電子タバコのmyblu(マイブルー)で禁煙が可能か調査してみた!

↓ JUULの販売店で最短3日到着を実現 ↓

紙巻タバコから加熱式タバコや電子タバコにスイッチして徐々に体内のニコチンを軽減させて禁煙しようと考える人も多く、そんな中でも特に重宝されているのがマイブルーなどニコチンフリーの電子タバコです!

がしかし、現実的に考えて電子タバコでの禁煙は成功するのか疑問が残るところ…。

そんなわけでマイブルーでの本格的な禁煙についてまとめてみたので、今現在禁煙を考えている方は参考にしてみよう!

myblu(マイブルー)で禁煙を始めるのは正解?不正解?

まず、大前提として電子タバコのマイブルーで禁煙を始めるのは正解か?不正解か?どっちなのだろうか…?

これに関しての結論としては、「正解でもあり不正解でもある」です。

電子タバコに切り替えたからと言って必ずしも禁煙できるというわけではありませんし逆もしかりです。

ただ、紙巻タバコに比べれば間違いなく有害性は少ないと言えるのも事実なので、現時点では「禁煙できる可能性は十分にある」という解釈が一番無難かと思います。

最終的には「禁煙したい」という強い気持ちや意思が大切なので、そこはしっかりと理解しておきましょう。

myblu(マイブルー)で禁煙に成功or失敗した方達の意見

マイブルー 禁煙成功

禁煙のためにマイブルーを購入しようと考えている方のために、実際に禁煙に成功した方と禁煙に失敗した方達のリアルな意見を見ていきたいと思います。

それぞれの意見を聞く事で、自分にできるか否かを判断する基準にもなると思うので、まずは成功者&失敗者の意見を参考にしてみてください。

禁煙に成功した人の意見

【30代/男性/会社員】
・初めての電子タバコがマイブルーでしたが自分の予想以上にタバコを吸っている感覚を味わう事ができ、今では禁煙する事にも成功しています。禁煙までは数か月かかりましたが結果オーライですね。


【20代/女性/OL】
・アイコスを吸っていましたが少なからずタールが含まれているという事を知りマイブルーへ変更。慣れるまでは物足りない感じもありましたが徐々に吸う本数も減って無事に禁煙する事ができました♪


【40代/男性/自営業】
・間違いなく本数は減った!まだ完全に禁煙できているわけではないけど、1日数回程度しか吸引しないので禁煙成功と言っても良いのではないでしょうか(笑)


【30代/男性/販売員】
・マイブルーデビューしてから数週間で禁煙できました。僕の場合は単純に紙巻タバコからグローに変えてそれからマイブルーという王道の道筋でしたが、今はマイブルーすら使っていません!彼女からの圧力も後押ししたのだと思いますがとりあえず禁煙成功です!!

禁煙に失敗した人の意見

【30代/女性/家事代行】
・マイブルーに切り替えてから本数は減りましたがまだ禁煙には至っていません!もう少し慣れれば禁煙できるのかな・・・?


【30代/男性/営業職】
・会社の後輩に勧められてマイブルーを買いましたが自分には少し合わなかったのかタバコの代わりとしては物足りなさを感じました。やっぱり電子タバコでの禁煙は難しいのかも。。。


【40代/男性/建築関係】
・禁煙はできていませんが間違いなく本数は減った!そういった意味ではある意味成功ですが、結局のところ煙を吸うという動作があるので禁煙するのは難しいのかも。


【20代/男性/フリーター】
・紙巻タバコの頃よりもコスパは良くなりましたが禁煙までは難しい気がします。むしろフレーバーの種類が多くていろんな味を楽しめるのでマイブルー依存になっているかもww

マイブルーでの禁煙に対する個人的な見解

マイブルーでの禁煙についてですが、いろいろな意見を参考にしてみると少し難しいようにも感じます。

僕自身、電子タバコ類で禁煙しようと思って吸い始めたことがありますが、なかなかニコチンフリーに慣れずに結局アイコスに出戻りしてしまった経験があります。。。

ただ、ニコチンの入っていない電子タバコの安全性をしっかりと理解したり、体への健康被害を考えて電子タバコに慣れてしまえば禁煙成功率も一気に上がると思いますので、まずはチャレンジ精神で試してみるのもアリかもしれません!

実際にマイブルーなどの電子タバコを吸い始めてから禁煙に成功した方もそれなりにいるようなので、本気で禁煙したいのであればとりあえず挑戦してみる事をおすすめします♪

そもそも電子タバコでの禁煙や減煙はいかがなものか?

電子タバコ 禁煙

改めてここまでの情報を踏まえ、実際に電子タバコでの禁煙や減煙はどうなのか?という点についてですが、先ほどの個人的な見解でもお伝えしたように、禁煙できる可能性は十分にありますし少なくとも減煙に関してはかなりの高確率で成功すると思います!

成功例も失敗例もありますが、最終的には「禁煙するぞ!」という強い気持ちを持つことが大切だと思うので、マイブルーなどの電子タバコを使った禁煙を前向きに考えてみるのも1つの方法です。

また、禁煙には計画性を持たせることも大切なので、いつまでにどれくらい減煙していつまでに禁煙するという自分なりの目標を決めてみるのもおすすめです!

電子タバコで禁煙する為の3つのアドバイス

禁煙 アドバイス

マイブルーでの禁煙に成功するか失敗するかは人それぞれですが、少しでも禁煙したいのであれば以下3つのポイントを意識してみると良いかもしれません!

