CBDオイルに副作用はある?使用できない人の特徴や使用量の目安

↓ JUULの販売店で最短3日到着を実現 ↓

ここ最近CBD需要が急速に高まりつつありますが、CBDオイルの副作用だったり違法性だったりと、これから購入を検討している方の中では不安な部分も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、CBDという成分について特徴や効き目、研究結果などに触れながら副作用の有無だったり、適切な量だったりと安全に使えるようにするためにはどうしたらいいのか詳しく紹介していきます。

CBDの効き目や成分、特徴について

CBDの特徴イメージ

CBDオイルが気になっている方はそもそも他のCBD製品についてもある程度調べていると思うのですが、CBDについての基本的な部分はちゃんとご存知ですか?

CBDオイルの副作用について紹介する前に、基本的なCBDについての効き目や特徴、研究結果などについて触れながらCBDを詳しく紹介していきます。

その中で、CBDの違法性という部分にも触れていくので、その点で購入を迷っている方にとって安心していただける内容だと思います。

CBDは何から作られているのか?

CBDはご存知の通り大麻から抽出された成分で、この大麻の中にはカンナビノイド類と呼ばれる物質が60種類以上入っており、CBDはそのうちの一つです。

大麻から作られているなんて危ないんじゃないかと思われる方も多いと思いますが、CBDを抽出しているのは産業用大麻とよばれる種類のもので、これ自体が合法となっています。

さらに、大麻から抽出される物質の代表的なものは二つあって、一つがCBD、もう一つがTHC(テトロヒドロカンナビノール)と呼ばれる成分なのですが、主に大麻が違法とされているのはこのTHCに精神作用があるためで、そういった作用がないCBDはそもそも合法ということです。

合法的なものから合法な物質を抽出しているだけなのでCBDに違法性は全くありません。

CBDオイル所持で逮捕される?CBDオイルの注意点や違法性とは

2019年8月19日

CBDの効き目とは

効き目イメージ

CBDの効き目で最も有名なのは精神を落ち着かせるリラックス作用と心配事や悩みごとから解放されるストレス低減作用で、実際にCBDを使っている方々からもストレスを感じることが減った、睡眠の質が良くなって昼間に眠くならなくなったといった声が多く挙がっています。

その他には食欲不振や頭痛、神経過敏など体のちょっとした不調に対しても効き目抜群な面もあるのですが、これは人間が持つECS(エンド・カンナビノイド・システム)と呼ばれる体の調節システムに対して有効であるためです。

真ん中のCがカンナビノイドということもあってお気づきの方もいると思いますが、カンナビノイド類であるCBDは、加齢やストレスで機能が衰えてきたECSに対してその力を取り戻す作用を持っているため非常に高い効力を発揮してくれます。

CBDについての研究

研究イメージ

CBDは全世界で注目されていることもあって、盛んに研究が行われており、その数はもはや何千何万という単位で行われています。

そもそものきっかけは、週に600回ものてんかんの発作に苦しむ少女にCBDを投与したところ、その数が数回まで減ったという結果が出たことに始まり、それに注目したWHOが出したCBDに対する調査報告レポートの中でCBDの効き目を実際に認めたということから爆発的にその名前が広まりました。

現在確認されているだけでも100種類以上の病気に対して有効であることが判明していて、日本でも2019年から治験レベルでCBDを使ったてんかん薬の投与が開始されています。

今後CBD市場は今の7倍にも膨れ上がると言われており、さらに研究が増えることが予想されています。

がんに効くのか?

