嫌煙する人は異常?やりすぎな嫌煙運動で拡がる『タバコいじめ』

タバコいじめ

↓ JUULの販売店で最短3日到着を実現 ↓

JUUL販売店最短3日

最近、加速している嫌煙問題ですが、嫌煙する人は異常と一部では言われているのですが、なぜ嫌煙する人が異常と言われているのでしょうか?

また、嫌煙運動や禁煙化が進んでいる事から、さらに喫煙者に対するタバコいじめがさらに酷くなっているんです。

そこで今回は、嫌煙する人は異常なのか?やりすぎな嫌煙運動で拡がるタバコいじめについて詳しくご紹介していきます。

嫌煙や嫌煙運動とは?

嫌煙とは

やりすぎな嫌煙運動によるタバコいじめについてご紹介する前に、嫌煙や嫌煙運動について知らない方もいると思うので、まずは嫌煙や嫌煙運動についてご紹介していきます。

それでは早速、嫌煙や嫌煙運動について見ていきましょう。

嫌煙とは?

嫌煙とは、自分意思関係なく、受動喫煙する事を嫌っていて、受動喫煙を反対している事を言います。

簡単に言うと、タバコを吸わない人がタバコの煙を吸い込んでしまう環境を嫌っていて避けたり、タバコの事を否定している事です。

タバコを吸わない人から見るとタバコは身体に害のあるもので、良いところが1つもないのになんでタバコを吸っているのか分からないと思っている人が多いです。タバコは決して身体に良いものではないので、悪いイメージがあるのは仕方ないですね…

嫌煙運動とは?

嫌煙運動とは、公共の場での受動喫煙をなくす為の運動の事を言い、2月18日に嫌煙権確立を目指す人びとの会が設立された事によって、2月18日は嫌煙運動の日はとされています。

医療業界では、受動喫煙による危険性がどんどん露わになり、多くの医療現場で禁煙を推奨するコメントが発表されました。

タバコは身体に悪影響を及ぼすという内容の発表があった事から、嫌煙運動は拡がり嫌煙する人はどんどん増えていきました。

スモークハラスメントとは?

スモークハラスメントという言葉がある事を知っていますか?スモークハラスメントは、タバコを吸っていない人に対してタバコを吸うように強要したり、タバコの煙を自分の意思関係なく、吸い込んでしまう環境などタバコで人を不快にさせる行為の事を言います。

スモークハラスメントは主に職場であるようで、上司に強要されて断れなかったなどタバコに関するハラスメント全般を意味しているようです。

また、最近よく耳にする事が多い、パワハラ(パワーハラスメント)にタバコに関するハラスメントが含まれることもあります。

嫌煙家とは

嫌煙家とは?嫌煙者として知られる芸能人・有名人をまとめてみた

2020年6月29日

やりすぎな嫌煙運動によるタバコいじめとは?

タバコいじめとは

ここまでは、嫌煙や嫌煙運動、スモークハラスメントについてご紹介しました。

やりすぎな嫌煙運動によって、タバコいじめと言ってもいいほどの嫌煙する人の異常な行為で喫煙者は苦しんでいます。

ここからは、嫌煙する人は異常なのか?やりすぎな嫌煙運動による実際にあったタバコいじめについてご紹介していきます。

急にタバコを吸うなと嫌煙者に怒鳴られる

実際にあったやりすぎなタバコいじめ①急にタバコを吸うなと嫌煙者に怒鳴られる

喫煙者の中にもマナーを守っていない人は確かにいますが、喫煙が許されている場所でタバコを吸っていたら急に嫌煙する人に怒鳴られたという方がいます。

流石に喫煙する事が出来る場所でタバコを吸っていただけで、怒鳴られるのはやりすぎを通り越して異常だと思いませんか?

喫煙者の中には、周囲を気にしたり、マナーを守って喫煙している方がたくさんいるのに、そのマナーすら嫌煙する人に否定されてしまうのは異常以外に表現する言葉がありません。

飲食店でタバコを吸ったからと代金を要求される

実際にあったやりすぎなタバコいじめ②飲食店でタバコを吸ったからと代金を要求される

先ほどと少し似ていますが、喫煙が許されている飲食店でタバコを吸っていると、タバコの煙で料理が不味いと怒られ、代金を要求された人がいるよう。

喫煙が許されている場所での喫煙に対して理不尽に怒鳴り、挙句の果てには食事代金の要求。これは流石にやりすぎですし、異常だと思いませんか?

