ドクターベイプとプルームテックを比較!プルームと互換性はある?

↓ 吸い応え抜群!《50%OFF》で購入できるのは当サイトだけです ↓

今回は、新しいタイプの電子タバコ『DR.VAPE(ドクターベイプ)』 DR.VAPE(ドクターベイプ)と加熱式タバコの王道「プルームテック」、この2つのタバコを比較してみました。

それぞれの特徴を紹介しつつ、販売価格や吸い心地、有害性などの比較情報もまとめていますので、紙巻タバコからの乗り換えを考えている方は参考にしてみましょう!

「有害性を少しでも軽減したい」
「紙巻きタバコを卒業したい」

など、こういった目的のある方は必見です!

今絶対に読むべき記事
※大損をする前に※ドクタースティックをまだ知らない方は確実に「時代遅れ」です!
⇒上記リンクから今最も話題の最強タバコが今だけ8,000円引き+全額返金保証付き!!


DR.VAPE(ドクターベイプ)に乗り換えるなら今!



登場から1年足らずで累計販売本数100万本超え!日本で今1番人気のある電子タバコと言ったら『DR.VAPE(ドクターベイプ)』 DR.VAPE(ドクターベイプ)で間違いありません!

今までの電子タバコでは吸い応えが感じられなかったり、満足できなかった…という経験はありませんか?そんな電子タバコの欠点を、ドクターべイプは全て解決!確かな実力があるからこそ、沢山の人に選ばれているんです。

まず、ドクターべイプ最大の魅力は水蒸気の量が非常に多いこと!水蒸気自体に重みがあるので、吸い応えは抜群!喉へのキック感もしっかりと感じられ、吸った後の満足度も高いので気分転換やリフレッシュにも最適です。

さらに、ニコチンやタールは一切含まれていないので健康的なのも大きな特徴。公式サイトではお得なキャンペーンが開催中ですので、少しでも気になる方はチェックしてみてくださいね。

話題の電子タバコ『ドクターベイプ』について

まずは、今注目されている電子タバコ「ドクターベイプ」についてです。

ドクターベイプは、新世代の電子タバコとも言われていて、普通の電子タバコとは違って有害性が少ないと言われています。

詳しくは後程紹介しますが、海外製の電子タバコや一般的な電子タバコとは違ったメリットがありますので、購入を検討している方はぜひご覧ください。

期間限定5,000円OFF!
\公式サイトで購入する/
DR.VAPE(ドクターベイプ)

ドクターベイプの製品概要

製品名
タール0mg
ニコチン0mg
有害性なし
販売価格【スターターキット】7,992円(税込み)
【カートリッジ】2,592円(税込み)
フレーバー【全6種類】
・クラシックスモーク
・ワイルドビター
・ミントメンソール
・リラックスバニラ
・ジューシーマスカット
・ピュアアップル

ドクターベイプの特徴や優れている点

ドクターベイプが優れている点としては、なんと言ってもタール0&ニコチン0という点。

紙巻タバコにはニコチンもタールも含まれていて有害性があるのは間違いありませんし、加熱式タバコにもニコチンやタールが少なからず含まれています。

また、一般的な電子タバコでも海外のリキッドにはニコチンが含まれているケースが多く、それらの事を踏まえるとドクターベイプは安全性の高い電子タバコと言えます。

これが新世代の電子タバコと言われる理由であり、人気急上昇中の要因でもあるのです。

ドクターべイプに限った話ではありませんが、最近では電子タバコのコピー商品や偽物も多く出回っているようなので、しっかりと正規品を取り扱っているドクターべイプの販売店で購入するようにお気を付けください。

ドクターベイプ販売店

【最新】ドクターベイプとモデル2はコンビニで買える?販売店を紹介

2021年7月12日

新デバイス登場!『ドクターベイプ モデル2』について

大人気のドクターべイプから、なんと新デバイスが登場したとの情報をゲットしましたので、早速詳しい内容をご紹介していきたいと思います!

先程紹介した従来のモデルよりも圧倒的に進化した「DR.VAPE Model 2」は、デザイン性も使い勝手も格段にUPしているので、気になる方は要チェックです!

