喫煙者に優しい国や厳しい国はどこ?日本は喫煙者に対して厳しい?

↓ JUULの販売店で最短3日到着を実現 ↓

国内ではどこもかしこも禁煙化が進んでおり、年々喫煙のルールが厳しくなってきていますよね。最近では禁煙に挑戦DR.VAPE(ドクターベイプ)している方も多くなってきているようです。

日本は禁煙後進国と言われていましたが、実際のところ海外と比べると喫煙・禁煙に関する規則や法律は遅れているのでしょうか?

この記事では、喫煙者に優しい国・厳しい国を紹介し、日本は海外と比べて喫煙に対して厳しい国なのかどうかを解説していきます。

喫煙者に優しい国はどこ?

喫煙

喫煙者に優しいDR.VAPE(ドクターベイプ)国の定義は人それぞれ異なりますが、タバコの値段や喫煙のしやすさ等が挙げられるのではないでしょうか?喫煙者が肩身の狭い思いをすることが少なければ、厳しいと感じることも少ないでしょう。

まずは喫煙者に優しい国はどこなのか?タバコに関して寛容な国を紹介していきます。

ロシアは喫煙大国って本当?

喫煙大国とも呼ばれているロシアの喫煙率は世界で見てもトップクラスです。年々喫煙に対して厳しい法律が定められ始めているようですが、それでもタバコを吸う人は減少していません。

また、喫煙者の低年齢化も申告な問題になっており、最近になってようやく中学生を対象に禁煙運動が始まったようです。ロシアでも未成年(18歳未満)へのタバコの販売は禁止されているのですが、タバコを入手することはそれほど難しいことではないことが問題になっているようですね。

また、ロシアのタバコ1箱の値段は約250円と、日本の約半分の値段で購入することが可能です。ロシアは喫煙大国と呼ばれるだけあって、喫煙者に優しい国なのかもしれません。

東南アジアは物価も安くタバコも安い

東南アジアのインドネシアでは、街中のいたるところで喫煙者を目撃します。新しくできたビルでも喫煙コーナーが設けられていたり、タクシー内でも喫煙可能だそうです。

タバコの値段も安く、1箱あたり150~200円程度で購入することができます。また、タバコは1本から買うことができるので、ちょっと吸いたいな…というときにも入手しやすく喫煙者に優しい国だと言えそうです。

また、インドネシア以外にも、ベトナムやフィリピン、カンボジアではタバコを1本から購入することができます。また、ベトナムは世界トップクラスの金額でタバコを買うことができることでも有名ですね。

東南アジアではまだ分煙・禁煙と言った意識は低いようですが、公共の場での喫煙を禁止する国も増えてきているようです。ただやはり、タバコに関する規制を行ってはいるものの、浸透率は低く、路上喫煙や吸い殻のポイ捨ては減っていないようですね。

アフリカでは喫煙者が増加傾向にある?

世界的に見ても喫煙者は減少傾向にあるようですが、アフリカ大国では喫煙者の数が増加傾向にあるようです。以前までアフリカではタバコは高級品ではありましたが、経済成長により生活水準も徐々に豊かになってきています。

もともとアフリカ大陸は喫煙者に優しい国であり、タバコの値段も安く、街中どこでも喫煙可能だという国も珍しくないようです。

アフリカ大陸はほとんどの国が発展途上国であるため、喫煙やタバコに関する規制や法律は定められていないことが多いようですが、喫煙者が増加傾向にあるため今後大きな対策が立てられる可能性があるともいわれています。

世界では電子タバコが流行中?!

世界的に見ても、年々紙巻きタバコに対する健康被害が懸念されていることから、どれだけ吸っても健康的だとされる電子タバコが多くの国で大流行していることをご存知ですか?

日本でも人気沸騰中の電子タバコである『DR.VAPE(ドクターベイプ)』DR.VAPE(ドクターベイプ)は、ニコチンやタールなどの有害性物質が一切発生せず、副流煙や受動喫煙の心配がありません。

吸い応えや味の良さは文句なしなので、紙巻きタバコのようにリフレッシュしたい時や気分転換にもピッタリ。吸い心地がとても良いのがドクターべイプ最大の魅力であり、満足度が高いことも人気の理由の1つになっています。

今なら大変お得なキャンペーン利用して、スターターキットが通常価格8,500円⇒3,500円で購入可能です。ドクターべイプは禁煙にも節煙にも向いていますので、この機会にゲットしてみてはいかがでしょうか?

