ホテルの喫煙ルームがタバコ臭い時におすすめしたい消臭方法まとめ

↓ JUULの販売店で最短3日到着を実現 ↓

ホテルで喫煙ルームを利用しようとして「うわっ……」と思ったことはありませんか?

喫煙するならば喫煙ルームを使用するのが当たり前となった今ですが、ホテルに用意されている喫煙ルームも喫煙者にとって快適な環境とも限りません

実は今喫煙ルームのタバコの臭いも問題となってきているのです。本ページではそんな強烈な喫煙ルームのタバコの臭いのおすすめ消臭方法をまとめました。

分煙化されてもなお残るタバコの臭い問題

分煙化

2018年に、健康増進法が改正されてからオフィスやホテルなど様々な施設では受動喫煙の防止措置をとることが必要となり、分煙が進むことになりました。

喫煙ルーム/禁煙ルームと分ける動きはどこのホテルでも見受けられる様になった今ですが、その喫煙ルームにタバコの臭いが完全に染み付いてしまい、喫煙ルームの外まで臭いが漏れてきたり、喫煙者にとってもいい臭いとは言えない状態の喫煙ルームで一服しても全然気分転換にならない…といった問題も出てきています。

喫煙者に優しい国や厳しい国はどこ?日本は喫煙者に対して厳しい?

2019年11月15日

タバコの臭いの消臭方法のポイントとは?

消臭方法

さて、そんなわけで喫煙ルームのタバコの臭いを消してから利用したいと思ったときにどんなことができるでしょう?

タバコの臭いの消臭方法には次のようなポイントがあります。

  • 臭いの発生源を取り除く
  • 換気をして空気を入れ替える
  • ニオイ物質を消し去る
  • マスキングを行う

ではそれぞれ具体的にどうすればよいのかを見ていきます。

消臭方法1『臭いの発生源を取り除く』とは?

まずは室内に臭いを発生させている原因そのものを取り除きます。まずはタバコの吸殻や灰、灰皿などが該当しますが、これらはホテルならいくら喫煙ルームといえど大体は取り除かれているはずです。

他にも、一見臭いの発生源とは気づきにくいモノとして灰皿の近くにあったカーテンやクッション、ソファなどの布製品です。

タバコのヤニが付着したものはすべて臭いの発生源となってしまっているのです。

消臭方法2『換気して空気を入れ替える』

次は換気です。部屋に窓があれば、とにかくすべて開けます。最近のホテルだと転落事故などを防止するためにあまり大きく開けられない窓になっている部屋も多いですが、それでも開けないよりはマシなはずです。

空気清浄機を設置している喫煙ルームもありますが、空気清浄機だけでタバコの臭いを取り切るのは難しいです。新鮮な空気を外から取り入れるほうがベターでしょう。

タバコの煙は上のほうへ立ち上るので、天井付近には高濃度のニオイ物質が溜まっていることも多いです。

換気扇のあるルームなら、換気扇も利用しましょう。

消臭方法3『ニオイ物質を消し去る』には?

換気をしてもなんだかまだ臭いが残っているような気がする…と思われることでしょう。

消臭方法1でも紹介したものの、ルームの壁紙やソファ、カーテンなど部屋の外に出せないものに染み付いた臭いがまだ残っています。

こんなときには消臭剤を使用しましょう。お部屋用の消臭剤や衣服などの消臭スプレーは、薬局やホームセンターなどで非常に多くの種類や香りのものが出回っていますね。

実は、あれだけ様々な種類の消臭剤があっても、そのほとんどは食べ物や油の匂い、汗などのニオイを消すにとどまってしまい、タバコの臭いを消すパワーを持ち合わせてはいません。

タバコの臭いの消臭方法として役立ってくれるのはほんの数種類だけということになります。パッケージにタバコの消臭が可能と書かれているものを選ぶようにしましょう。

消臭方法4『マスキング』とは?

マスキングとは、嫌な臭いの上から別の強い香りを被せてしまうことです。この消臭方法は、臭いが混じってしまって余計に気分の悪い臭いが発生してしまう場合もあります。

他の消臭方法によってある程度部屋のニオイ物質を取り除いた後、もしくはあまり強烈ではない嫌な臭いの場所で行うのが良いでしょう。

消臭方法3で紹介したニオイ物質を消し去る消臭剤には無香のほうがむしろ少なく、ニオイ物質を分解しつつ香りもするものが大半ですので消臭剤や芳香剤を使用した時点で同時にマスキングも行っていることになりますが、室内で良い香りの茶葉を炊いたり、いい香りの柔軟剤を使用した服を部屋にかけておいたりするのもマスキングという訳です。

服についたタバコの臭いを簡単に落とすには?