『モデル2が一番美味い』
\喫煙者も大絶賛中です/
ドクターべイプモデル2

ドクターベイプ モデル2の製品概要

製品名DR.VAPE Model 2(ドクターベイプ モデル2)
タール0mg
ニコチン0mg
有害性なし
販売価格【スターターキット】8,000円(税別)
【カートリッジ】1,500円(税別)
フレーバー【全6種類】
・クラシックスモーク
・ワイルドビター
・ミントメンソール
・リラックスバニラ
・ジューシーマスカット
・ピュアアップル

ドクターベイプ モデル2の特徴や優れている点

ドクターべイプのモデル2は、従来のモデルと同じくニコチンやタールは一切含まれていない電子タバコであるため、有害性が少ないという特徴があります。

さらにモデル2では、国内外で注目されている「ポッド型タイプ」の電子タバコへ仕様が変更されています。デザイン性はもちろんのこと、使い勝手もさらに良くなりました。

また、吸引回数も増え、カートリッジの価格も1,000円前後値下がりしているので、これまで以上に利用しやすくなったと言えそうですね!今後確実に人気急上昇すること間違いなしのデバイスなので、興味のある方は早めにチェックしておきましょう!

ドクターベイプモデル2と旧型の違い

【最新】ドクターベイプのモデル2が新発売!旧型との違いを徹底解説

2021年7月12日

加熱式タバコの王道『プルームテック』について

プルームテック

次に、三大加熱式タバコの1つ「プルームテック」についてです。

アイコスとグローに並び、今ではそのポジションを確固たるものにしているプルームテックですが、その有害性や吸い心地に関してはどうなのか?気になるポイントをざっくり紹介したいと思います!

プルームテックの製品概要

製品名PloomTECH(プルームテック)
タール不明
ニコチン0.03mg前後
有害性多少あり
販売価格【プルームテック】3,000円~
【プルームテックプラス】4,980円~
【プルームエス】3,990円~
フレーバー【プルームテック】10種類
【プルームテックプラス】4種類
【プルームエス】4種類

プルームテックの特徴や優れている点

プルームテックが優れている点は、コスパの良さと使い勝手の良さにあります。

従来のプルームテックやプルームテックエスに関しては、非常にコンパクトで持ち運びがしやすいという点、新しく発売されたプルームテックプラスに関しては、サイズ感は大きいものの吸い応えがアップしたとして人気を得ています。

各商品でメリット・デメリットがありますが、プルームテックシリーズを総合的に見ると加熱式タバコの中でも使いやすく、紙巻タバコに比べても有害性が90%カットされているという事で、比較的安全性に優れている加熱式タバコと言えるでしょう。

ドクターベイプモデル2で禁煙を始めてみませんか?



プルームテックよりも健康を意識したデバイスを探しているのであれば、新型デバイスのドクターべイプモデル2ドクターべイプモデル2が絶対におすすめです!

ドクターべイプモデル2はノンニコチン・ノンタールの電子タバコなので、タバコ独特の嫌な臭いやヤニが付く心配は皆無!室内や車内の空気を汚すことがないので、いつでも自分の好きな場所で楽しむことができるんです。

完全にニコチンを断ちたい!という方や、タールによる発がん作用が心配…という方にも本当におすすめできますし、何よりドクターべイプモデル2はホルムアルデヒドやアセトアルデヒドといった有害性物質が含まれていないことまで分かっているんです!

そんなドクターベイプモデル2のお得なスターターキットが、今だけ定価の3,900円引きで購入出来るキャンペーン開催中!数量・期間限定のお得な機会に、是非お得に購入してみて下さい。

ドクターベイプは害だらけなのか

ドクターベイプは害だらけで危険?電子タバコの有害性や健康被害について

2021年7月12日

ドクターベイプとプルームテックを徹底比較!

タバコ 比較

今度は、ドクターベイプとプルームテックの比較情報を紹介します!

それぞれサイズ感も似て異なるので、使用感はどちらも遜色ないと思いますが、実際に吸ってみた感想や維持費なども比較してみたので、改めてそれぞれの違いをご覧ください。

販売価格や維持費の違いは?

【ドクターベイプ】

【本体販売価格】
・スターターキット:7,992円(税込み)

【カートリッジ販売価格】
2,592円(税込み)※3本入り

【維持費】
初期費用としては7,992円のみとなります。この金額の中にカートリッジも3本含まれていますので、無くなり次第、追加でカートリッジを購入する流れとなりますので、維持費の目安は都度2,500円程度です。

【ドクターベイプ モデル2】

【本体販売価格】
・スターターキット:8,000円(税別)

【カートリッジ販売価格】
1,500円(税込み)※2本入り

【維持費】
初期費用としては8,000円のみとなります。従来のデバイスと同じく、この金額にカートリッジも3本含まれています。維持費の目安は都度1,500円程度です。

【プルームテック】

【本体販売価格】
・プルームテック:3,000円~
・プルームテックプラス:4,980円~
・プルームエス:3,990円~

【たばこスティック販売価格】
・490円~500円(税込み)※

【維持費】
初期費用としては本体のみであれば3,000円程度で購入する事ができ、スティックを同時購入すると4,000円~5,000円程度となります。たばこスティックに関しては通常の紙巻タバコと同じような金額設定なので数量次第でコスパは変わります。

少しわかりにくいですが、初期費用を比較してみるとプルームテックのほうが安いというのが結論です。

また、維持費に関しては実際の吸う量や環境によっても異なるので一概には断言できませんが、総合的にみれば大して違いはないという結果となります。

ちなみにカートリッジとたばこスティックを比較した際には、ドクターベイプのほうが価格が高く感じるかもしれませんが、その分吸える量も多くなっているので、結局のところは五分五分程度です。

吸い心地や味わいの違いは?

