JUULで死亡事故が発生したのはデマ?海外電子タバコの闇の事情

JUULで死亡事故発生?

↓ JUULの販売店で最短3日到着を実現 ↓

アメリカで電子タバコを吸った疑いのある人が死亡したとして大きな波紋を呼んでいますが、問題になった電子タバコが「JUUL」なのではないか?と噂されています。

今回はJUULで死亡事故が発生したという噂は本当なのか?デマなのか?真相を解明していきます。

日本では電子タバコは悪!紙たばこよりも有害!という風潮がありますが、実際のところ電子タバコは危険なのか?その有害性についてもご紹介していきます。

そもそもJUULとはどんな電子タバコであるか?

ニコチン入り電子タバコJUUL

JUULとは、2017年にアメリカで発売開始された比較的新しい電子タバコです。従来の電子タバコと言えば本体にリキッドを注入するタイプが主流でしたが、JUULでは専用のカートリッジを使用するだけで使用でも誰でも簡単に扱えるデバイスになっています。

面倒なボタン操作は一切なく、カートリッジを差しかえるだけなので掃除やメンテナンスの手間がありません。また、カートリッジのフレーバーの種類の多さが魅力であり、タバコ味やメンソール味の他にもフルーツ味やスイーツ味など変わり種も種類豊富です。

世界各国で販売されているJUULにはニコチンが含まれているため、紙巻タバコに匹敵するほどの吸い応え・キック感があることも特徴で、数多くの喫煙者を虜にしている電子タバコとして有名になりました。

JUULは日本でも購入できるのか?

基本的にニコチン入りのJUULを購入するのであれば、海外から通販(個人輸入)すれば日本で使用しても違法ではありません。ただし、日本でニコチンリキッドを購入することは薬事法により禁止されていますし、そもそも販売されていません。

なお、ノンニコチンのカートリッジであれば日本国内でも購入することができるようになってきており、禁煙目的でJUULに切り替える方も増えてきています。

JUULは強い吸い応えが人気の理由の1つなのでニコチン入りのリキッドでの喫煙がおすすめですが、ノンニコチンでも十分すぎるほどの煙の量・吸い心地なので満足感は非常に高いです。

→ JUULの販売店はコチラ ←

アメリカで起きた電子タバコによる死亡事故について

肺

まずはアメリカで起こった電子タバコによる死亡事故について、噂の真相を解明していきます。

アメリカで起こった事件ですので、あまり詳しい内容が入ってきていないことから正しい報道が行われず、一方的に「電子タバコは危険!」といったような誤解が生まれていることも事実です。

という訳で、しっかりとこの死亡事件について正しく理解し、安全に電子タバコやJUULを使用できるよう確認していきましょう。

アメリカでは電子タバコによる肺疾患患者が増えていた

この電子タバコによる死亡事故が起こる以前から呼吸器系の疾患がアメリカ全土で急増していたようで、救急搬送されてくる肺疾患の患者の共通点はいずれも電子タバコによるものでした。

もともとアメリカでは未成年者の喫煙が問題視されており、多くの若者がJUULなどの使いやすい電子タバコを吸い過ぎて肺疾患や急性ニコチン中毒に陥る人も少なくありませんでした。

肺疾患患者の共通点は違法なカートリッジを使用していた

電子タバコで死亡した人を含む多くの肺疾患患者はTHC(大麻成分)を含むカートリッジ高濃度のビタミン・ビタミンEアセテートが含まれたカートリッジを吸引していたとされています。

通常販売されている電子タバコのリキッドにはTHCは含まれていませんし、ビタミンやビタミンEアセテートも含まれていません。

肺疾患を患った患者はいずれも、ブラックマーケットや免許取得のない小売業者から入手したTHCや高濃度のビタミンが含まれるカートリッジを購入していたことが分かっています。

問題になった電子タバコはJUULだったのか?

現段階で電子タバコによる肺疾患などの症例は2,000人以上、死亡者は40人以上にも上っています。原因は未だに特定されてはおらず、おそらく「ビタミンEアセテート」の可能性が高いとされています。

とは言え、この死亡事件の引き金がビタミンEアセテートなのか?THC成分なのか?ブラックマーケットで販売されている化学混合物なのか?そもそもJUULや電子タバコのデバイスが問題なのかどうか原因ははっきりしていないことが事実です。

ではなぜJUULやPOD型のデバイスが次々に規制されているのか?

先ほども少し紹介したように、JUULは電子タバコの中でも特に未成年者や若者にも反響が大きく大ヒットしすぎたため、JUULほどの大手の電子タバコ企業となると監視が強化されています。

肺疾患や死亡事故に遭った患者は35歳以下が8割とされており、アメリカの多くの州では未成年者や若者の喫煙を助長しないためにも、JUULやその他電子タバコ、さらに互換ブランドのフレーバーを禁止しています。

これには理由があり、甘くて吸いやすいフレーバーを規制することで未成年者や若者の喫煙を食い止め、肺疾患や死亡事故をこれ以上増やさないようにするためだとされています。

JUULは違法ではなく、現在でも購入可能

電子タバコJUULで禁煙

アメリカではJUULのフレーバーの販売が規制されていますが、タバコ味やメンソールは規制されてはいません。これはJUUL自体には大きな問題があるわけではないからだとも言えますね。

