JUULのメリットとデメリットを完全解説!JUULに欠点は無し?

JUULのメリット・デメリットとは

↓ JUULの販売店で最短3日到着を実現 ↓

今や電子タバコ業界のトップに君臨している『JUUL』は、最先端技術を使用した史上最強の電子タバコとも呼ばれています!

まるでUSBのような小さなデバイスであるにも関わらず、見た目に反してパワフルなのも魅力の1つ。紙巻きタバコに限りなく近い吸い応えと、吸った後の満足感はJUULじゃないと味わえません!

欠点の見当たらないJUULですが、メリットがあればデメリットもあるもの…。今回この記事ではJUULのメリットとデメリットを紹介していきます。

話題沸騰中の電子タバコ『JUUL』とは?

ニコチン入り電子タバコJUUL

今までのタバコ製品の常識を覆し、革命を起こした「JUUL」は世界各国が注目している電子タバコ!欧米では、あまりの人気に「タバコがなくなる?!」ともいわれているんです!

タールや一酸化炭素などの身体に悪い有害物質が発生しないので健康被害が少なく、タバコ特有の嫌なニオイやヤニで周囲に迷惑をかけることもありません。

個人輸入で手に入るJUULは、大手の電子タバコ専門店が展開している「BeyondVape Nic」での購入が便利でおすすめです。

JUUL本体や純正のカートリッジはもちろん、質の高い互換製品やアクセサリーの取り扱いも豊富です!気になる方は是非公式サイトを確認してみてはいかがでしょうか?

JUULのメリットまとめ!

JUULのメリット

まずは早速、JUULのメリットについて詳しく解説していきます。

JUULはどんなタバコ製品にも負けない魅力が沢山あるデバイスなので、JUULの購入を検討している方は必見です!

タールなどの有害物質が一切発生しない

JUULは火を使わない電子タバコなので、発がん作用のあるタールや一酸化炭素をはじめとする有害性物質の発生が一切ありません。そのため、健康被害の少ないタバコ製品だとされています。

煙のように見えるのはリキッドを加熱して発生する水蒸気なので、主流煙や副流煙を気にする心配もなし!タバコ独特のイヤなニオイやヤニがつくこともないんです。

紙巻きタバコのように灰が出ることもありませんし、火事になることもないので安心です。

ニコチン量が多いので喫煙感が強い

JUULは、高濃度のニコチンリキッドが含まれた専用のカートリッジを取り付けて使用する電子タバコ。

含まれるニコチンの量が多いので、紙巻きタバコに匹敵する吸い応えを実現しているんです。ニコチンによるキック感も強いので、吸った後の満足度が高いのも特徴。

ニコチン濃度が高いため、少量でも短時間でもすぐに喫煙感を味わうことができ、従来の電子タバコや加熱式タバコのようにチェーンスモークしてしまったりダラダラ吸いも抑えることができるんです!

面倒なメンテナンスの必要がない

JUULの専用カートリッジは交換式なので、リキッドが無くなったら終了の合図。使い終わったら捨てるだけ!

今までの電子タバコのようにリキッド補充やコイルの交換は必要ありませんし、加熱式タバコのように掃除しなくても良いのも嬉しいですよね?

余計で面倒なメンテナンスは一切不要なので、誰でも手軽に使うことのできるデバイスといえます。

カートリッジの種類が豊富

JUULの専用カートリッジはとにかく種類が豊富です!純正はもちろん、互換製品からも選ぶことができるのが大きな魅力!

フレーバーは多種多彩、定番のタバコ味やメンソール、フルーツ系、コーヒー系、スイーツ系や変わり種など選びたい放題なので、絶対に自分好みの味を見つけることができますよ。

また、フレーバーだけでなく、ニコチンの量を選ぶことだって可能!中にはノンニコチンのカートリッジもあるので、禁煙したい方にとっても嬉しいメリットといえそうです。

コンパクトで使い勝手が良い

JUULはとにかく小さいデバイスなのが特徴!手のひらに収まるサイズなので、持ち運びにも邪魔になることはありません。また、スタイリッシュなデザインなので、老若男女誰が持ってもサマになります!

ボタン操作も必要なく、JUULは吸い込み始めることで自動的に電源がつき、吸うのを止めれば自動的に電源が切れるので使い勝手も抜群!

充電も早く、1時間程度でフル充電になります。それでいてバッテリーも長持ちなので、1日1回程度の充電でも全く問題ないともいわれていますよ。

タールなし?JUULとは?

ニコチン有りタール無しの凄い電子タバコ「JUUL」をご紹介!

2019年8月5日

JUULのデメリットまとめ!

JUULのデメリット

JUULのメリットを紹介したところで、次にJUULのデメリットを紹介していきます!

優れたデバイスといえど、JUULにも欠点といえるところがあるので是非参考にしてみてください。

カートリッジが液漏れする場合がある

JUULのカートリッジにはリキッドが入っているため、場合によっては液漏れしてしまうことがあります。

特に互換カートリッジに見られる現象なようなので、気になる場合は純正のカートリッジを使用することをおすすめします。

また、勢いよく吸うことでコイル焼けしてしまう場合もあるので注意が必要です!

個人輸入で購入しなければならない

JUULはニコチンが含まれたリキッドを使用するので、日本国内では手に入れることができず海外からの個人輸入で購入する必要があります。

紙巻きタバコのようにコンビニやスーパーで買うことはできず、欲しいと思った時にすぐに手に入れることができないのは欠点かもしれませんね。

また、送料もかかることもデメリットといえそうです。

1回の購入量・料金が限られる

JUULは個人輸入という性質上、1回で購入できる量や料金が限られます。なぜなら、薬事法によって個人で使用できる1か月間のニコチンリキッドは原則120ml以内と定められているためです。

基本的にJUULのカートリッジは1ヶ月間で上限15箱まで、個数にすると60個までとなります。さらに、JUUL本体は1回の購入で2デバイスまでと決まっています。

なお、購入金額が16,666円を超えると関税が発生するので、購入金額にも注意する必要があります。

デメリットの少ない電子タバコならJUUL!

