CBDリキッドの電子タバコは違法?合法?身体に害はないのか調査

公開日:  更新日:
CBD

今、注目を集めるCBDリキッドの電子タバコ。

リラックス効果だけでなく美容にもいいと知り気になっている人も多いのではないでしょうか。

ただ、CBDについて調べてみると大麻草や違法、体への害など、心配になるような言葉が並びますよね。

ここでは、CBDメリットも気になるけれど、使用が心配な方にCBDが合法かどうか、健康被害など徹底的に調査して分かりやすくお伝えいたします。

CBDリキッドの電子タバコは違法?合法?

大麻草を調査する研究者

CBDリキッドの電子タバコは違法かどうか、単刀直入にお答えしますと「合法」です!

日本で売られている商品ですから、基本的に合法製品であることが大前提ですよね。

それでは、なぜこんなにCBDリキッドが違法かどうかが話題になるのか、それはCBDリキッドの成分が大麻草から抽出されているからです!

「え、大麻草は違法じゃないの?」と思われた方により詳細にお伝えいたしましょう。

CBDリキッドは大麻草から作られているが合法成分!

CBDリキッドは、先ほどお伝えした通り大麻草から作られているのですが、「大麻草の中でも使用が許されている部位から抽出される合法成分から作られている」ので違法ではありません!

まず、CBDリキッドのCBDとは、Cannabidiol(カンナビジオール)の略称であり、大麻草由来の物質です。

しかし、この成分は、大麻草の茎や種子から採取する事ができますが、依存性があるような精神作用はなく日本でも合法成分とされています。

CBD(カンナビジオール)は奇跡の成分?

大麻草から抽出されるCBDは、幻覚や記憶障害、中毒性のある精神作用はないと言われており、更に数々の嬉しい効果が報告されています!

まず最も大きな効果として考えられているのはリラックス効果とストレス軽減です。

それに伴い不眠症などを持っていた方であれば快眠効果も得られます。

更に美容効果も得られるとの報告があり、特にアンチエイジングやダイエットと女性には嬉しい効果が盛りだくさんです!

医療業界からも注目されるCBD!

こういった数々の嬉しい効果を得られるなんてまさに「奇跡の成分」であり、医療業界からも注目されているほどなのです!

もしかしたら今後CBDをしようした薬などが開発されてくるかもしれません。

日本では、すでに健康食品などに含まれ始めているようです!

こうした背景からCBDリキッドの電子タバコも人気を博していると言えるでしょう。

もともと喫煙されない人もこれら効果のために始める人もいるほどです!

CBD 電子タバコ 人気ランキング

CBD入り電子タバコの人気ランキングを発表!初心者におすすめは?

最近は、ドンキや様々なお店でCBD製品の取り扱い増えていますね。そこで今回は、CBD入り電子タバコの人気ランキング順にご紹介していきます!最後に、CBD・電子タバコ初心者におすすめな電子タバコもご紹介するので、是非参考にしてください。

大麻草の違法な成分って何?

CBDの違法な成分とは

では、念のために日本で違法とされている大麻草とはどんな成分なのでしょうか。

それはTetrahydrocannabinol(テトラヒドロカンナビノール)、通称THCといい大麻草の花穂や葉から抽出される成分です。

主に幻覚作用や記憶への影響、理解力の低下などの精神作用を来すことで知られており、日本では違法成分として所有しているだけで処罰の対象となります。

THCフリーのCBD製品を選ぼう!

基本的に日本で販売されているCBDリキッドの電子タバコは勿論合法製品です。

ただ、最近では個人輸入などで海外基準の商品を購入してしまうケースも出てきています。

例えばアメリカでは0.3%未満のTHCは合法とされており、微量のTHCが含まれたCBDリキッド電子タバコが販売されています。

個人輸入は危険!

もし、THCが含まれる電子タバコが何らかの理由で手に入った場合、日本では大麻草またはTHCを含む製品を持っている事自体が違法となってしまうので処罰される可能性があります。

0.3%以下のTHCの濃度であれば電子タバコで吸引したとしても精神作用が出ることはありませんが、薬物テストには反応してしまうかもしれません。

そのため、CBDの電子タバコを購入する際にはTHCフリーかどうか成分を確かめたり、個人輸入はしない様にしましょう。

CBD 使い捨て電子タバコ ドンキホーテ

CBD入りの使い捨て電子タバコはドンキホーテで購入できるの?

最近、世界中で注目されているCBDですが、日本でもCBD製品を取り扱っているお店が増えてきました。そこで今回は、CBD入りの使い捨て電子タバコはドンキホーテでも購入する事が出来るのか?どれくらいの種類があるのか?についてご紹介していきます!

