グローセンス(glo sens)の使い方や充電方法を徹底解説!

↓ JUULの販売店で最短3日到着を実現 ↓

グローセンス(glo sens)の使い方や充電方法、ポッドの使用可能回数などをまとめています。

低温加熱式タバコであるグローセンスの基本情報や充電ごとの使用回数「こんな時は故障?」というよくある疑問などもご紹介!

グローセンスに関する基本的な操作方法や知識を詳しくご説明しているので、グローセンスの正しい扱い方について是非ご覧ください!

グローセンス(glo sens)について

グローセンスの基本的な情報と新しい最新技術「TASTE FUSION TECHNOLOGY」とはどんなものなのか?

従来のgloとは全く違うBATの次世代デバイスグローセンスについて見ていきましょう。

グローセンスの基本スペック

本体にポッドを付けて電源をオンにすると、フレーバーを加熱し発生した蒸気がタバコ葉を通過して喫煙ができるようになっています。

今回の新デバイスはベイパーとタバコの融合が軸として製造され、好きなだけ好きな時に喫煙できるという新しいシステムです。

グローセンスキットにはデバイスの他にダミーカートリッジ・ポッドとデバイスキャップ・デバイスポーチ・USBケーブル・ACアダプターが付属しています。

グローセンス(glo sens)の基本情報
  • 【価格】3,980円(税込)
  • 【サイズ】(高さ)91mm(幅)39.5mm(奥行)21.7mm
  • 【重量】48g
  • 【充電時間】約2時間~5時間(最短75分)
  • 【カラー】全4色:ブラック・ホワイト・ブルー・レッド

グローセンスはどんな仕組み?

グローセンスはベイパーとタバコの融合を叶えた味わい深さを体験できる、低加熱式の次世代デバイスです!

タバコ葉を直接加熱せず、フレーバーを加熱する熱でタバコ葉を味わえるようになっています。

2mlのフレーバー・リキッドをコイルで加熱し、水蒸気を発生させ上質なタバコ葉とミックスした味わいを楽しめる仕組みになっているんです。

これまでの加熱式のgloもなかなか吸いごたえに関して年々スティックの改良が行われていましたが、最新技術の二重構造ポッドは気になりますよね?

TASTE FUSION TECHNOLOGYとは?

TASTE FUSION TECHNOLOGYはグローセンスの最新技術で、フレーバーを加熱し、蒸気をタバコ葉に通過させて本来のタバコの味わいとフレーバーの風味を融合させる技術です。

これによってグローセンスはフレーバーと吸いごたえの両方をバランス良く楽しむ事ができるようになっています。

従来のgloの技術はタバコ葉のスティックを直接的に加熱する事で喫煙ができましたが、今回のグローセンスではリキッドを加熱する事で上記が発生しタバコ葉を味わう事ができるんです。

VAPEの技術とタバコの技術の融合を実現している全く新しいタイプの加熱式タバコという事なんですね。

グローセンス(glo sens)の基本的な使い方

グローセンスは全く新しい低温加熱式タバコですが、操作は従来のgloとどれほど違うのでしょうか?

加熱式タバコ特有の加熱待機時間が無いという点や、いつでも喫煙可能となっているグローセンスの使い方をご紹介します。

今回はこれまでのgloのような加熱待ち時間が無く、吸引時にボタンを押すという操作が必要です。

基本的にはボタン3回押しで電源のオン・オフとなっています。

【グローセンスの基本的な使い方】STEP1

フレーバー・カートリッジを本体に「カチッ」と鳴るまで差し込みます。

【グローセンスの基本的な使い方】STEP2

タバコポッドをフレーバー・カートリッジに「カチッ」と鳴るまで差し込みます。

【グローセンスの基本的な使い方】STEP3

コントロールボタンを3回押すとLEDランプが白く5秒間点灯するので、これにより電源がオンになります。

【グローセンスの基本的な使い方】STEP4

ボタンを押したままマウスピースから吸引すると、LEDが点灯するので吸い込んだらボタンを放します。

【グローセンスの基本的な使い方】STEP5

吸うのを辞める時は、コントロールボタンを3回押すとグローセンスの電源がオフになります。

グローセンス(glo sens)の充電について

グローセンスの充電についてご説明していきます。

これまでの加熱式タバコでは充電消耗が小型なのでやはり毎日の充電が必要でしたが、吸いたい時だけ電源を付けるグローセンスの充電方法はまた違うのでしょうか?