電子タバコJUULで禁煙

他のタバコ製品と比較しても圧倒的にデメリットが少ないデバイスは「JUUL」しかないのではないかといっても過言ではない程、JUULは魅力に溢れた電子タバコです。

健康被害が少ないのにも関わらず、効率よくニコチンだけを摂取できるので満足度が高いのが特徴!紙巻きタバコ並みの吸い応えと、ニコチンによるキック感は抜群!

個人輸入で購入できる通販サイト「BeyondVape Nic」は、有名な電子タバコ専門店が運営している日本人向けのJUUL販売店です。

日本円での価格表示なので分かりやすく、送料も全国一律なので安心♪どんな通販サイトよりも発送が早く、信頼度も高いので本当におすすめです!気になる方は公式サイトをチェックしてみてくださいね。

JUULのSNSでの評判は?

SNSでJUULの評判は良い?悪い?JUULの評価まとめ

2019年8月17日

デメリットを解消!JUULに欠点は無し?

JUULの魅力とは

JUULのデメリットを紹介しましたが、他のタバコ製品と比較しても圧倒的にデメリットは少ないといえますよね?

しかも、このデメリットを解決できたら最強だと思いませんか?個人的な意見も含め、JUULの魅力を最大限お伝えしていきます!

JUULの液漏れを防ぐ方法はある?

基本的にJUULは液漏れしにくいデバイスなのですが、扱い方によって液漏れを引き起こしてしまうんです。

例えば、高温になる場所に長時間放置していたり、踏んだり逆さまにしてしまっていると液漏れの原因になります。

また、互換カートリッジで液漏れしてしまった…という報告も良く耳にするので、液漏れしやすいといわれている互換カートリッジは選ばないこと!

本体やカートリッジの取り扱いに十分気をつけさえすれば液漏れは未然に防ぐことができそうですね。

ジュールの液漏れ

JUULの液漏れ事情を暴露!液漏れしない正しい取り扱い方とは

2019年7月22日

個人輸入は誰でも簡単にできる?

「個人輸入」と聞くと、何となく敷居が高い…難しそう…と感じる方も多いのではないでしょうか?

しかし、海外からの個人輸入は意外と簡単なので、通常の通販やネットショッピングと変わらない方法で購入することができるんですよ。

個人的におすすめできる通販サイトは、大手の電子タバコ専門店が運営している「BeyondVape Nic」です!日本語対応で、梱包も丁寧なのが魅力!さらに、入金確認後最短3日で商品が届くので国内通販と変わらない発送の早さなのが嬉しいです♪

月の購入量が限られていても問題ない?

JUULのカートリッジは1ヶ月15箱(60個)までと決められていますが、その数は決して少なくはありません!

なぜなら、JUULは1カートリッジ=紙巻きタバコ1箱分相当。簡単に言うと、紙巻タバコ60箱分です。1日にタバコ2箱以下吸う人であれば十分すぎる量ですよね?

しかもJUULはニコチン濃度が高いので、短時間ですぐに満足感が得られるためダラダラ吸うこともないのが魅力。意外とカートリッジの減りが遅いので、コスパはいいと言えそうです!

JUULの口コミまとめ

電子タバコJUULのリアルな口コミをご紹介!悪い口コミはある?

2019年7月5日

個人輸入で手に入るJUULに欠点はある?メリット・デメリットまとめ

ニコチン入り電子タバコJUUL

いかがでしたか?JUULのメリットとデメリットを紹介してみました!

JUULのメリット・デメリットまとめ
  • JUULはどんなタバコ製品・デバイスよりも圧倒的にメリットが多い
  • JUULのデメリットは液漏れや個人輸入でしか買えないこと
  • JUULに欠点はあるが、使い方・扱い方次第で解決できる!

JUULには本当にメリットの部分が多く、デメリットや欠点が本当に少ない優秀なデバイスです!今までのタバコ製品に満足できていなかった方を納得させるだけの実力を持っているので、絶対に試す価値はありますよ!

もし少しでもJUULが気になるのであれば、誰でも簡単に個人輸入できる通販サイト「BeyondVape Nic」の利用をおすすめします!

国内通販と変わらない方法でJUULを購入することができますし、商品自体も最短3日で手に入るので急いでいる時にも安心です。JUULに乗り換えたい!と考えている方は是非チェックしてみてくださいね。

JUULのメリット・デメリットとは

乗り換えやサブで持つなら絶対に「JUUL」がおすすめ

アメリカで電子タバコのシェア7割超えの最新トレンド「JUUL」は火を一切使用しないのでタールが発生せず、気になる健康被害の影響は全くありません。

「有害物質は一切無し」「フレーバー100種類以上」「加熱式タバコ特有の嫌な臭いが全くしない」「メンテナンス一切不要」「壊れにくい」等、加熱式タバコや紙巻きタバコよりもJUULを圧倒的におすすめする理由はまだまだたくさんあります。

煙の量と強いニコチン感、煙草と全く同じ吸いごたえを得られる「JUUL」は加熱式タバコや紙巻きタバコを吸っているユーザーの不満を全て解消してくれる夢のようなデバイスです。

下記の公式サイトから通販で誰でも簡単に購入する事ができるので、ほんの少しでも今吸っているタバコから乗り換えたいと感じた事があるなら要チェックですよ!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です