地球と煙

世界で最も喫煙者が多い国をランキング!日本は世界に比べて少ない?

2019年10月18日

喫煙者に厳しい国はどこ?

禁煙

喫煙者に優しい国を紹介したところで、喫煙者に厳しい国を紹介していきます。

喫煙規制や喫煙に関する法律の制定は世界的な流れになっていますが、先進国ではタバコや喫煙者に対して厳しいルールが定められているようですよ。

喫煙者に厳しい国はオーストラリア?!

オーストラリアはタバコ1箱の値段が高いことでも有名ですが、1番高いタバコで2,500円以上します。

また、オーストラリアでは2012年にタバコのパッケージが統一され、タバコの健康被害の警告文と被害写真が表示されるようになりました。喫煙意欲を失くさせようという対策ですね。

オーストラリアは喫煙規則や法律が厳しく、お隣のニュージーランドでもタバコ1箱2,000円以上はするようですね。オーストラリアをはじめとするオセアニアではとにかくタバコ代が高く、喫煙者には厳しい国と言えますね。

ブータンは全面禁煙国家である

ブータンはインドと中国に挟まれた位置にある小さな国です。ブータンでは2004年、タバコを販売することも買うことも禁止する法律が定められた、世界初の「全面禁煙国家」です。

観光や旅行で訪れる外国人がタバコを持ち込むことや喫煙することは許されていますが、100%関税が課せられます。

全面禁煙国家となると喫煙者にとっては厳しい国ですが、非喫煙者に優しい国であるということは間違いありませんね。

シンガポールも喫煙者に厳しい国

シンガポールも喫煙者に対して厳しい国であることで有名ですよね。シンガポール自体がクリーンな国家を目指しており、街中では喫煙可能場所が定められています。

タバコ自体の値段も高価で、1箱1,000円以上かかります。また、シンガポールにタバコを持ち込む際は必ず申告が必要で、違反すると罰金が科せられます。このように、外国人喫煙者に対しても厳しい国がシンガポールです。

タバコに関する法律も厳しく、禁煙場所での喫煙やポイ捨ても罰金の対象となっています。

電子タバコなら喫煙者にも優しい!

世界では紙巻きタバコよりも電子タバコのシェア率が高くなってきており、アメリカでは紙巻きタバコが無くなる?と心配されているほど電子タバコを吸う方が増えてきています。

もちろん日本にもその影響が広がっており、『DR.VAPE(ドクターベイプ)』DR.VAPE(ドクターベイプ)という電子タバコが若者を中心に大流行中なんですよ。

ドクターべイプはニコチンやタールが一切含まれていないため健康被害がほとんどなく、副流煙も発生しないので受動喫煙で周囲に迷惑をかけることはありません!喫煙者にも非喫煙者にも優しい電子タバコを選ぶなら、絶対にドクターべイプがオススメです。

今なら通常価格8,500円のスターターキットが3,500円で購入できるキャンペーンも開催されています。こんなにお得に安く手に入れられる機会は滅多にありませんので、是非公式サイトを確認してみてはいかがでしょうか?

日本列島と竹

喫煙者が最も多い県ランキング!47都道府県で喫煙率が高いのはどこ?

2019年10月18日

日本は喫煙者に対して厳しい国なのか?

日本

海外の喫煙者に優しい国、厳しい国を紹介しましたが、対して日本は喫煙者に優しい国なのか、厳しい国なのかどちらなのでしょうか?

ここでは海外の国々と比較して、日本の喫煙事情を解説していきます。

海外からは日本は喫煙者に優しい国だと思われている?

