CBDワックスの効果をCBDリキッドやCBDオイルと比較してみた!

↓ 吸い応え抜群!《50%OFF》で購入できるのは当サイトだけです ↓

ロールオンタイプの登場で雑誌に取り上げられたりテレビで紹介されたりと急激な盛り上がりを見せるCBD業界ですが、その中でも最も効果が高いと言われているのが本記事で紹介するCBDワックスという製品です。

今回はそんなCBDワックスの効果が本当に他のものと比べて高いのかどうか、それぞれの最強濃度商品や価格との比較をして検証していきたいと思うのでぜひご参照ください。



CBDワックスはリキッドやオイルと何が違うのか徹底比較

比較イメージ

CBDワックスというのは粘度の高いゲル状のものであったり、シャッターと呼ばれる固形のものだったりと様々なものがありますが、基本的に効果や使用法に関してはどれも同じで、商品ごとに濃度であったり価格であったりは違うもののリキッドのフレーバーのように大きな違いは特にありません。

ただ、他のCBD製品と比べると製品を構成している成分や摂取方法が大きく違うということも特徴の一つで、もしかしたら現在持っているものではCBDワックスを利用できないという可能性もあるので、ここで一度チェックしてみてください。

それぞれのタイプのCBD製品で使われているもの

まずCBDオイルに関してですが、こちらで使われているのは

CBD

植物性オイル

の2つで、商品ごとの大きな違いといえば使われているオイルであったり濃度であったりというくらいであまり大きな差はありません。

ただ、使われているCBD以外にも関連物質のカンナビノイド類やテルペン類が入っているものはフルスペクトラムタイプと呼ばれ、CBDだけの単一タイプより効果は高くなっています。

次にCBDリキッドに関してですが、こちらは

  • CBD
  • PG(プロピレングリコール)
  • VG(ベジタブルグリセリン)
  • 香料

の4つによって生成されており、大きな違いはなんといってもその使われている香料、つまりフレーバーが同じメーカーのものでも全く違うという点で、同じ商品なのに人気のフレーバーは常に売り切れ状態となるほどの違いがあります。

次にワックスに関してですが、これは

  • CBD
  • カンナビノイド類
  • テルペン類
  • 香料
  • ヘンプシードオイル

という感じで、見てもらうとわかる通り基本的にCBDワックスは、他のものとは違う抽出の仕方をされたCBDを含めた関連物質が入っているフルスペクトラムタイプで、商品によってはフレーバー付きのものもあります。

基本的な3種類の摂取方法

オイルの摂取方法は付属のスポイトから舌の上に直接数滴たらして摂取するという経口摂取と呼ばれる方法で、人によっては食べ物にかけたり飲み物に入れたりして摂取している人もいるのでいつでもどこでも気軽に摂取することが可能です。

その反対にリキッドは、まず利用するために電子タバコが必要で、そのデバイスを起動してリキッドを気化させて蒸気を吸うという蒸気接種と呼ばれる摂取方法のため、 周りから見たらただ喫煙しているだけに見えてしまい、基本的に喫煙オッケーの場所で摂取するといった配慮が必要です。

CBDワックスは経口でも蒸気でも皮膚からでも摂取することが可能な万能タイプなのですが、その濃度の高さを生かすのであればCBDワックス専用の電子タバコを利用した蒸気接種の一択になります。

通常のCBDリキッド用の電子タバコデバイスでは、ワックスには対応していないものがほとんどで、無理にCBDワックスを利用しようとすると機器の故障の原因になるため注意が必要です。

実際に一番効果が高いと思われるものは?

CBD製品はリキッドやオイル、ワックスだけでなく美容系だったりロールオンタイプだったりといった皮膚摂取のものなど様々な摂取方法がありますが、実際のところそれぞれが特別な効果を持っているということはなく、どのタイプのCBD製品でもその効果は同じです。

違うと言えば、濃度や摂取方法におる生体利用効率になるのですが、濃度に関しては後ほど紹介するとして摂取方法は蒸気接種が最も効果が高いと言われている方法です。

これは実際の実験結果で明らかになったことで、蒸気接種は経口摂取と比べて4倍もの生体利用効率があることが判明しています。

皮膚摂取に関しては後から出てきたものでまだ比較実験がされていないのかその結果が見つからなかったため、現時点で最も効果が高い摂取方法は蒸気接種となり、つまりはCBDリキッドかワックスということになります。

それぞれの最強濃度製品とそのレビュー

レビューイメージ

ここでは先ほど後で紹介するといったCBDリキッド、オイル、ワックスでは効果が一番あるのはどれかといったところで、濃度に着目して考えていきたいと思います。

もちろん濃度が高い=効果が高いということではないのですが、それでもやはり濃度の高さが効果の感じ方や感じるスピードというものに対して変化を生じさせるようなので、ここでそれぞれの日本で買えるCBD製品の中で最も濃度が高い商品を紹介していきます。

~プレミアムブラック 24%~

日本で買えるCBDオイル製品の中で最も濃度が高かったのがファーマヘンプ社から販売されているプレミアムブラックという商品で、その濃度はなんと驚きの24%という医療用で使われているものと同等レベルの商品です。

20%を超えるCBDオイルはこれだけで、そのお値段も3万8千円とかなりのハイコストとなっており、他のものとは一線を画すCBDオイル界のトップです。

レビューも、

【40代/男性/★★★★☆】
・よく眠れるし肺の炎症が収まった。

【20代/男性/★★★★★】
・ほかの商品とは別格。

【30代/男性/★★★★☆】
・すごいエネルギーを感じた。

というようにかなりの高評価を獲得しており、その値段に見合った効果を実感できている方が多いようなので、今使っているものよりもっと強い効果を感じたいという方はぜひ一度お試しください。

