JUULを誰でも簡単に個人輸入する方法を分かりやすく解説!

JUULを簡単に個人輸入する方法

↓ JUULの販売店で最短3日到着を実現 ↓

使い勝手の良さや、味の良さ、ニコチン量の多さから海外での注目が高く、米国では電子タバコ市場のシェア数7割を超えるモンスターデバイスJUUL。

日本でも電子タバコが好きな方や、海外トレンドに興味を持っている人を中心にジワジワと話題になり始めています。

そんな電子タバコJUULですが、日本では薬事法の観点から国内での販売・購入をすることができません。

日本でJUULを購入する方法は、個人輸入を行う他ありません。

個人輸入って面倒じゃないの?危険じゃないの?と感じる方に向けて、JUULを簡単に個人輸入する方法についてまとめてみました!

米国シェア7割越えのタバコ代替品JUUL

電子タバコJUULで禁煙

紙巻きタバコの有害性を理解していてそろそろ変えたい、加熱式タバコが受け入れられなかった、禁煙したい。

と考えている方に今おすすめしたいタバコ代替品がJUULです。

ニコチン成分の入ったカートリッジを付け替えることで簡単にニコチン成分のみを吸収することができる電子タバコであるJUULは、使い方が簡単でメンテナンス不要、また紙巻きタバコ喫煙者でも満足のできるニコチン感を保持していることから、今世界中で注目を浴びているタバコ代替品です。

カートリッジによってニコチンの含有量が違うため、少しずつ量を減らすことで禁煙をすることができ、タールや一酸化炭素が発生しないことから有害性の少ないタバコと言われています。

日本国内での購入はできない為、Beyond Vape Nic.等の個人輸入通販サイトで購入することができます。

紙巻きタバコ・加熱式タバコにないメリットが多い

JUULが米国でこれ程までの爆発力を得たのには様々な理由がありますが、何よりもメリットが多い事が理由になっているのではないでしょうか。

JUULにはボタンが無く操作性や使い方が簡単なこと、サイズがコンパクトで持ち運び安い事、カートリッジ式でメンテナンスが不要なこと。など、これだけでも他のデバイスにはないメリットが多いのが魅力的です。

電子タバコのため、不完全燃焼や、加熱によるタールや一酸化炭素の発生が無い健康被害の少ないタバコ代替品としても知られています。

紙巻タバコや加熱式タバコのような独特な臭いも発生しない為、女性にもおすすめ出来る商品です。

唯一のデメリットは日本国内での購入販売の制限

JUULのメリットを上げればキリがありませんが、デメリットを上げるとすれば1つ、大きな問題があります。

それが日本国内での販売制限です。

制限というか、ニコチン入りのカートリッジを使用する場合、日本国内で購入することはできません。

ニコチン入り電子タバコとしてのJUULを購入するならば、個人輸入を行う他ないというのはJUULの大きなデメリットになっていると言えるでしょう。

JUULのメリット・デメリットとは

JUULのメリットとデメリットを完全解説!JUULに欠点は無し?

2019年8月20日

JUULの個人輸入は本当にデメリット?

個人輸入のデメリット

JUULを個人輸入でしか購入できないのはデメリットと言えますが、本当に大きな問題なのでしょうか?

実は個人輸入はネットショッピングを日頃から行っている人からすれば特に通常の通販と変わりなく、簡単に行えるものです。

個人輸入という言葉を聞いて、海外から取り寄せるのは不安だな、危険性がありそうだな。と思っているだけかもしれません!

JUULを個人輸入で購入するためにも一度、個人輸入について知ってみましょう。

そもそも個人輸入っていったい何?

