myblu(マイブルー)リキッドの吸引回数や交換タイミングを解説

myblu(マイブルー)の交換タイミングや吸引回数を解説

↓ 吸い応え抜群!《50%OFF》で購入できるのは当サイトだけです ↓

[PR]株式会社HAL
※2021年02月12日更新

ユーザーの方は、リキッドの吸引回数や交換のタイミングで悩んだことはありませんか?

当記事ではマイブルーのリキッドの吸引回数や交換タイミングの解説に合わせて、マイブルーのリキッド持ち・捨て方・吸い終わり後のQ&Aもご紹介していきます!

電子タバコドクターベイプモデル2のマイブルーを購入したけど使い方を把握できていない方や、今後マイブルーのご購入予定のある方は要チェックです。


\いまさら人には聞けない/
※現時点で「ドクタースティック」という最強のタバコを知らない方は絶対にヤバいです。
上記リンクから話題の新型タバコが今だけ8,000円引き+全額返金保証付き!!

目次からササッとチェック

myblu(マイブルー)のリキッドの吸引回数は約300回!

マイブルーの吸引回数

まずはマイブルーのリキッドの吸引回数について触れていきましょう。

マイブルーのMAX充電時の吸引回数の目安は、公式サイトでは約300回程度と表記されています。

ただし、吸引する力加減や吸引する回数によっては、リキッド持ちに差が出てくるので参考という事を念頭に置いておきましょう。

myblu(マイブルー)のリキッドの吸引回数は他のタバコに比べてもお得!

公式サイトでマイブルーのリキッドの吸引回数は約300回と記載がある様に、費用対効果に優れています。

2021年02月10日時点でフレーバーポッドの価格は937円(税込み)なので、感覚で見ても他のタバコよりコスパとリキッド持ちが良いのではないかと思ってしまいますね。

フレーバーポッドの価格も分かった所でマイブルーと紙巻きタバコ・加熱式タバコを比較して、どれだけお得なのかを見ていきましょう。

myblu(マイブルー)のリキッドの吸引回数を紙巻きタバコと比較

まずはマイブルーと紙巻きタバコの比較からしていきます。吸引回数の比較ですが、マイブルーを300回とした場合、紙巻きタバコに換算すると約1.5箱程度となります。

ちなみにマイブルーのフレーバーポッドは2つ入りなので、単純計算でも×2の600回分の吸引となり、タバコに置き換えると3箱分です。

つまり、937円で3箱分買えるという計算になるので、コスパを考えてもマイブルーのほうが圧倒的にリキッド持ちが良い事が分かります。

myblu(マイブルー)のリキッドの吸引回数を加熱式タバコと比較

続いてはマイブルーと加熱式タバコの比較をしていきます。今回は加熱式タバコの代表としてアイコスを例に挙げさせて頂きます。

マイブルーとアイコスを比較すると、アイコスは1本で14回程度の吸引回数が可能ですので、14×20本分で280回の吸引が可能です。

アイコスの平均価格500円で280回と考えると1,000円で560回。920円で600回の吸引が可能なマイブルーのほうがコスパが優れていて持ちが良い事になりますね。

myblu(マイブルー)よりも美味くてお得なドクターベイプモデル2!

マイブルーのフレーバーポッドがお得な事は分かりましたが、マイブルーよりもフレーバーが美味くてお得な電子タバコドクターベイプモデル2ドクターベイプモデル2をご紹介させてください!

ドクターベイプモデル2は1箱で加熱式タバコ4箱分の吸引が可能で、圧倒的なコスパを誇る電子タバコです。更にフレーバーはマイブルーの海外生産と異なり、国内の老舗メーカーと協力して作られた完全国内製のフレーバーです。

そんな実業家のROLANDさんも愛用しているドクターベイプモデル2のお得なスターターキットが5,000円(税込み)で手に入ります!最新の電子タバコで新しい生活を送りたい方は、是非お試しください。

ドクターベイプモデル2口コミやレビュー評価

【最新】ドクターベイプモデル2の口コミ・評判を辛口レビュー!

2021年7月6日

myblu(マイブルー)のリキッドの交換タイミングを簡単に解説!

マイブルーの交換タイミングを解説

次にマイブルーのリキッドの交換タイミングを日常で起こるシチュエーション別に2つ解説していきます。

もし急に交換が必要になったとしても、今から説明していく項目に目を通しておけば解決するでしょう!

