JUULは空港から機内持ち込み出来る?機内での取り扱い方について

JUUL

↓ JUULの販売店で最短3日到着を実現 ↓

電子タバコのJUULを海外に持っていきたい場合「飛行機はどうしたらいいのか?」という不安がありますよね。

国によってタバコ類の取り締まりは厳しく、持ち込む事すら禁止されている国も少なくありません。

うっかり持ち込んでしまっても海外では通用せず、最悪の事態となる場合もあるので、事前に出来る事や分かる事はしっかり把握しておきましょう。

海外へ行くならJUULは最適!

電子タバコJUULで禁煙

JUULは海外で爆発的ヒットを見せている今最も売れている電子タバコです!

いつでもどこでも楽しめる手軽さが受け、常に持ち歩くマストアイテムとして人気になっています。

国内に持ち込める量が決まっているので、海外にいる間に多くのフレーバーを楽しみましょう!

JUULならゴミの心配も無くメンテナンスする必要も無いので、旅行にはピッタリの電子タバコです。

高濃度のニコチンで紙巻きタバコ同等の吸いごたえを感じられるのに、喉を傷めずにキック感を味わう事ができます。

タールも発生しないので、JUUL1つあればどこでも可能な限り最高の満足感が得られるでしょう。

海外に行く前にBeyondvape Nicで購入すれば最短3日で届くので、旅のお供に準備しておいてはいかがでしょうか?

JUULは海外に持って行ける?

JUULは電子タバコですが、海外へ持っていきたい場合にどうしたら良いのか?

それぞれ国によってルールが異なり、法律も世界では日々変化しているので、しっかりと確認しておく事が大切です。

国によってルールが異なる

電子タバコ自体の取り扱いを医薬品として取り扱う国もあり、販売自体が禁止されている国もあるので、JUULおよびその他デバイスに関しても持ち込みは国によって取扱いが変わってきます。

もしJUULを持って日本からの出国または国間の渡航をする場合は、事前にしっかりと調べておく必要があります。

タバコ全般を禁止している国や持ち込み可能量を厳密に定めている国もあるので、没収や罰金とならないように気を付けましょう。

事前に利用する航空会社に確認

JUULは持ち込む事も持ち帰る事も可能ですが、出国の際は国によってルールが異なり、検査の基準も様々です。

検査の厳しさって同じ空港によっても実は検査官によって大きく変わる場合もあります。

「前は大丈夫だったのに今回はだめだった!」という問題は電子タバコに限らずブランド品や食品などこういった問題があるのです。

日本では考えられない事も海外では大いにあるので、規定ギリギリの量にならないようにしておきましょう。

juul

JUULが故障?吸えない・反応しない・充電出来ない場合の対処法

2019年8月1日

JUULの機内持ち込みについて

JUUL

JUULを機内に持っていく事は可能なのでしょうか?

電子タバコは電子機器なので、取り扱いに関しては非常に厳しい印象がありますね。

海外へ行く時のJUULなどの電子タバコに関する取扱いを見ておきましょう。

JUULは機内持ち込みできる?

電子タバコは機内の持ち込む事が可能か?という事に関して、機内への持ち込みだけであれば可能です。

電子タバコに内臓されているリチウムイオン電池は「爆発の恐れがある物・燃えやすい物」に該当し、危険物という扱いになります。

その為、様々な持ち込みと預け入れのルールがあり、リチウムイオンを使用している携帯型電子機器は、持ち込みが可能です。

JUULの預け入れはできない?

電子タバコに分類されているものはリチウムイオンを使用しているので、ライター同様発火の危険性があります。

機内倉庫は気圧変化が激しいので、気圧により発火する可能性や爆発する可能性があり荷物として預け入れができません。

万が一預けてしまったら航空会社から搭乗前に呼び出しされてしまうんです。

海外へ持っていきたい場合は事前に持ち込みカバンに入れておくようにしましょう。

リキッドはどうしたらいい?

JUULのリキッドについては国際線は100ml以上の容器に入っている液体自体が持ち込みできません。

もし、大きなボトルなどに入っている場合は100ml以内の容器に小分けしておくと良いでしょう。

小分けした容器は透明な袋に入れておくと、全量100ml以上であっても持ち込む事が可能です。

注意点としてリキッドの液漏れに関して非常に厳しく、しっかりと確実に漏れないようにしておく必要があります。

ニコチンリキッドの取り扱いは?

ニコチン入りリキッドは海外に持ち込んだり帰国する場合には、税関に申告をしなければなりません。

また、持ち込める量が1ヵ月以内の使用量を基準に薬事法によって定められているので、以下の項目を確認しておきましょう。

  • ニコチン入りリキッドは120mlまで
  • パスポートの掲示を求められる
  • 同行者に120ml購入させて回収する事も薬事法違反となる

ニコチン入りでなくても止まる?

ニコチンフリーのリキッドの場合でも120mlを越えてしまうと税関で止まる場合があります。

ニコチンが入っているか入っていないか判断できない場合という問題があるんです。

「どういう事?」と思われますが、製品によっては「この商品にはニコチンが含まれることがあります」という表記がされている物があります。

この場合仮にニコチン0mgとパッケージに書かれていても、確実に0mgであるという証明ができない事から止まってしまうんです。

なので、フリーであってもニコチン入りであっても基本的に購入する目的にない場合は、120ml以内に押さえておきましょう。

海外にJUULは持っていくべきアイテム

ニコチン入り電子タバコJUUL

機内への持ち込みでは喫煙する事ができないので、離陸前や着陸後のニコチン摂取にJUULは最適です!!

