妊娠初期や妊娠中の受動喫煙(副流煙)の影響は大きい?

妊娠中の受動喫煙と副流煙の影響

↓ JUULの販売店で最短3日到着を実現 ↓

JUUL販売店最短3日

タバコを吸っていなくても、タバコの煙を吸うことで多大な健康被害を及ぼす「受動喫煙」が今大きな問題になっていますよね?

喫煙者本人はもちろんですが、喫煙者の副流煙を吸うことで妊婦やお腹の中の赤ちゃんにも影響があることは皆さまもご存知のはず。

では、具体的に、妊娠初期や妊娠中の受動喫煙にはどんな危険が潜んでいるのか、詳しく解説していきます。



まずはおさらい!受動喫煙、副流煙とは?

受動喫煙と副流煙について

おそらく誰もが耳にしたことのある「受動喫煙」「副流煙」に関してですが、どんな危険性があるのか、どんな悪影響を引き起こしてしまうのか正しく理解している方は少ないのではないでしょうか?

ここでは、受動喫煙と副流煙について詳しく解説していきます。知らなかったでは済まされない問題ですので、今後のためにもしっかりと学んでいきましょう。

意外と知らない副流煙と受動喫煙について

タバコの煙には2種類あり、喫煙者が直接吸い込む煙を「主流煙」といい、タバコの火が付いた先から立ち上る煙を「副流煙」といいます。

フィルターを通していない「副流煙」は、喫煙者が吸っている「主流煙」よりも高濃度の有毒物質が含まれています。

非喫煙者でも、周りに喫煙者がいると「副流煙」を吸ってしまうこととなり、これを「受動喫煙」と呼んでいます。タバコを吸わない人でも、知らず知らずのうちに喫煙していることになるのです。

副流煙の受動喫煙で起こる影響とは?

受動喫煙の被害で、年間約1万5千人が亡くなっているというデータもあり、副流煙の恐ろしさが垣間見えます。それだけ、受動喫煙が人々に与える影響は大きいです。

また、家庭や会社で受動喫煙にさらされていると、肺がんや心筋梗塞、狭心症、脳卒中、乳がんや喘息などの健康被害を引き起こします。

さらに妊婦への影響として、受動喫煙だけでも早産や低出生体重児のリスクが高まるといわれています。

場面別!副流煙でどんな影響を及ぼす?

副流煙のとは

受動喫煙と副流煙の影響と危険性について学んだところで、副流煙で妊婦やおなかの赤ちゃん、子どもにどんな影響をもたらしてしまうのでしょうか?

この先では場面別に、副流煙を吸ってしまうことで起こる健康被害についてを紹介していきます。

妊娠中に副流煙を吸うと…

妊娠初期に限らず、妊娠中の喫煙および受動喫煙は、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素が影響してお腹にいる赤ちゃんに様々な悪影響を与えます。

ニコチンには毒性があり、これから生まれてくる赤ちゃんの知的能力やADHD(注意欠陥多動性障害)などの発達障害を引き起こす可能性があるとの報告があります。

また、ニコチンには血管収縮の作用があるため、子宮や胎盤の血液量が減少。さらに、一酸化炭素は血液中のヘモグロビンと結合しやすいことから、酸素を運ぶ力が低下します。

これらにより、お腹の赤ちゃんが酸欠状態に陥ったり、胎盤の機能低下につながるため、流産や早産の危険が高まることや赤ちゃんの発達障害の原因になるといわれています。

出産後に副流煙を吸うと…

出産後の喫煙はもちろん、副流煙もお母さんや赤ちゃんに大きな影響を与えます。

母乳は血液から作られており、受動喫煙や喫煙をすることでニコチンが母乳に移行するため、赤ちゃんが「ニコチン中毒」の症状(下痢や嘔吐、不眠など)を引き起こします。

妊娠中に禁煙していた妊婦が、育児中に再喫煙してしまうこともよくあります。しかし、赤ちゃんを危険な目に合わせないためにも禁煙は続けたいところです。

子どもが副流煙を吸うと…

子どもが受動喫煙してしまうと、喘息や気管支炎、中耳炎などの病気にかかる確率が高まります。さらに、風邪を引きやすく治りにくくなるともされています。

また、SIDS(乳幼児突然死症候群)の要因の1つでもあり、妊娠中から両親がタバコを吸っている場合は約5倍の死亡率であることが知られています。

妊娠中に受動喫煙しないようにするには?

妊娠中の受動喫煙について

ここでは、妊娠初期や妊娠中に受動喫煙しないようにするために気を付けたいことや、受動喫煙に関するQ&Aをまとめてみました。

妊娠初期や妊娠中の副流煙の影響はとても大きく、非常に危険です。妊婦さん本人だけでなく、ご家族や周囲の人々も知っておくべき問題ですので、しっかりとした認識が必要です。

妊娠発覚!妊娠超初期の喫煙や副流煙の影響は?