また、リキッドの交換タイミングを解説した後に、リキッドに関するQ&Aも軽く説明するので是非ご覧ください。

myblu(マイブルー)のリキッドの残量の確認方法

マイブルーのリキッドの交換タイミングに触れていく前に、リキッドの残量の確認方法を少し見ていきましょう。

マイブルーのリキッドの残量確認は、リキッド残量を確認できる透明な窓がついているので、そちらより残量の確認ができます。

また、当たり前の事ですがフレーバーポッドを傾けて測ると正確な量が分からないので気を付けましょう。

myblu(マイブルー)のリキッドが完全に無くなった際の交換方法

では、マイブルーのフレーバーポッドの窓から覗いて、完全にリキッドが無くなった際の交換方法をご紹介していきます。

交換方法は至ってシンプルで、下記の通りにフレーバーポッドを動かせば簡単に交換が出来ます。

また窓から覗いた際に、完全にリキッドが無いように見えても沈殿している可能性もあるので、傾けてまだ吸えないか確認しましょう。

マイブルーのフレーバーポッドの交換方法
  1. フレーバーポッドの側面を軽く押す
  2. フレーバーポッドを取り外して保管する
  3. 別のフレーバーポッドや新しいフレーバーポッドをハメる

myblu(マイブルー)のリキッドが入った状態での交換方法

続いては、マイブルーのフレーバーポッドの窓から覗いて、リキッドが入っている状態での交換方法の説明をしていきますが、上記の方法と何も変わりません。

ただし、リキッドが入った状態での交換作業は液漏れが発生する可能性もあるので、タオルやティッシュなど拭くものを用意してから行いましょう。

公式サイトでは液漏れが起きても大丈夫なケースの着用を勧めているので、液漏れの可能性は0ではありません。

マイブルーのフレーバーポッドの交換方法
  1. フレーバーポッドの側面を軽く押す
  2. 液漏れが起きないようにフレーバーポッドを取り外して保管する
  3. 別のフレーバーポッドや新しいフレーバーポッドをハメる

myblu(マイブルー)の使い方や充電方法を徹底解説!

2021年7月12日

myblu(マイブルー)のリキッドの捨て方を解説!

マイブルーのリキッドの捨て方

マイブルーのフレーバーポッドの交換方法が分かった所で、吸い終わりのリキッドの捨て方を解説していきます。

「リキッドが入ったままの捨て方」や「処分する時にゴミの種別」など分からない点を解消していきましょう。また、ごみの捨て方は各市町村のルールに従って行ってくださいね。

myblu(マイブルー)の吸い終わりのリキッド液はどこに流せばいいの?

マイブルーのリキッドの成分は「プロピレングリコール・植物性グリセリン・香料」となっていて人体には無害な成分として扱われています。

また、上記の成分は料理の添加物として扱われている成分ですので、吸い終わりのリキッドは水道で流してしまっても問題ありません。

マイブルーのリキッドの成分は人体にも環境にも優しい事が分かりました。

myblu(マイブルー)のリキッドは何ゴミに出せば大丈夫?

吸い終わりのリキッドの処分方法は分かりましたが、リキッドが入っているフレーバーポッドの処分方法が分からない方もいるでしょう。

実はフレーバーポッドはリキッドが入っている本体と、リキッドを蒸発させるためのコイルで構成されています。そのため、市町村によっては自分でフレーバーポッドの分解をしなければいけません。

分解自体は簡単にできるので、ごみに出すときは分別に十分気を付けてくださいね

myblu(マイブルー)よりもガツンとした吸い心地の電子タバコはドクタースティック!

ドクタースティック

マイブルーはフレーバーの種類も豊富ですが、煙を吸っている感が薄い電子タバコなのも事実です。そんなマイブルーに不満を抱えている電子タバコユーザーはドクタースティックに乗り変えてみてはいかがでしょうか?

ドクタースティックはガツンとした吸い心地を追及しており、タバコに負けないパンチ感が癖になる電子タバコです。もちろんフレーバーも完全国内生産で安心ですし、満足できなかったら「30日間の全額返金保証」も受ける事が出来ます。

そんな実質タバコのドクタースティックのスターターキットが1,980円(税込み)で手に入るんです!全額返金保証もあって始めやすいので、この機会にドクタースティックに乗り換えてみてはいかがでしょうか?