JUULは高濃度のニコチンリキッドによって、短時間で十分なニコチンを感じる事ができます。

海外への旅行では時間が限られていて、1度加熱したら最後まで辞められないという心配もJUULはありません。

「吸うだけ」で電源がオンになりすぐ喫煙する事ができるので、電池の心配も時間を取られるという事も一切無い優れもの。

海外での喫煙なら間違い無く満足させてくれるので、JUULをBeyondvape Nicで購入すればどこよりも早い最短3日のお届けなので、海外での喫煙をストレスフリーで楽しみましょう!

VAPE

JUULやVAPEの爆発事故は海外で起こってる?爆発理由を調査!

2019年8月7日

機内持ち込みの注意点

JUUL

JUULを機内に持ち込む事は大丈夫なようですが、事前にやっておける事や気を付ける事って何でしょう?

一度離陸してしまえばもうどうにもならないので、大きな損失を被らない為にも確認が必要です。

持ち込めても使用はできない

JUULなどの電子タバコは機内に持ち込むしかありませんが、使用する事はできません。

多くの乗客を乗せている機内での使用は運航の妨げになる可能性が高く、電子機器は気圧でどんな変化が起こるか分からない危険性があります。

火を使わない電子タバコであっても使用はできないので、持ち込むだけになります。

トイレで喫煙を行う乗客は多くの前例がありますが、火災を疑われ緊急着陸などを行った場合、多くの損害賠償を請求される可能性があるのです。

なるべくできる事をやっておく

持ち込み可能なJUULおよび電子タバコは持ち込み前に電源を切って、バッテリーの取り外しが可能な場合は外して別々に持ち込みましょう。

気圧の変化で電子機器が誤作動を起こす可能性があり、上空で何かしらの異変があった場合に発火したり発熱したりする事があるので危険です。

リキッドはしっかりと容量を守り、容量を超えている場合は事前に準備しておくようにしましょう。

日本国内への持ち込みは120mlまでとなっているので、確認が必要となります。

最も気を付ける点は?

実はJUULの持ち込み意外で最も気を付けなければならない事があります。

例えば世界的に有名な電子タバコや加熱式タバコであっても全世界で認知されている訳では無いという事です。

JUULなどの電子タバコを普通に所持している国と所持が認められていない国ではその認識は大きく異なります。

もし、税関で「これは何なのか?」と聞かれた場合に、しっかりと回答できるようにしておかなければならないのです。

きちんと説明できない場合は、取り調べなどで長時間拘束される可能性もあるので、英語を書いた紙など用意しておきましょう。

仮に日本でもあまり見かけないような異国の人が、見た事も無い機器を吸引していたら確かに警戒してしまいますからね。

JUULのメリット・デメリットとは

JUULのメリットとデメリットを完全解説!JUULに欠点は無し?

2019年8月20日

JUULの機内持ち込みは可能?空港や飛行機での取り扱いまとめ

電子タバコJUULで禁煙

JUULは従来のニコチンリキッドよりもニコチンを強く感じられ、タバコに近い吸い心地を楽しめる電子タバコです!

機内持ち込みが可能なので、喫煙可能な国であれば絶対他社よりもJUULが便利なのでおすすめ。

早速Beyondvape Nicから購入して最短3日で届くJUULを持って、ライフプランの1つに加えましょう!

この記事の要点まとめ
  • JUULの機内持ち込みは可能!
  • 電子機器は荷物の預け入れができない
  • リキッドは100ml以内にしておく
  • 機内で電源はオフにしてバッテリーも外しておく事
  • 国での電子タバコの法律などを事前にチェックしておく事が大切

JUULの機内持ち込みはできるのか、空港などでの電子タバコの取り扱いについてご紹介しました。

電子タバコは日本では気軽に携帯できますが、国が違えば大きく異なります。

ちょっとした事ですが大きな問題になるので、日本から離れる場合は前もって準備しておくようにしましょう。

海外への持ち込みについて不安がある場合は、航空会社に問い合わせて確認する事をおすすめします。

JUUL

国内で大流行中の「DR.VAPE」が今一番おすすめ!

発売開始から1年足らずで累計販売本数100万本を突破したDR.VAPE(ドクターベイプ)は、日本国内で今最も勢いのある最先端の電子タバコです!

ドクターベイプを永久保証付きで超お得に手に入れるのであれば、公式オンラインショップの「プレミアムプラン」を利用するのが断然おすすめ!今なら下の「公式サイトで購入」ボタンから通常価格8,500円のスターターキットと交換カートリッジが3,500円(税抜)で購入可能なんです!

5,000円も安く購入できるのは公式サイトだけ!Amazonや楽天など、他の販売店では絶対に真似できない価格を実現しているのは公式サイトだからこそです。さらに送料も無料なので、この機会に利用しないと絶対に勿体ないですw

ドクターベイプは吸い応えや満足感も非常に強く、コストパフォーマンスも抜群!禁煙にも節約にもなるドクターベイプを今すぐゲットするのであれば、公式サイトを要チェックです!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

NISHI

紙巻きタバコからiqosやgloなど、色々なフレーバーを楽しむ事が好きです!特に刺激の強いメンソール系が好きで吸っていますが、基本的に珍しい物は何でも吸いたいです。最近はベリー系ばかり吸っていますが、gloは現在模索中。のんびりマイペースだとよく言われます。