JUULを「日本で購入」or「海外から個人輸入」どっちがお得?

JUUL個人輸入と日本

↓ JUULの販売店で最短3日到着を実現 ↓

JUUL販売店最短3日

米国では今最も注目されている電子タバコであるJUULは、ニコチン成分の入ったカートリッジを使用して喫煙を行うタバコの代替品です。

日本では、ニコチン成分が薬事法に引っかかるため、ニコチン入りのカートリッジは海外からの個人輸入でしか購入することができません。

しかし、個人輸入は時間もかかりますし個人輸入を行う事自体、不安になる方もまだ多いですよね。
実は、ニコチン製品ではないJUUL本体は日本で購入することもできます。

果たして、日本で購入するのと、個人輸入で海外から購入するのと、どちらの方がおすすめなのでしょうか?



JUULをお得に購入しよう!

電子タバコJUULで禁煙

JUULは全米NO1の大ヒット中の電子タバコで100種類以上のフレーバーが楽しめる最高のデバイスです!

ボタン操作などが必要無く、吸引するだけで好きな時に好きなだけ楽しめる電子タバコで、気軽に簡単に使えます。

JUULを購入するなら、最速3日でお届け可能なBeyondvape NicJUULスターターキットが断然お得です!

ニコチンリキッドは日本で販売できないので、結局は個人輸入が必要となります。

それなら一度で全てが揃うキットを買った方がお届けもスムーズですぐに使えて楽チンですよね?

JUULを始めるなら早速Beyondvape Nicでスターターキットを購入して人気のリキッドを味わいましょう!

電子タバコJUULを軽くご紹介

ニコチン入り電子タバコJUUL

紙巻きタバコや加熱式タバコよりも有害性が少なく、使い勝手も良い電子タバコそれがJUULです。

一見するとUSBメモリのような小ささと、メンテナンス不要の使い勝手の良さから注目されており、海外ではかなりの人気を博しています。

米国では電子タバコ市場のシェア率70%以上を獲得しており、日本の電子タバコユーザーからも注目を浴びて居ます。

基本的にはJUULを購入する際にはBeyond Vape nic.等の海外の個人輸入を行っているサイトから購入することができます。

タール0、ニコチン有の電子タバコJUUL

JUULに使用するカートリッジはPODと呼ばれ、フレーバーのリキッドとニコチンソルトと言うニコチン成分が合わさったリキッドが入っておりPODの詰め替えだけでリキッドの補充とコイルの交換が完了するというメンテナンス不要のデバイスになっています。

電気熱でリキッドを温めて気化させるため、紙巻きタバコのように不完全燃焼やタールの発生が起きずニコチン成分とフレーバーのみを吸収することができるんです。

タール0・ニコチン有というと、加熱式タバコが挙げられますが実は、加熱式タバコもメンテナンスを怠るとススや燃えカスが溜まり結果的に有害性物質を発生させる恐れがあります。

リキッドを直接加熱させることで有害性物質の発生を抑えた電子タバコJUULは健康被害が少ないタバコ代替品と言えるでしょう。

JUULの特徴
  • 海外でシェア数70%の大ブーム商品
  • タール0・ニコチン有のタバコ代替品
  • 手軽に使えてニコチン成分を摂取
  • メンテナンス不要で使い勝手良好
JUULのメリット・デメリットとは

JUULのメリットとデメリットを完全解説!JUULに欠点は無し?

2019年8月20日

ニコチン製品のため日本での購入不可

日本の薬事法ニコチン取り扱い

JUULのPODには、ニコチン成分が入っているリキッドを使っているため、日本国内での販売・購入は禁止されています。

万が一にでも、ニコチン成分の入った商品が販売されている場合、警察のお世話になりますので購入元は厳正に確認するべきです。

JUULのPODは海外からの個人輸入で購入可能

日本での購入・販売が禁止されているということは、日本ではJUULが手に入らないかというと話は別です。

日本国内での購入取引が禁止されているだけで、海外から直接製品を購入する個人輸入を使用しての購入であれば薬事法に引っかかることなく、自由にJUULを購入することができます。

JUUL本体ならば日本国内で購入可能?

JUULを日本で購入できないならいらないじゃん…。と思っている方!少し待ってください!

JUULのPODはニコチン製品のため海外からの個人輸入でしか購入することができませんが、JUUL本体がニコチン成分という訳ではないため、JUUL本体だけなら日本国内でも購入することができます。

ただし、日本で購入する場合は当然ですがリキッドの中にニコチンソルトは入っていません。

電子タバコとして口寂しさを紛らわせたいだけであれば、日本国内で購入するのもおすすめです。

JUULは店頭で購入できるのか?

