世界で最も喫煙者が多い国をランキング!日本は世界に比べて少ない?

地球と煙

↓ JUULの販売店で最短3日到着を実現 ↓

JUUL販売店最短3日

2019年10月にタバコDR.VAPE(ドクターベイプ)の価格が値上がり、喫煙者の方にとっては段々とタバコの負担が大きくなってきている日本。

最近はタバコによる健康被害の観点から禁煙する人も少なくありませんが、世界と比べて日本はどのくらいの喫煙者が居るのでしょうか?

今回は世界の喫煙者が多い国をランキングで紹介!また、タバコの価格が高い国ランキングも紹介しますよ!



日本の喫煙者率は?

東京のビル群

2018年からのタバコの増税や近年の副流煙に関する健康被害の問題から禁煙する方が増えてきましたが、まだまだタバコをこよなく愛す愛煙者の方は多く居ます。

筆者自身もタバコDR.VAPE(ドクターベイプ)が大好きで辞めるつもりはありませんし、周囲の人も禁煙なんて言葉と縁も所縁も無い人たちばかり!

そこで、まずは日本の禁煙率から見ていきましょう!ここではJTが毎年行っていた「全国たばこ喫煙者率調査2018年版」を参考に喫煙者率を紹介していきます。

日本の喫煙者率「男性」

日本男性の喫煙者率
2017年 28.2%
2018年 27.8%
日本男性の喫煙人口
2017年 1.426万人
2018年 1.406万人

2017年と2018年では、喫煙人口は約20万人も減っていることが目に見えて分かりますね!

タバコといったら男性のイメージが大きく「ワイルド」や「男らしさ」という印象もありますが、時代と共に変わりゆく物なんですね。

日本の喫煙者率「女性」

日本女性の喫煙者率
2017年 9.0%
2018年 8.7%
日本女性の喫煙人口
2017年 491万人
2018年 474万人

男性に比べると女性の喫煙者率ならびに喫煙人口は圧倒的に少ないですが、こちらも男性と同様に年々減っていることが見て分かりますね。

女性の場合2017年の491万人だったのが2018年には474万人と約17万人に減少しているので男女合わせると約37万人もの喫煙者が禁煙しているということが判明しました!

日本の喫煙者が「電子タバコ」に移行中?

日本の喫煙者は年々減少傾向にあり、多くの喫煙者が禁煙に挑戦したり節煙に取り組み始めているようです。

そんな中、ニコチンもタールも一切含んでいない電子タバコ『DR.VAPE(ドクターベイプ)』DR.VAPE(ドクターベイプ)が注目されており、若者はもちろんヘビースモーカーをも虜にしています。

ドクターべイプ最大の魅力は強い吸い応えとフレーバーの美味しさにあります。従来の電子タバコと言うと「吸い応えが弱い・薄い」イメージがありましたが、ドクターべイプはまるでタバコのような吸い心地を感じられると大人気に。

今なら公式サイトのキャンペーンで通常価格8,500円のスターターキットが3,500円で購入可能です。安くお得に買える絶好のチャンスは今だけなので、少しでも気になる方は公式サイトを確認してみてはいかがでしょうか?

喫煙者が多い国ランキング1位~5位

地図

日本人男女の喫煙者率と喫煙人口は年々減少傾向にあることが分かりました!2019年に至っては10月にタバコが増税したこともあり禁煙を意識し始めている方も多い傾向にあります。

では世界で喫煙者が多い国は何処の国なのでしょうか?また年々喫煙者が減少している我が国、日本は世界と比べて喫煙者が多い国の何位に君臨しているのでしょうか?

ここからは、世界の喫煙者が多い国ランキングを国のタバコ事情と併せて紹介していきます。ヘビースモーカー国は果てして…何処の国だ!