個人輸入とは、簡単に言ってしまえば海外のお店から直接商品を購入する事です。

本来ならば、海外のお店から日本の業者がまとめて仕入れ、それを日本国内で販売しています。
大手の洋服ブランドなんかがそうですね。

しかし、JUULに入っているニコチン成分など、日本国内で販売できず、日本の業者が仕入れることができない商品を海外のお店から直接購入して手に入れることを個人輸入と言います。

個人輸入例えば…
  • 薬事法で規制されている成分の商品(ニコチン・精力剤 等)
  • 海外限定販売のブランドバッグ
  • 海外サイト先行販売の靴
  • 日本で展開されていないブランドの商品

制限や注意点を守ればただの通販と一緒

個人輸入という聞きなれない言葉というだけで、日本人は何となく危ないかもしれない…と考えがちですが、個人輸入は決して難しい事ではありません。

簡単に言ってしまえば配送元が海外にあるだけの通販と何ら変わりません。というか、配送元が海外の時点でそれは個人輸入にあたります。

Amazonで日常的に購入している方はもしかしたら個人輸入を知らず知らずのうちにしていたのかもしれませんね。

個人輸入では税関を通過するためある程度の制限が設けられていますし、やはり日本でのやり取りではない為多少たりとも注意点というものは存在します。

が、購入の大まかな流れは日本国内でのネットショッピングと大差はないです。

JUULの買い方とは

JUULの買い方は個人輸入がおすすめ?国内の店舗から通販は可能?

2019年8月1日

個人輸入で購入する方法は2通り

個人輸入の方法調査

個人輸入は通販感覚で簡単に行うことができますが、ある程度の注意点はあります。

個人輸入として購入する方法2パターンについてご紹介していきます!

個人輸入の方法1:企業と直接やり取り

個人輸入の方法一つ目は、企業から直接商品を購入する方法です。

JUULの公式サイトから直接購入するというやり方です。

例えば、アイコスの公式サイトから商品を注文して行う。
その注文を行った人がアメリカ在住の人であればそれは日本の商品を個人輸入したという形になります。

仲介業者を挟まない為、定価や手数料を加算しない安価な値段で購入できることが多いですが、購入時の最小ロットが大きかったり、個人への販売をしていなかったりと少々面倒ではあります。

個人輸入の方法2:代行業者を仲介しての購入

最近では個人輸入が主流になってきたことで、日本人向けに個人輸入の代行業者としてお手伝いをしてくれるお店も増えてきました。

日本語対応の個人輸入代行サイトという仲介業者を挟むことで英語が全くわからないという方でも気軽に購入することができるようになっています。

代行業者も業者自体が海外にあり、日本人が買いやすいサイトを作ってくれているという形になっています。

購入者:日本 → 代行業者:海外 → 商品発送元:海外

これは個人輸入ではない!日本のお店での購入

代行業者の中には、業者自体が日本にお店を持っていることもありますが、薬事法に関わる金銭の発生が日本国内で起こることになるので、このような形でのJUULPODの購入は行えません。

購入者:日本 → 代行業者:日本 → 商品発送元:海外

個人輸入が可能かどうかの見極めのポイントとしては、お金を払う先・商品が配送される元が海外かどうかです。

商品購入前に個人輸入のサイトの運営会社情報や、利用規約について目を通しておくと安心です。

JUUL

JUULの個人輸入通販サイトを徹底比較してランキングにしてみた

2019年7月31日

JUUL公式サイトから直接購入する方法

JUUL公式サイトから個人輸入

個人輸入を行う方法として一つ目に上げられる公式サイトから直接購入する方法ですが、感覚的には、フィリップモリスジャパンのサイトからアイコスを購入する・JTから直接プルームテックを購入するイメージです。