JUULは日本の店頭で買える?国内で買える取扱店をまとめてみた

2019年8月15日

JUULは海外で個人輸入?日本で購入?徹底比較!

個人輸入で購入

日本国内でもノンニコチンのJUULPODが販売されるようになったため、海外からの個人輸入だけでなく日本の電子タバコのお店でも購入することができるようになりました。

実際JUULを購入する際には、海外での個人輸入で購入するのと、日本のVAPEショップなどで購入するのとどちらの方がおすすめなのか徹底比較してみようと思います!

王道の海外からの個人輸入

海外からの個人輸入は、個人輸入サイトから注文し、海外のお店にお金を払い日本に配送してくれるようになっています。

金銭を払う先は海外で、発送元も海外ということで日本の売買禁止という薬事法対象外になっています。

JUUL本体は勿論、ニコチン入りのリキッドカートリッジや、海外でしか販売されていないJUULアクセサリーなども手に入れる事ができます。

最近の個人輸入は通販感覚で簡単に購入することができますが、海外からの配送なのでリスクが伴う事は理解しておくようにしましょう。

ニコチン入りのPODはそのニコチン量の多さと吸いごたえの良さから、加熱式タバコに不満を感じていた方や、紙巻きタバコ喫煙者からも好まれており禁煙への第一歩として使用する方も多くなっています。

海外で個人輸入するメリット
  • 強いニコチン感を持つPODが購入できる
  • 純正・互換性品を含めて50種類以上ある
  • ニコチン量を調節して禁煙アイテムとしても使用できる
海外で個人輸入するデメリット
  • 個人輸入という様々なリスクがある
  • 配送までの時間や円安・円高が関わってくる

日本のVAPEショップで購入する

日本国内でJUULを購入する場合には、VAPEショップで購入するのが主になります。

日本国内で購入する場合には、JUUL本体単体もしくは、JUUL本体とニコチンなしのカートリッジのみを購入することができます。

実際にデバイズを見ることができたり、ノンニコチンのカートリッジを店員さんと相談しながら選ぶことができるのも日本で購入するメリットになります。

日本で購入するメリット
  • 実物を見ることができる
  • ノンニコチンの製品を購入できる
日本で購入するデメリット
  • ニコチン入りPODは購入できない
  • ノンニコチンのPODの種類が少ない
  • 製品代が海外での個人輸入よりも高い

JUULを安全に買う事ができるのは?

ニコチン入り電子タバコJUUL

JUULのニコチンリキッドは日本で取引を禁止されているので個人輸入をしなければなりません。

つまり本体を購入するのであれば、まとめて購入できる個人輸入が絶対お得なんです!

スターターキットを購入して、ひとまず体験してみてからフレーバーを選んでみるという事もできるので、すぐ試せるJUULキットを強くおすすめします。

Beyondvape Nicからの購入なら難しい登録も無く安心安全に最速3日で手元に届きます!

個人輸入を不安に感じるあなた!Beyondvape Nicからなら国内通販と同じ感覚で購入する事ができますよ。

JUULの買い方とは

JUULの買い方は個人輸入がおすすめ?国内の店舗から通販は可能?

2019年8月1日

海外からの個人輸入はデメリットが多い!?

個人輸入ノデメリット

海外からの個人輸入は慣れていない人からすれば不安でしかないですよね。

本当に商品が届くのか、注文した商品が手元に来るのか等は不安に感じると思います。

ニコチンの入っているJUULを購入するなら海外からの個人輸入しか方法がありません。

海外からの個人輸入を行った場合のリスクを事前に知っておくことで回避することができるので、チェックしておきましょう。

日本語対応サイト以外からの購入は控える

最近では、日本人向けに日本語で書かれた海外の通販サイトが多くあります。

JUULも、「JUUL 個人輸入」なんて調べてもらえばヒットします。

日本語対応サイトで購入することで、注意点や配送時の規約、販売店側が提示するリスクについてしっかりと把握することができます。

いつ商品が届くのか、いくら支払えばいいのか、どのような経路を使って自宅に配送されるかと言った点は重要になってきます。

特に、薬事法という法律が関わってくる買い物です。
十二分に注意するようにしましょう。

配送目安・税関の注意書き

海外からの個人輸入の場合、様々な疑問点が生まれてきます。

いつ頃届くのかな?
税関はどうなっているのか
個人輸入の危険性はないのか?

