節煙とは?禁煙との違いやメリット・デメリットを徹底解説!

タバコ

↓ JUULの販売店で最短3日到着を実現 ↓

JUUL販売店最短3日

最近、タバコの値上がりや禁煙化が進み、節煙や禁煙などをしようかなと考えている方が多いのではないでしょうか?

そこで今回は、節煙とは何か?禁煙との違いや節煙のメリットとデメリットなどについてご紹介していきます!

節煙や禁煙について分かりやすく解説していくので、節煙しようか考えている方や節煙と禁煙で迷っているという方は、是非参考にしてください♪



節煙って禁煙と何が違うの?

タバコ

そもそも節煙や禁煙についてのちゃんとした知識がない方もいると思うので、まずは禁煙と節煙とは何かについて分かりやすくご紹介していきます!

節煙と禁煙についてご紹介した後に、節煙と禁煙の違いなどもご紹介していくので、節煙と禁煙で迷っている方は要チェックです♪

それでは、禁煙や節煙とは?節煙と禁煙の違いなどについて見ていきましょう。

節煙とは?

節煙とは、紙巻きタバコや加熱式タバコなどのニコチンやタールが含有しているタバコ製品の吸う本数を減らす事です。

禁煙グッズほどは多くありませんが、実際に節煙グッズなども販売されているようで、節煙グッズを使用して節煙を行っている方もいます。

また、禁煙したいという気持ちがあっても中々禁煙する事は出来ません。そこで、禁煙出来なかった人や禁煙する準備段階として節煙をしている方が多いようです。

禁煙とは?

節煙とは違い禁煙は、紙巻きタバコや加熱式タバコなどのニコチンやタールが含有しているタバコ製品を完全に断ち切る事です。

最近では、タバコの値上がりなどにより、禁煙する方が増えている傾向にあります。しかし、いざ禁煙しようと思っても失敗に終わる人も少なくありません。

また、節煙とは違い禁煙外来などに通う事が出来るので、ニコチン製品や医薬品などを処方してもらい、禁煙するという方も数多くいます。

節煙と禁煙の違いとは?

節煙と禁煙の違いは、タバコを一切吸わないかタバコの吸う本数を減らすかです。

また、禁煙は禁煙外来などに通って禁煙治療を行う事が出来ますが、節煙に関しては自分の意思でタバコを吸う本数を減らすだけなので、サポートなどがなく完全に自分ひとりで行うという違いもあります。

そして、禁煙はタバコ製品を一切吸わないので、どんどん健康な体へと変わりますが、節煙はタバコを吸い続けるので、身体に悪い物質を取り入れているという事が一番の大きな違いではないでしょうか?

ニコチン離脱症状 ピーク期間

ニコチン離脱症状のピーク期間とは?症状は眠気や頭痛だけ?

2020年6月5日

節煙のメリットとは?

タバコ

ここまでは、禁煙や節煙とは?節煙と禁煙の違いについてご紹介しました。

禁煙や節煙とは何か?違いなどの理解が深まったと思うので、お次は節煙をする事のメリットについてご紹介していきます!

それでは、節煙にはどんなメリットがあるのかについて見ていきましょう。

節煙のメリット①タバコにかかるコストが抑えられる

節煙のメリット①タバコにかかるコストが抑えられる事です。節煙とはタバコの本数を減らす事をなので、タバコにかかるコストを抑える事が出来ます。

タバコはどんどん値上がりしていくので、タバコにかかるお金も増す一方です。タバコにかかるコストを抑える事が出来ると心にも余裕が出来たという方もいるので、コストを抑える事は一番のメリットではないでしょうか?

また、節煙する事で、これからタバコにかかる予定であったお金を貯金しているという方もいるようで、少ない金額にも思えるかもしれませんが、塵も積もれば山となるです。

節煙のメリット②タバコを吸えないイライラが減る

節煙のメリット②タバコを吸えないイライラが減る事です。節煙する事で、これまでタバコを吸っていたタイミングでタバコを吸えない時間が出来ます。

しかし、タバコが吸えないというわけではないので、禁煙している時ほど節煙して言いる時はイライラしません!

そして、節煙を続けていくとタバコを吸えない事で、イライラしていたのが嘘のようにイライラしなくなります。急に禁煙するよりも節煙してから禁煙すると成功率は上がるかもしれませんね。

節煙のメリット③少しづつ体の不調が改善される

節煙のメリット③少しづつ体の不調が改善される事です。禁煙だけでなく、節煙する事で体の不調が改善されたという方がいるようです。

体の不調が改善する事に関しては、絶対に改善されるわけではなく個人差があると思いますが、身体が軽くなったと感じたり、喉の調子が節煙する前よりもマシになったという方が実際にいます。

なので、絶対とは言えないですが、体の不調が改善される事は大きなメリットとなるのでご紹介させていただきました。

禁煙・禁酒

タバコとお酒はどっちが身体に有害?禁煙と禁酒すれば健康になる?