吸い心地の比較に関しては、やっぱりニコチンを含んでいるプルームテックに軍配があがりそうです。

ただ、初期のプルームテックに関しては吸った時のキック感に物足りなさを感じるので、ドクターベイプとプルームテックプラスを比較した場合には、プルームテックのほうが吸い心地があるという事。

また、味わいに関してはカートリッジやたばこスティックによって好き嫌いがあると思うので、絶対にこれがイイとは断言できません。

スッキリ感や匂いを重視するのであればドクターベイプ、たばこ感や吸い心地を重視するのであればプルームテックという感じですね。

ドクターベイプのコスパは良い?悪い?紙巻きタバコと比較してみた!

2021年7月12日

DR.VAPEのカートリッジがPloom TECHで使えるって本当?

DR.VAPE Ploom TECH 互換性

少し話は変わりますが、今回の本題でもあるドクターベイプとプルームテックの互換性について少しお話したいと思います。

まず、結論から申しますと、ドクターベイプのカートリッジをプルームテックの本体に装着して吸う事は可能です!(※モデル2は仕様が異なるため互換性なし)

ただし、「煙が出にくい」「本来の味わいと異なる」と言ったデメリットがあるという事、またメンソールの場合には異常にメンソール感が強く出てしまうという情報がありました。

つまり、サイズとしてはジャストフィットしますが、味わいや吸い心地に関しては互換性が足りないので、結局のところ何が言いたいかと申しますと「本体の互換性はあるが味の互換性はない」という事です。

以下の動画では、実際にドクターベイプとプルームテックに互換性があるかどうかのテストを実施していましたので、こちらも参考にしてみると良いでしょう!

ドクターベイプ 使い方

【最新】ドクターベイプの使い方を徹底解説!正しい使用方法とは?

2021年7月12日

【まとめ】ドクターベイプとプルームテックでは使用用途が違う!


この記事の要点まとめ
  • ドクターベイプとプルームテックでは有害性や吸い心地も異なる
  • ドクターベイプとプルームテックでは本体の互換性はあるが物足りなさは否めない
  • 初期費用やランニングコストに大きな違いはないので自分の用途に合うデバイスを選ぶのが得策

こんな感じで、ドクターベイプドクターベイプとプルームテックでは似て異なる部分があったり、加熱式タバコと電子タバコという根本的な違いもあるという事です。

いろんなポイントを比較してみた感じでも、匂いや有害性のリスクを重要視するならドクターベイプがおすすめで、吸い心地やタバコ感を堪能するならプルームテックのほうが適していると言えます。

互換性については、ただ単にサイズが合っているというだけで、それぞれのメーカーも推奨しているわけではありません!

どちらの製品もネット上の曖昧な情報を鵜呑みにせずに、正規の使用方法にてご利用いただく事をおすすめします。

DR.VAPE2

爆売れ中の「DR.VAPE Model2」が今だけ3,900円OFF!


シリーズ累計販売本数650万本突破の大人気電子タバコ『DR.VAPE Model2(ドクターべイプモデル2)』の、お得なスターターキットが期間・数量限定で定価から3,900円OFFで発売中!

「ニコチン・タール・嫌なニオイ」が一切しないのに、紙巻きタバコを思わせる濃厚な吸い応え・強い満足感を味わえるフレーバーは、国内老舗香料メーカーと共同開発!

禁煙したい方にも大人気のドクターベイプモデル2ですが、フレーバー1箱で紙巻きタバコ4箱分も吸える超高コスパ!身体に害が無いので、誰もが知ってる芸能人も愛用しています。

最後にもう一度だけお伝えしますが、これだけの魅力を兼ね備えたドクターベイプモデル2が今だけ定価の3,900円OFFで発売中!在庫残り僅かなので、損をする前にお急ぎ下さい!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

喫煙歴10年以上。ある日突然肺気胸になり1年間禁煙して電子タバコに切り替えるも、結局紙巻タバコに戻る。しばらくマルボロを吸い続け、今は紙巻タバコからアイコスに変更。有害性の少ない電子タバコへの切り替えも考えているので同じ境遇の方のタメになる情報をお届けします!