電子タバコに危険な害はない?爆煙の副流煙に健康被害は出ないのか?

電子タバコの副流煙被害

↓ JUULの販売店で最短3日到着を実現 ↓

紙巻たばこよりは身体に害がないだろうと、電子タバコに手を伸ばす人が増え、最近ではアイコスやグロー、プルームテックなどの加熱式タバコではなくベイプで爆煙を楽しむ人も多くなっていますよね。

ご存知のように日本の電子タバコはニコチン入りのリキッドが販売されていないため、より健康被害が少ないと判断しているユーザーがいます。

ということで今回は、電子タバコの無害説の危険性について紹介します!

電子タバコの喫煙者への害について

喫煙者への害

そもそも電子タバコが健康被害上、安全であるという根拠はどこからきているのでしょうか?

しいて言えば、タバコの葉を燃やしてモクモクと吸うことと比較したら、タールの影響が少ないというだけです。

このタール、実はタバコの葉を加熱する時の温度によって発生を抑えられるわけですね。

実際に、紙巻タバコより加熱温度が低いアイコスなどの加熱式タバコが、従来のタバコよりはタールの害が少ないというのは事実です。

しかしタールの害は抑えられても、タバコの葉に含まれているニコチンの害は防ぐことができませんので、あくまでも有害物質のうちの1つの発生を抑えているだけという話なのです。

タバコを使用していないVAPEの害は?

ではニコチンなしのVAPEであれば、身体に全く害がないのでは?と、喫煙者が肯定したがる気持ちはわかります。

しかし、WHO(世界保健機関)が「電子タバコは間違いなく有害である」と警鐘を鳴らしたことをご存知でしょうか?

残念ながら、電子タバコを吸い続けることでニコチンとは別に、呼吸器や肺に重篤な症状をもたらした症例も世界には残されているのです。

電子タバコリキッドのもう1つの危険性

VAPEを代表する電子タバコには、いろんな種類の中から自分好みのフレーバーを探す楽しみがあります。

このリキッドも様々な商品が販売されていて、カートリッジごと簡単に交換できるものもあれば、自分で注入して補充するタイプもあり、ツウのユーザーの中には、BFと呼ばれる専用スコンカーを愛用して、片手でリキッドを注入させるツワモノもいます。

しかし興味を持つほどオリジナルのリキッドを求めて、Amazon以外のオリジナルサイトをのぞきに行ったりするものです。

うかつに海外のサイトから入手しようとすると、日本では認められていないニコチン入りのリキッドを購入してしまうリスクが生まれる可能性もあり、透明性のないリキッドを意図せずに(意図的にでも)入手してしまうことは、とても危険が高いです。

制約が少ない世界であるだけに危険がともなうことを覚えておこう!

電子タバコは禁煙に役立つのか?

電子タバコで禁煙できるのか

では、禁煙を目的として電子タバコにシフトしていくことには全く意味がないのでしょうか?

結論から言うと、「意味はなくはない」です。

実際に紙巻タバコからニコチンフリーの電子タバコに変えたことで、健康上のリスクを減らしながら禁煙に成功した人はたくさんいます。

しかし、電子タバコに100%の健康を求めることと、禁煙達成のために完全に依存してしまうことに落とし穴があります。

電子タバコの依存性について

電子タバコの健康被害については、前の章でWHOの見解で説明しました。

ここでは、電子タバコの依存性についての危険を説明します。

そもそもタバコを辞められない理由は、「ニコチン中毒」にあると言われています。

このニコチンを含んでいない電子タバコに慣れてしまえば、禁煙もチョロい!と思うかもしれませんが、代替品に依存してしまった脳は、今度は電子タバコを手放せないようになってしまいます。

喫煙者の多くは、「煙を吸い込み吐き出す」という一連の動作に、一定の精神的安定を求めています。

特に、もとからタバコを肺まで吸い込まずに、ふかしていたタイプの人はその快楽が顕著です。

さらにニコチンの害が少ないことを理由に、タバコよりも回数が増えてしまう人も…。

禁煙どころか、さらに喫煙行為への依存が高まる電子タバコには危険が潜んでいるのです。

電子タバコの健康被害は未知数

電子タバコの健康被害

加熱式タバコや電子タバコなどの「新型タバコ」による人体への影響は、実はまだしっかりと検証されていないのが現実です。

なぜなら、長期間に渡って喫煙を続けた人の臨床データがないからです。

したがって厚生労働省も、他のタバコと一括りにした健康被害を注意喚起するしかできません。

これから何十年か後に、電子タバコを吸い続けてきた人の健康被害の統計がやっと確立していくでしょう。

今はまだ因果関係が分かっていなくても、電子タバコによる新たな健康リスクが見つかるかもしれませんし、これから新たに発売されていく新商品の中に、危険な物質が紛れ込んでくる可能性もあります。

