パチンコ店の禁煙化はいつから?紙巻きタバコは駄目で加熱式はOK?

パチンコ禁煙

↓ JUULの販売店で最短3日到着を実現 ↓

公共施設において、屋内での喫煙が原則禁止…。

喫煙者ならついに来てしまったかと思うしかない改正健康増進法の全面施行は、2020年の4月からですね。

今までは禁煙が広がってきたけれどまだ吸えるところもある・・・といった具合だった飲食店やオフィスはもちろん喫煙できなくなりますが、それらの中でも特に大きな打撃を受けるであろう施設がパチンコ店です。

パチンコ店が禁煙化されるまであと少しと迫っている中で紙巻きタバコから加熱式タバコに乗り換えればパチンコを打ちながらでも吸う事はできる…?

パチンコ店の禁煙化はいつから?

パチンコ店

パチンコ店が禁煙化されるのは、改正健康増進法の全面施行となる2020年4月です

禁煙化されるのはパチンコ店だけではなく飲食店でも、客商売ではないオフィスなどでも同じですが、パチンコ・パチスロを愛して止まない人々の喫煙者である割合はとりわけ高いとされており、改正健康増進法が一部施行状態だったこれまでは、パチンコ店では紙巻きタバコも気兼ねなく吸える喫煙OKな店がほとんどでした。

分煙されているパチンコ店でも…?

禁煙エリアと喫煙エリアに分煙されている店舗も中にはありましたが、禁煙エリアよりも喫煙エリアのほうが人気の台が置かれているなど喫煙者ユーザーが多いことに対しての売り出し方で、タバコを吸わない人も遊びたい機種目当てに喫煙エリアに向かっていることもありました。

喫煙者・非喫煙者の反応は

2020年4月を堺に、パチンコに行く・もう行かない、という意見は結構割れているようです。

タバコの臭いの問題やタバコをめぐるマナーの揉め事もなくなることを良い事だとしている人も多いですが、喫煙者の割合がそもそも多いため、全体的に見ると客足は遠のくのでは?という予想もあります。

喫煙者『パチンコの客足は減るだろう』

パチンコ店には半分はタバコを吸いに行くという目的で通っていた。
仕事が終わって喫茶店とかに立ち寄っても最近は禁煙ばっかりだからパチンコ店はゆっくりタバコを吸える貴重な場所だったんですがね。

タバコを吸えずにパチンコだけやるのも半分しか目的が達成できないので今後はあんまり通うことは無くなるかな。自分と同じようなタバコを吸える場所を求めてた人も多いのでは?

喫煙者『自分が吸えないのも残念だが禁煙化してもパチンコに行く』

自分も喫煙者ですが、好きな煙の匂いと嫌なタバコの臭いは全然違います。隣の人の煙が大量に流れてきたりすると不快だったりしたこともあるしパチンコ屋にはパチンコをやるために行ってたので禁煙化しても変わらず遊びに行くと思いますよ。煙が大嫌いな人も居るだろうしこれだけ副流煙の健康被害がどうこう騒がれてる現代じゃしょうがないんだろうな…って感じです。

非喫煙者『やっとパチンコを気兼ねなく楽しめる』

実はパチンコは大好きですが、パチンコ店のカーペットやら空調の風からもすごいタバコのニオイが来るし洋服に匂いがついて染み付いてしまうのだけが本当にネックで積極的に店に行くことはなかったです。4月からの禁煙化は正直嬉しいと思います。タバコのニオイを気にせずにパチンコ打ちに行きたい!楽しみにしてます!
ビジネスマンのイラスト

喫煙者が多い職業や会社の特徴とは?業種による喫煙の傾向について

2019年11月15日

原則屋内禁煙とは?

屋内禁煙

2020年4月に全面施行となる改正健康増進法は、パチンコ店も原則屋内禁煙となりますが、この「原則」というワード、ちょっとした抜け穴がありそうです。

パチンコ店のホールで受動喫煙を防止する対策を取っていれば、禁煙化ではなく分煙化という道もあるということになっています。

そこで重要となるのが加熱式タバコと紙巻きタバコの規制エリアの違いです。


分煙方法と吸えるタバコの種類
分煙方法 吸える種類
完全禁煙 なし
加熱式タバコエリア 加熱式
喫煙専用室 加熱式・紙巻き

紙巻きたばこは喫煙専用室のみ

さて、上記の表のように分類される中で、喫煙専用室は、近年いろいろな施設に急激に設置が進んだ煙が外に漏れ出さないようにされている狭い部屋のことで、喫煙が制限されているエリアの端っこのほうに設置されていることが多いですね。

