JUULとプルームテックを辛口比較!プルームテックに欠点はある?

juulploom

↓ JUULの販売店で最短3日到着を実現 ↓

JUULとプルームテックの各デバイス比較や不満点などをまとめています。

プルームテックは加熱式タバコの「プルームテック」「プルームエス」「プルームテックプラス」がありますが、JUULとの比較でどんな違いがあるのか?

プルームテックユーザーがJUULへ移行してしまっている理由とは一体?

利用者が感じたプルームテックの欠点や悪い点・良い点などをご紹介していきます!

プルームテックユーザーのJUULへの移行が拡大している理由

プルームテックからJUULへの移行者が拡大している事について、まずはプルームテックの問題点を一緒に見ていきましょう。

プルームテックの悪い点

プルームテックの吸いごたえは非常に軽く「空気を吸っているみたいで吸った気がしない」という声が非常に目立ちます。

プルームテックは満足感が得られず、かといって吸い過ぎるとコスパが悪く、紙巻きタバコに戻ってしまったという人が多いのです。

また、個体差が激しく未使用のまま故障という報告や、直接何度もデバイスに口を付けなければならない面でも不衛生だと言われています。

プルームテックの悪い点
  • 喉がピリピリして痛くなる・喉を傷めた
  • 吸い心地が軽く「空気を吸っている」感覚で、味も微妙
  • 煙の量が少なく、満足度が低いので紙巻きタバコの代替にならない
  • タバコカプセルの交換に気付きにくく、そのまま利用すると気持ち悪くなってしまう
  • 専用アダプタが無いと充電できず、USBチャージャーが持ち運びに適していない
まだまだあるプルームテックの悪い点を確認する
  • 軽すぎるので返って何回も喫煙してしまい、紙巻きよりコスパが悪い
  • フレーバーが弱く感じにくい・種類も少ない
  • ニコチンを感じにくく満足しにくいのでリバウンドし、前よりも紙巻きの本数が増えた
  • プルームテックは喫煙具というより禁煙サポート喫煙具で、タバコの良さは一切無い
  • 動悸が増えたという報告が少なく無いので使用に不安を感じる

プルームエスの悪い点

プルームエスはフレーバーの種類が少なく、レギュラーとメンソール2つ、唯一のフルーツフレーバーのパープルはお菓子やガムといった表現がピッタリの甘すぎるテイストで、タバコの味わいを感じられる物では無いと言われています。

また、加熱の一口目が非常に高温で煙が少なく、味を楽しむ時間が非常に短いのが欠点です。

プルームシリーズは喉を傷めるという意見も非常に多く、プルームエスが最も喉へのダメージが大きいと言われているので、これでは利用する意味がありません。

プルームエスの悪い点
  • 加熱待ち時間が長く、半分まで吸わないと吸いごたえを感じない
  • 気軽に購入できないし、専用スティックの種類も少ない
  • 喫煙可能本数も少なく、味ムラがある
  • 吸いごたえの満足感が低いので返ってコスパが悪い
  • バッテリーの容量が小さく、1回のフル充電で1箱吸えない
まだまだあるプルームエスの悪い点を確認する
  • お菓子のような香りのフレーバーで美味しくない
  • とうもろこしのような独特な臭いが嫌
  • 一口目が高温で火傷しそうなくらい熱い
  • 見た目が悪い・本体の材質が滑りやすく持ちにくい
  • 全体的にランプ表示が分かりにくく、バイブも弱いので時間の無い時の使用に向かない

プルームテックプラスの悪い点

吸いごたえが他のプルームシリーズより向上しているものの、見た目が更に太く大きく重量も増えてしまってとてもじゃないけど携帯という感じではありません。

また、定期的なメンテナンスが必要になり、リキッド漏れ・カプセルホルダー・バッテリーやカートリッジカバーの全てを拭き取りお手入れする手間があります。

ただでさえバッテリーが小さく、フル充電で1箱吸えないと言われているのに、手軽や気軽を売りにしている加熱式でこれは致命的です。

プルームテックプラスの悪い点
  • 無駄に重くて大きいのにバッテリー持ちが悪く、1箱持たない
  • マウスピースのデザインがダサい・小型とは言えず人前で吸いづらいデザイン
  • リキッドとカプセルがセットになっているので、フレーバーの交換がしにくい
  • 吸っていると毎回喉が痛くなり、むせてしまう
  • リキッドの量を気にして吸うのはストレスになる
まだまだあるプルームテックプラスの悪い点を確認する
  • 吸いごたえが軽く、フレーバーの種類も少ない
  • メンテナンスで分解する必要があり、面倒臭い
  • 芋のような臭いがする・リキッドが減るにつれて味にムラがでる
  • 息を吹き込むとスイッチが切れない誤作動が起きる
  • 同梱のリキッド液でタバコカプセルが全部吸えないのでコスパが悪い

プルームテックに求められる課題

ニコチン入り電子タバコJUUL

プルームシリーズのユーザーの中で最も騒がれているのが、使えば誰しもが感じる「喉の痛みやピリピリ感」ですが、3シリーズ全ての共通認識であるならば改善されないのでしょうか?

