JUULは害だらけで危険?ニコチンソルトの有害性や危険性を徹底調査

JUULニコチンソルトの健康被害

↓ 吸い応え抜群!《50%OFF》で購入できるのは当サイトだけです ↓

日本でもジワジワと人気を伸ばしているニコチン入り電子タバコ「JUUL」

JUULにはニコチンソルトという成分がカートリッジ内のリキッドに含まれており、本来のニコチン葉に最も近いニコチン成分を摂取できるよう改良された紙巻きタバコと同じニコチン感・キック感を得ることができる電子タバコです。

本来は禁煙補助器具として販売されたJUULですが、リキッドに含まれるニコチンソルトという成分が実は人体に健康被害を及ぼす危険性がある有害な成分なのではないかと囁かれています。

今回この記事ではJUULは本当に有害性・危険性がある電子タバコなのか?JUULで考えられる健康被害や、リキッドに含まれているニコチンソルトとその他の成分について詳しくご紹介します!



JUULのリキッドに含まれるニコチンソルトは有害な成分で危険?

電子タバコJUULで禁煙

海外で爆発的な人気を得たニコチン入り電子タバコ「JUUL」ですが、あまりに突然な人気ぶりにあらゆる有害性・危険性が懸念されました。

そのうちの1つに、ニコチンソルトによる悪影響や健康被害が挙げられ、JUULは身体に有害で危険なデバイスなのでは?という声も…。

そんなJUULのカートリッジのリキッドに使用されているニコチンソルトとは一体どのような成分なのでしょうか。

JUULのニコチンソルトはタバコ葉本来に最も近い成分

ニコチンソルトはニコチン成分を塩基させた成分であり、ニコチンと同じように身体に悪影響を及ぼす危険性のあるものです。

ニコチンによる健康被害といえば強い依存性・血管収縮などがあり、ニコチンソルトもニコチンの一種なので当然ながら有害性物質に当てはまります。ニコチンによる健康被害の恐れは紙巻きタバコや加熱式タバコと同じですし、もちろん未成年者のJUULの使用は禁止されています。

JUULに使用されているニコチンソルトは、従来の電子タバコに使用されていたフリーベースニコチンよりも喉への刺激が少なく吸いやすいというメリットがある他、体内への吸収が早いという特徴を持っています。

JUULは少量の吸引でニコチン成分を十分に得ることができるため、加熱式タバコや通常の電子タバコで満足を得られなかった方はもちろんのこと、紙巻きタバコユーザーからも注目を浴びています。

アメリカではJUULによるニコチン中毒者が多発!?

ニコチン中毒による苦しみ

JUULのカートリッジに使用されているニコチンソルトは、吸いやすいというメリットがある一方で、辞め時が分からず吸い過ぎてしまうというデメリットも持ち合わせています。

喉への刺激が少ない分、気軽に吸えてしまい体内吸収が大きいためニコチン中毒の危険性やニコチンによる健康被害が指摘されています。

また、JUULはコンパクトなデバイスということもあり、海外を中心に未成年者の喫煙が多発しているのも問題になっています。

若年層に人気のJUULによる悪影響

JUULは発売前からSNSを中心に宣伝を行い、爆発的なヒットを巻き起こすことで成功を収めたタバコ代替品です。

メモリーカードのようなコンパクトなデバイスであることからポケットに忍ばせやすく、米国の学生に大ウケしました。

その結果、たちまち未成年のJUUL使用が問題になり、ニコチンによる健康被害を訴える未成年者も続出したようです。

また、リキッドにニコチンソルトを使用するとカートリッジの味が劣化しにくいことから、ジュース感覚・デザート感覚で使用する若年層が増え、結果的にニコチン中毒を引き起こす原因になってしましました。

JUULを吸わないと気持ちが不安定になるという。「以前、クーパーは日常的にタバコを吸いたいとは決して思わなかったが、現在では毎日JUULを吸うように強いられていると感じている」と訴状で主張している。

出典 WIRED

このように同様の訴訟が何件もあげられ、JUULによる健康被害や有害性が社会問題にもなりました。

未成年が使用しなければJUULに有害性はない?