 CANNAPRESSO 10%

CBDリキッド最強はアメリカカリフォルニア州にあるメーカーが作ったこちらの商品で、濃度はリキッド界最強クラスの10%という数字ながらフレーバーも9種類取り揃えているということで多くの人に利用されているリキッドになります。

濃度に関しては同じ10%の濃度の別商品があったのですが、レビューの数がこちらの方が圧倒的に多かったためこちらをCBDリキッド代表としました。

CBDオイルの最高濃度商品に比べると濃度が低いように感じますが、蒸気接種の場合は実際に利用される分が経口摂取の4倍になるという結果を見るとこれでも十分な濃度と言えるでしょう。

レビューに関しても、

【30代/男性/★★★★☆】
・リラックスできて肩こりが取れた。

【50代/男性/★★★★★】
・タバコを吸う本数が半分にまで減った。

【40代/女性/★★★★★】
・寝つきが良くなって目覚めがスッキリした。

とのようなレビューが多く見られ、その濃度の高さ故か多くの人が実際に効果を実感できており目に見えてタバコの本数が減ったり睡眠の質が良くなったという方が多くいたので、電子タバコをお持ちの方はこちらもおすすめです。

~NATUuR CBD SHATTER 99%~

ついに出ました驚きのCBD濃度99%という最強濃度CBD製品がNATUuRというメーカーから販売されているこちらの商品です。

CBDだけでなく関連成分であるテルペン類も含まれているこちらは、ワックス専用の電子タバコで溶かして気化させ摂取することが可能な商品で、オイルなどと混ぜる必要がなくそのまま利用できるという点でCBDオイルやリキッドの原料であるCBDパウダーよりも優秀な商品となっています。

しかもこの商品は柑橘系とレモン系の2種類のフレーバーが販売されており、濃度が高い製品にありがちな独特な香りも抑えられ香りも楽しむことができる商品です。

レビューに関しても、

【30代/女性/★★★★☆】
・香りが良く久しぶりに笑顔を取り戻せた。

【40代/男性/★★★★☆】
・ほっこりして肩こりがよくなった。

【20代/女性/★★★★★】
・睡眠剤無しでも眠れるようになった。

といったように、他の商品や薬を使っても諦めていた人に対してもその効果を発揮し改善しているようで、その効果の高さに関してもやはりCBD商品の中でトップレベルなので、どの製品でも効果を感じられなかったという方はぜひ一度お試しください。

よくある質問~コスパ最強はどれ?~

質問イメージ

ここでは、これまでCBDオイルとリキッド、ワックスを比較してきてわかったコスパが最強な製品は一体どれなのかという質問に対して紹介していきたいと思います。

まずコスパに関してですが、ここでは効果の高さという点でCBDの濃度だったり配合量に注目して、CBD1mg当たりの値段で考えたときにどのタイプの製品が一番コスパがいいのかということを紹介していきます。

先ほど紹介した商品を比較してみると

製品タイプCBD1mgあたりの値段
オイル15.83円
リキッド11円
CBDワックス17.28円

このような結果になり、実際に先ほど紹介した3つの商品の中で最もコスパがいいのは、CBDリキッドのCANNAPRESSOということになりますので、購入の際はこの結果も含めて検討してみてください。

【まとめ】CBDワックスはやはり最強の効果を持つ製品だった!

この記事の要点まとめ
  • 最も効果的な摂取方法は蒸気接種
  • CBD製品の中で最強濃度はCBDワックス
  • 薬や他の製品で諦めかけていた症状もワックスを摂取して改善された

本記事では、CBDオイルやリキッドとワックスを比較したときに最も効果が高いものは何かというテーマで、それぞれの摂取方法であったり最強濃度の商品、レビュー、コスパなどに触れながら検証して紹介しました。

そのような様々な観点から見てもやはりCBDワックスというのが、効果の高さという点では一番優れている商品だということが分かります。

ワックスを利用するための専用の電子タバコが必要ということを除けば、ワックス単体ではそこまでコスト的に高いものではなく、むしろその濃度から考えたらコスパは最強のものなのでこれまでどのCBD製品を使ってもあまり効果を体験できなかったという方は、最後に一度こちらを利用してみてもいいと思います。

CBD

最強CBDリキッド「+WEED」のスターターキットがタダで貰える!

日本製で安心安全のCBDリキッドブランドとして絶大な支持を得ている+WEED(プラスウィード)から、最強効果のCBDフルスペクトラムリキッドが登場!

プラスウィードのCBDリキッドは国内最高濃度の60%を実現しており、これまで市販のCBDリキッドでは効果を実感できなかった人こそ試すべき逸品。超高濃度のCBDリキッドだからこそ満足感も高く、効率よく確実な効果を得られるのはプラスウィードだからこそ!

なんと今なら下記の「公式サイトで購入」のボタンからの購入で、プラスウィードキット(本体)5,000円相当が実質無料で手に入るんです…!

スペシャル特典は期間限定のキャンペーンとなっており、早期終了してしまう可能性もございます。売切れで購入できなくなってしまう前に、公式サイトを今すぐに確認してみてください!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

【監修者】SUPARI管理人

「脱紙巻きたばこ!」加熱式タバコのアイコス、グロー、プルームテックが登場したお陰で紙巻たばこをやめる事が出来ましたが、新しい電子タバコやVAPE、最近ではCBDにハマっている管理人です。タバコに関する最新情報をお届けしていきますので、ゆっくりしていってください。