CBDリキッドは体に害はないのか?

CBDの身体への健康被害は?

CBDには大麻草の中でも合法成分しか入っていないということは、CBDリキッドの電子タバコは体に害はないのでしょうか。

実は単純にそうとも限らないのです。

これまでにも既にCBDリキッドの使用で副作用や健康被害の報告が出ています

これらの副作用や健康被害の原因は過剰摂取とも言われていますがどうやらそれだけではなさそうです。

CBD自体は合法成分で体に害はないのですが、CBDリキッドとして電子タバコとして吸えるようにするための成分に体に害を及ぼす可能性がある成分が含まれていることがよくあるのです。

CBDリキッド自体には体に害はない!

それではCBDリキッドに含まれる成分に害があるのでしょうか。いいえ、そんなことはありません。

CBDリキッドに含まれる成分は主にプロピレングリコール(PG)、ポリエチレングリコール(PEG)、ベジタブルグリセリン(VG)の3つに集約されます。

これらは私達が日常で良く使用している食品添加物や化粧水やシャンプー、ボディクリームなどにも含まれている成分ですので、基本的には摂取しても体に害はないはずです。

CBDリキッドの電子タバコは害はないのか?

CBDリキッドに含まれるのが食品添加物や日用品に使用されている成分と分かり「じゃぁ、大丈夫ね!」と思ったあなた!安心するのはまだ早いですよ!

CBDリキッドの成分自体には害はありませんが、実は電子タバコで加熱することにより害を生む成分に変わってしまうことがあるのです!

ここにタイトル
  1. ロピレングリコール(PG)とポリエチレングリコール(PEG)を加熱すると…
  2. →ホルムアルデヒドという発がん性物質を生成

  3. 植物性ベジタブルグリセリン(VG)を加熱すると…
  4. →毒性の高いアクロレインに変化、さらにがんやアルツハイマー、動脈硬化の原因となる酸化ストレスを生成。

つまりCBDリキッドを加熱してこれらの成分を吸引すると癌やアルツハイマー、動脈硬化を発症する可能性が高まるということです。

CBDリキッドの電子タバコは違法?合法?身体に害はないのか調査まとめ

この記事の要点まとめ
  • CBDは精神作用もなく日本では合法
  • THCフリーの電子タバコを選ぼう
  • CBDリキッドの電子タバコで副作用や健康被害の報告は出ている
  • 安全性が認められているCBDリキッドでも加熱時には身体に害がでる可能性

いかがでしたでしょうか。

CBDリキッドの電子タバコ自体は合法成分しか含まれておらず、体に害を与えることはないことが分かりました。

大麻草の成分と聞くと抵抗感もあるでしょうが、その点においてはむしろ合法成分でかつ体にいい影響を及ぼしてくれる理想の成分ということが分かりました。

アンチエイジングやダイエットの効果があるなら、始めたいっていう人絶対いますよね?

ただ、ご注意いただきたいのはCBDではなくリキッドの成分のほうでした。

加熱されると発がん性物質や酸化ストレスを生成してくるということが懸念されるので、用法用量をしっかり守ってご利用くださいね。

CBDリキッドの電子タバコ自体は違法ではないので安心してご利用ください!

全記事に適用【マーカー関連】

全記事に適用【目次下に3連divフィールド】

全記事に適用【書き出しBOXdivフィールド】

3連>CBD基本 pc/sp出し分け

カテゴリー CBD
CBD(1-THCO除外,2-HHCO除外,3-HHCP除外)

「+WEED」は高濃度60%のフルスペクトラムCBD!

国内最高峰のCBD濃度60%を実現したフルスペクトラムCBD「+WEED(プラスウィード)」は、ストレス軽減や睡眠改善を感じられる圧倒的なリラックス感で他製品を圧倒!

複数の大麻由来成分を配合するフルスペクトラムCBDはアントラージュ効果(相乗効果)も抜群!高いリラックス効果などの普段は体験できない夢のような時間を堪能できます。

また、本体保証付きなので故障が起きても年4回まで本体の無償交換が受けられます。しかもリキッドは全て日本国内で生産されており、品質の高さと安全性は国内随一です!

他にも送料無料やアトマイザー無料プレゼントなど、プラスウィードにはお得な特典が盛りだくさんです。少しでも気になった方は、今すぐ公式サイトをチェックしてみて下さい!

年齢確認

本サイトはタバコに関する内容を含んでいます。
あなたは20歳以上ですか?

  • はい
  • いいえ

Cookieは1年間保存されます。
1度だけご協力頂ければその後は表示されません。