2019年9月11日

節煙のデメリットとは?

タバコ

ここまでは、節煙する事のメリットについてご紹介しました。

お次は、一番気になるであろう節煙のデメリットについてご紹介していきます!

節煙する事でどのようなデメリットがあるのでしょうか?節煙を考えている方は必見です♪

節煙のデメリット①節煙は途中で吸う本数が戻ってしまう可能性が高い

節煙のデメリット①節煙は途中で吸う本数が戻ってしまう可能性が高い事です。節煙は基本的にひとりで行うものなので、どうしても続ける事が難しくなります。

なので、節煙していても、いつの間にかいつも通りの本数に戻っているなんて事になる可能性が非常高いです。

節煙をするにしても、節煙するぞ!という意思が大切ですが、やはり節煙はひとりで行うので続ける事が一番難しいですね。

節煙のデメリット②タバコが値上がりなどの影響を受ける

節煙のデメリット②タバコが値上がりなどの影響を受けるという事です。メリットとしてタバコにかかるコストが抑えられるとご紹介しました。

しかし、タバコが値上がりすると、その分タバコにかかるコストは増えます。やはり、禁煙をしているわけではないので、値上がりなどの影響は受けてしまいます。

なので、節煙をしたらタバコにかかるコストを抑えられますが、値上がりなどの影響を受けてしまうという事は十分デメリットと言えるでしょう。

節煙のデメリット③健康目的としての節煙は意味がない

節煙のデメリット③健康になる事を目的としているのであれば節煙しても意味がないという事です。

実際に節煙して体の不調が改善された方がいるとメリットでご紹介しましたが、タバコが体に与える害自体は変わらないので、節煙する事で不調の根本まで改善する事はありません。

なので、節煙する事でガンや病気になるリスクは変わらないので、健康を目的としているのであれば禁煙する以外に方法はありません。

タバコはがんのリスクを高める?喫煙者が禁煙しても時すでに遅し?

2019年11月22日

節煙と禁煙の違いとは?節煙のメリット・デメリットまとめ

この記事の要点まとめ
  • 節煙とはタバコを吸う本数を減らす事
  • 節煙の最大のメリットはタバコにかかるコストが抑えられる事
  • 節煙のデメリットは節煙してもガンなどの病気にかかるリスクは変わらないという事

節煙とは?禁煙との違いや節煙のメリット・デメリットなどについてご紹介しましたがいかがでしたか?

節煙する事でのメリットはタバコにかかるコストが抑えられるなどたくさんありますが、ガンなどの病気にかかるリスクは変わらないというデメリットがあるので、やはりデメリットを見ると禁煙をするべきでしょう。

しかし、禁煙する準備段階として節煙をするのは、禁煙に繋がりスムーズに禁煙が出来るようになるので、禁煙する目的としての節煙はかなり効果的です。禁煙か節煙かで迷っている方は、是非参考にしてくださいね♪

タバコ
DR.VAPE2

激売れ中の「DR.VAPE Model2」を買うなら絶対に今!

シリーズ累計販売数300万本を突破したベストセラー電子タバコDR.VAPE Model2(ドクターべイプモデル2)は、新世代タバコの名に相応しい史上最強のデバイスです!

吸い心地・使い勝手・フレーバーの味わい、どれをとっても完璧なドクターべイプモデル2のスターターキットが、今だけなんと下の「公式サイトで購入」ボタンから3,600円OFFで手に入れることができるんです!
たった5,000円という破格の値段でゲットできる大チャンスは滅多にありませんので、見逃しは絶対に厳禁です…!

ドクターべイプモデル2の強い吸い応えは喫煙者も絶対に満足すること間違いなし!非常に完成度の高いドクターべイプモデル2は売り切れ間近となっているので、在庫僅少になってしまう前に公式サイトを要チェックです!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

SUPARI管理人

「脱紙巻きたばこ!」加熱式タバコのアイコス、グロー、プルームテックが登場したお陰で紙巻たばこをやめる事が出来ましたが、新しい電子タバコやVAPE、最近ではCBDにハマっている管理人です。タバコに関する最新情報をお届けしていきますので、ゆっくりしていってください。