臭いのきつい喫煙ルームに長時間居ると、服にも臭いが移ってしまいます。服も布製なのでタバコの臭いは染み付きやすくなっています。服についてしまったタバコの臭いを簡単に落とす方法も一緒に紹介しましょう。

もちろん、洗える場合は洗濯するのがベストです。タバコの副流煙にはアルカリ性のニオイ成分、アンモニアが含まれているのでタバコの煙の臭いは酸素系漂白剤を使うとよく落ちます。覚えておきましょう。

また、すぐに洗濯ができないような場合でも、喫煙ルームから出たら風通しの良い場所で服を激しく振るうだけでも、臭い物質を多少落とす事ができます。

煙を口から吐く男性

【最新】臭いが少ないタバコ・臭いがしないタバコ50銘柄一覧まとめ

2020年1月7日

ホテルの喫煙ルームに関するあれこれ

ホテルの喫煙ルーム

ホテルの喫煙ルームの臭いが気になっている人はホテル利用者の中でもやっぱり多いようです。

冒頭で少し触れたように、喫煙者にとってもホテルの喫煙ルームは臭いと感じる人もいて、本当にタバコの臭いが無理で禁煙ルームを利用したい人と取り合いになったりしているようです。

喫煙ルームを避ける喫煙者も

私はタバコを吸う側の人間ではありますが、いつもホテルに泊まるときに利用するのは禁煙ルームを選んでいます。おおよそどこのホテルでも当てはまると思うのですが喫煙ルームよりも禁煙ルームの方が綺麗な気がするので、宿泊するとなると禁煙ルームを選んでしまいます。これは日本に限らずどこの国でもあることだと思います。

確かに、純粋にタバコのヤニなどがカーテンや壁紙に付着することのない禁煙ルームのほうが部屋が綺麗というのは間違いのない話です。

サービスの良いホテルならば事前に

人の臭いへの感じ方には個人差はありますが、喫煙者で喫煙ルームを使用する分には極めて敏感な嫌煙家よりは何とかなることのほうが多いかと思います。ホテルの予約時に消臭対応を事前にお願いしておけば、オゾン等消臭対応機器など、専用の消臭方法で対応してくれるホテルもあります。

禁煙ルームに空きが出たら禁煙ルームに差し替え依頼をしておけば対応してくれる場合もあります。禁煙ルームに空きがない場合にはひとまず消臭対応を依頼してみると良いでしょう。

タバコ

【最新】煙が少ないタバコ・煙が出ないタバコの銘柄一覧まとめ

2020年1月7日

タバコ臭いホテルの喫煙ルームの消臭方法は?まとめ

ホテルの喫煙ルームがタバコ臭いときの消臭方法についてまとめてみましたがいかがでしたか?

この記事の要点まとめ
  • 消臭方法のポイントはカーテンやカーペット、ソファなどの布!
  • 市販の消臭剤を選ぶときはタバコ対応のものをチョイス!
  • ホテルによってはルームの消臭対応をお願いしておくことも可能。

分煙化が進んでもタバコの臭いの問題は尽きることはなさそうですが、最近の消臭剤は少しずつタバコの臭いも消せる!としているものも増えてきていますので、タバコの匂いが気になる部屋にあたってしまったときのために1つ消臭スプレーを持っておくといいかもしれませんね。

ホテルもある程度のサービスはしてくれるはずなのでダメ元でも予約の段階で消臭をお願いしておくのはアリですよ!


国内で大流行中の「DR.VAPE」が今一番おすすめ!

発売開始から1年足らずで累計販売本数100万本を突破したDR.VAPE(ドクターベイプ)は、日本国内で今最も勢いのある最先端の電子タバコです!

ドクターベイプを永久保証付きで超お得に手に入れるのであれば、公式オンラインショップの「プレミアムプラン」を利用するのが断然おすすめ!今なら下の「公式サイトで購入」ボタンから通常価格8,500円のスターターキットと交換カートリッジが3,500円(税抜)で購入可能なんです!

5,000円も安く購入できるのは公式サイトだけ!Amazonや楽天など、他の販売店では絶対に真似できない価格を実現しているのは公式サイトだからこそです。さらに送料も無料なので、この機会に利用しないと絶対に勿体ないですw

ドクターベイプは吸い応えや満足感も非常に強く、コストパフォーマンスも抜群!禁煙にも節約にもなるドクターベイプを今すぐゲットするのであれば、公式サイトを要チェックです!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です