プルームテックに害はあるのか?グリセリンだから副流煙も無害?

↓ JUULの販売店で最短3日到着を実現 ↓

JUUL販売店最短3日

本記事では、プルームテックの購入を検討している方の為に健康被害や体への害についてまとめてみました。

プルームテックは新型タバコDR.VAPE(ドクターベイプ)の1つとして徐々にそのシェアを拡大し、日本国内で愛用している方もたくさんいると思いますが、そんなプルームテックには害があるのかどうか気になる方もいるはずです。。。

いくら新型とは言えタバコである事には変わりないので、リスクを把握した上で吸うようにしましょう!

まずはプルームテックを知ろう

まずは、プルームテックはそもそもどういったタバコなのか?基本的な事から紹介したいと思います。

加熱式タバコの1つだという事はご存知の方も多いと思いますので、基本的な情報だけでなく加熱式タバコとしての仕組み成分などについても紹介ます!

プルームテック(Ploom TECH)とは

プルームテックは、日本たばこ産業(JT)から販売されている加熱式タバコの1つです。

バッテリーと制御回路が一体化している喫煙具として、紙巻タバコとは異なり火を使わずに吸う事ができます。

フィリップモリス製のアイコスに比べると日本国内でのシェアは少ないですが、新商品開発にも力を入れて徐々にシェアを拡大しつつあります。

ちなみに、加熱式タバコは「低温加熱」「高温加熱」の2種類に分かれますが、プルームテックに関しては低温加熱の分類に属します。

プルームテックの仕組み

普通のタバコとは違って電力を使用して蒸気を発生させるのが特徴です。

ただ、電力を使って蒸気を発生させるだけでは普通の電子タバコと変わりないのですが、そこにたばこカプセルを通す事でニコチンやたばこの成分を吸引する事が可能となっています。

つまり、加熱する仕組みそのものは電子タバコに近しいものがありますが、体内に吸引するまでの過程を電子タバコとは違う構造にする事で、ニコチンなども摂取できるように改良されているというわけです。

プルームテックの成分や物質

プルームテックには以下のような成分・物質が含まれています。

  • プロピレングリコール
  • グリセリン
  • ニコチン
  • トリアセチン

基本的にこれらの成分は加熱式タバコに以外の食品や香料などに利用されている事もありますが、ここで注意が必要なのは、加熱式タバコの場合はこれらの成分を加熱して発がん性物質を放出してしまうという事。

加熱する事によって発がん性物質を発生させる事は否めないので、そのリスクを十分に理解しておく必要があると言えます。

健康的に大満足の吸い心地を楽しむならコレ!

DR.VAPE(ドクターベイプ)DR.VAPE(ドクターベイプ)は今最も話題となっている、健康的に抜群の吸い心地やキック感と上質なフレーバーが美味しい電子タバコです!プルームテックのように喉を傷める事も無く、吸い心地や満足感・コスパを考えれば断然ドクターベイプをおすすめします。

ドクターベイプなら有害物質ゼロで吸い心地はプルームテックより断然強く、重量のあるキック感やフレーバーの美味しさなどどれを取っても優秀です。

しかも今だけ!公式サイトで通常価格8,500円のところ5,000円も安い3,500円で購入可能なお得なキャンペーンが開催されています!

喉に優しく、徹底的に利用者の事を考えて作られたドクターベイプで満足感の高い喫煙時間を体験してみませんか?

プルームテックの有害性について

プルームテックの有害性

という事で、ここからはプルームテックの有害性について紹介します!

紙巻タバコから加熱式タバコに変えるメリットとしては、体への害の少なさが大きいと思いますが、実際に害があるのかないのか把握していない方もたくさんいるはずです。

果たしてどれくらいの有害性があるのか・・・?私が調べた要点を複数の項目に分けてお伝えしたいと思います。

注意すべきは「発がん性物質」の発生

プルームテックやプルームテックプラスで注意するべきは、発がん性物質の発生です。

前述している通りプルームテックにはいくつかの成分が含まれていますが、それらの内「グリセリン」「プロピレングリコール」には注意が必要で、これらの成分は加熱する事によって毒性を持ち、健康に悪影響な「ホルムアルデヒド」「アセトン」などを発生させてしまうのです。

ここが加熱式タバコの怖いところです!