つまり、今はまだ健康被害の少なさだけに注目されていて、分かっていないリスクに目を向けていない「未知の危険」が電子タバコにはあるのです。

電子タバコの爆煙による副流煙被害について

爆煙の被害

最後に検証するのは、VAPE愛好家の間で話題になっている爆煙による副流煙の危険についてです。

爆煙とは、特殊なスターターキッドを使うことで、意図的に大量の煙を電子タバコから発生させることで、この爆煙を使って形を作るなど、パフォーマンス的要素が強い遊びです。

この爆煙、実際には紙巻タバコの煙よりも濃くて大量で、空気中での滞留時間も長いのが特徴です。

もしもこの爆煙を周りの人が吸い込んでしまった場合、副流煙の害はないのでしょうか?

電子タバコのリキッドの成分

例えばVAPEで公式に販売されているリキッドの主成分は、グリセリンとエタノールで、これらにそれぞれの香料が混じって独特のフレーバーを楽しみます。

電子タバコの煙を爆煙にするには、電力を上げることで爆煙にする仕組みになっているので、基本的な成分に違いはありません。

この電子タバコリキッドに含まれているグリセリンやエタノールも、薬品や化粧品に使われているものなので、通常の使い方をしている分には目立った健康被害は報告されていません。

しかし問題は吸入する量です!特にエタノールには、長時間大量に体内に入り込むと、咳・頭痛・嗜眠・疲労感などの健康被害があることが報告されています。(エタノールを多く扱う工場では、条件付きで有害濃度に達する化学物質として分類されています)

したがって、もしも電子タバコの爆煙の環境に長時間いた場合は、人によっては何かしらの副流煙被害が発症する危険があります。

それでも進む電子タバコの非分煙の流れ

副流煙被害による紙巻きタバコの受動喫煙の規制が厳しくなる中で、イギリスで「レンジャーズFCが、本拠地スタジアムでの電子タバコの使用を許可する」最新ニュースが話題になりました。

これは副流煙による害が少ない電子タバコを、途中で席を立たなくても観戦しながら吸うことを認めた事例で、もちろん賛否両論の意見があります。

まさかスタンドで爆煙を楽しむ人はいないと思いますが、まったく0だと確証がない電子たばこの副流煙問題が解決せぬまま使用を認めるのは、時期尚早だと言われても仕方ないかもしれません。

ドクターべイプ

タール無し・ニコチン無しの「ドクターベイプ」が流行る理由とは?

2019年9月11日

電子タバコの爆煙による副流煙被害まとめ

この記事の要点まとめ
  • 加熱式タバコにはニコチンの影響があるが、日本の電子タバコにはニコチンによる健康被害はない
  • 電子タバコには一定の依存性が認められ、身体への蓄積された健康被害についてはまだ未知数
  • 電子タバコの爆煙による副流煙には、大量に摂取すると身体に悪影響をもたらす物質が含まれている

価格もコスパが良く、ネット販売でも人気ランキングに入る電子タバコのリキッドは、これからもそのシェアを拡大していくでしょう。

一方で、今回紹介した副流煙による健康被害も意識していかないといけませんので、今回のポイントである上記の3点を考慮した上で、節度ある楽しみ方をしたいものです。

くれぐれも知恵袋などで、愛煙家同士の意見を鵜呑みにしませんようにご注意ください…。

電子タバコの副流煙被害

国内で大流行中の「DR.VAPE」が今一番おすすめ!

発売開始から1年足らずで累計販売本数100万本を突破したDR.VAPE(ドクターベイプ)は、日本国内で今最も勢いのある最先端の電子タバコです!

ドクターベイプを永久保証付きで超お得に手に入れるのであれば、公式オンラインショップの「プレミアムプラン」を利用するのが断然おすすめ!今なら下の「公式サイトで購入」ボタンから通常価格8,500円のスターターキットと交換カートリッジが3,500円(税抜)で購入可能なんです!

5,000円も安く購入できるのは公式サイトだけ!Amazonや楽天など、他の販売店では絶対に真似できない価格を実現しているのは公式サイトだからこそです。さらに送料も無料なので、この機会に利用しないと絶対に勿体ないですw

ドクターベイプは吸い応えや満足感も非常に強く、コストパフォーマンスも抜群!禁煙にも節約にもなるドクターベイプを今すぐゲットするのであれば、公式サイトを要チェックです!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

セブンスターを4年吸った後、友人の影響を受けラークのミントスプラッシュを吸ってみることに。意外と美味しいなと気づいてから、メンソール人生がスタート。そんな自分も体のことを真剣に考え、加熱式たばこのアイコスに変更。煙草、電子タバコなど幅広い情報を発信します。