CBDは癌に効くのかどうかという疑問の声が多かったのでここで紹介させていただきますが、実際の研究結果では乳癌に対してCBDが有効に働き、癌細胞が小さくなったという結果が出ています。

その他のいくつかの実験でも実際に癌に対して有効という結果が出ることもあって、あながちただの噂ではなく信頼できる情報だと思われます。

未だ研究段階ではありますが、WHOも癌に対してCBDが効力を持つのではないかとしてレポートの取り上げているため、今度の研究次第ではCBDを使った癌を直すための薬が開発されるかもしれません。

CBDオイルについて

CBDオイルイメージ

CBDオイルは後述しますが植物性オイルとCBDを混ぜ合わせたもので、オイルにしたからと言って特にCBDの効き目が変わるといったことはありません。

一言でCBDオイルと言ってもその商品は数多くあり、初めて購入しようとしているからは迷うと思うのですが、実際大きな違いというと使っている植物性オイルの種類か、CBDの濃度くらいです。

もちろんCBD濃度が高ければ高いほどコストはその分上がるので、初心者の方はまず一般的な5%ほどの濃度のCBDオイルから始めて徐々に濃度を上げていくことがおすすめです。

CBDオイルの原料

先ほど述べた通りCBDオイルの原料は主にCBDと植物性油です。

使われているのは、

植物性オイル一覧
  • ヘンプ
  • ココナッツ
  • オリーブ

といった植物性オイルが一般的で、これらのオイルとCBDの粉末を混ぜ合わせたものがCBDオイルになります。

CBDによる効き目の違いはありませんが、それぞれ植物性オイルに関しては美容的に考えても効き目が違うことが多々あるので、そういった面を考えて選ぶのもいいと思います。

ヘンプオイル美肌と脂肪燃焼効き目
ココナッツオイルコレステロール値の改善と糖尿病予防
オリーブ抗酸化作用

CBDオイルの使い方

CBDオイルは付属のスポイトで舌の上に数滴たらして服用するという経口服用が一般的です。

その他にはオイルを自分の好きな飲み物にいれたり、ちょっとアイスにかけてみたりと人それぞれ自分に合った服用方法で服用されているようで、オイルということもあって食べ物と一緒に服用するのが効率がいいようです。

デメリットとしては手軽にCBDを服用できる反面、その生体服用効率、つまり服用した分のどれくらいが実際に細胞に行きわたっているのかという数値が15%ほどしかないというコスパの悪さがあります。

CBDオイルの副作用や適切な服用量、おすすめできない人について

副作用イメージ

これまでCBDオイルの効き目について紹介してきていかに効き目がすごいものかお分かりいただけたと思いますが、これだけの効力があって果たして副作用は存在しないのか。

強い薬には副作用が必ずと言っていいほどあるのなら、CBDオイルの副作用に関してもなにかあるのではないかと思われる方が多いと思います。

そこでここでは、研究の過程で報告されているCBDオイルの副作用について詳細に触れながら、適切な服用量や服用の仕方などについても紹介していきますので、購入まで一歩踏み出せないという方はぜひ参考にしてみてください。

CBDオイルで現在確認されている副作用まとめ

世界中で様々な研究が行われているCBDオイルですが、これだけ万能に効き目を発揮している物質に副作用がないなんてことがあるとは思えないので、CBDオイルを使って起きたであろう副作用に関して色々調べてみたところ、結構な数の副作用が報告されていることが分かりました。

一覧にしてみると、

副作用まとめ
  • 眠気
  • 食欲の減退または増減
  • 気分の変化
  • 目眩(めまい)・立ちくらみ
  • 下痢
  • 唇の乾燥
  • 吐き気/気分が悪くなる
  • 嘔吐
  • 頭痛
  • パーキンソン病患者の震えの増加

このような種類の副作用が見つかっています。

ただ、眠気や食欲、気分の変化に関しては元々CBDが持つ効き目によるものなので副作用と言っていいのがどうかは分からないのですが、少し気になるものがいくつかあって、それは吐き気や嘔吐、頭痛、パーキンソン病患者の震えの増加というものです。

これに関して次で詳しく紹介していきます。

吐き気や嘔吐が副作用として出るのはおかしい?

本来CBDには体の調節機能を整える役割があって、その中には吐き気を抑える効果があることも確認されていますが、それなのに副作用として吐き気を催したり、嘔吐してしまったりするという結果が出てしまっています。

これに関しては未だCBD自体が研究段階ということもあって仕方ないこともあるのですが、この矛盾した結果に研究者たちの間でも様々な議論が起こっていて、まだ見つかっていない何らかの作用なのか、個人差によるものなのか色々な意見が出ています。

頭痛の副作用は個人差か?副作用か?