また、発がん性があると言われている「アセトアルデヒド」が発生するリスクが無きにしも非ず、という研究データもあるようなので、加熱式タバコもそれなりに注意が必要と言えるでしょう。

ニコチンの依存性は紙巻タバコと変わらない

ご存知の方も多いと思いますが、プルームテックなどの加熱式タバコにはニコチンも含まれています。

ニコチンは依存性を強める成分なので、紙巻タバコ同様に一度吸い始めるとなかなかやめられないのが特徴です。

なので、禁煙しようと思って紙巻タバコから加熱式タバコに変えたとしても、依存性はそのままなので禁煙には繋がりにくいと言えます。

特に、アイコスに関しては、プルームテックやグローよりもニコチンの量が多いと言われているので、依存性の高さでは紙巻タバコとほとんど変わりないと思ったほうが良いかもしれません。

副流煙の有害性も調べてみた

結論から申しますと、少なからず有害性はあると考えられます。

加熱式タバコによくある勘違いや注意点として、

・タールがないから害はない
・ニコチンも少ないから安全
・煙がそこまで出ないので副流煙も大丈夫

といった浅はかな知識の拡散です。

プルームテックの実態を改めて調べてみてもわかる通り「発がん性物質がある」「ニコチンも含まれている」という事なので、副流煙による周りへの健康被害もゼロではないという事は間違いありません。

特に、子供・赤ちゃん・喘息持ちの方などには要注意なので、加熱式タバコと言えど吸う場所をしっかりと考える事が大切です。

ただ、普通の紙巻タバコに比べると煙の量は少ないので、そこと比較した場合には多少なり副流煙のリスクは削られていると言えます。

成分に関する見解を述べると…

って事で、プルームテックに含まれている成分や物質に対する見解をまとめると、

「有害性も健康被害もあり得るが紙巻タバコよりは緩和されている」

という事が言えると思います!

ただし、実際のところ各研究機関などでも加熱式タバコに関する安全性や健康被害などのリスクについては、そこまで明確に究明されていないみたいなので、もう少し様子を見守る必要があるかもしれません。

JUULは健康を意識して喫煙を楽しめる

ニコチン入り電子タバコJUUL

JUULのニコチンリキッドはもちろんニコチンが含まれていますが、プルームテックやアイコス、紙巻きタバコなどの喫煙者が健康面でできる事といえば、本数を減らす事だけでした。

しかし、JUULはニコチンリキッドを調整する事によって「気にせず好きなだけ喫煙が楽しめる」という点と、一度加熱すれば消せないタバコと違い「吸いたい分だけ吸う事ができる」という両面においてどこのデバイスやタバコよりも非常に優秀な電子タバコです。

健康面や周囲への配慮を考慮すれば、ストレスや喫煙の不満が増えてしまいがちですが、JUULであればストレスフリーに気軽に喫煙を楽しめます。

JUULの購入は最短3日でお届け可能Beyondvape Nicからお得に購入できますよ!

JTが伝える安全性の真相とは

プルームテックを製造するJTでは日々さまざまな研究が行われていて、そんな中でとある研究に関する情報を発見したので、まずはその一部を紹介したいと思います。

「喫煙者がプルーム・テックに切り替えることで、疾病に罹患(りかん)するリスクを低減できる可能性が高いことは分かったが、断言はできない。引き続き調査を進めていく」 ITmedia ビジネスオンライン

上記の結果は、2017年の1月~2月にかけて21歳~64歳の喫煙者を対象として「アクロレイン、アクリロニトリル、クロトンアルデヒド、ベンゾピレン、ベンゼン、NNK、一酸化炭素、ニコチン」など16種類の物質の暴露量を調査したものによる結果です。

要約すると、「プルームテックなら禁煙者と同じくらい健康被害を抑えられる可能性があるが、まだ確証はない」という事ですね。

その他の機関でもいろんな研究が行われているみたいですが、実際には明確な答えが出ていないという現状があるので、プルームテック然り他の加熱式タバコを購入する際にはその点を十分に理解しておく事が大切です。

日本禁煙学会からは警告もある

逆に、日本禁煙学会からは加熱式タバコに対しての警告も出ているという事実があります。

これも一部紹介しておきましょう。

「加熱式電子タバコ」は、普通のタバコと同様に危険です。 受動喫煙で危害を与えることも同様で、認めるわけにはいきません。タクシー、レストラン、バーなどの狭い施設・公共交通機関などは特に危険であり、「加熱式タバコ」を容認するわけにはいきません。 日本禁煙学会

とまぁこのように、JT側の意見とは真逆の意見として警告されています。

これに関して僕の意見を述べるなら、どっちもどっちと言ったところでしょうか(笑)

JTは安全性を明確にしてプルームテックを広めたい!日本禁煙学会は危険性を伝えてタバコそのものを撤廃したい!という両者の意見が交差している事がよくわかります。

どちらの言い分も理解できるので一概にどちらが正解とは断言できませんが、結局のところタバコを吸うも吸わないも消費者次第になると思うので、どっちもどっちだと思います。。。

発がん性物質が一番高い加熱式タバコは?