  • ノンニコチン&ノンタールは絶対
  • 無理せず徐々に電子タバコ一本化へ
  • 年間コストを計算して現実的に考えてみる

僕自身、一時的にでも禁煙に成功した経験があり、そこを踏まえたアドバイスを以下にまとめてみましたので、ポジティブに考えて参考にしてみてくださいね!

①ノンニコチン&ノンタールは絶対

まず1つ目はノンニコチン&ノンタールの電子タバコを選ぶという事。

日本国内製のリキッドに関してはニコチンがNGとなっているの問題ありませんが、海外製のリキッドにはニコチンが含まれている事が多いので、購入時には「ニコチンフリー」というキーワードに注目して製品を選ぶようにしましょう。

電子タバコにもいろんな種類がある事はご存知だと思いますが、ネット通販を利用して購入する場合、リキッドにニコチンが含まれているケースも多々あるので、成分や製造国をしっかりと確認する事が大切です。

②無理せず徐々に電子タバコ一本化へ

禁煙をする際に、「今日まで紙巻タバコを吸って明日から電子タバコに切り替える」と極端にスイッチさせる方も多いですが、こういった極端な切り替えは禁煙失敗時によくあるパターンです。

今までニコチン入りのタバコを摂取していたわけですから、いきなりニコチンの含まれていない電子タバコに切り替えると物足りなさを感じる事が多いです。

なので、無理に電子タバコに切り替えるのではなく、最初は紙巻タバコと電子タバコを併用して徐々に減煙し、最終的に禁煙するというような段階を踏んでいくことも禁煙成功率を高めるポイントの1つとなります。

③年間コストを計算して現実的に考えてみる

最後は年間にかかるコストを計算してみるという事。

これが一番現実的な考えですが、仮に紙巻タバコが1箱500円と仮定して1日1箱吸った場合には1ヵ月で15,000円程度のコストがかかります。

これをマイブルーに置き換えた場合、ポッド1つで300回程度吸引できるマイブルーは1箱に2つ入っているので1箱で600回の吸引となり、タバコに換算するとおおよそ3箱分に相当します。

つまり、タバコ3箱で1,500円かかるところを920円で抑える事ができるというわけです!

最初こそスターターキットで少し費用がかさみますが、それさえ購入してしまえば間違いなくマイブルーのほうがコスパが良くなりますので、現実的に考えても電子タバコのほうがお得になるという事なんですね。

myblu(マイブルー)を使う事のメリット・デメリット

マイブルー 損得

僕個人の主観もありますが、改めてマイブルーのメリットデメリットをまとめてみました。

おさらいがてら参考にして頂き、メリット・デメリットを踏まえた上で電子タバコへの切り替えを検討してみると良いでしょう!!

【メリット】

  • 高確率で減煙できる
  • 味や香りに慣れれば禁煙できる
  • 年間コストの削減につながる
  • ライターなどの手荷物が少ない

【デメリット】

  • 禁煙できる保証はない
  • 紙巻タバコよりもキック感は少ない
  • ニコチンフリーなので物足りなさを感じる

ざっくりこんな感じですが、基本的には吸い応えやコスパに関する部分が大半を占めているので、そこを踏まえて考えてみてくださいね。

myblu(マイブルー)の評価や口コミまとめ!評判は良い?悪い?

2019年9月10日

【まとめ】マイブルーを使う事は禁煙への第一歩としては最適!

この記事の要点まとめ
  • マイブルーでの禁煙成功率は五分五分で必ずしも禁煙できる保証はない
  • 現実的な年間コストを考えた場合にはマイブルーのほうがお得になる可能性が高い
  • 電子タバコでの禁煙に頼らず自分自身の禁煙に対する強い気持ちとそれを実行する意思が大切

以上がマイブルーでの禁煙に関する総評となりますがいかがでしたか?

マイブルーなどの電子タバコを使った禁煙を始める方は実際に数多くいると思いますが、決して「マイブルーで禁煙できる」という保証があるわけではありません!

口コミを見てもわかる通り、あくまでも禁煙できる可能性を秘めているというだけなので、これから電子タバコで禁煙を始めようと思っている方に関しては、そこを念頭に置いた上で電子タバコでの禁煙を初めてみてください。

結局は自分自身の気持ちの持ちようだと思うので、マイブルーでの禁煙に限らず「禁煙する」という強い意志を持って挑戦してみる事が大切です。


国内で大流行中の「DR.VAPE」が今一番おすすめ!

発売開始から1年足らずで累計販売本数100万本を突破したDR.VAPE(ドクターベイプ)は、日本国内で今最も勢いのある最先端の電子タバコです!

ドクターベイプを永久保証付きで超お得に手に入れるのであれば、公式オンラインショップの「プレミアムプラン」を利用するのが断然おすすめ!今なら下の「公式サイトで購入」ボタンから通常価格8,500円のスターターキットと交換カートリッジが3,500円(税抜)で購入可能なんです!

5,000円も安く購入できるのは公式サイトだけ!Amazonや楽天など、他の販売店では絶対に真似できない価格を実現しているのは公式サイトだからこそです。さらに送料も無料なので、この機会に利用しないと絶対に勿体ないですw

ドクターベイプは吸い応えや満足感も非常に強く、コストパフォーマンスも抜群!禁煙にも節約にもなるドクターベイプを今すぐゲットするのであれば、公式サイトを要チェックです!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

喫煙歴10年以上。ある日突然肺気胸になり1年間禁煙して電子タバコに切り替えるも、結局紙巻タバコに戻る。しばらくマルボロを吸い続け、今は紙巻タバコからアイコスに変更。有害性の少ない電子タバコへの切り替えも考えているので同じ境遇の方のタメになる情報をお届けします!