海外から日本にCBDオイル持ち込みで逮捕される可能性がある?

cbd

↓ JUULの販売店で最短3日到着を実現 ↓

最近、世界中で注目を集めているらしいCBDオイル含むCBD製品。

海外ではCBDオイルで逮捕されたという方もいるようですが、日本でもCBDオイルで逮捕される可能性があるのでしょうか?

そこで今回は、CBDオイルの摂取方法や効果、気になる海外から日本へのCBDオイル持ち込みで逮捕される可能性があるのか?について詳しくご紹介していきます!

CBDオイルって何?

cbd

まずは、CBDオイルを知らないという方もいると思うので、CBDオイルについて詳しくご紹介していきます!

CBD製品は主に海外で流行っているものなので、聞きなれない名前だとは思いますが最近は日本でも注目を集めているオイルです。

それでは、CBDオイルについて確認していきましょう。

CBDオイルについて

CBDオイルは、簡単に説明すると大麻草に含まれているカンナビジオール()という成分が含まれているオイルです。

大麻と聞くと「危ないもの・違法なのでは?」と思ってしまう方が多いとは思いますが、日本でもCBDオイルは違法ではありません。

まだCBDオイルを取り扱っているお店は少ないですが、日本でも購入する事が可能です。

また、CBDが配合された製品は大きく分けると4種類あり、CBDオイルの他にはリキッド・ワックス・パウダーがあります。

CBDとTHCついて

カンナビジオール(CBD)は、医療用や産業用として多く使用されている精神活性作用のない成分です。

日本において違法ではないCBD製品とは、大麻草に種や茎の部分から抽出した成分かつTHCが含まれていないCBD製品のみです。

テトラヒドロカンナビノール(THC)は、日本で違法とされている陶酔(ハイ状態)などの精神活性作用が認められている成分となっています。

酷い場合は、幻想や幻聴などを引き起こす作用があり、とても危険な成分です。

CBDオイルは日本で合法?違法?CBDが注目されている理由とは?

2019年10月14日

CBDオイルの摂取方法や効果は?

oil

ここまでは、CBDオイルやカンナビジオール(CBD)、テトラヒドロカンナビノール(THC)についてご紹介しました!

ここからは、気になるCBDオイルの摂取方法や効果についてご紹介していきます♪

CBDオイルを試してみたいという方や気になっている方は、是非参考にしてくださいね!

CBDオイルには3つの摂取方法がある?

CBDオイルの摂取方法は3パターンあります。

①舌下摂取

②肌や皮膚に直接塗る

③ヴェポライザーで蒸気摂取

CBDオイルには3パターンの摂取方法がありますが、舌下摂取やヴェポライザーで吸引する摂取方法が一般的です。

使用する用途によっては、直接皮膚に塗る摂取方法が適している場合もあります。

直接塗る摂取方法は分かると思いますが、舌下摂取やヴェポライザーで吸引する蒸気摂取が分からない方もいると思うので、ご紹介していきます!

舌下摂取

CBDオイルを舌の下側に数滴たらして口内に含んだまま1分ほど待ち、そのまま飲み込みます。

舌にはたくさんの毛細血管がある事から、成分の吸収するスピードが早いと言われているんです。

CBDオイルの濃度によって摂取量が異なります。初めて使用される方は、少量から始め定められた用量を摂取する事がおすすめです。

蒸気に気化して摂取

CBDオイルは、VEPEなどの電子タバコと呼ばれているヴェポライザーにいれて蒸気摂取する事が可能です。

ヴェポライザーがないと蒸気摂取が出来ないので、舌下摂取の方が簡単で楽な印象。

ですが、蒸気摂取にはメリットがあり、実は成分が全身に到達するまでの割合が最大約50%~60%と高いので、コストを抑える事が出来ます!

CBDオイルの効果は医療業界でも期待されている?

CBDオイルの効果は、医療業界でも期待されている程。CBDオイルの効果は以下の通りです。

CBDオイルの効果
  • 精神を安定させる
  • 炎症などの抑制
  • アレルギー発作などの抑制
  • 睡眠が深くなる
  • 緊張をほぐす

上記のように精神疾患やアレルギーなどの疾患がある方にもCBDオイルは有効とされています。

不眠症やストレスであまり眠れないという方などにもCBDオイルはおすすめです。海外では実際にCBDオイルを取り扱っている病院があります!

CBDオイルはここがすごい!

CBDオイルはCBD製品の中でも即効性が高いと人気があるようです。

サプリメントなどでは効果を感じるまでに時間がかかりますが、CBDオイルは口内の粘膜から成分を直接摂取するので、即効性が高く効果が持続する時間も長いとされています。

また、CBDオイルの摂取方法は3パターンあるので、VEPEなどのヴェポライザーがなくても簡単に摂取する事が出来て、摂取量なども調節しやすくとてもおすすめです♪

CBDオイルは効果なしで効かない?効能や効果時間はどれくらい?

2020年1月7日

海外から日本へのCBDオイル持ち込みについてご紹介!

kinai

ここまでは、CBDオイルについて摂取方法や効果などついて詳しくご紹介しました。

ここからは、本題の海外から日本へのCBDオイル持ち込みについてご紹介していきます!

それでは、海外から日本へのCBDオイル持ち込みは可能なのか?逮捕される可能性はあるのか?について見ていきましょう。

海外から日本へのCBDオイル持ち込みで逮捕される可能性があるって本当?