実際に、米国のJUUL公式サイトに入り購入手続きを進めます。

実際の購入の流れ

  1. JUUL公式サイトへ行き成人ボタンをクリックします。

  2. TOPページにすぐ購入へのリンクボタンが設置されているので、そちらからデバイス・JUULPODどちらかを選択し進みます。

  3. デバイスの色や、PODのニコチン含有量、4個入りor2個入りを選択しプラスボタンを押してカートに追加

  4. 欲しいものが選択出来たらカートへ行き、値段を確認PROCEED TO CHECKOUTから購入を確定します。

  5. ここでサインインや新規登録を行い購入します。

購入方法は、通常のネット販売店と変わりなく簡単ですね。

正し、JUULに限った話ではないですが、企業から直接購入する場合日本への配送対応をしていないお店などもあるのでご注意を。

公式サイトから購入する注意点

公式サイトから購入する場合には、個人輸入に慣れていないと難しいかもしれません。

当たり前ですが、購入までの流れは全て英語ですし、翻訳機を使用しても完璧にはなりません。

また、支払い方法は個人輸入の場合クレジットが主ですが、海外でも使用できるカードかどうかでも話が変わってきます。

持っているカードが海外対応出ない場合、PayPal等のシステムを使用して支払いを行う必要があります。

ドルの金額は日によって違いますし、支払いなどに不安を感じるなら公式サイトから購入するのは避けた方がいいでしょう。

JUUL個人輸入と日本

JUULを「日本で購入」or「海外から個人輸入」どっちがお得?

2019年7月5日

個人輸入代行業者を介して購入する方法

個人輸入代行サイトから購入

個人輸入代行業者と言っても、海外のネットショッピングサイトが日本語で書かれていると言った方が身近でしょうか?

代行業者のサイトを使用すれば、日本でのネットショッピングと何ら変わらぬ方法で簡単に購入できます。

今回はJUULの個人輸入で一押のBeyond Vape Nic.での購入方法をご説明します。

実際の購入の流れ

  1. Beyond Vape Nic.に入り、商品を選んでカートに入れていきます。
  2. 商品を選び終わったらカート内を確認し、購入に進みます。
  3. 商品の金額を確認!コチラのサイトは日本円表記なので悩まず購入できます。
  4. 個人輸入の規約や、注意点に目を通したらアカウントを作りログインして購入。

全てが日本語で表記されているので難しいことは一つもなく、気軽に通販感覚で購入することができるのも個人輸入代行業者を使用するメリットになっていると言えます。

個人輸入代行業者で購入する注意点

個人輸入代行業者や、サイトで購入する場合には基本的にネットショッピングと変わりません。

しかし、お店自体は海外なので、日本のように検品や梱包が丁寧という訳ではありませんし、正規品が届くかわからないという欠点もあります。

事前にそのお店で購入した人の口コミやレビューを見てみたり調査が必要です。

また、配送や商品の納品に時間がかかり、到着まで1ヵ月を要したという事例も少なくありません。

一番のおすすめはbeyond Vape Nic.

ニコチン入り電子タバコJUUL

個人輸入代行サイトで一番おすすめのサイトが今回例に挙げたBeyond Vape Nic.です!

海外発送だからこそのリスクの多い個人輸入ですが、Beyond Vape Nic.であれば、日本人のスタッフも常駐しているため配送状態がとても丁寧で、最短で3日で到着するという驚異のスピード!

また、Beyond自体が海外にも日本にも支社を持っているVAPEショップなので信頼度高く、始めてJUULを個人輸入するならぜひ使ってみてほしい代行業者になっています。

JUULの最安値とは?

JUULを最安値で個人輸入出来るのはBeyondVapeNic?

2019年7月31日

JUULを個人輸入する際に知っておくべき制限

JUULの税関

JUULを購入する方法については上記の通りです。

英語に自信があるなら公式サイトから直接購入
英語に自信がない方は個人輸入代行業者やサイトを活用
して購入してみて下さい。

個人輸入にはデメリットも存在しますが、ネットショッピングにデメリットというものは付き物です。

業者の情報をしっかりと理解すれば防ぐことができ、簡単にJUULを購入できるようになりますので、ぜひ取り寄せてみて下さい!

最後に、JUULを購入する際に覚えておくべきJUUL個人輸入の制限についてご説明します。

制限以上のJUUL購入は税関で止められる

JUULPODのリキッドにはニコチン成分が入っています

この成分は本来日本での取引が不可能な成分であり、個人輸入という方法で購入することで免れることができる裏口のようなものです。

少量なら目をつぶって通らせてあげる。というようなものなのであまりにも制限を超えた購入の仕方をした場合規制がかかります。

制限以上の制限とは?

