タバコを吸ってガンになる確率は何パーセントで男女差はあるのか?

↓ JUULの販売店で最短3日到着を実現 ↓

JUUL販売店最短3日

タバコは昔から体に悪いと言われてきましたが、ここにきて実は関係ないんじゃないかと思われるようなネットの記事をいくつか見かけるようになりました。

そこで今回は、タバコが実際に体に対してどのような不利益をもたらすのか、それぞれ一つずつ触れながら、先ほど述べたガンとタバコの関係性、性別差による発症確率の違いがあるのかどうかについて紹介していきたいと思います。

タバコを吸うと体にどのような影響があるのか

脳へのダメージイメージ

タバコは害、タバコを吸っている人は健康に問題がある人だとら散々な言われようをしてきているタバコですが、実際のところタバコを吸ったからと言ってどのような影響が出るのかまで詳しく話せる人はなかなかいないと思います。

健康に悪い、周りの人も被害を受けるなどとよく言われているタバコは本当に良くないものなのか、具体的にどの程度体に影響を与えるのか、ここでは、そういったタバコが影響を与えるであろう以下の、

  • ガン
  • 身体機能

など3点について紹介していき、それぞれがタバコを吸った場合にどのような影響が出るのか、具体的な症状や将来的にかかる確率の高い病気について紹介していきたいと思います。

タバコと最も関連性の強いガン

今回のメインテーマであるタバコを吸うとどれくらいガンを発症する確率を上げてしまうのか、これに関しては後ほど様々ながんの種類について詳しく触れていきますが、ここでは全体的にどれくらい上がるのかについて話していきます。

まず、両者を比べて、非喫煙者を1としたとき喫煙者が1.6となっており、タバコを吸っている人の方が明らかに数値が高くなっている結果になりました。

また、女性に関しても比べた場合1.4という数字になっており、男女ともに喫煙者の方ががんになる確率が高いことになります。

たばこによる身体機能の低下

スタミナイメージ

タバコによる害はガンだけでなく様々な身体機能にまで及ぶことが分かっており、その最たるものは有酸素運動能力の低下と言われていて、要はスタミナの低下です。

なんでスタミナが減ってしまうのかというと、タバコに含まれている一酸化炭素という物質が、体内の酸素を運ぶヘモグロビンや酸素を受け取るミオグロビンと酸素よりもくっつきやすいため、本来取り込めるはずだった酸素を取り込むことができなくなってしまいます。

これにより、最大酸素摂取量というものが減少することで、一度に酸素を多く取り込むことができず非喫煙者より早い段階で息切れを起こしてしまうということです。

一昔前はプロのスポーツ選手でもタバコを吸っている人が多くいるイメージですが、スタミナの低下を招くことを知った上でタバコを吸っているのかは疑問です。

タバコは脳の重要な部分にも影響を与える

あまり注目されていませんが、実はタバコによる影響はにも伝わっていて、カナダのモントリオールにある大学の研究では、非喫煙者と比べて喫煙者の大脳皮質の厚みが明らかに薄いことが判明したそうです。

大脳皮質というのは手足の動きや言語機能、認知機能、情動など非常に大切な機能が集中している部分で、ここが薄くなるということは認知機能や運動機能の低下にもつながります。

これは禁煙したからと言って完全に元に戻るということはないようですが、吸い続けているよりはある程度回復が見込めるそうなので、心配な方は今すぐに禁煙することをおすすめします。

男女別喫煙者のガン発症確率まとめ

ガンイメージ

ネットではまれにタバコはガンと関係がないといった記事が挙がっていますが、それは果たして本当に信じていいものなのか、これから吸い続けていってなにかしらの病気の原因になることはないのだろうかと信じきれない方も多くいると思います。

正直な話、私も色々と調べてみましたが、そういった記事は以前行われたタバコに関する研究であったりその結果に対しての批判をしているばかりで、具体的にタバコはガンに関係がないといえる研究結果やデータを示せていないことが多いです。

そこでここでは、実際の研究結果からタバコを吸ったことで起こりえるいくつかのガンについて、その発症する確率や男女による差を紹介していきたいと思います。

日本人の発症率1位の胃がん

胃がんは日本で最も発生率が高いガンで、その原因としてはピロリ菌の感染、塩の摂取など日本人に比較的多い傾向があります。

両者を比較したときに喫煙者が胃がんを発症する確率は、男性で1.8倍、女性で1.2倍という結果になっており、やはいこれに関してもタバコが発症する確率に大きく関与していることが分かります。

