CBDオイルに癌の治療効果はあるのか?CBDオイルの成分を徹底調査

↓ JUULの販売店で最短3日到着を実現 ↓

ここ最近一気に知名度が上がってきたCBDオイルですが、みなさんはそのすべての効果をご存じですか?

有名なものでいえばリラックス作用による睡眠の質向上や、ストレスの低減などがありますが、実はそれだけでなく医療分野でもかなりの活躍が見込まれているオイルなんです。

今回は、その中でも特に癌についての効果を紹介していきたいと思います。

CBDオイルとは

CBDオイルイメージ

CBDオイルというのは、(カンナビジオール)という大麻の主成分を抽出し、植物性のオイルと混ぜ合わせたもので、現在世界中から注目されているオイルです。

注目の理由は、何といってもその効果の汎用性で、現在確認されているだけで100種以上の疾患に効くと言われており、WHOも分析に力を入れています。

また、それだけ様々な症状への効き目が見込まれているのにこれといったリスクが確認されていないというのも理由の一つです。

今回は、CBDオイルの成分に注目し、それぞれがどのように疾患に作用するのか、どんな症状への効き目に希望が持たれ分析されているのか、ネット上で噂になっている癌への効果は本当にあるのかどうかなどなど詳しく紹介していきたいと思います。

CBDオイルに関しては以前の記事でより詳しく述べているのでそちらもご覧ください。

CBDオイルは効果なしで効かない?効能や効果時間はどれくらい?

2019年8月17日

CBDオイルの成分

CBDオイル成分イメージ

CBDオイルを主に構成しているのは、メインとなるCBDと希釈用の植物性オイルで、非常にシンプルなもので構成されていますがその効果はすでに世界が知るところとなっています。

CBDには濃度や希釈に使われるオイルによって多少の効き目の違いがあります。

使用されるオイルは、

  • ココナッツ
  • オリーブ
  • ヘンプシード

などなど基本的にこれらの植物性油によって希釈されCBDオイルは販売されています。

効果の違いは主にこの希釈する油によって違ってくるので、これからCBDやそれぞれの油の成分について詳しく紹介し、どういった症状にどのように作用していくのか紹介していきます。

CBD(カンナビジオール)

CBDオイルのメイン成分であるCBDは、大麻の主成分の1つで、精神に作用を及ぼすことはないので違法性はありません。

それに対して大麻草のもう一つの主成分であるTHC(テトロヒドロカンナビノール)は精神作用を及ぼすもので、一般的に大麻が違法とされているのはこの成分を含んでいるためです。

CBDオイルで使われているCBDは、大麻の種子や茎といった合法的な部分から抽出されているためまず間違いなく所持しているだけで逮捕されるといった事態は起きません。

ただ、世界で売られているCBDオイルには、一部違法性物質であるTHCが含まれている場合があるので、個人輸入する際には注意が必要です。

このCBDというのは、カンナビノイドという大麻草に含まれる化学物質の総称のうちの一つで、この中に先ほど述べたTHCも含まれています。

CBD単体での効果は、ECSと呼ばれる体の調節機能を蘇らせ、慢性的な痛みや睡眠障害、神経過敏などの症状を抑えることができます。

ココナッツ油

ココナッツ油は主に美容の面で効き目がある油で、

  • 脂肪燃焼によるダイエット効果
  • 腸内環境を整える
  • 殺菌作用・抗炎症作用で肌トラブルの回避
  • 乾燥肌や髪の毛のケア

などなど比較的外面への効き目に希望が持てる油となっています。

CBDとの相性が良さそうなのはコレステロール値の改善と糖尿病予防ができる点で、血管弛緩効果のあるCBDと一緒にオイルで摂取できれば血流が改善され冷え性などへの効果へも希望が持てそうです。

オリーブ油

健康食品としても有名なオリーブ油ですが、改めて見るとCBDとの相性はかなり良さそうです。

その主な効き目は、

  • 抗酸化作用による癌や生活習慣病の予防
  • 動脈硬化の予防
  • 血液サラサラ
  • 腸内環境の改善

などなど中でも抗酸化作用は、CBDの抗がん作用との相乗効果でかなり希望が持てそうです。

ヘンプシード油

ヘンプシード油とは、大麻の種子から抽出した油で、CBDオイルとはその含有成分の違いによって区別され、ヘンプシード油はCBDをほとんど含んでいません。

効果もどちらかというと美容寄りで、CBDのような薬効はあまり希望が持てないためそこまでの効き目ではありません。

主な効果は、

  • 美肌効果と脂肪燃焼効果
  • アレルギーやアトピーの改善
  • 血液サラサラ

などなどココナッツ油と似たような効き目になっていますが、同じ大麻由来ということでCBDオイルとの相性はいいかもしれません。

CBDオイルの一般的な効果

CBDオイルの一般的な効果イメージ

先ほど簡単に書きましたが、CBDオイルは現在確認されているだけでも約100種類以上の疾患に効果があると見込まれています。

その中でも希望が持てるのがリラックス作用とストレス低減作用で、不眠症などには効き目が絶大で、他にも慢性的な頭痛や神経症などへの効果もあります。

なぜそういった体のちょっとした不調に効き目があるのかというと、CBDオイルというのは、ECS(エンド・カンナビノイド・システム)と呼ばれる、人が生きていくうえで必要不可欠な神経・免疫バランスを調節し、健康な体を維持するためのシステムに効果があるためです。

