加熱式タバコの互換機によってはタールが発生する可能性もあるの?

加熱式タバコの互換機

↓ JUULの販売店で最短3日到着を実現 ↓

加熱式タバコを愛用している人は、禁煙に向けてのステップとして捉えている人も多いです。

そんな中、アイコスの互換機によってタールの発生量を抑えることができるツールが売られているのをご存知でしょうか?

以前から気になっていた人もいると思いますし、加熱式タバコの互換機はいろいろと気になる事だらけなので、この記事では加熱式タバコの互換機について紹介したいと思います。

加熱式タバコの互換機とは?

互換機とは

そもそも加熱式タバコの互換機とは、その名の通り互換性がある機器のことです。

以下で、加熱式タバコの互換機とはなんなのかについて詳しく見ていきましょう。

加熱式タバコは専用のスティックを使わなければ吸えない

アイコスを例にすると、アイコスのスティックをアイコス以外の加熱式タバコ機器で吸うことができるツールが売られています。

電子タバコに馴染みがない人にとっては、「え?どの加熱式タバコも共通で使えるんじゃないの?」という疑問を持たれるかもしれません。

しかし、一口に加熱式タバコと言っても、本体の形状や加熱する温度の違いなどによって、それぞれ専用のスティックを買わなくてはいけないのです。

アイコスとグローで共通のスティックが使えないことはもちろん、同じプルームテックでも、プルームテックプラスとエスではスティックの形状が違って互換性がありません

一方で加熱式タバコの互換機の中には、アイコスのスティックも吸えて、プルームテックのスティックも吸えるという互換機が発売されています。

したがって、「いろんな種類を楽しみたい!」という人には、正規品ではない互換機をあえて使用している人も多いのが現状です。

互換機によってアイコスよりタールの発生を抑えることができるのか?

タールの発生をおさえられるのか

互換機によって、タールの発生を調整できることは事実です。

なぜなら、タールの発生はタバコの葉を加熱する温度によって調整することができるからです。

タールの発生を抑える詳しい仕組み

もともと加熱式タバコは、紙巻きタバコに火をつけて燃焼させる温度よりもかなり低温で加熱することで、タールの発生率を下げています。

そのため、吸ってもほとんど煙が出ず、ニオイの原因となる物質もタールに含まれているので、独特のタバコ臭を感じることもないわけです。

また、タールの発生量は、加熱温度が低いほど少なくなります。

そのため、互換機の中で加熱する際の温度設定がより低いものがあるので、そのような互換機を選ぶとよりタールの発生量を抑えることができるというわけなんです。

とはいえ、アイコスのスティックを吸っている以上、タバコの葉が元になっていることには変わりなく、当然ニコチンの影響は避けられません。

したがって、健康上の理由で互換機を使うことを考えている人は、他にも別の方法があります。

詳しくは次の章を参照してみましょう!

加熱式タバコのニコチンを気にする人の救世主!ニコレスについて

ニコレスについて

アイコスの互換機でタールの発生量を抑えることができても、スティックそのもののニコチンが気になる人には、アイコスと互換性のあるスティックのニコレスがおすすめです。

ここで話がこんがらがらないように補足説明をすると、加熱式タバコにはスティックを共通して使用することができる「」と、加熱式タバコの機器はそのままで挿し込むことができる「互換性スティック」があります。

つまりニコレスは、アイコスの機器で吸うことができるニコチンを含んでいないスティックとして販売されているというわけなんです。

2019年3月から発売されたまだ新しいスティックで、現在は限られた場所でしか販売されていませんが、順次全国のコンビニでも店頭に並ぶ予定になっています。

価格
  • 20本入りで410円

では具体的にスティックとニコレスでどのような違いがあるのか、次の章で比較していきましょう。

ニコレスとアイコスのスティックの違い

ニコレスとアイコスの違い

ニコレスとアイコスの一番大きな違いは、タバコの葉を使用しているかどうか?の違いです。

ずばりニコレスにはタバコの葉が使用されておらず、なんと紅茶の葉を代用して製造されています。

そうなると「ニコチンが全くなし」と言える根拠がわかりますね。

タバコのようで全くタバコではない、これがニコレスという商品です。

ではタバコではないのなら、未成年でも吸っていいのか?となりますが、二十歳未満への販売は許可されていない商品で、その辺はアイコスと同じです。

味や香りの違い

ここで気になるのは、紅茶の葉で喫煙者が本当に満足できるのか?という素朴な疑問で、言ってみれば、紅茶をただ燻して香りを吸い込むだけのような気もしますね。。。

しかし、その辺りはちゃんと喫煙者向けに作られた商品です。

紅茶の葉と言っても、一般的なアールグレイやダージリンのような甘い香りのものではなく、爽やかなメンソールの要素と吸った時の苦味を感じることができる茶葉を厳選して使用しています。