喫煙者が多い国ランキング1位「ギリシャ」

ギリシャの国旗
ギリシャのの喫煙者率
男性 63.6%
女性 39.8%

世界で最も喫煙者が多い国ランキング1位のギリシャはタバコ好きの人が多いことでも有名なので、男性女性共に日本に比べて喫煙者率が多いことが分かりますね。

2009年には禁煙法も実施されているギリシャですが、まだまだヘビースモーカー国と言えそうです。

喫煙者が多い国ランキング2位「ロシア」

ロシアの国旗
ロシアの喫煙者率
男性 70.1%
女性 26.5%

世界で最も喫煙者が多い国ランキング2位のロシアはランキング1位のギリシャと喫煙者率トップを争うほどの喫煙者率を有しています。

さらに2010年の調査ではロシアに住む15歳の12%は毎日タバコを吸うヘビースモーカーという結果まで出ています!しかし2015年以降に生まれた人はタバコを購入出来ないようにする政策もあるのだとか…

喫煙者が多い国ランキング3位「オーストリア」

オーストリアの国旗
オーストリアの喫煙者率
男性 46.4%
女性 40.1%

世界で最も喫煙者が多い国ランキング3位のオーストリアは、タバコに関する規制などは基本的に緩く歩きタバコも日常的、タバコのポイ捨ても日常茶飯事なお国柄のようです!

ちなみにオーストリアは16歳からタバコもお酒もOKなので、あどけなさが残る成長期真っ只中の子達がタバコを吸っている光景は普通なようです。

喫煙者が多い国ランキング4位「ハンガリー」

ハンガリーの国旗
ハンガリーの喫煙者率
男性 45.7%
女性 33.9%

世界で最も喫煙者が多い国ランキング4位のハンガリーでは2013年にタバコに関する法律が改正されていますが、まだまだ喫煙者率が高い国の一つでもあるのでヘビースモーカーが多い国でもあります。

国からタバコを販売できる権利を与えられた「NEMZETI DOHÁNYBOLT(国家タバコ屋)」でしか購入することが出来ないので、ハンガリーには国家タバコ屋さんが約6.269店舗あります。

喫煙者が多い国ランキング5位「ポルトガル」

ポルトガルの国旗
ポルトガルの喫煙者率
男性 40.6%
女性 31.0%

世界で最も喫煙者が多い国ランキング5位のポルトガルは、2007年から喫煙に関する法整備が行われていますが上位の国と同様にまだまだ喫煙者率が高い国の一つでもあります。

といってもヨーロッパの中ではまだ比較的規制が緩い国でもあるので、店内でも喫煙可能なお店などは多く存在します。

喫煙者が多い国ランキング6位~10位

地図

世界で最も喫煙者が多い国ランキング1位~5位である上位を紹介しましたが、日本に比べて女性の喫煙者率が多い国が沢山ありましたね!

国によっては赤ちゃんを乗せたベビーカーを押しながらタバコをプカプカしているヘビースモーカーマザーも多くいるようなので、世界と日本でのタバコに対する考え方が違うということなんでしょう。

しかしどの国を見ても男性の喫煙者が多いのは、世界万国共通なのかもしれませんね!続いては世界で最も喫煙者が多い国ランキング6位~10位を見ていきましょう。

喫煙者が多い国ランキング6位「イギリス」

イギリスの国旗
イギリスの喫煙者率
男性 36.7%
女性 34.7%

世界で最も喫煙者が多い国ランキング6位のイギリスは、建物内は基本的に禁煙エリアとなっていることが多いようですが、路上喫煙が非常に多く見受けられるようです。

喫煙者が多い国ランキング7位「ポーランド」

ポーランドの国旗
ポーランドの喫煙者率
男性 43.9%
女性 27.7%

世界で最も喫煙者が多い国ランキング7位のポーランドは男性は43%と比較的多い印象を受けますが、女性は27%と男性よりは少ない喫煙者率になっています。

しかし日本の女性喫煙者率と比較するとポーランドの女性の方が圧倒的に多いので、世界の女性に比べ日本の女性がタバコを吸っている比率は可愛いものですね!

喫煙者が多い国ランキング8位「トルコ」

トルコの国旗
トルコの喫煙者率
男性 51.6%
女性 19.2%

世界で最も喫煙者が多い国ランキング8位のトルコは、男性と女性で喫煙者率に大きな差があることが分かります。

そしてトルコは愛煙家が多くいる一方でタバコ一箱の値段は平均年収では安いと言えない価格になっているので、まがいもののタバコも多く流出していることも…!