妊娠が発覚し、妊娠超初期の段階では喫煙をしていた妊婦さんも多いかもしれませんね。また、ご家族も妊娠が発覚するまで喫煙していたとなると、副流煙の心配もあるかと思います。

基本的に、妊娠が発覚したら妊娠超初期~妊娠初期のうちに禁煙をしなければなりません。やはり、お腹の中の赤ちゃんに悪影響を及ぼしてしまう危険が伴います。

もちろん受動喫煙でも同様ですので、できるだけ副流煙を避けるために周囲の配慮が必要です。

妊娠初期の副流煙こそ気をつけるべき!

妊娠初期では、お腹の赤ちゃんの大切な器官が作られる時期であるため、副流煙の影響を受けやすいといわれています。

妊婦さん本人がタバコを吸っていなくとも、受動喫煙することが多いと赤ちゃんが影響を受けるリスクが高まり、早産や流産などの深刻な問題も浮き上がってきます。

妊娠初期は特に、副流煙や受動喫煙に関して神経質になりすぎるくらいでちょうど良いかもしれませんね。

気を付けていれば問題ない?受動喫煙に関するQ&A

換気扇の下でタバコを吸えば副流煙の心配はない?

換気扇ではタバコの有害物質を完全に取り除くことは不可能です。また、家族が換気扇の下で喫煙している家庭の子どもは、非喫煙者の家庭と比べ、約3倍のニコチンが検出されているそうです。


外やベランダでタバコを吸えば平気なのでは?

タバコを吸った後約200秒間は、喫煙者の吐く息にタバコの成分が残っています。

また、ベランダで喫煙したとしても、サッシや窓の隙間からタバコの粒子が室内に入り込んでいることが分かっており、さらに家族がベランダで喫煙している家庭の子どもの尿からも有害物質が検出されているとの報告があります。


人前で吸わなければ大丈夫?

喫煙後に煙が見えなくなっても、タバコの煙にに含まれる有害物質がいろんな所に付着しています。喫煙者の髪や皮膚、衣類、カーテンやソファなど、そこから汚染源となりタバコの有害物質にさらされることで健康に影響が出るとされています。


空気清浄機を利用すれば問題ない?

空気清浄機だけではタバコの粒子状の成分しか除去することができません。有害物質のガス成分は吸収されず、受動喫煙を阻止することはできないといわれています。


妊娠初期や妊娠中の副流煙は危険!受動喫煙の影響まとめ

いかがでしたか?妊娠初期や妊娠中の受動喫煙や副流煙の影響は大きく、危険なことが分かっていただけたかと思います。

妊娠中の受動喫煙についてまとめ
  • タバコの「副流煙」を吸うことで「受動喫煙」してしまい、様々な健康被害を及ぼすことがわかっている
  • 妊娠中に限らず、出産後も副流煙の悪影響は広範囲に及ぶため大変危険である
  • 受動喫煙の影響は広範囲にわたるため、同居家族と協力して禁煙に努めるのが最善策

このように、妊娠中の受動喫煙は非常に危険です。母子の健康を第一に考えて、タバコとの関わり方を今一度考えなければいけません。

また、受動喫煙を避けるには、妊婦さん本人だけでなく周りのサポートが必要不可欠ですので、周囲の人々もしっかりと配慮が必要といえそうです。

妊娠中の受動喫煙と副流煙の影響
DR.VAPE2

激売れ中の「DR.VAPE Model2」を買うなら絶対に今!

シリーズ累計販売数300万本を突破したベストセラー電子タバコDR.VAPE Model2(ドクターべイプモデル2)は、新世代タバコの名に相応しい史上最強のデバイスです!

吸い心地・使い勝手・フレーバーの味わい、どれをとっても完璧なドクターべイプモデル2のスターターキットが、今だけなんと下の「公式サイトで購入」ボタンから3,600円OFFで手に入れることができるんです!
たった5,000円という破格の値段でゲットできる大チャンスは滅多にありませんので、見逃しは絶対に厳禁です…!

ドクターべイプモデル2の強い吸い応えは喫煙者も絶対に満足すること間違いなし!非常に完成度の高いドクターべイプモデル2は売り切れ間近となっているので、在庫僅少になってしまう前に公式サイトを要チェックです!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

【監修者】KITA

主に加熱式タバコと電子タバコを吸っていますが、たまに紙巻きに戻る人。ニコチンとメンソールがないと生きられません。好きなタバコはガラム。タバコが好きな方・禁煙したいと考えている方、両者にとってタメになる情報を発信していきます!