これらの不安点を解消してくれる内容が記載されているかどうかも、個人輸入通販の選び方のポイントになってきます。

サイト内を読んで理解できるか、それぞれの不安を拭えるかなども気にするようにしましょう。
また、コラムや商品の追加など、更新スピードの高いサイトを選ぶのもポイントになってます!

配送日数の長さに注意

海外からの個人輸入の場合どうしても配送から到着までに時間がかかってしまうというデメリットがあります。

海外からの配送、空輸、税関を通過する事が理由で日本での通販よりも時間が多くかかる場合があります。

大体の個人輸入サイトで1週間~30日程度時間を設けられる場合があるので、配送までに時間がかかると言うことを理解しておく必要があります。

信頼できるサイトの選び方としてショップのレビューやサイト内の配送目安をチェックしておくといいでしょう。

安全に個人輸入を行うためのポイント
  • 日本語対応されているサイトか
  • 日本円での金額表記がされているか
  • 個人輸入の注意点などサイト内に記載があるか
  • 配送までの流れや配達目安が記載されているか
  • ショップのレビューや口コミがネット上に上がっているか

Beyond Vape nic.が一番おすすめ!

JUULを購入できる個人輸入サイトは数多くありますが、中でも人気が高くおすすめの通販サイトがBeyond Vape Nic.です。

先ほどの海外で個人輸入する時のサイトの選び方であげた項目が全て当てはまり、信頼度・配送スピードともにピカイチの通販サイトになっています。

日本語対応は当たり前!日本支社もある

Beyond Vape Nic.は海外に本社を構えているVapeショップなのですが、実は日本国内に支店があるお店になっています。

本社にも日本人スタッフが常駐しており、サイトも配送時の対応も日本語でOK!

不安なことや聞きたいことがあれば連絡を取って聞くことも可能です。

また、Beyond Vape Nic.ではJUULに関するコラムなども上がっておりサイトも度々リニューアルされていることから信頼度が高い個人輸入通販サイトになっています。

最短3日!!最高でも1週間以内に到着!

通常、個人輸入サイトでJUULを購入した場合どうしても到着まで1週間以上かかってしまうものですが、Beyond Vape Nic.は驚くべきことに最短3日で商品お届け!

これは業界最速日数と言っても良いのではないでしょうか!?
この速さはbeyond Vape Nic.だけです!

長くても1週間程度で到着するので、通常の通販と変わらない程のお届け日数なので手軽に購入できるのも嬉しいポイントです!

JUULを簡単に個人輸入する方法

JUULを誰でも簡単に個人輸入する方法を分かりやすく解説!

2019年9月18日

JUULを購入するなら海外の個人通販?日本で購入?まとめ

電子タバコJUULで禁煙
この記事の要点まとめ
  • ニコチン入りのPODは海外で個人輸入しか購入方法がない
  • JUUL本体・ノンニコチンPODであれば日本で購入可能
  • 通販サイトを適切に選べれば個人輸入での購入がおすすめ!

JUULを個人輸入で海外から取り寄せるのも様々なリスクがありますが、適切な個人輸入サイトを選ぶことができれば海外で購入し、ニコチン製品として使用するのがおすすめです。

ニコチンはいらない、店頭で買いたいというのであれば日本国内での購入を検討するようにしましょう。

中々いい個人輸入通販サイトが見つけることができない…。という場合にはBeyond Vape Nic.が一押!

ぜひ検討してみてください!

JUUL個人輸入と日本
JUUL

乗り換えやサブで持つなら絶対に「JUUL」がおすすめ


JUUL

アメリカで電子タバコのシェア7割超えの最新トレンド「JUUL」は火を一切使用しないのでタールが発生せず、気になる健康被害の影響は全くありません。

「有害物質は一切無し」「フレーバー100種類以上」「加熱式タバコ特有の嫌な臭いが全くしない」「メンテナンス一切不要」「壊れにくい」等、加熱式タバコや紙巻きタバコよりもJUULを圧倒的におすすめする理由はまだまだたくさんあります。

煙の量と強いニコチン感、煙草と全く同じ吸いごたえを得られる「JUUL」は加熱式タバコや紙巻きタバコを吸っているユーザーの不満を全て解消してくれる夢のようなデバイスです。

下記の公式サイトから通販で誰でも簡単に購入する事ができるので、ほんの少しでも今吸っているタバコから乗り換えたいと感じた事があるなら要チェックですよ!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

赤マルから入り、ウィンストンやらなんやらをさまよった結果なぜか「わかば」に落ち着いた。ボックスによって味が違うのが好みらしい。ニコチンよりタール派。リトルシガーになったがまぁまぁ美味いと思う。いつか禁煙する予定。