ドクタースティック 口コミやレビュー評価

ドクタースティックは評判悪い?悪い口コミや悪評・最悪な噂を調査

2021年6月24日

myblu(マイブルー)のリキッドに関するQ&A

マイブルーに関するQ&Aの解説

それではマイブルーのリキッドに関する疑問を解消していきます。マイブルーユーザーが疑問に思いやすい事をピックアップしたので、是非ご覧になってください。

また、公式サイトにはマイブルーに関するQ&Aがより詳しく記載されているので、そちらを参考にしてもいいでしょう。

マイブルー・リキッドに関するQ&A①:フレーバーポッドの使い方は?

フレーバーポッドに関しては予めリキッドが入っていますので本体に接続するだけで吸引可能です!

本体にセットする際に「カチッ」と音が鳴ればセット完了です。

特にボタン操作なども不要なのでそのままベイピングを楽しみましょう。

マイブルー・リキッドに関するQ&A②:社外品のリキッドも使えるの?

一般的な電子タバコはリキッドとカートリッジが別物になっているので他社メーカーのリキッドを試すこともできます。しかしマイブルーに関しては一体型になっているので基本的には社外品のリキッドは使えません。

一体型のポッドをバラして無理やり他のリキッドを入れる事も可能ですが、壊してしまっても保証が効かないのでオススメはできません。

マイブルー・リキッドに関するQ&A③:マイブルーから煙が出ないけど故障?

フレーバーポッドのリキッドがなくなった可能性があります。フレーバーポッドを本体のデバイスから外してリキッドが残っているか確認しましょう!

また残量が残り僅かだとコイルにリキッドが触れず蒸発しないので、吸い終わりではなくてもフレーバーポッドの交換をしてください。

マイブルー・リキッドに関するQ&Aは公式サイトをチェック!

3つのよくある質問をご紹介しましたが、他にも疑問がある方もいることでしょう。そんな方は下記の通りblu公式サイトをご活用ください。

マイブルー公式サイトをチェック!
  • 「よくあるご質問」
  • 「サポートに連絡する」
  • 「メールでのお問い合わせ」:support-jp@blu.com
  • 電話番号:0120-090-990【受付時間:9:00 ~ 18:00(土日祝を除く)】

myblu(マイブルー)のポッドに好きなリキッドを補充する裏技

2020年1月7日

myblu(マイブルー)リキッドの吸引回数や交換タイミングのまとめ

ドクタースティック
この記事の要点まとめ
  • myblu(マイブルー)の吸引回数は1つのフレーバーポッドで約300回
  • myblu(マイブルー)の交換タイミングは液漏れに気を付ければいつでもOK
  • myblu(マイブルー)の捨て方は各市町村のルールに従って捨てよう

マイブルーリキッドの吸引回数や交換タイミングを詳しく解説してきましたが、ご不明点の解消は出来ましたか?

今回はフレーバーに関してまとめましたが、公式サイトには他の事に関してのQ&Aも解説されているので是非ご覧ください。

また、現在マイブルーに不満がある方は「30日間の全額返金保証」がある最新の電子タバコドクタースティックを試してみると良いかもしれませんね!

myblu(マイブルー)の交換タイミングや吸引回数を解説
DR.Stick(3700)

全額返金保証付きの「Dr.Stick」が今だけ80%OFF!

『喉を刺激する追及された本物の吸いごたえ』を味わえるドクタースティックは、SNSでも大人気!電子タバコなのに紙タバコ以上の満足感だと凄まじい人気を誇っています。

想像以上の吸い応え・満足感だけでなく、日本人の舌に合わせて調合されたフレーバー・1箱で紙タバコ約7箱分吸えるコストパフォーマンスも後押しし、電子タバコで愛煙家の支持率No.1を獲得しています。

そんな売れに売れているドクタースティックのスターターキットが、何と今だけ定価から80%OFF+全額返金保証付きで購入出来る破格のキャンペーンを開催中!在庫数が少ないと公式がアナウンスしているので今確認しないと絶対に損です!

ABOUTこの記事をかいた人

喫煙歴10年以上。ある日突然肺気胸になり1年間禁煙して電子タバコに切り替えるも、結局紙巻タバコに戻る。しばらくマルボロを吸い続け、今は紙巻タバコからアイコスに変更。有害性の少ない電子タバコへの切り替えも考えているので同じ境遇の方のタメになる情報をお届けします!