グローに害はある?ない?発がん性物質や健康被害の真実とは

↓ JUULの販売店で最短3日到着を実現 ↓

次世代タバコDR.VAPE(ドクターベイプ)の中でも主要どころの1つであるグロー(glo)

今回は、そんなグローの有害性について調べてみました!

紙巻タバコとは使い勝手の違う加熱式タバコは世間一般的には害が少ないと言われていますが、実際のところ有害性や健康被害はどうなのか?その真相に迫りたいと思います。

禁煙したい方や紙巻タバコを卒業したいと考えている方は必見です!

まずはグローについて復習

という事で、まずはそもそもグローがどんな製品なのか?どんな成分が含まれているのか?基本的な情報から復習していきたいと思います。

参考までに、ご存知の方もいると思いますがグローの製造元は紙巻タバコでも有名なラッキーストライクやケントを製造しているタバコ製造販売企業で、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)です。

グローの加熱システムや特徴

グローの特徴としては、

・カラーバリエーションの豊富さ
・本体とバッテリーが一体型
・およそ20本分の連続吸い

などが挙げられ、アイコスやプルームテックとは違った特徴があるので、その機能性などからグローを愛用する人も数多くいます。

加熱方法に関しては他の加熱式タバコとそこまで変わりなく、基本的にはタバコスティック本体をグローに挿して、そのスティックを加熱させて蒸気を発生させるという仕組み。

ちなみに、グローのスティックに関しては「ネオスティック」と呼ばれています。

グローに含まれる成分

グローに使用されているネオスティックの成分をざっくりお伝えすると以下のような成分が含まれています。

水・ニコチン・グリセリン・プロピレングリコール・香料…etc

これらの成分も決して体に良いとは言えませんし、むしろ体の健康を考えるのであればデメリットだらけです!

ただ、紙巻タバコに含まれている「ベンゾピレン・芳香族アミン類・ニトロソアミン類」などと比べた場合には、多少なり有害性は低くなっているとも言われています。

いずれにせよ、加熱式タバコのグローだから安全という断言もできなければ明確な研究結果はどこにもなく、有害物質やニコチンを含んでいる事から体に悪影響であることには変わりないと言えるでしょう。

健康的・高品質フレーバーはDR.VAPEだけ!

グローの有害性について健康面で気になる方は少なくありません。DR.VAPE(ドクターベイプ)DR.VAPE(ドクターベイプ)であれば有害物質ゼロで上質なフレーバーを楽しむ事が可能です!

グローユーザーの求める吸い心地とフレーバーに関してドクターベイプは非常に優秀で、加熱式特有のクセのある臭いも無くメンテナンスも不要で、ただ純粋に高品質なフレーバーを最後まで均一に味わえます。

今だけ通常価格8,500円のスターターキットが、5,000円も安い3,500円で購入できるキャンペーンを実施しています!健康面で悩むのであれば、不安の無いドクターベイプが絶対おすすめです!

加熱式は今後も値上げ予定があり、費用を負担して健康に悩むのであれば、一切の悩みから解放されるドクターベイプでフレーバーを楽しんでみてはいかがでしょうか?

グローに健康被害はあるのか調べてみた

グロー 健康被害

上記でお伝えしたグローの成分についてはざっくりご理解頂けたかと思いますが、この点についてもう少し深堀していきましょう。

いくら新型の加熱式タバコとは言え、「タバコ」という名前がついている時点で有害性がある事は間違いないですし、具体的な健康被害や発がん性なども気になるところだと思いますので、ここから少し込み入った情報をお伝えしたいと思います!

発がん性物質の有無について

結論から申しますと、グローにも発がん性物質は含まれてます

ただ、普通の紙巻タバコに比べるとそのリスクが軽減されているというだけの事。

タバコを吸う人からすれば発がんするリスクが軽減するだけでも十分かもしれませんが、非喫煙者からすれば発がんするリスクがあるという事実には変わりありません。

なので、喫煙者がグローに変えて「害は少ないから大丈夫」と強気に言っても理解はし難いでしょうね。。。

少し話が逸れましたが、発がん性物質が含まれている事は間違いないので、禁煙目的や健康目的でグローに変えようと思っている方に関しては、今一度考えを改めて方が良いかもしれません!