プルームは環境に配慮して、煙の無い社会を目指していると提言していますが、吸いごたえやコスパ、ユーザーが感じる喉の痛みなどを考えれば本当に喫煙者の事を考えているのか?という疑念が浮かんでしまいます。

喫煙者が満足できない吸い心地や利便性にお金を使うのであれば、JUUL移行者が拡大している事も頷けると思いませんか?

利用者がプルームテックに感じた不満とは?

プルームテックは加熱式タバコですが、加熱式ユーザーにはあまり評判が良くありません。

プルームシリーズはどれも欠点が多く、特にプルームシリーズを利用している人は「喉を傷める・喉が痛い」というユーザーの声が多く確認できています。

喫煙者はただでさえ喫煙環境を追いやられ、増税などによる値上げなど、精神的にも経済的にも負担がかかっている昨今ですが、それならばせめて1つくらいは改善して欲しいものです。

フレーバーが人気を集めている現代で、フレーバーの種類に関しても選択肢の少なさに不満を抱えるユーザーも多い結果となっています。

JUULとプルームテックを比較してみた【コスパ・性能・吸い心地】

juulploom

プルームテックとJUULでは全く別の物とも言えますが、その差はどこから利用者の満足へと繋がるのでしょうか?

世界で最も売れている電子タバコJUULとのプルームシリーズの比較をご覧ください。

【比較】JUULとプルームテック

JUULプルームテック
本体価格 5,340円3,000円
専用タバコの価格 1,880円490円
本数 カートリッジ4個/1個当たり紙巻きタバコ1箱分カートリッジ1個/タバコカプセル5個
フレーバーの種類 100種類以上10種類
サイズ (高さ)95mm(幅)15mm(高さ)130mm(幅)9mm
重量 約50g約16g
充電時間 1時間約90分
消耗目安 喫煙量制限無し/2日(電池切れまで)約5カプセル(1箱分)
吸いごたえ ★★★★★★☆☆☆☆
キック感 ★★★★★★☆☆☆☆
ニコチン感 ★★★★★★☆☆☆☆

【比較】JUULとプルームテックプラス

JUULプルームテックプラス
本体価格 5,340円4,980円
専用タバコの価格 1,880円500円
本数 カートリッジ4個/1個当たり紙巻きタバコ1箱分カートリッジ1個/タバコカプセル5個
フレーバーの種類 100種類以上4種類
サイズ (高さ)95mm(幅)15mm(高さ)148mm(幅)15mm
重量 約50g約42g
充電時間 1時間約90分
消耗目安 喫煙量制限無し/2日(電池切れまで)約5カプセル(1箱分)
吸いごたえ ★★★★★★★★☆☆
キック感 ★★★★★★★☆☆☆
ニコチン感 ★★★★★★★☆☆☆

【比較】JUULとプルームエス

JUULプルームエス
本体価格 5,340円7,980円
専用タバコの価格 1,880円480円
本数 カートリッジ4個/1個当たり紙巻きタバコ1箱分20本
フレーバーの種類 100種類以上4種類
サイズ (高さ)95mm(幅)15mm(高さ)95mm(幅)55mm
重量 約50g約95g
充電時間 1時間約90分
消耗目安 喫煙量制限無し/2日(電池切れまで)約10本
吸いごたえ ★★★★★★★★☆☆
キック感 ★★★★★★☆☆☆☆
ニコチン感 ★★★★★★★☆☆☆

【評価】プルームテックにはJUULのような吸いごたえが無い

プルームシリーズはどのデバイスでも多く見られるのが「コスパが悪い」「バッテリーが持たない」「吸い心地が軽い」というものでした。

フレーバーの種類もそれぞれが少なく、紙巻きタバコであるメビウスのイメージとは大きく異なります。

これでは比較の全てにおいてJUULよりも遥かに劣り、利用者がJUULに移行するのも大いに頷けますよね?

特にプルームは喫煙可能量が少なく、無制限のJUULと比較するまでも無く、フレーバーの数や吸いごたえ・満足感もトータルでJUULの方が優れています。

紙巻きタバコからプルームに移行するメリットはほぼ無いに等しく、プルームを続けるのは無意味なのではないでしょうか?

【辛口レビュー】プルームテックを吸ってみた

プルームシリーズを吸ってみた感想としてやはりどれも「吸いごたえ」があまり感じる事ができませんでした。

また、プルーム利用者の中では共通認識である喉の痛みや違和感も確かに感じられ、満足感とは無縁の使用感です。

加熱待ち時間などのサインも分かりづらく、1回の喫煙で時間が必要となり、このもっさり感は非常にストレスを感じます。

JUULならいつでも吸いたいその瞬間に吸う事ができて、たった1パフでも紙巻きタバコと同様の吸いごたえを感じる事ができるので、JUULと比較するまでもありませんでした。

なぜプルームテックからJUULへ移行している?

juul

プルームシリーズを辞めてJUULへ移行する人達の不満とJUULとの比較を見る事で色々見えてきました。

プルームテックを利用していた人達がJUULの利用に至った理由をご紹介します!