未成年者の使用によるニコチン中毒が社会問題になってから、JUULはフレーバー系PODの店頭販売を中止したり、JUUL本体の販売を制限するなどの対策を行いました。

とはいえ、問題となったのは自分を制限することができない未成年者が使用しているからであり、タバコによる健康被害・有害性を理解し、制限する意思がある成人なのであれば、JUULの使用には何の問題もない話です。

元々JUUL自体禁煙目的で作られているデバイスであり、少量の喫煙でもニコチンを十分に摂取できることから禁煙をサポートするための電子タバコであるため、吸い続けるものではありません。

つまり、未成年者がJUULを使用して有害性・危険性が認められたことについては、そもそも未成年者が使用している時点でおかしいということになります。

ニコチンの有害性を理解して禁煙を目指しているならJUULがおすすめ

ニコチン入り電子タバコJUUL

JUULはあくまでタバコ製品です。

JUULのカートリッジに含まれるリキッドにはニコチンソルトが使用されているため、当然ですがニコチンによる有害性や危険性、健康被害の心配はあります。

ただし、JUULでは紙巻きタバコや加熱式タバコから発生する有害性物質のタールや一酸化炭素の発生はありませんので、人体への悪影響は最小限に留められているといえます。

ニコチンによる健康被害を理解し、禁煙のためにJUULを使用する意思があるのなら短時間・短期間でのニコチン摂取が可能なJUULを使用して禁煙を目指すことは難しくありません

禁煙を目的にJUULを使ってみたいと考えている方はおすすめの電子タバコですので、興味のある方は是非使用してみてはいかがでしょうか?

JUULの副流煙に害はあるのか

JUULの副流煙には害がある?子供が副流煙を吸っても問題はない?

2019年8月7日

JUULのリキッドにはニコチン以外にも有害性物質が含まれている?

ニコチン成分

JUULに使用されているニコチンソルトは、扱い方によっては有害性がある危険な成分ですが正しい使い方をすれば嗜好品として使用することができます。

では、JUULのカートリッジに含まれるリキッドには、ニコチンの他にも有害な成分が含まれているのでしょうか?もしもニコチンソルト以外に有害性のある成分が入っていては、禁煙のためとはいえJUULに切り替える意味がありません。

改めてJUULリキッドの成分について調べてみましたので、以下を参考にしてみてください。

JUULPODに含まれている成分
  • プロピレングリコール(PG)
  • グリセリン(VG)
  • ニコチン
  • 安息香酸
  • フレーバー

早速ですが、リキッドに含まれるそれぞれの成分について詳しく見ていきましょう。

JUULのリキッドに含まれる成分「PG・VG」

電子タバコを普段から使う方にとっては身近な成分であるプロピレングリコール(PG)とグリセリン(VG)は、電子タバコから蒸気を発生させるために必要になる透明な液体で、JUULのリキッドにももちろん使用されています。

プロピレングリコールやグリセリンは医療や美容、食品業界でも使用されており、どちらの成分も人の生活にはなくてはならない成分で、数多くの加工食品にも使用されるほど身近な成分です。

基本的には極めて安全性の高い成分だとされており、口に含んでも悪影響や有害性はないとされていますので、過敏になる必要はありません。

プロピレングリコール(PG)の概要

常温であれば無色透明無味無臭の油上の液体。

低用量であれば、生物への毒性が低い。

保湿剤や乳液、また、防湿性や防カビ性があることから、麺やおにぎりなどの品質改善剤としても使用される。

注射や内服薬・外用薬など溶解補助剤としても調剤で使用されている。

グリセリン(VG)の概要

無色透明でねっとりとした液体、水に溶けやすい性質を持ち甘味がある

人体に影響はない。

甘味や増粘安定剤として食品に使用されるほか、保湿剤や円滑剤として医療用に用いられることが多い。

JUULのリキッドに含まれる成分「ニコチン」

ニコチンは、言わずもがな有害性物質です。ただし、多量に摂取しなければ嗜好品としても活用できる成分です。

日本では、ニコチンリキッドは薬事法により売買を禁止している成分ですが、海外からの個人輸入通販を利用することで購入可能です。

なお、ニコチンには強い依存性や、血管を収縮させる働きがあるため、心筋梗塞や脳卒中といった健康被害を招く危険性があります。

ニコチンは定量であれば興奮剤として、また量を増やすと鎮静剤として用いられる成分でもありますが、医療用として用いる場合医療機関の専門家の元で行う必要のある成分です。

ニコチンの概要

通常は透明で参加することで茶色く変色する。

医療用としてうつ病やアルツハイマー病などの治療で用いられることもあるが
基本的には人体に有害性のある成分とされている。

日本では薬事法により制限されている成分。

JUULのリキッドに含まれる成分「安息香酸」

あまり聞いたことのない成分ですが、ニコチンと合わせることでニコチンソルトになる成分です。

ニコチンソルトは、フリーベースのニコチンと安息香酸を混合することで製造され、安息香酸を使用することによって弱アルカリ性になり喉への負担を軽減する他、化学反応により人体に早く吸収させることができるようになります。