実際にニコレスを吸ったことがある人の感想は「思ったよりもタバコ感」という意見が多いです。

紅茶の葉特有のいがらっぽさも口に残り、アイコス用のスティックよりも紙巻きタバコに近いと感じる人もいるぐらいです。

販売価格の違い

アイコスのスティックとニコレスでは、ニコレスの方が一箱あたりの価格は安いです。

およそ90円の開きがあるので、量をたくさん吸う人にとっては大きな節約にもなるでしょう。

ただし現時点では販売網が限られているので、場合によっては送料を別途かけて取り寄せる必要があるかもしれません。

余談ですがニコレスはタバコの葉を使用していないので、当然たばこ税は課せられることがありません。

そのぶん安く手に入れることができるのですが、今後ニコレスと同等の商品で、もっと安い価格の互換性のあるスティックが増えていくかもしれませんね。

健康上の違い

最後に紹介するのは健康上の違いですが、当然ニコチンを一切含んでいないニコレスの方が、健康被害は少なくなります。

なんてったって紅茶の葉ですからね…。

ご存知の通りニコチンが体に与える影響は、決して褒められたものではありません。

発がん性のリスクが高まることはもちろん、脳卒中や脳梗塞などにも影響する物質です。

このニコチンの影響を全く心配しないで吸うことができるだけでも、アイコスからニコレスに変える意義はあります。

しかもこれまで通りアイコスの機器を使って吸えること、茶葉の風味自体が紙巻きタバコに寄せられていることなどを考慮すると、心理的にも負担なく禁煙に向けてステップアップすることができるでしょう。

互換機やニコレスに頼ることへの注意点

注意点

最後にタールやニコチンの影響を気にして、互換性のある商品に変える際の注意点について触れておきます。

まず互換機によっては、あえて高温で加熱する仕様になっているものもあり、かえってタールの発生量を増やしてしまうものがあるので注意が必要です。

またニコレスの茶葉には、また吸いたくなるような中毒性が一定以上認められています。

ニコレスを吸い続けることの身体への影響もまだ実証されてはおらず、ニコチンじゃないから身体には一切健康被害がない!とは言い切れないことをご了承ください。

アイコスのニコチン量とタール量

各アイコスフレーバーのニコチン量とタール量の含有率はどれくらい?

2019年8月31日

互換機の使用と加熱式タバコのタールの発生まとめ

この記事の要点まとめ
  • 互換機によってはアイコスよりも低温で加熱させることで、タールの発生量を抑えることができるものがある
  • アイコスと互換性のあるスティック「ニコレス」は、タバコの葉を使用していないのでニコチンの影響を全く気にすることがない
  • 互換性のある商品によって身体へのニコチンの影響は抑えることはできるが、まったくの健康上の不安がゼロという意味ではないので注意

加熱式タバコの互換機によって、タールやニコチンの影響を抑えることができるか?についてまとめてきました。

ポイントは上記の3つです。

また、互換性のある商品そのものがアイコスの正規品ではないため、そのことが原因による故障には対応してくれませんので、あくまでも自己責任での使用をお願いします。

加熱式タバコの互換機

すぐ壊れるアイコスを乗り換えるなら絶対に「JUUL」

「JUUL」はアイコスとは違って気になる健康被害の影響は全く無く、アイコスより圧倒的に壊れにくいデバイスです。

アイコスの欠点として「すぐ壊れる」「独特なポップコーン臭」「クリーニングが面倒」「トラブルが多い」「寒さに弱い」等、挙げたらキリがないですが、アイコスユーザーは多くの不満を抱えているのは事実です。

煙の量と強いニコチン感、煙草と全く同じ吸いごたえを得られる「JUUL」はアイコスユーザーの不満を全て解消してくれる夢のようなデバイスです。

下記の公式サイトから通販で誰でも簡単に購入する事ができるので、ほんの少しでもアイコスから乗り換えたいと感じた事があるなら要チェックですよ!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

セブンスターを4年吸った後、友人の影響を受けラークのミントスプラッシュを吸ってみることに。意外と美味しいなと気づいてから、メンソール人生がスタート。そんな自分も体のことを真剣に考え、加熱式たばこのアイコスに変更。煙草、電子タバコなど幅広い情報を発信します。