【結論】プルームテックとJUULは満足度が桁違い

プルームとJUULではバッテリーの差が大きく、そもそもどのようなサイズであっても1箱分しか持たないのであれば携帯する意味がありません。

コスパも悪く持ち運びには向かない、バッテリーも持たないフレーバーも少ないとなればJUULと全てにおいて正反対という事になります。

これだったらプルームを継続利用する価値が見出せないのも納得で、費用も時間も勿体ないので、禁煙しても同じなのではないでしょうか?

JUULは紙巻きタバコと比較しても吸い心地は全く負けていませんし、50gの軽量小型でフレーバーの数も100種類以上、プルームを辞めてJUULを利用するのはごもっともという印象を持ちました。

JUULの良い点とは?

JUULがプルームシリーズ全てと比較しても優秀な点をご覧ください。

  • フレーバーの種類が100種類以上で、自分の好きなフレーバーも楽しめる
  • 50gの軽量スティックタイプなので、気軽にポケットに入れられる
  • バッテリーが最大2日も持ち、1回の喫煙回数に制限が無い
  • 吸いごたえが紙巻きタバコ同様かそれ以上で、キック感も強く感じられる
  • 短時間でのニコチン摂取が可能・煙の量が多いので、満足感が高い
  • 吸いたい時に吸いたい分だけ吸えるので、加熱式のような無駄吸いが無い
  • 加熱待ち時間が無く、吸うだけの動作がサッとできるので、どの次世代タバコよりコスパが断然良い
  • メンテナンス不要・タールゼロなのでヤニ汚れのや掃除などの手間が無い
  • クセのある臭いが無いので、フレーバーだけの味を楽しめる
  • コンパクト・スタイリッシュでデザイン性が高くどのシーンにもマッチする

プルームテックより優れているJUUL

プルームテックは空気や環境を意識して製造されていますが、喫煙者を満足させられているのでしょうか?

結局は、利用者のレビューからは吸いごたえや性能の低さ、紙巻きタバコに戻ったという声が多く見受けられます。

吸いごたえや吸い心地の安定感を求めている人はプルームシリーズを利用するのであれば、吸わないのと同じという感想を持っているのです。

JUULであれば、メンテナンスも一切不要でタールゼロ・100種類以上のフレーバー・紙巻きタバコ同様の吸いごたえ・コスパの高さなど「タバコ」に求められる全ての要因が叶えられている電子タバコなので、プルームを使うくらいなら絶対にJUULを利用した方が満足感が高いです。

【辛口評価】JUULとプルームテックの比較とレビュー!その欠点とは?

電子タバコJUULで禁煙

JUULとプルームを比較してもその結果は一目瞭然!コスパ良し・性能良し・吸い心地良しのJUULを同じ価格帯で利用する方が断然満足感が桁違いです。

Beyondvape Nicなら最短3日で届き、フレーバーの数も豊富なので、あなたも早速後悔しない満足感を味わってみませんか?

この記事の要点まとめ
  • プルームテックユーザーはJUULへの移行拡大中である
  • プルームシリーズはコスパ・性能・吸い心地全てに不満点がある
  • 吸いごたえを求める喫煙者はプルームのコスパ最悪に
  • 利用者の不満がプルームには多い
  • プルームのフレーバーはお菓子みたい
  • プルームを使うならJUULを選ばない手は無い

JUULと「プルームテック」「プルームテックプラス」「プルームエス」の比較とレビューをご紹介しました。

プルームの利用者の声は他デバイスよりも圧倒的に不満点が多く、コスパや性能・吸い心地全てにおいてJUULが優れています。

健康志向という印象のプルームですが、JUULであれば紙巻きユーザーを満足させるだけで無く、ノンニコチンリキッドで禁煙サポートにもなるので、プルームである必要がありませんよね?

禁煙しても変わらないと言われるプルームを購入してまで利用する理由は見当たらず、しかもコスパが悪いのであれば断然コスパ・性能・吸い心地の評価が高いJUULを使った方が有意義です。

ストレスを溜めて美味しくないフレーバーを利用するのは無意味で、JUULに移行者が拡大しているのも納得の結果と言えます。

juulploom

吸いごたえが全く無いプルームを乗り換えるなら「JUUL」

「JUUL」はプルームテックとは違って気になる健康被害の影響は全く無く、プルームテックより圧倒的に吸いごたえのあるデバイスです。

プルームテックの欠点として「空気を吸っているみたい」「味が微妙」「失くしやすい」「コスパが悪い」「カプセルがよく余る」等、挙げたらキリがないですが、プルームテックユーザーは多くの不満を抱えているのは事実です。

煙の量と強いニコチン感、煙草と全く同じ吸いごたえを得られる「JUUL」はプルームテックユーザーの不満を全て解消してくれる夢のようなデバイスです。

下記の公式サイトから通販で誰でも簡単に購入する事ができるので、ほんの少しでもプルームテックから乗り換えたいと感じた事があるなら要チェックですよ!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です