頭痛イメージ

頭痛も吐き気や嘔吐と同じように、本来であればCBDは抑えるはずの症状なのですが、逆に副作用として現れてしまっています。

これに関しても異なる結果から学者たちの間でも色々な意見が出ており、吐き気や嘔吐の結果と合わせてCBDの服用は個人差の影響が大きく出るのではないかとされています。

服用をおすすめできない人

CBDが万能とはいえ、中には使用することによってさらに症状が重症化してしまう場合もあって使用する際に注意が必要な方たちもいます。

それが、先ほどの最後に紹介したパーキンソン病の患者の方で、実験過程での報告によると、CBDを投与したところ震えが増加したとの副作用が確認されていて、実際に患者の方が服用する際は医師への相談をおすすめされています。

ただ、ここ最近の研究結果では、パーキンソン病に対しても有効な結果を出したとの報告もあり、研究者の間でも意見が分かれている部分もあるようです。

適正服用量

適正服用量イメージ

CBDを服用したときに起きる副作用に関して、多くの部分で共通しているのがCBDを過剰に服用したか、いきなり服用量を多くしたという場合に副作用が確認されています。

現在主な定説となっている研究結果では、一日に1500mg以内のCBD服用量であれば継続的に服用したとしても人体に悪影響が出ることはないということですが、それじゃあ限界いっぱいまで毎日服用したらいいのかというとそうでもありません。

ある実験で、CBDを低度、中度、高度の多さに分けて患者にそれぞれ投与し続けたところ、最も効き目が表れたのが中度の投与をされていた患者だったという結果が出たのです。

人によって適切な服用量というのは変わってくるので、おすすめとしては最初は少ない量からCBDを使用していき、徐々に増やしていって自分にとって最も効き目を感じられる量で継続的に服用していく方法がおすすめです。

【まとめ】CBDオイルの副作用はあるが、用量を守れば問題なし

この記事の要点まとめ
  • CBDオイルの効き目は大量に服用しても変わらない
  • CBDを過度に服用したタイミングで副作用が現れることが多い
  • パーキンソン病患者の方にはおすすめできない

本記事ではCBDオイルについての基本的な特徴や性質、効き目に触れながら、現在世界中の研究結果から報告されている副作用についてまとめて紹介しました。

その中のいくつかはCBDの持つ性質ゆえ起きたこともわかるものでしたが、吐き気や嘔吐に関してはそれらを抑える効き目をCBDは持っているはずなのに逆の副作用が出てしまったということで研究者の間でも議論が起きています。

また、パーキンソン病の患者に対しての実験でも異なる結果が出ているという事実もあって今後さらに研究を重ねていく必要があると思います。

ただ、一般的に服用するくらいであればちゃんと用量を守って使っていただく限りそこまで重篤な副作用が起きたという結果は見つかっていないので、これから服用していく方は過剰な服用をしないようご注意ください。


国内で大流行中の「DR.VAPE」が今一番おすすめ!

発売開始から1年足らずで累計販売本数100万本を突破したDR.VAPE(ドクターベイプ)は、日本国内で今最も勢いのある最先端の電子タバコです!

ドクターベイプを永久保証付きで超お得に手に入れるのであれば、公式オンラインショップの「プレミアムプラン」を利用するのが断然おすすめ!今なら下の「公式サイトで購入」ボタンから通常価格8,500円のスターターキットと交換カートリッジが3,500円(税抜)で購入可能なんです!

5,000円も安く購入できるのは公式サイトだけ!Amazonや楽天など、他の販売店では絶対に真似できない価格を実現しているのは公式サイトだからこそです。さらに送料も無料なので、この機会に利用しないと絶対に勿体ないですw

ドクターベイプは吸い応えや満足感も非常に強く、コストパフォーマンスも抜群!禁煙にも節約にもなるドクターベイプを今すぐゲットするのであれば、公式サイトを要チェックです!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です