分煙が徹底されれば紙巻きタバコは屋内だとこの喫煙専用室でしか吸うことができなくなります。

したがって紙巻きタバコを吸いながらパチンコを打つことは2020年4月からは完全に不可能ということになります。

加熱式タバコはパチンコをしながら吸うことができる

一方で加熱式タバコは、結論から言うと2020年4月以降でもパチンコをしながら吸うことができる場合があります。

喫煙室や加熱式タバコエリアでは、

  • 禁煙エリアから喫煙エリアへ向かう入り口の風速が0.2m/s以上
  • 壁や天井でしっかりと区切られている事
  • 屋外・外部への排気

という条件を満たしていればOKとなっており、加熱式タバコエリアは、喫煙専用室のような狭い部屋ではなくパチンコ台をずらりと並べた広いエリアを指定することも可能です。

完全禁煙こそが文字通りの禁煙…?

最後に分煙タイプ『完全禁煙』となっているホールですが、もちろん吸えるタバコはありません。

ただ、ここで言うタバコとはたばこ事業法に定められた製造たばこ、または加熱式タバコのことであり、煙の出ない噛みタバコ・嗅ぎタバコや、紙巻きタバコでも加熱式タバコでもないとされる電子タバコに関しては、規制対象外となっています。

なので電子タバコなら吸えるという解釈もありますが、マナーの問題として完全禁煙のパチンコ店が電子タバコも不可としていることもあります。ホールによってルールが違う場合があるので注意が必要です。

電子タバコ

電子タバコは、タバコの香りや味の成分を含ませた液体の蒸気を専用の吸引器で吸うタイプ。
加熱式タバコに見た目や構造は似ているものの、タバコ葉を加熱するということはしない点が大きく違っています。

喫煙者に優しい国や厳しい国はどこ?日本は喫煙者に対して厳しい?

2019年11月15日

喫煙者向け以外の新たなサービスが出てくる?

サービス

喫煙者の割合が多く、タバコを吸いながらのパチンコを楽しみにしている客層が2020年4月以降、大量に離れてしまうのを防がなければならないことはパチンコ店側が一番良くわかっている事のはずです。

ドリンクが充実したり、マッサージチェアや漫画が揃っていたり…と、非喫煙者でも恩恵のある別のサービス環境を整えてくるかもしれません。

もしかすると、パチンコはタバコ臭いというイメージは数年後にはなくなっているかもしれません。

タバコ

【最新】煙が少ないタバコ・煙が出ないタバコの銘柄一覧まとめ

2020年1月7日

パチンコ店の禁煙化は2020年4月から!加熱式タバコはOK?まとめ

この記事の要点まとめ
  • パチンコ店の禁煙化は2020年4月から全面的となる
  • 紙巻きタバコを吸いながらのパチンコは実質不可となる
  • 加熱式タバコは指定エリア内でパチンコをしながら吸える

パチンコ店の禁煙化はいつから?そして紙巻きタバコと加熱式タバコにかけられる制限についてまとめてみました。

とはいえこの制限だと、紙巻きタバコを吸いながらのパチンコができるところは事実上無くなってしまいますが、加熱式タバコなら吸いながら打つことも可能な店舗はまだまだ残りそうです。

このことから加熱式タバコエリアを設ける店舗が多くなるだろうと予想されている一方で、店舗を大規模に改装・構造変更をするには申請が必要なこともあって手続きやコストなどネックになることは沢山あるとのこと。

2020年4月以降、これからのパチンコ店はどう変化していくでしょうか・・・?

パチンコ禁煙

国内で大流行中の「DR.VAPE」が今一番おすすめ!

発売開始から1年足らずで累計販売本数100万本を突破したDR.VAPE(ドクターベイプ)は、日本国内で今最も勢いのある最先端の電子タバコです!

ドクターベイプを永久保証付きで超お得に手に入れるのであれば、公式オンラインショップの「プレミアムプラン」を利用するのが断然おすすめ!今なら下の「公式サイトで購入」ボタンから通常価格8,500円のスターターキットと交換カートリッジが3,500円(税抜)で購入可能なんです!

5,000円も安く購入できるのは公式サイトだけ!Amazonや楽天など、他の販売店では絶対に真似できない価格を実現しているのは公式サイトだからこそです。さらに送料も無料なので、この機会に利用しないと絶対に勿体ないですw

ドクターベイプは吸い応えや満足感も非常に強く、コストパフォーマンスも抜群!禁煙にも節約にもなるドクターベイプを今すぐゲットするのであれば、公式サイトを要チェックです!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です