喫煙者が多い国ランキング9位「ルクセンブルク」

ルクセンブルクの国旗
ルクセンブルクの喫煙者率
男性 39.1%
女性 30.3%

世界で最も喫煙者が多い国ランキング9位のルクセンブルクは日本でも良く見かける「チェ」というタバコを製造している国でもあります。

そんなルクセンブルクでは2006年から禁煙法が施行されタバコに関する広告などが禁止、喫煙場所も制限が設けられ、2014年には公共の場での喫煙は全て禁止になっています。

喫煙者が多い国ランキング10位「オランダ」

オランダの国旗
オランダの喫煙者率
男性 38.3%
女性 30.3%

世界で最も喫煙者が多い国ランキング10位のオランダはEU加盟国であるのでEUが定めている禁煙対策ガイドラインを元にタバコに関する規制が施行されています。

そんなオランダでは喫煙可能年齢は18歳となっていますが、2014年までは16歳だったので日本に比べ男性と女性の喫煙率が多い原因とも言えるのではないでしょか。

世界では「電子タバコ」が大ヒット!

世界的に見ても禁煙化が進む国が非常に多くなってきているようですが、海外では紙巻きタバコよりも健康被害が少ない電子タバコが大流行しているようです。

その影響は日本でも広がっており、ニコチン0・タール0の電子タバコ『DR.VAPE(ドクターベイプ)』DR.VAPE(ドクターベイプ)が喫煙者に大人気なんです。

ドクターべイプは有害性物質が一切発生せず、副流煙や受動喫煙の心配もありません。また、タバコ独特の嫌な臭いは皆無・髪の毛や洋服、室内にヤニが付着することもなし!それでいて強い吸い応えとキック感を味わえるので満足感も高く、まさに完璧すぎる電子タバコと言えますね。

今なら公式サイトからの購入で、通常価格8,500円⇒3,500円でスターターキットが購入できるキャンペーンも開催されています。公式サイトの限定特価となっておりますので、この機会に手に入れてみてはいかがでしょうか?

喫煙者を採用しない企業一覧

喫煙者を採用しない企業一覧まとめ!喫煙者が採用されない理由とは?

2020年1月7日

喫煙者が多い国ランキング10位以下

手のひらに描かれた地図

世界で最も喫煙者が多い国ランキング10位までを紹介してきましたが、国としては禁煙法を施行しているにも関わらず喫煙者率が多い国が結構多いという結果が分かりましたね!

世界と比べて日本の男性ならびに女性の喫煙者率は少ない方ということも同時に判明したので、世界で最も喫煙者が多い国ランキング10位内には日本は入っていませんでした。

ここからは喫煙者が多い国ランキング10位以下を一気に紹介していきます。日本は果たして10位以下の何位にランクインしているのでしょうか?

喫煙者が多い国ランキング11位~15位

順位 国名 男性 女性
11位 スペイン 36.4% 30.9%
12位 デンマーク 36.1% 30.6%
13位 ノルウェー 33.6% 30.4%
14位 フランス 36.6% 26.7%
15位 ドイツ 37.4% 25.8%

世界で最も喫煙者が多い国ランキング11位~15位は上記の通りです。

11位~15位でもまだ日本はランクインしていませんね!しかし意外にもタバコ大好きなフランスが14位という結果は驚きです!

個人的に中国はヘビースモーカーが多い国というイメージがあったのですが、今の所ランキングにはランクインしていませんね。

喫煙者が多い国ランキング16位~20位

順位 国名 男性 女性
16位 中国 59.5% 3.7%
17位 チェコ 36.6% 25.4%
18位 韓国 53.3% 5.7%
19位 日本 44.3% 14.3%
20位 ニュージーランド 29.7% 14.3%

ここに来てようやく日本がランクインしました!我が国日本は「世界の喫煙者が多い国ランキング19位」という結果になっています。

日本も段々と喫煙者は減って来ていますが、まだまだ世界からすると喫煙者率が多い国の一国に入るほどの喫煙者が居るということですね!