ECSというのはストレスや加齢によってその機能を低下させてしまうのですが、CBDオイルはこの機能を蘇らせ元通りにする効き目があるため、体のちょっとした不調が治るのです。

CBDオイルの分析中の医療効果

CBDオイルの医療的効果イメージ

CBDオイルは医療分野への活躍にも希望が持たれ、現在分析中の医療効果だけでも100種類以上への有効性が分析され、すでに1000以上の論文が書かれています。

中でも効果に希望が持てるのはてんかんに対してで、てんかんの発作が週に300回以上出てしまっていた少女が、CBDオイルを摂取し始めたら週に数回の発作まで抑えることができたという分析結果も出ています。

これによって、てんかんの症状である脳内の過剰な活動のため興奮状態に陥ってしまうというものを、CBDが持つ適正な範囲に戻すという作用により抑えられるということが判明しました。

CBDオイルは癌への治療効果があるのか

CBDオイルの癌への効果イメージ

CBD単体での抗癌効果に関しては先ほども軽く触れましたが、CBDには癌細胞の成長を抑制するという働きがあり、実際に行われた分析でも、試験管内の乳癌の悪性癌細胞を減らしたという結果が出ています。

その他にもオリーブ油で希釈されたものであれば、抗酸化作用も相まってより癌への治療効果に希望が持てますが、今のところ、癌に対しての有効性は分析中の段階であり、今後本格的な結果が出てその効き目が立証されればまさしくスーパーオイルという代物になり一気に需要が爆発すると思われます。

CBDオイルを使った日本国内での治療例

CBDオイルの日本国内での治療イメージ

日本国内で実際に患者レベルに投与されたという情報はありませんが、CBDを精製して作られたてんかんの治療薬に対して国内での臨床試験を許可されたというニュースが今年の3月に発表されました。

いわゆる治験での検証になりますが、もしこれで有効だということが判明すれば、日本国内でも大麻由来の成分を使った薬の開発が許可され、より多くの疾患に苦しむ人々の助けになる可能性が高まります。

【よくある質問】動物に使えるのか?

CBDオイルのよくある質問イメージ

ここでは、CBDオイルに関してよくある質問に対して調査した結果を紹介したいと思います。

今回は実際に使用する直前の方から多くありそうな質問として「動物に使えるのか?」という問いに対する回答を紹介したいと思いますが、まず結論から言いますと使えます

実際に犬用のCBDオイルというのが販売されていて、人間と同じような症状に対して有効だということも分かっており、中には「3か月を与え続けたら腫瘍が消えた」や、「重度の心雑音と痛みを伴う関節炎を患っていたが、改善された」という例もありました。

CBDオイルを与えるときは、人間用とペット用のものがしっかり区別されているので、自分が利用しているものをそのまま与えないようにしてください。

犬以外にも基本的に哺乳類であれば、人間のECSと似たようなシステムがあるため、CBDは有効に働きますが、濃度が圧倒的に違うので思わぬ副作用が出てしまう可能性もあるので注意が必要です。

【まとめ】CBDオイルは癌に対して効果的という分析結果あり!

この記事の要点まとめ
  • CBDオイルは分析段階だが癌に効果があるという結果も出ている
  • CBDの成分とオイルの組み合わせによって効果は変わる
  • 抗癌ということならおすすめはオリーブオイル

今回はCBDオイルに含まれる成分からそれぞれがどのような疾患に作用するのかに関して紹介しました。

その中でも癌に対しての効果はかなり注目されており、実際に有効だったという分析結果も出ています。

日本国内での臨床試験も今年に入ってから許可が下りたので、世界のCBD利用の流れに遅れずに薬の開発を行えるようになれば、今後、さらなる分析が進み、様々な疾患に苦しむ人にとってCBDオイルが有効なものになると思います。


乗り換えやサブで持つなら絶対に「JUUL」がおすすめ

アメリカで電子タバコのシェア7割超えの最新トレンド「JUUL」は火を一切使用しないのでタールが発生せず、気になる健康被害の影響は全くありません。

「有害物質は一切無し」「フレーバー100種類以上」「加熱式タバコ特有の嫌な臭いが全くしない」「メンテナンス一切不要」「壊れにくい」等、加熱式タバコや紙巻きタバコよりもJUULを圧倒的におすすめする理由はまだまだたくさんあります。

煙の量と強いニコチン感、煙草と全く同じ吸いごたえを得られる「JUUL」は加熱式タバコや紙巻きタバコを吸っているユーザーの不満を全て解消してくれる夢のようなデバイスです。

下記の公式サイトから通販で誰でも簡単に購入する事ができるので、ほんの少しでも今吸っているタバコから乗り換えたいと感じた事があるなら要チェックですよ!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です