ニコチンやタールの含有量

各情報機関やタバコ関連のメディアを調べてみると、ズバリ!グローのニコチンの量は『0.46mg』との事です。

つまり、ニコチンも間違いなく含まれているという事。

ニコチンには依存性がある事はご存知の方も多いと思いますが、上記の通り加熱式タバコにもニコチンが含まれているので、このニコチンが含まれている限りは新型タバコに変えても禁煙するのは難しいと言えます。

また、タールの量に関しては残念ながら具体的な数字では紹介されていませんでした。が、紙巻タバコよりも9割程度の削減には成功しているとの情報も多々あるので、そこは信憑性の高さを信頼しても良いのではないかと思います。

とまぁそんなわけで、ざっくり要約するとニコチンもタールも含まれているので健康被害のリスクも十分にあり得るという事ですね。

受動喫煙・副流煙のリスク

上記に付随しますが、ニコチンやタールが含まれている時点で受動喫煙や副流煙に対しても注意が必要です!

結局のところ、ニコチンやタールを含んでいる煙を蒸発させるわけですから、その煙や蒸気に関しても有害物質が含まれているという事です。

なので、それを吸ってしまうと体にも悪影響ですし、それが赤ちゃんや子供であれば尚更です!

もちろん、乳幼児だけでなく喘息持ちの方や気管支炎などの呼吸器官が弱い方にもリスクでしかありませんので、いくら害が軽減されているとは言え、加熱式タバコを吸う際にも周囲に十分配慮するべきだと言えるでしょう。

新型タバコにも健康被害はある

以上、ここまでの情報を簡単にまとめると「新型タバコにも健康被害はある」という事がわかります。

・アイコスやグローはタールがない
・加熱式タバコは有害性は少ない

など、にわかな知識で吸っていた方もいると思いますが、これを機に加熱式タバコに関する理解を改める必要があるかもしれません。

また、今は紙巻タバコで今後加熱式タバコに変えようと思っている方に関しても、「タールやニコチンは含まれている」という事を把握して頂ければと思います。

もちろん、根本的な意見として「タバコを吸うのに有害性なんか気にしてられない」って方にはすべて参考にならない情報だと思いますが(笑)

JUULはストレスフリーで楽しめる!

ニコチン入り電子タバコJUUL

JUULが全米で大ヒットしている理由はフレーバーの種類や吸いごたえだけではありません!

JUULのリキッドカートリッジは自分の想い通りのフレーバーを作る事も可能なんです。

ニコチン量を減らす事も、一切ニコチンの無いリキッドを使用する事もでき、健康面で気になるけど喫煙感を味わいたい人にも最良の電子タバコです!

従来の次世代タバコの健康被害について何を言われても実情は本数を減らす事くらいしかできませんよね?

自分自身でJUULの楽しみ方は無限大にあるので、悩むよりも早速お得にJUULをBeyondvape Nicで!最短3日で届くので、JUULで不安の無い喫煙ライフを送りましょう!

iQOS・glo・ploomTECHの有害性を比較

有害性を比較

ここからはグローを吸う上で知っておきたい情報やプチ情報をお伝えしたいと思います。

まずは、アイコス・グロー・プルームテックの有害性を比較した表をまとめてみましたので、そちらをご覧ください。

アイコスグロープルームテック
価格(予算)7,000円~10,000円3,000円~8,000円4,000円~6,000円
加熱温度高温加熱(約300℃)高温加熱(約240℃)低温加熱(約40℃)
メーカーフィリップ・モリスブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン日本たばこ産業(JT)
加熱時間20秒40秒なし
喫煙可能時間14吸いor6分3分カプセル5本分
重さ120g100g17g

とまぁこんな感じでざっくりまとめてみましたが、結局のところ好き嫌いは人によって分かれると思うので、自分が吸いたいと思った製品を購入すればいいと思います。

上記の比較表は購入前の参考情報の1つ程度にでもご覧頂ければ幸いですm(__)m

グローにも良い点と悪い点がある

グロー メリット

グローを含む加熱式タバコには有害性や健康被害も少なからずあるという事は上記で述べた通りです。

ですが、そんなグローにも良い点やメリットがあるのも事実です!

