タバコはがんのリスクを高める?喫煙者が禁煙しても時すでに遅し?

↓ JUULの販売店で最短3日到着を実現 ↓

昔からタバコを吸うとガンになるというのはよく言われている話ですが、科学が発達した現在では以前行われた研究と比べてより正確にガンのリスクがどのようなものかわかってきました。

ということで今回は、タバコとガンの関係性からその危険性の高さについて触れつつ、よく言われている吸ってる期間と同じだけ禁煙すればそのリスクが無くなるという都市伝説について紹介していきたいと思います。

なぜタバコとガンには関係性があるのか

タバコとがんイメージ

ここ最近は禁煙の流れが広がってきて、外の喫煙所が撤去されたり、分煙としてきた飲食店も完全禁煙になったりと、一昔前からしたらかなり喫煙者の数が減ってきましたが、そういった動きにも負けず、増税による値上げにも耐えながら現在も吸っている方は多くいます。

健康問題が騒がれてからかなりの年数が経ちましたが、いまだに元気に吸っている高齢の方がいる現状、本当にガンのリスク上昇というのは事実なのかどうか、ここでは昔よりも高度に発達した研究結果などから喫煙によるガンの発症リスクについて紹介していきます。

タバコを吸うとどれくらいガンのリスクが上がるのか

実際吸っている人と今まで吸ったことがない人ではどのくらいガンになる危険性に差があるのか、一目で見てわかりやすい表を見つけたのでご覧ください。

圧倒的に吸っている人の方がガンになってしまう危険性が高いことがわかります。

実際タバコには数千種類にも及ぶ発ガン性物質が含まれており、それは吸っている人だけでなく副流煙を吸っただけでも体内に多くの発ガン性物質を取り込んでしまうことが明らかになっています。

こういったこともあって、最近の日本では分煙や完全禁煙の飲食店が増えており、喫煙者からしたらもうどこにも吸う場所が無くなってきています。

禁煙するとガンのリスクは減るのか

喫煙者の方なら一度は聞いたことがあるであろうこの「喫煙した期間と同じだけ禁煙したらこれまで吸ってきた分はリセットされる」という都市伝説は、本当に正しいのかどうか、これに関してもデータを見て検証していきます。

結果から言うと、ずっと吸い続けている人と途中で禁煙して吸わなくなった人はガンの発症リスクに関して大きな違いがあることがわかりました。

実際にガンではないのですが、心筋梗塞ではタバコをやめたところ再発率が半分まで減少し、死亡率も下がったという結果や、肺ガンの死亡率も13%ほど減少したという結果も出ています。

データからも明らかな禁煙効果

別のデータでは、禁煙してから10年後には肺ガンの危険性が半分にまで低下、その他先ほど紹介したガンの発症リスクがある疾患に対してもしっかりとリスクが低下したという結果も出ているため、ガンに対して禁煙は有効であるといえます。

つまり都市伝説は半分真実で半分間違いであるということがよくわかります。

もし長生きしたいのであれば一度も吸わないことが一番ですが、現状もうすでに吸ってしまているという人は今から禁煙すればガンの発症リスクを抑えることができる可能性があります。

一般的に30歳ごろに禁煙することに成功したら寿命が10年ほど伸びるようです、40代では9年、50代では6年、60代では3年ほどの寿命の延びが期待できます。

こ禁煙を早く始めれば始めるほど寿命が延びているという結果が出ているので、もし長生きしたいと思う方は今すぐにやめたほうがいいです。

タバコを吸うことで起きるガン一覧

がんイメージ

実際に吸っているとどういったガンにかかる危険性があるのか、簡単にまとめてみました。

口腔・咽頭ガン、喉頭ガン、鼻腔・副鼻腔ガン、食道ガン、胃ガン、肝ガン、膵ガン、膀胱ガン、子宮頸部ガン 大腸ガン、乳ガン、腎盂尿管・腎細胞ガン、前立腺ガン

喫煙したことが影響して発症する可能性があるガンは、かなりの種類に及び、正直言ってこれだけ多くのガンの発症リスクがあるのに未だに吸ってしまうのはもはや中毒でしかありません。

これからそれらのガンの中でタバコとの因果関係が特に高そうなものについてそれぞれ研究結果や関連性がどの程度あるのかを紹介していきたいと思います。

大腸ガン

大腸ガンは昔からタバコとの関係性が高いと言われてきた一つで、長期間吸い続けてきた人がなりやすいという研究結果もあるとともに、ここ40年間の日本でも結腸ガンが男性で4倍、女性で3倍にも増えているというガンの中でも3番目に多い死因となっています。

