CBDリキッドの1日の摂取量はどのくらい?むせる場合の対処法など

CBDリキッド 摂取量 むせる

↓ 吸い応え抜群!《50%OFF》で購入できるのは当サイトだけです ↓

近年、海外を中心に健康や美容に良いと噂のCBDリキッドを利用する日本人も増えてきました。

ただ、1日にどのくらいの量のCBDリキッドを吸えばいいか分からないという方も多いのではないでしょうか?

そこで本記事ではCBDリキッドの1日の摂取量について解説しつつ、CBDリキッドを吸ったときにむせる場合の対処法まで徹底解説していきます!

記事の冒頭ではCBDの効果や違法性の有無なども解説しているので、まだCBDについてあまり詳しくないという方もぜひ確認してみてください!


\いまさら人には聞けない/
※現時点で「ドクタースティック」という最強のタバコを知らない方は絶対にヤバいです。
上記リンクから話題の新型タバコが今だけ8,000円引き+全額返金保証付き!!

そもそもCBDとは?効果や違法性の有無などを解説

CBD 効果

CBDリキッドの1日の摂取量を解説する前に、そもそもCBDとは何か?ということやCBDの効果、違法性の有無などを解説していきます。

CBDについてまだあまり詳しくないという方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

そもそもCBDとは?

近年、世界中の健康・美容業界で人気のCBDですが、CBDは「カンナビジオール」を略したもので、大麻に含まれる成分の1つとなっています。

大麻と聞くとどうしても違法なものではないか?と疑ってしまいますが、このCBDに関しては日本政府も正式に認めている合法なものとなっており、違法性はありません。

このCBDをVAPEで吸うリキッドと混ぜ合わせたものが、今回ご紹介するとなっており、・美容に良いとされていることから多くの人が利用し始めているものになっています。

CBDにはどのような効果がある?

そんな健康・美容に良いとされるCBDですが、具体的にはどのような効果を期待できるのでしょうか?

現在、CBDの効果として注目・期待されているものが、ダイエット効果・睡眠改善効果・アンチエイジングなどが挙げられています。

また上記の効果以外にも、頭痛や不眠症の改善、アルツハイマーやパーキンソン病の治療にも効果があるとされており、世界保健機関(WHO)も注目している成分になっています。

現状だけでもCBDにはこれだけの効果があることが分かっており、今後さらに注目を浴びていく成分となっていくでしょう。

CBDの違法性について

CBDは「カンナビジオール」という大麻に含まれている成分ではありますが、違法性は一切ない合法の成分となっています。

というのも、日本で大麻が違法とされているのは大麻の花や葉に含まれるテトラヒドロカンナビノール(THC)という成分に、気分を「ハイ」させる効果があるからと言われています。

このCBDは大麻の茎や種子から抽出した成分でありTHCが一切含まれていないので、日本政府も認めている違法性がないものになっています。

CBDリキッドの1日の摂取量はどのくらい?

CBDリキッド 摂取量

ではここから本記事の本題の「CBDリキッドの1日の摂取量」について解説していきます!

結論から言うと、個人差はあるのですがCBDリキッドの1日の摂取量の目安は「1~100mg」と言われています。

さらに詳しく解説していきますね!

CBDリキッドの1日あたりの摂取量は?

CBDリキッドの摂取量には個人差があるのですが、一般的に1日の摂取量の目安は「1~100mg」と言われています。

自分の体質や年齢、体重によっても摂取量は異なるとされており、自分の体に適した摂取量を見つけていくのが最適と言えるでしょう。

使い始めのうちは少量から始めて、徐々に摂取量を増やしていく方法がおすすめです。

摂取量の上限はどのくらい?

一般的に「1~100mg」が摂取量の目安とされているCBDリキッドですが、摂取量の上限は決まっているのでしょうか?

確認されているところによると、CBDには大麻に含まれるTHCのような中毒性がないため、もし大量のCBDリキッドを摂取してしまっても中毒症状が現れることがないようです。

また、例えCBDを1日に1,500mg摂取しても体に害を及ぼさないという調査結果もあるので、基本的にはCBDリキッドの一日の摂取量上限はないと考えて大丈夫でしょう。

ただもちろん1日に大量のCBDリキッドを摂取することで、個人の体質によっては副作用が現れることも考えられるので、そこは注意する必要があると思われます。

たくさんCBDリキッドを摂取しても効果は上がらない

先ほど1日の摂取量に上限はないという話をしましたが、大切なこととしてCBDリキッドをたくさん摂取したからといって効果が上がるわけではないということです。

もちろん個人差はありますが、CBDリキッドは1,500mgの摂取量を境に、それ以降どれだけの量を摂取しても効果が上がらないことが報告されています。

CBDリキッドの効果を高めたいからといって大量に摂取すればいいものでないことは理解しておく必要があるでしょう。

高濃度最強CBDリキッドランキング

【最新】最強CBDリキッドランキング!高濃度のおすすめ15選

2021年5月10日

CBDリキッドを吸ってむせる場合の対処法を解説

CBDリキッド むせる 対処法

では次に、CBDリキッドを吸ってむせる場合の対処法を解説していきます。

CBDリキッドでむせる場合の対処法としては、以下の4つが考えられます。

CBDリキッドを吸ってむせる場合の対処法
  • VAPEの温度設定を調整する
  • 爆煙タイプのVAPEを使わない
  • 煙をふかさずに肺に溜め込むように吸う
  • 違う種類のCBDリキッドを試してみる