喫煙すると、血管が収縮し血行が悪くなるのですが、これにより胃粘膜が酸素不足の状態に陥り、機能低下や抵抗力の低下が発生、この状態が慢性化してくると胃潰瘍になるリスクが跳ね上がります。

口の中全体のガンの総称である口腔がん

口腔がんイメージ

口腔がんというのは口の中に発生するガンの総称で、国際がん研究機関はタバコによってガンの発症する確率が確実に上がっていると分類されている要注意器官です。

非喫煙者と比べたときにその発症するリスクは2.4倍になり、タバコを多く吸う人はそれに比例して確率も上がっていき、1日の喫煙箱数×喫煙年数が60を超える人は4.3倍にまで上昇します。

なぜここまで確率が上がってしまうのかというと、口腔粘膜は物質を非常に吸収しやすい性質を持っているため、タバコの煙を吸い込むと静脈注射したのと同じスピードで体内に吸収されていくので、これだけ高い数値が出てしまうのです。

最も影響を受けやすい食道がん

タバコによるがんの発症リスクとして、比べたときにかなりの差が出たのがこの食道がんで、一度もタバコを吸ったことがない人と比べると、発症リスクは8倍にも及ぶことがアメリカの研究結果によって判明しており、実際にタバコとの関連性の高さは最も高いグループ1というものに分類されるほどです。

また、食道がんは飲酒とも比較的関連性が高く、一日に日本酒2合以上飲む人は4.6倍にも発症リスクが上がるようで、そこにタバコが加わったら考えただけで恐ろしくなります。

予防に関しては禁煙と節酒ということがもう大前提です。

禁煙・禁酒

タバコとお酒はどっちが身体に有害?禁煙と禁酒すれば健康になる?

2019年9月11日

よくある質問~なぜタバコとがんは関係している?~

たばことがんイメージ

タバコを吸うとがんになりやすいとは言われているものの、なぜ?という部分は知らない方が多いと思います。

有害物質をたくさん含んでいるからといってしまえばそれまでですが、どういったメカニズムでタバコが体に悪影響を及ぼしているのか、ここで紹介していきます。

まず、タバコの煙の中にはタバコを形成している物質とそれらが不完全燃焼することによって生じる化合物が含まれており、その種類は5000以上に及ぶそうで、その中には発がん物質が70種類も含まれています。

これらの有害物質がタバコを吸ったときに肺から血液へと流れ、すべての臓器に行きわたりあらゆる疾患を引き起こすもととなるのです。

【まとめ】タバコは確実にガンを発症する確率を高める!

この記事の要点まとめ
  • タバコはガンと関係ないというネット記事は信ぴょう性薄い
  • 男女によって差はあるものの確実にタバコはガンの確立を高める
  • 禁煙しても治らない器官もある

本記事では、タバコはガンとは関係がないというネットの記事にたいして、実際の研究結果やデータを基にどれだけ影響を与えるのかを紹介しました。

それ以外にも身体機能や脳に与える影響の種類だったり、各ガンについての発症する確率、性別差による違いがあるのかどうかについて触れました。

実際に禁煙をしたところで完全に非喫煙者と同じ状態になれるわけではないのですが、それでも吸い続けるよりは体の各機能が回復するということで、もし長生きすることを目指しているのであれば今すぐに禁煙すべきです。

リラックス効果とかストレス解消とかよく言われますが、それは気のせいで、タバコを吸ったところでそういった効果は得られないので他の方法を探すことをおすすめします。


国内で大流行中の「DR.VAPE」が今一番おすすめ!

発売開始から1年足らずで累計販売本数100万本を突破したDR.VAPE(ドクターベイプ)は、日本国内で今最も勢いのある最先端の電子タバコです!

ドクターベイプを永久保証付きで超お得に手に入れるのであれば、公式オンラインショップの「プレミアムプラン」を利用するのが断然おすすめ!今なら下の「公式サイトで購入」ボタンから通常価格8,500円のスターターキットと交換カートリッジが3,500円(税抜)で購入可能なんです!

5,000円も安く購入できるのは公式サイトだけ!Amazonや楽天など、他の販売店では絶対に真似できない価格を実現しているのは公式サイトだからこそです。さらに送料も無料なので、この機会に利用しないと絶対に勿体ないですw

ドクターベイプは吸い応えや満足感も非常に強く、コストパフォーマンスも抜群!禁煙にも節約にもなるドクターベイプを今すぐゲットするのであれば、公式サイトを要チェックです!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です