコの事を指していると考えられます。

つまり、これらの意見もニコチンやタールを含まないドクターベイプに対しては該当せず、従来の電子タバコよりもリスクや有害性は軽減されているのは間違いないと言っても過言ではないでしょう。

有害性がはっきりしている紙巻きタバコを吸い続けるよりも、禁煙目的としてドクターベイプに切り替えて本数を減らしていくのは有効な手段なのかもしれません。

ドクターベイプはいわゆる「禁煙補助具」ではありませんが、タバコを吸っている気分を味わえるので多くの喫煙者がタバコをやめられたとの声も。タバコよりも健康被害のリスクを減らしたいのなら試してみる価値はありそうです。

ドクターベイプ レビュー

【レビュー】ドクターベイプで禁煙は可能か実際に吸って検証してみた

2020年8月4日

まとめ|ドクターベイプによる健康被害や身体に悪い影響・安全性


この記事の要点まとめ
  • ドクターベイプはニコチンやタールなどの有害物質や発がん性物質を含んでいない
  • ドクターベイプは身体に悪い影響や健康被害はなく安全性が高い電子タバコ
  • 主成分は日本の食品衛生法に記載されている食品添加物以外は使用していない

総合的に判断してもドクターベイプはかなり安全性が高く身体に悪い影響を与えない電子タバコだという事がわかると思います。

味や匂いに関しては好き嫌いがあると思いますが、電子タバコに対して安全性を求めるのであればドクターベイプへの切り替えを検討してみるのもアリかもしれません。

現在ドクターベイプの公式サイトではお得なキャンペーンも開催されており、5,000円引きでドクターベイプを手に入れられる絶好のチャンス!少しでも興味があれば公式サイトを確認してみてください。

ドクターベイプは害だらけなのか
DR.VAPE2

爆売れ中の「DR.VAPE Model2」が今だけ3,900円OFF!


シリーズ累計販売本数650万本突破の大人気電子タバコ『DR.VAPE Model2(ドクターべイプモデル2)』の、お得なスターターキットが期間・数量限定で定価から3,900円OFFで発売中!

「ニコチン・タール・嫌なニオイ」が一切しないのに、紙巻きタバコを思わせる濃厚な吸い応え・強い満足感を味わえるフレーバーは、国内老舗香料メーカーと共同開発!

禁煙したい方にも大人気のドクターベイプモデル2ですが、フレーバー1箱で紙巻きタバコ4箱分も吸える超高コスパ!身体に害が無いので、誰もが知ってる芸能人も愛用しています。

最後にもう一度だけお伝えしますが、これだけの魅力を兼ね備えたドクターベイプモデル2が今だけ定価の3,900円OFFで発売中!在庫残り僅かなので、損をする前にお急ぎ下さい!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

喫煙歴10年以上。ある日突然肺気胸になり1年間禁煙して電子タバコに切り替えるも、結局紙巻タバコに戻る。しばらくマルボロを吸い続け、今は紙巻タバコからアイコスに変更。有害性の少ない電子タバコへの切り替えも考えているので同じ境遇の方のタメになる情報をお届けします!