VAPEの温度設定を調整する

CBDリキッドを吸ってむせる場合の対処法としては、VAPEの温度設定を調整することが挙げられます。

CBDリキッドの煙はタバコの煙よりも重いことが特徴なので、吸い込んだときに喉にキック感を感じやすくなります。

VAPEの温度設定が高温になっていると、高温の重い煙が喉に直接当たることになるので、当然むせる原因になります。

CBDリキッドを吸ってむせた経験がある方は、VAPEの温度設定を一度変更してみてください!

爆煙タイプのVAPEを使わない

爆煙タイプのVAPEを使わないことも、CBDリキッドを吸ってむせる場合の対処法となります。

CBDリキッドの煙はタバコの煙よりも重いため、たくさんの煙を吸い込んでしまうとむせる原因となってしまいます。

CBDリキッドを使用する際は、煙で遊ぶ爆煙タイプのVAPEではなく通常のVAPEで吸うようにしてください!

煙をふかさずに肺に溜め込むように吸う

CBDリキッドを吸う場合はたくさんの煙を吸うのではなく、しっかりと煙を肺に溜め込むことが重要になります。

たくさんの煙を吸い込むことでむせる原因にもなりますし、CBDリキッドの効果を十分に発揮しなくなると言われています。

コツとしては一度に吸い込む煙の量を少なくして、5秒間ほど煙を肺に溜め込むことです。

これを意識することでむせることが少なくなるだけでなく、CBDリキッドの成分をしっかりと肺から吸収させることができます。

違う種類のCBDリキッドを試してみる

上記の対処法を試してもむせる場合は、違う種類のCBDリキッドを試してみるのもおすすめです。

CBDリキッドの製造産地などによっても、個人の体質に合う合わないがあるらしく、実際に別のブランドのCBDリキッドを試してむせなくなった方もいるそうです。

CBDリキッドは個人の体質によって相性があるので、どうしてもむせてしまう場合は違う種類のCBDリキッドを試してみてください!

CBDリキッドの1日の摂取量とむせる場合の対処法まとめ

この記事の要点まとめ
  • CBDリキッドは健康・美容に効果があり、かつ違法性のない成分でできている
  • CBDリキッドの1日の摂取量は「1~100mg」と言われているが、個人差があるので自分に適した摂取量を見つけることが大切
  • CBDリキッドを吸ってむせる場合の対処法は「VAPEの温度設定を調整」「爆煙タイプのVAPEを使わない」「肺に溜め込むように吸う」「違う種類のCBDリキッドを試す」

というわけで、今回はCBDリキッドの1日の摂取量とむせる場合の対処法などを解説してきました。

CBDリキッドの1日の摂取量は「1~100mg」と言われていますが、個人差があるので自分に適した摂取量を見つけていくことが大切だと思います。

CBDリキッドを吸ってむせる場合は、今回ご紹介した4つの対処法をぜひ試してみてください!

CBDリキッド 摂取量 むせる
CBD

CBD濃度60%の+WEEDスターターキットが今だけ無料で貰える!


純度99%の高品質な日本製CBDリキッド「+WEED(プラスウィード)」は、国内最高CBD濃度の60%を実現!他社と比較にならない心身のリラックス効果・ストレス・睡眠効果を得られます。

そんなプラスウィードですが、CBDを始めとする4種類の成分を抽出した「フルスペクトラムオイル」をリキッドに配合!通常のCBDとは違い、相乗効果で高い効果を得る事が出来ます。

現在、プラスウィードのスターターキットが公式サイトからの購入で無料で手に入るキャンペーンを開催中!しかも本体保証付きで、1年間に4回まで無償交換を受けられます。

他にも、送料無料・CBD用アトマイザーが無料で毎月貰えるなど、豪華特典が目白押し!数量・期間限定の無料で手に入る機会なので、在庫が無くなって損をする前に必ず購入しておきましょう!

ABOUTこの記事をかいた人

「脱紙巻きたばこ!」加熱式タバコのアイコス、グロー、プルームテックが登場したお陰で紙巻たばこをやめる事が出来ましたが、新しい電子タバコやVAPE、最近ではCBDにハマっている管理人です。タバコに関する最新情報をお届けしていきますので、ゆっくりしていってください。