日本は海外と比べるとまだまだ喫煙に対して優しい国だとも言われています。

最近になって東京都内の飲食店が全面禁煙になり始めましたが、日本以外の先進国のほとんどはレストランやカフェ、バーやクラブでも店内は禁煙になっています。

公共の場で喫煙できるのは日本だけと言っても過言ではありませんし、海外から日本へ訪れる観光客の喫煙者からすると日本はまだまだ喫煙者に優しい国だと思われているようですね。

日本の喫煙に対するルールは厳格化している

海外と比べると日本は喫煙者に優しい国だと言えど、年々喫煙に関するルールは厳格化していることも事実です。

2020年のオリンピック開催に向けて受動喫煙対策を強める健康増進法が改正されたことで学校や病院・行政機関等は全面禁煙化になり、今後は大型飲食店やホテルのロビー、運動施設も箭内は原則禁煙化が行われる予定です。

海外では公共の場や室内は禁煙であることが多いですが、野外での喫煙に関しては寛容であることが多く、街中に灰皿が設置されていることも珍しくありません。

一方、日本は路上喫煙も禁止されていることが大半なので、その点は海外と比べても喫煙者に厳しい国だと言えそうです。

空港の免税店で買えるタバコの価格を紹介

空港の免税店で買えるタバコの価格は幾ら?カートンのみ?バラ売りは?

2019年7月26日

日本のタバコの法律と喫煙者に優しい国・厳しい国まとめ

喫煙者にも非喫煙者にも優しい製品を選ぶなら、ニコチンなし・タールなしの電子タバコ『DR.VAPE(ドクターベイプ)』DR.VAPE(ドクターベイプ)がおすすめです。

タバコ独特の嫌な臭いやヤニが付着する心配も皆無ですし、周囲に迷惑をかけることなく楽しめるドクターべイプに切り替えるメリットは沢山あります!

今なら公式サイトのキャンペーン適用で、通常価格8,500円⇒3,500円で手に入る大チャンス!この絶好の機会を見逃してしまうのは非常に勿体ないので、気になる方は是非確認してみてください。

この記事の要点まとめ
  • 日本よりタバコが安く、規制も緩い喫煙者に優しい国は存在する
  • 一方、日本のタバコの数倍の値段で販売されている厳しい国も多い
  • 日本は世海外と比べるとまだまた喫煙者に優しい国であると言える

今回この記事では、喫煙者に優しい国と厳しい国を紹介し、日本のタバコ事情や法律についてまとめました。

喫煙大国と呼ばれているロシアや発展途上国の東南アジアやアフリカはタバコに対して寛容であることが多く、タバコ代も安いので喫煙者に優しい国であると言えそうです。

まだ海外ではタバコ・喫煙の規制や法律も定まっていない国も多いので、そういう観点からみると喫煙者にとってはありがたいかもしれませんが、禁煙マナーが悪いということは否めません。

年々世界中で禁煙運動が盛んになってきていて、日本国内でも厳しい取り締まりが始まっています。

日本は今後、室内・室外問わず禁煙化が進んでいきそうなので、世界から見ても喫煙者に厳しい国になっていく可能性がありそうです。また、年々タバコ税も上がってきていますし、喫煙者にとっては肩身の狭い思いをすることが増えていくのかもしれません。


国内で大流行中の「DR.VAPE」が今一番おすすめ!

発売開始から1年足らずで累計販売本数100万本を突破したDR.VAPE(ドクターベイプ)は、日本国内で今最も勢いのある最先端の電子タバコです!

ドクターベイプを永久保証付きで超お得に手に入れるのであれば、公式オンラインショップの「プレミアムプラン」を利用するのが断然おすすめ!今なら下の「公式サイトで購入」ボタンから通常価格8,500円のスターターキットと交換カートリッジが3,500円(税抜)で購入可能なんです!

5,000円も安く購入できるのは公式サイトだけ!Amazonや楽天など、他の販売店では絶対に真似できない価格を実現しているのは公式サイトだからこそです。さらに送料も無料なので、この機会に利用しないと絶対に勿体ないですw

ドクターベイプは吸い応えや満足感も非常に強く、コストパフォーマンスも抜群!禁煙にも節約にもなるドクターベイプを今すぐゲットするのであれば、公式サイトを要チェックです!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です