また、電子タバコの未成年者の喫煙はアメリカ国内での問題であるため、日本人がJUULのフレーバーカートリッジを個人輸入することには何の問題もありません

JUULや電子タバコの安全性が立証されているわけではありませんが、成人が通常通り使用する分には肺疾患や死亡事故を招く心配はそこまでないと考えられます。

そもそもJUULは禁煙補助具として開発された電子タバコでもあるため、正しく付き合えば禁煙をサポートしてくれる最高のデバイスです。今までの電子タバコでは感じられない満足感・吸い応えを得られるのはJUULだけと言っても過言ではありません。

→ JUULの購入はコチラから ←

JUULの成分は本当は安全?ニコチンの有害性について

JUUL

電子タバコ大国のアメリカで起きた悲惨な死亡事故ですが、本当にJUULの成分自体安全なのか不安に感じている方も少なくないでしょう。

最後になりますが、ここで今一度JUULに含まれるニコチンやリキッドの成分、有害性について確認していきましょう。

JUULに含まれるニコチンは有害性物質?

JUULのリキッドにも含まれているニコチンですが一般的にも有害性物質として知られており、タバコを辞められなくなる原因でもあります。ニコチンには強い依存性があり、吸い過ぎるとニコチン中毒や急性の呼吸器不全の恐れもある成分です。

しかし、ニコチンはタールのような発がん作用はなく、その有害性や危険性について程度理解していれば嗜好品にもなる成分です。

また、禁煙したいという方でも禁煙補助具にニコチンガムやニコチンパッチとして少量のニコチンを摂取することは有効とされており、ニコチンそのものが有害という訳ではありません。

JUULのリキッドに含まれる成分について

JUULのリキッドに含まれる成分には「グリセリン」「プロピレングリコール」「香料」が含まれており、これらの成分は様々な医薬品や食品に使用される成分です。

これらの成分は極めて安全性の高い成分とされており、人体への影響は考えにくいです。もちろん大量に摂取するのは良くありませんが、JUULや電子タバコで使用するぶんには大きな問題にはならないとされています。

また、純正のJUULのカートリッジには今回死亡事故や肺疾患で問題視されたTHCやビタミンEアセテート、高濃度のビタミン成分は含まれていません。

電子タバコの歴史を振り返ると安全性が高いことが分かる

紙巻きタバコと比べると歴史の浅い電子タバコですが、今まで電子タバコで使用されてきたリキッドにはJUULと同じ「グリセリン」「プロピレングリコール」「香料」が使用されており、ニコチンが含まれたリキッドも数多く存在します。

10年近く販売を続けている電子タバコですが、これまでには今回のような肺疾患や死亡事故が起こることはなかったとされています。

肺疾患や死亡事故の引き金となった原因・病気の急増は全く新しい現象であり、JUULや他の電子タバコの普及により急増したブラックマーケットや悪質な小売業者による偽物や違法なカートリッジが原因だとの見方が強いです。

電子タバコのリキッドやJUULのカートリッジは正規品を購入すれば間違いなく安全性の高い製品だと言えます。

【まとめ】電子タバコによる死亡事故はJUULが原因ではない

ニコチン入り電子タバコJUUL

今回はアメリカで発生した電子タバコによる死亡事故に関して、JUULが関係しているのかどうかについて解説しました。

この記事の要点まとめ
  • アメリカでは以前より電子タバコによる肺疾患患者が増加していた
  • 電子タバコが原因の死亡事故にはTHCやビタミンEアセテートが関係している
  • JUULや電子タバコそのものが死亡原因になった可能性は低いとされている

現段階でJUULはアメリカ国内でのフレーバーの販売は規制されていますが、それは未成年者や若者の喫煙防止やこれ以上肺疾患や死亡事故を増やさないためです。

アメリカでもJUULやその他電子タバコのタバコ味やメンソール味は普通に販売されているので、JUULや電子タバコのデバイス自体に問題があったとは考えにくいと推測できます。

また、死亡事故が発生した原因はブラックマーケットや免許取得のない小売業者が販売していたカートリッジにあるとされており、THCやビタミンEアセテートの可能性が極めて高いとされています。

一刻も早く死亡事故の原因が解明されることを願うばかりですが、一般的に販売されている電子タバコやJUULのカートリッジ及びリキッドの使用は安全だと考えて良いでしょう。

→ JUULが買えるお店はコチラ ←
JUULで死亡事故発生?

国内で大流行中の「DR.VAPE」が今一番おすすめ!

発売開始から1年足らずで累計販売本数100万本を突破したDR.VAPE(ドクターベイプ)は、日本国内で今最も勢いのある最先端の電子タバコです!

ドクターベイプを永久保証付きで超お得に手に入れるのであれば、公式オンラインショップの「プレミアムプラン」を利用するのが断然おすすめ!今なら下の「公式サイトで購入」ボタンから通常価格8,500円のスターターキットと交換カートリッジが3,500円(税抜)で購入可能なんです!

5,000円も安く購入できるのは公式サイトだけ!Amazonや楽天など、他の販売店では絶対に真似できない価格を実現しているのは公式サイトだからこそです。さらに送料も無料なので、この機会に利用しないと絶対に勿体ないですw

ドクターベイプは吸い応えや満足感も非常に強く、コストパフォーマンスも抜群!禁煙にも節約にもなるドクターベイプを今すぐゲットするのであれば、公式サイトを要チェックです!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です