結論から言うと、海外から日本へのCBDオイル持ち込みで逮捕される可能性はあります。

ご紹介したように日本では、成熟している大麻草の種や茎の部分以外から抽出したCBD成分が含まれているCBD製品は違法です。

なので、大麻草の種や茎以外から抽出した成分が入っているCBD製品を購入した時点で所持しているという事になり逮捕されます。

しかし、大麻草の種や茎の部分から抽出した成分が含まれているCBD製品を日本へ持ち込んでも、違法性がないので逮捕される事はありません。

CBDオイルを購入する前に気を付けること

違法性がなく所持していても逮捕されないCBDオイルを購入するには購入する前に、

・ラベルをチェックする

・旅行先の法律を調べておく

などをチェックしてTHCが含まれていないか確認する必要があります。

海外で販売されているCBDオイルのラベルにはTHCが含まれていない事を表す「THCFree」や「THC0%」などの表記があるので、購入する前にしっかり確認しましょう。

また、確実に海外から日本へCBDオイルを持ち込みしたいという方は、ヘンプ由来のTHCが含まれていない証明書が付いているCBDオイルを購入する事がおすすめです。

海外ではCBD製品のラベルの記載と中身の成分が違う可能性があり、ラベルを確認したから確実にTHCが含まれていないCBD製品とは限らないのでご注意ください。

機内へのCBDオイル持ち込みは可能?

大麻は医療用であっても飛行機への持ち込みは禁止されています。ですが、CBD製品は例外とされており、THCが含まれていないCBDオイルに関しては機内への持ち込みが可能です。

しかし、CBDオイルは液体持ち込み制限の対象となるので、CBDオイルを持ち込む前に飛行機の液体持ち込みルールについて確認しておきましょう。

液体を持ち込みする場合は、基本的に再封出来るプラスチックの袋に入れないといけないので、事前に用意する必要があります。

海外から日本への持ち込みは可能ですが、持ち込みについてルールがあるという事を覚えておきましょう。

CBDオイル所持で逮捕される?CBDオイルの注意点や違法性とは

2020年5月11日

海外ではCBDオイルで逮捕者が出ているって本当?

oil

ここまでは、海外から日本へのCBDオイル持ち込みについてご紹介しました。

ここからは、海外ではCBDオイルで逮捕者が出ているという噂についてご紹介していきます!

それでは、海外ではCBDオイルで逮捕者が出ているという噂について見ていきましょう。

海外ではCBDオイルで逮捕者が出たという噂は本当だった!

CBDオイルに違法性はないのでは?思う方が多いとは思いますが、実際にCBDオイルで逮捕者が出ているという噂は本当です。

実際にCBDオイルで逮捕された方は海外に住んでいて、日本に帰国した際にCBDオイルで逮捕されたよう。

では、なぜ違法性のないCBDオイルで逮捕されてしまったのでしょうか?

CBDオイルで逮捕者が出た理由とは?

CBDオイルで逮捕された理由としては、先ほどご紹介したようにCBDオイルの成分にTHCが含まれていたからです。

CBDについてお話した時にご紹介しましたが、THCは大麻に含まれている成分でいわゆるハイ状態になると言われている成分で違法性があります。

海外から日本へ帰国した時に検査されてしまい、THCが検出されそのまま逮捕されてしまったのでしょう。

CBDオイルにTHCが含まれていると知らなくても逮捕される

先ほどラベルの記載についてご紹介しましたが、海外で販売されているCBDオイルはラベルにTHCが含まれていないという記載があっても実はTHCが含まれていたなんて事があります。

THCが含まれているCBDオイルだと知らずに購入しても、購入している時点で違法となり逮捕されるのです。

なので、海外でCBDオイルを購入する際は、こういったリスクがあるという事を理解した上で購入するようにしましょう。

CBDオイルを通販で買おう!今最も人気があるCBD通販サイトまとめ

2019年10月11日

日本への海外のCBDオイル持ち込みで逮捕される可能性がある!まとめ

この記事の要点まとめ
  • CBDオイルに違法性はない
  • CBDの効果は医療業界でも期待されている
  • 日本への海外CBDオイル持ち込みで逮捕される可能性はある
  • 海外で購入したCBDオイルはTHCが含まれていないかチェックが必要

CBDオイルについてや摂取方法、海外から日本へのCBDオイル持ち込みで逮捕される可能性があるのか?などについてご紹介しましたがいかがでしたか?

海外から日本へのCBDオイル持ち込みは可能ですが、THCが含まれているCBDオイルを知らずに購入してしまったとしても逮捕される事が分かりました。

なので、CBDオイルはTHCが含まれていないCBDオイルしか販売出来ない日本や海外などで購入する事をおすすめします。

CBDオイルが気になった方や試してみたいという方は、是非参考にしてください♪

cbd

国内で大流行中の「DR.VAPE」が今一番おすすめ!

発売開始から1年足らずで累計販売本数100万本を突破したDR.VAPE(ドクターベイプ)は、日本国内で今最も勢いのある最先端の電子タバコです!

ドクターベイプを永久保証付きで超お得に手に入れるのであれば、公式オンラインショップの「プレミアムプラン」を利用するのが断然おすすめ!今なら下の「公式サイトで購入」ボタンから通常価格8,500円のスターターキットと交換カートリッジが3,500円(税抜)で購入可能なんです!

5,000円も安く購入できるのは公式サイトだけ!Amazonや楽天など、他の販売店では絶対に真似できない価格を実現しているのは公式サイトだからこそです。さらに送料も無料なので、この機会に利用しないと絶対に勿体ないですw

ドクターベイプは吸い応えや満足感も非常に強く、コストパフォーマンスも抜群!禁煙にも節約にもなるドクターベイプを今すぐゲットするのであれば、公式サイトを要チェックです!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です