また、 煙に含まれる発ガン性物質が大腸の粘膜からも発見されているという事実や、吸っている人とそうでない人とでは大腸ガンの発症率が1.4倍ほどの差が出たという結果もあり、確実に喫煙の影響は大腸ガンと関連性があると言えます。

肺ガン

タバコによるガンの発症リスクが最も高いと言われているとともに周知されているのが肺ガンで、吸っている人は男性では4.5倍、女性では4.2倍もかかりやすいという研究結果が出ています。

また、あるデータでは、男性だったら68%、女性では18%がタバコが原因で肺ガンになったという数字も出ていたり、期間が長く一日に吸う本数が多かったりした場合も如実にそれが危険性として現れています。

口腔ガン

肺ガンに比べたらあまりイメージがないかもしれませんが、体内で最も早くタバコの煙と接触する口腔もやはり、発ガンの危険性を抱えています。

非喫煙者と比べたところ、その数値はなんと最大で18倍ほどのリスクさが生まれてしまうということで、実際に他の症状と比べても圧倒的に吸っていない人の方が危険性が低い結果となりました。

さらに、喫煙だけではなくそこに飲酒も加わることでよりガンが発症する確率が高くなるということで、居酒屋とかもはやガンの巣窟と言ってもいいくらいの場所ということがよくわかります

ガンにならないためにすべきこと

健康イメージ

タバコというのは中毒性があるものでやめようと思ってもなかなか辞められるようなものではなく、禁煙が1年以上続く人はわずか数%しかいないという結果も出ているほどです。

もちろん中毒とかではなく好きで吸っている人もいると思うので、一概にタバコが悪だとか害だとかいうつもりもなく、末永く好きなタバコを楽しみながら健康的に生きていくにはどうしたらいいかを考えてみてはいかがでしょうか。

やるべきこととしては運動で、適度に体を動かすことで新陳代謝を高め体をクリーンにしてくれるとともに、脳内で報酬系と呼ばれる物質が働いてタバコの離脱症状を緩和してくれることに期待が持てます。

こういったことに気を付ければ、好きなタバコを楽しみながら健康に暮らしていくことも可能になるのでぜひお試しください。

タバコと血圧の関係

タバコと血圧の密接な関係とは?タバコやコーヒーは高血圧の元?

2019年11月15日

【まとめ】タバコによってガン発症リスクは増加!

この記事の要点まとめ
  • タバコによるガンの発症リスクは確実にある
  • 吸った年数と一日の本数が今後に関わる
  • 今からやめればある程度は回復するがリセットはされない

本記事では、タバコによるガンの発症リスクに触れながら、喫煙者の間で長いこと言われ続けてきた喫煙年数と同じだけ禁煙すれば大丈夫という都市伝説について真実かどうか紹介しました。

結果的に言うと色々な研究結果からタバコによるガンのリスクは確かにあるということデータ的にも判明し、喫煙者と非喫煙者を比べると数倍もの差が出るということが分かっています。

肝心の都市伝説に関しては半分真実で半分間違いのようなもので、禁煙したからと言って今まで吸っていた分が無くなるというわけではなく、あくまで吸い続けるよりはリスクが低くなるというだけでした。

健康面から考えたら今すぐにタバコをやめたほうがいいレベルで結果が出ているので、現在でも吸っている方は今後の喫煙生活を一度考えてみてはいかがでしょうか。


国内で大流行中の「DR.VAPE」が今一番おすすめ!

発売開始から1年足らずで累計販売本数100万本を突破したDR.VAPE(ドクターベイプ)は、日本国内で今最も勢いのある最先端の電子タバコです!

ドクターベイプを永久保証付きで超お得に手に入れるのであれば、公式オンラインショップの「プレミアムプラン」を利用するのが断然おすすめ!今なら下の「公式サイトで購入」ボタンから通常価格8,500円のスターターキットと交換カートリッジが3,500円(税抜)で購入可能なんです!

5,000円も安く購入できるのは公式サイトだけ!Amazonや楽天など、他の販売店では絶対に真似できない価格を実現しているのは公式サイトだからこそです。さらに送料も無料なので、この機会に利用しないと絶対に勿体ないですw

ドクターベイプは吸い応えや満足感も非常に強く、コストパフォーマンスも抜群!禁煙にも節約にもなるドクターベイプを今すぐゲットするのであれば、公式サイトを要チェックです!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です