その他にも聞こえるように大きな声で「煙たい」や「臭い」などと遠回しに言う嫌煙者もたくさんいます。こういった人がいるから嫌煙する人異常だと言われているんですね。

タバコを買おうとしたら店員さんの態度が豹変

実際にあったやりすぎなタバコいじめ③タバコを買おうとしたら店員さんの態度が豹変

コンビニでタバコを買おうとして欲しいタバコの番号を伝えると、急に店員さんの態度が豹変したそう。

態度が悪すぎて注意したら、タバコ嫌いと言われたようで、タバコを吸っているわけでもなく、タバコを買っただけですよ?

ここまでくると、やりすぎだとか異常を通り越して、ただのいじめだと思いませんか?同じ空間でタバコを吸っているわけでもないのに、ここまで不快な思いをしないといけない理由は何なのでしょうか?

本を読んでいる木の人合

【最新版】意外と知らないタバコの雑学や面白い豆知識50選

2020年1月7日

嫌煙する人にあった場合の対処法とは?

対処法

ここまでは、嫌煙する人は異常なのか?やりすぎな嫌煙運動による実際にあったタバコいじめについてご紹介しました。

嫌煙する人の全てが異常とは限りませんが、嫌煙する人の中には度を越えている異常な人もいるようで、実際にタバコいじめにあった方たちはどう対処しているのでしょうか?

禁煙化が進んでいる事から、さらに加速している嫌煙者たち。嫌煙する人にあった時の対処法についてご紹介していきます。

対処法①無視をする

嫌煙する人によるタバコいじめにあった場合の対処法①無視しましょう。

異常なタバコいじめをする方のほとんどは、理不尽な事を言ってきます。なので、聞く耳を持たずに無視をしても良いと思います。

喫煙が許されている場所での喫煙は悪い事ではないですし、喫煙者の中には気を遣って吸う本数を減らしたりする人もいます。喫煙者が一方的に怒られるのは違うのではないでしょうか?

対処法②その場から立ち去る

嫌煙する人によるタバコいじめにあった場合の対処法②その場から立ち去りましょう。

やはり聞こえるように文句を言われて誰もいい気はしません。なので、嫌煙する人が立ち去らないのであれば、その場から立ち去るのが一番です。

やりすぎなタバコいじめを受けたという方もいると思いますが、居心地が悪い場所にいてもストレスを感じてしまうだけなので早めに立ち去る事をおすすめします。

対処法③外の喫煙スペースを利用する

嫌煙する人によるタバコいじめにあった場合の対処法③外の喫煙スペースを利用しましょう。

もちろん喫煙が許されている場所で喫煙しているとは思いますが、それでも文句を言ってくるやりすぎな嫌煙する人はいます。

なので、そういう時は外に喫煙スペースが設置されているところもたくさんあるので、外にある喫煙スペースを利用する事がおすすめです。

tobacco

タバコの副流煙はマスクで防げるか?受動喫煙を防止する効果はある?

2020年3月18日

異常な嫌煙する人が急増!嫌煙運動により増えているタバコいじめまとめ

この記事の要点まとめ
  • 嫌煙運動によって異常な嫌煙者が増えている
  • 嫌煙する人の中にはやりすぎなタバコいじめをしている人もいる
  • 異常なタバコいじめにあったら立ち去るのが一番

嫌煙する人は異常なのか?やりすぎな嫌煙運動で拡がるタバコいじめについてご紹介しました。

喫煙ルールを守っていても、嫌煙する人の中には異常と言ってもいいほどやりすぎなタバコいじめをしている人はいます。

そんな時は、すぐにその場から立ち去る事が一番です。また、そういったやりすぎなタバコいじめにあわない為に、最初から外にある喫煙スペースを利用し、事前に回避するという手もありますね!

タバコいじめ

国内で大流行中の「DR.VAPE」が今一番おすすめ!

発売開始から1年足らずで累計販売本数100万本を突破したDR.VAPE(ドクターベイプ)は、日本国内で今最も勢いのある最先端の電子タバコです!

ドクターベイプを永久保証付きで超お得に手に入れるのであれば、公式オンラインショップの「プレミアムプラン」を利用するのが断然おすすめ!今なら下の「公式サイトで購入」ボタンから通常価格8,500円のスターターキットと交換カートリッジが3,500円(税抜)で購入可能なんです!

5,000円も安く購入できるのは公式サイトだけ!Amazonや楽天など、他の販売店では絶対に真似できない価格を実現しているのは公式サイトだからこそです。さらに送料も無料なので、この機会に利用しないと絶対に勿体ないですw

ドクターベイプは吸い応えや満足感も非常に強く、コストパフォーマンスも抜群!禁煙にも節約にもなるドクターベイプを今すぐゲットするのであれば、公式サイトを要チェックです!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です