厚生労働省 加熱式タバコ

※(A)アイコス、(B)グロー、(C)プルームテック

上記は厚生労働省が公開している加熱式タバコ3社の比較画像です。

これを見てわかる通り、ニコチンの量ではアイコスが群を抜いて高く、発がん性物質に関してはグローが群を抜いています。

つまり、今のところ加熱式タバコの中ではプルームテックが最も害が少ないという事もわかります。

もちろんこれらの情報がすべてではありませんが、安全性や健康被害を意識して加熱式タバコに変えるのであれば、今のところはプルームテックが一番無難と言えるかもしれませんね。

アイコスに害はある?副流煙で周りの子供や赤ちゃんに影響はない?

2020年1月7日

【まとめ】プルームテックは害の少ない加熱式タバコである!

DR.VAPE(ドクターベイプ)DR.VAPE(ドクターベイプ)は比較的害が少ないと言われていますが、健康を気にするのであれば絶対にドクターベイプがおすすめです!

ドクターベイプは有害物質ゼロ・メンテナンス不要・高コスパ・抜群の吸い心地・増税値上げ無しで、ストレスフリーな喫煙を楽しむ事ができます。

しかも今なら通常価格8,500円のところ、5,000円引きの3,500円で購入できるお得なキャンペーンが実施中です!ドクターベイプなら健康に悩む必要は一切ありません。

この機会に、健康的に新感覚のフレーバーを楽しむ喫煙スタイルを体験してみてはいかがでしょうか?

この記事の要点まとめ
  • プルームテックは新型タバコの中でも安全性が高い
  • 加熱式タバコには依存性も有害性も少なからずある
  • 健康被害について現時点では調査段階である
  • 赤ちゃん・子供・喘息持ちの方への配慮は必要

という事で、ここまでプルームテックの害や健康被害について紹介してきましたが、各社の加熱式タバコを比較した限りでは、プルームテックが一番害が少ないと判断できそうです。

ただ、愛煙家としては害の問題よりも煙の量・香り・味わいなどを重要視する方も多いと思うので、結局は個人の問題と言えます。

また、プルームテックに限らずアイコスやグローでも続々と新商品が販売されていますし、それによって発がん性や有害性のリスクも軽減していくことが十分に期待できるので、もう少し加熱式タバコの時代の流れを見守るというのも選択肢の1つかもしれません。

新型タバコには賛否両論ありますが、現時点では買いたい人が買えばいいという見解にしておきたいと思います。

最後に本記事の要点をまとめておきましたので、改めて確認しておきましょう!


国内で大流行中の「DR.VAPE」が今一番おすすめ!

発売開始から1年足らずで累計販売本数100万本を突破したDR.VAPE(ドクターベイプ)は、日本国内で今最も勢いのある最先端の電子タバコです!

ドクターベイプを永久保証付きで超お得に手に入れるのであれば、公式オンラインショップの「プレミアムプラン」を利用するのが断然おすすめ!今なら下の「公式サイトで購入」ボタンから通常価格8,500円のスターターキットと交換カートリッジが3,500円(税抜)で購入可能なんです!

5,000円も安く購入できるのは公式サイトだけ!Amazonや楽天など、他の販売店では絶対に真似できない価格を実現しているのは公式サイトだからこそです。さらに送料も無料なので、この機会に利用しないと絶対に勿体ないですw

ドクターベイプは吸い応えや満足感も非常に強く、コストパフォーマンスも抜群!禁煙にも節約にもなるドクターベイプを今すぐゲットするのであれば、公式サイトを要チェックです!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

喫煙歴10年以上。ある日突然肺気胸になり1年間禁煙して電子タバコに切り替えるも、結局紙巻タバコに戻る。しばらくマルボロを吸い続け、今は紙巻タバコからアイコスに変更。有害性の少ない電子タバコへの切り替えも考えているので同じ境遇の方のタメになる情報をお届けします!