税関で止められるのはJUULPODだけでなく化粧品やお薬なども対象になっています。

これらの者は個人での利用に限り個人輸入が可能で、他社に販売・譲渡・渡すことが禁止されています。

なので、制限は、個人の趣味嗜好の範囲を超える量の購入にあたります。

自分が使用する量だけの購入であれば、何の問題もありません。

JUUL個人輸入の制限目安

実際に、JUULを購入して制限される目安は

POD型カートリッジ60個まで

ニコチンの含有量は関係ありません、個数です。

大体、1箱に4pod入っているので15箱以内に留めることで税関を免れることができます。

また、JUUL本体も2個までという制限があるので要注意です。

制限の規制はいつまで?

JUULのPODが60個まで制限ないという規制はいつまでなのか、一生のうちに60個だったら流石に少ないですね…。

基本的には1ヵ月以内の購入個数がになります。

配送先や名前などで管理をしているので1ヵ月の制限内での購入個数になっているのですが…単純計算で1日2PODは流石に多すぎて吸いきれません。

金額にも制限・規制がある!

JUULPODが60個以内なら税関で止められることはない!
という認識は残念ながら不適切です。

実は個数だけでなく、購入金額によっても規制があるため、税関で一時的に止められる場合があるのです。

これは免税に関する問題であり、購入金額が16,666円を超えた場合追加で税金がかかることで起こる事案です。

税金がかかるだけなので商品が回収されることもありませんし、税関の連絡や指示通りに代金を支払うか、配送業者が代金を持ってくれるので到着時に税金分をお支払いすれば無事、手元に届きます。

公式サイトや英語サイトで購入するリスクとして、ドルの値段の変動により微妙に金額が上がって税金を徴収されることがあるので余裕を持った購入をするようにしましょう。

juul

JUULが日本で流行ったらアメリカ同様に社会問題になるのか予想!

2019年7月23日

JUULを簡単に個人輸入する方法まとめ

ニコチン入り電子タバコJUUL

JUULの個人輸入の方法で難しい事は1つもありません。

ネットショッピングをする感覚で気軽に簡単に購入することができるので、興味のある方は一度個人輸入代行サイトなどを覗いてみてはいかがでしょうか?

Beyond Vape Nic. などの信頼度の高いサイトでは、税関での制限の話や、商品発送までの詳しい流れなどを記載しているところもあるのでそういった信頼性からもお店を選んでみるのがおすすめです。

この記事の要点まとめ
  • 英語に自信が無ければ日本語の個人輸入サイトがおすすめ!
  • 通常のネットショッピング感覚で簡単!
  • リスクを避けるために知識をえる!

個人輸入はリスクをしっかりと理解すれば回避するのは容易い事です。
難しく考えず試してみてはいかがでしょうか?

JUULを簡単に個人輸入する方法

乗り換えやサブで持つなら絶対に「JUUL」がおすすめ

アメリカで電子タバコのシェア7割超えの最新トレンド「JUUL」は火を一切使用しないのでタールが発生せず、気になる健康被害の影響は全くありません。

「有害物質は一切無し」「フレーバー100種類以上」「加熱式タバコ特有の嫌な臭いが全くしない」「メンテナンス一切不要」「壊れにくい」等、加熱式タバコや紙巻きタバコよりもJUULを圧倒的におすすめする理由はまだまだたくさんあります。

煙の量と強いニコチン感、煙草と全く同じ吸いごたえを得られる「JUUL」は加熱式タバコや紙巻きタバコを吸っているユーザーの不満を全て解消してくれる夢のようなデバイスです。

下記の公式サイトから通販で誰でも簡単に購入する事ができるので、ほんの少しでも今吸っているタバコから乗り換えたいと感じた事があるなら要チェックですよ!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です