どのくらい喫煙できる?

グローセンスの専用パックは3つのタバコポッドがあり、タバコポッド以外は好きな時に交換が可能になっているんです。

タバコポッド1つのパフは約60パフが可能で、タバコポッドの交換時期については本体のLEDライトが白く10回点滅した時になっています。

フレーバー・カートリッジの1パフ最長8秒で、最大180パフとなっていて、8秒以上の吸引はできません。

8秒を超えた場合は吸引できなくなってしまうので、注意しましょう。

基本的には、フレーバー・カートリッジもタバコポッドも交換時期になるとLEDランプが白く10回点滅するサインとなっています。

フレーバー・カートリッジについては、いつでも交換可能で別のフレーバーを楽しむ事ができる仕組みです。

グローセンスの充電方法は?

グローセンスは加熱式タバコ特有の待ち時間が無くすぐに喫煙できるという特徴があります。

本体の電源操作によっていつでも吸いたい時に吸う事ができ、いつでも中断が可能です。

充電切れとなっても、最短75分でフル充電する事ができます。

充電器はACアダプターにUSBケーブルを差し込み、本体に差し込む形で充電します。

差し込み端子はmicro USBで従来のgloと同じです。

【充電時間】約2時間~5時間(最短75分)

【1充電の使用回数】180回

こんな時はどうする?よくある質問

フレーバー・カートリッジがリキッド漏れしているけど故障?

グローセンスの使用に関して、リキッドが漏れる場合がありますが、故障では無く正常です。

リキッドがポッドの底に溜まっているけど?

変色したリキッドが底に溜まっている場合は新しいポッドの交換が必要です。

喫煙後に本体が高温になっているけど大丈夫?

連続喫煙の場合は基本的に高温になりますのでご安心ください。

30分使用ごとに2分以上空ける事をおすすめします。

電源やカートリッジの装着を確認してください。

リキッドが少ない場合はLEDライトが白く10回点滅するので交換してください。

充電されないよ?

必ず本体付属の充電器のみを使用するようにしてください。

0~45℃の範囲内でのみ充電するシステムなので、高温の場合は温度を下げてから再び充電してください。

使用していると異音が鳴るけど欠陥?

コイルが作動する時にバチバチと鳴る場合がありますが、正常です。

リキッドと装着部分を移動している空気が急速加熱される事によって発生します。

グローセンス(glo sens)の正しい使い方!グローセンスの詳細まとめ

この記事の要点まとめ
  • グローセンス(glo sens)は電池消耗が抑えられている
  • 基本操作は3回ボタンプッシュ
  • グローセンス(glo sens)の喫煙はいつでも中断が可能
  • LEDの点滅を確認するようにしよう

グローセンスの基本情報、使い方や充電方法など、低温加熱式タバコのグローセンスについてご紹介しました。

グローセンスは独自のポッドを使用し、新しい操作方法を行うので、慣れるまで操作に戸惑う人も多いのではないでしょうか?

もしも動かないなど動作トラブルが発生した場合でも、落ち着いて対処できるように仕様をチェックしておきましょう。

正しく使う事で、いつまでも長く楽しめるグローセンスはこれからも進化していくので、大切に扱っていく意識が大切です。


満足感を感じられないグローを乗り換えるなら「JUUL」

「JUUL」はグローとは違って気になる健康被害の影響は全く無く、グローより圧倒的に吸った後の満足感を感じられるデバイスです。

グローの欠点として「重くて不便」「燃焼時の嫌な臭い」「キック感を感じられない」「加熱時間が長く吸える時間が短い」「オシャレじゃない」等、挙げたらキリがないですが、グローユーザーは多くの不満を抱えているのは事実です。

煙の量と強いニコチン感、煙草と全く同じ吸いごたえを得られる「JUUL」はグローユーザーの不満を全て解消してくれる夢のようなデバイスです。

下記の公式サイトから通販で誰でも簡単に購入する事ができるので、ほんの少しでもグローから乗り換えたいと感じた事があるなら要チェックですよ!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

NISHI

紙巻きタバコからiqosやgloなど、色々なフレーバーを楽しむ事が好きです!特に刺激の強いメンソール系が好きで吸っていますが、基本的に珍しい物は何でも吸いたいです。最近はベリー系ばかり吸っていますが、gloは現在模索中。のんびりマイペースだとよく言われます。