例えば、、、

・連続で吸う事ができる
・他の新型タバコよりお手入れが簡単
・バッテリーの持ちが良い

などなど、逆を言えば「吸い過ぎてしまう」というデメリットもありますが、そこは個人の問題でもあると思うので、健康問題と向き合いながら自分自身で考えるようにしましょう。

スティックに直接火をつけても大丈夫説

スティック 火

実は、ネット上には「グローのネオスティックに直接火をつけて吸った」などの情報も拡散されています。

がしかし、これに関しては普通におすすめできません!

加熱式タバコは、基本的に熱を与えて煙を出す形式のタバコなので、直接火をつけて吸う事を想定していませんし、アイコスなどの場合には、スティックのパッケージに「火をつけてはいけません」という表記もあります。

ただ、グローにおいては火をつけても吸う事ができてしまうんです!!

これが厄介。。。

きっとこの記事を読んだ方も面白半分でやってしまうのかもしれませんが、恐らくタールやニコチンの摂取量がとんでもない事になりそうな予感がしますので絶対にやめておきましょう。

著者である私も恐れ多くて試すことすらできていません…。それだけは念を押して伝えておきますm(__)m

プルームテックに害はあるのか?グリセリンだから副流煙も無害?

2020年1月7日

【まとめ】グローにも有害性はある!今後に期待!

グローはフレーバーが人気の加熱式タバコですが、DR.VAPE(ドクターベイプ)DR.VAPE(ドクターベイプ)の徹底的にこだわったフレーバーは全く負けていません!

有害性や費用など、グローユーザーにとって悩み事は多く、メンテナンス不要・ヤニ汚れ無し・有害物質ゼロ・高コスパ・高品質のドクターベイプであれば、全く違和感なく移行する事ができます。

今だけ公式サイトでスターターキットが通常価格8,500円のところ、3,500円で購入可能なキャンペーンが実施中です!5,000円も安く買えるのは今だけなので、健康が気になるなら絶対にドクターベイプです!

ドクターベイプなら周囲に迷惑もかけず、自身の健康を脅かす事も無く安心して喫煙を楽しむ事ができるので、このチャンスに移行してみませんか?

この記事の要点まとめ
  • グローにもニコチンやタールは含まれている
  • 加熱式タバコにも有害性はある
  • 発がん性物質も出ているので注意が必要

という事で、グローの有害性や健康被害に関する情報は以上となります。

正直なところ、グローを含む加熱式タバコにはまだまだ改良の余地があると言えますし、現時点でタールやニコチンを含んでいる事からも健康被害があるという事は否めません!

タールの量が少ないから健康被害がないというわけでもありませんので、結局のところ自己責任で吸わなければならないというのが結論です。

とは言え、加熱式タバコを取り扱っている各社もいろいろと改良していると思いますし、新商品にも力を入れている事は十分理解できるので、もう少し様子を見守ってみるのもアリかもしれませんね。

愛煙家としては、今後の発展に期待してみたいと思います♪


国内で大流行中の「DR.VAPE」が今一番おすすめ!

発売開始から1年足らずで累計販売本数100万本を突破したDR.VAPE(ドクターベイプ)は、日本国内で今最も勢いのある最先端の電子タバコです!

ドクターベイプを永久保証付きで超お得に手に入れるのであれば、公式オンラインショップの「プレミアムプラン」を利用するのが断然おすすめ!今なら下の「公式サイトで購入」ボタンから通常価格8,500円のスターターキットと交換カートリッジが3,500円(税抜)で購入可能なんです!

5,000円も安く購入できるのは公式サイトだけ!Amazonや楽天など、他の販売店では絶対に真似できない価格を実現しているのは公式サイトだからこそです。さらに送料も無料なので、この機会に利用しないと絶対に勿体ないですw

ドクターベイプは吸い応えや満足感も非常に強く、コストパフォーマンスも抜群!禁煙にも節約にもなるドクターベイプを今すぐゲットするのであれば、公式サイトを要チェックです!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

喫煙歴10年以上。ある日突然肺気胸になり1年間禁煙して電子タバコに切り替えるも、結局紙巻タバコに戻る。しばらくマルボロを吸い続け、今は紙巻タバコからアイコスに変更。有害性の少ない電子タバコへの切り替えも考えているので同じ境遇の方のタメになる情報をお届けします!