人体に取り込まれると肝臓で代謝され、尿として排泄されるため人体に大きな悪影響はなく、日本国内でもマーガリンや清涼飲料水・シロップなどに使用されていますので有害性は少ない成分と言えます。

安息香酸の概要

清涼飲料水へ抗菌・静菌作用のある保存料と使用され、旧厚生省は安息香酸を天然に存在しない添加物として分類されている。

人体に入っても排泄される成分

ニコチンと混合することでニコチンソルトができる

JUULのリキッドに含まれる成分「香料」

最後に、JUULのリキッドには香料が入っていますが、香料の役割はフレーバーや味を付けるための成分です。JUULのリキッドには、天然及び人工フレーバーから生成されており、有害性や危険性はほぼないと考えていいでしょう。

ただし、電子タバコ市場がそもそも大きくなり始めたのが最近であり、常飲することでどのような有害性があるのかわかっていないのが現状です。

もしかしたら、十数年後に人体への健康被害が認められる可能性もあるかもしれませんので、決して油断はできない成分ですが現段階では比較的安全な成分と考えて良いでしょう。

JUULのリキッドに含まれている有害性物質はニコチンのみ

電子タバコJUULで禁煙

JUULのリキッドに入っている成分の中で、健康被害の恐れがある有害性物質として認められているのはニコチンのみということが分かりました。

このように細かく成分を調べてみると面白いですね。

ニコチンは用法・用量さえ守れば、紙巻きタバコや加熱式タバコに含まれる発がん作用のあるタールと比べても人体への悪影響が少ないものなので、JUULの危険性や有害性、健康被害の恐れは少ないと考えられます。

JUULの安全性まとめ

JUULに安全性はあるのか?カートリッジの成分について迫ってみた

2019年9月18日

JUULのニコチンソルトは有害?健康被害や危険性・悪影響まとめ

JUULのカートリッジに使われるリキッドにはニコチンソルトが含まれているため、ニコチンによる有害性や健康被害の危険性が全くないとは言い切れません。

ですがが、JUULは紙巻きタバコや加熱式タバコといったタバコ製品の中では最も有害性が少ない電子タバコと言っても過言ではありません。

この記事の要点まとめ
  • ニコチンソルトにはニコチン同様の有害性・危険性はある
  • 使い方を間違えなければ禁煙目的のデバイスとして使える
  • JUULのリキッドにはニコチン以外の有害性物質は入っていない

ニコチンソルトが高い吸収力を持っていることや、ニコチン成分による有害性をしっかりと理解していれば、JUULは嗜好品として使用する限りでは大きな健康被害は考えにくいです。

紙巻きタバコによる健康被害が気になる、加熱式タバコの匂いや味が苦手…という方は一度、JUULをぜひ試してみて下さい。

禁煙の第一歩はJUULから!徐々に低用量のニコチンに変えていくことで禁煙を目指すことだって可能です!

JUULニコチンソルトの健康被害
JUUL

乗り換えやサブで持つなら絶対に「JUUL」がおすすめ


JUUL

アメリカで電子タバコのシェア7割超えの最新トレンド「JUUL」は火を一切使用しないのでタールが発生せず、気になる健康被害の影響は全くありません。

「有害物質は一切無し」「フレーバー100種類以上」「加熱式タバコ特有の嫌な臭いが全くしない」「メンテナンス一切不要」「壊れにくい」等、加熱式タバコや紙巻きタバコよりもJUULを圧倒的におすすめする理由はまだまだたくさんあります。

煙の量と強いニコチン感、煙草と全く同じ吸いごたえを得られる「JUUL」は加熱式タバコや紙巻きタバコを吸っているユーザーの不満を全て解消してくれる夢のようなデバイスです。

下記の公式サイトから通販で誰でも簡単に購入する事ができるので、ほんの少しでも今吸っているタバコから乗り換えたいと感じた事があるなら要チェックですよ!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

赤マルから入り、ウィンストンやらなんやらをさまよった結果なぜか「わかば」に落ち着いた。ボックスによって味が違うのが好みらしい。ニコチンよりタール派。リトルシガーになったがまぁまぁ美味いと思う。いつか禁煙する予定。