※こちらのランキング結果はWHO(世界保健機関)の情報を元に作成したランキングになります。

タバコの価格が高い国はどこ?

地球儀

世界で最も喫煙者が多い国ランキング1位~20位を紹介しましたが、続いてはタバコの価格が高い国もランキングにしてみました!

とうとう日本も1箱1,000円の時代が到来か?とま言われるようになってきましたが、世界では1箱1,000円が普通の国もあります!最もタバコの価格が高い国は何処の国なんでしょうか?

タバコの価格が高い国ランキング1位~10位

順位 価格
1位 オーストリア 約2200円
2位 ニュージーランド 約1900円
3位 アイルランド 約1440円
4位 ノルウェー 約1420円
5位 イギリス 約1330円
6位 アイスランド 約1210円
7位 カナダ 約1140円
8位 シンガポール 約1100円
9位 イスラエル 約1080円
10位 フランス 約940円

タバコの価格が高い国ランキング11位~20位

順位 価格
11位 スイス 約920円
12位 フィンランド 約850円
13位 オランダ 約825円
14位 香港 約810円
15位 アメリカ合衆国 約805円
16位 ベルギー 約780円
17位 パレスチナ 約770円
18位 ドイツ 約750円
19位 サウジアラビア 約720円
20位 デンマーク 約710円

日本のタバコ価格はまだいい方!

上記のタバコの価格が高い国ランキングを1位~20位まで紹介しましたが、日本の名前は入っていませんでしたね!

それどころか1位のオーストラリアに至っては1箱の価格が約2000円!という衝撃な事実が判明。

20位のデンマークに至っては約710円の価格なので、今の日本のタバコの価格は世界と比べたらまだマシな価格とも言えます。

かといって日本に住んでいる以上、1箱300円の時代が懐かしく感じますし、これ以上価格が上がるのは御免被るって感じなので日本は日本!よそはよそ!で乗り切りましょう。

タバコとアイコスの違い

タバコとアイコスの違いは「健康被害」が多いか少ないかだけの差?

2019年10月14日

世界で喫煙者が多い国ランキングのまとめ

今世界的に見ても、紙巻きタバコより電子タバコを好んでいる喫煙者が増加中であり、その影響は日本へも広がっています。

国内で人気の電子タバコ『DR.VAPE(ドクターベイプ)』DR.VAPE(ドクターベイプ)は、吸い心地も良く喉へのキック感もあり満足感が高いと高評価を得ています。

今なら公式サイトのキャンペーンを利用して、スターターキットが3,500円で購入可能!どんな通販サイトを利用するよりも公式サイトが最安なので、ぜひこの機会に手に入れてみてはいかがでしょうか?

この記事の要点まとめ
  • 正解の喫煙者が多い国ランキング1位は「ギリシャ」
  • 日本は喫煙者が多い国ランキングだと19位という結果
  • タバコの価格が高い国は「オーストラリア」

タバコの価格が上がりつつある日本。年々と禁煙者が増えている傾向にあります。

今回は世界で最も喫煙者が多い国ランキングを紹介しましたが、世界は広いだけあって書く国のタバコ事情も様々な結果であることも分かりました。

また、この先1箱1,000円代の価格設定になり得る可能性も多いにありますが、世界のタバコの価格と比べると日本のタバコ価格はまだマシな価格設定になっていることも判明しました。

この先、日本のタバコ1箱の値段がどのように変わっていくかは定かではありませんが、いつかはタバコ1箱1,000円の時代が来ることを覚悟していかなければならない時が訪れるかもしれませんね!

地球と煙
DR.VAPE2

激売れ中の「DR.VAPE Model2」を買うなら絶対に今!

シリーズ累計販売数300万本を突破したベストセラー電子タバコDR.VAPE Model2(ドクターべイプモデル2)は、新世代タバコの名に相応しい史上最強のデバイスです!

吸い心地・使い勝手・フレーバーの味わい、どれをとっても完璧なドクターべイプモデル2のスターターキットが、今だけなんと下の「公式サイトで購入」ボタンから3,600円OFFで手に入れることができるんです!
たった5,000円という破格の値段でゲットできる大チャンスは滅多にありませんので、見逃しは絶対に厳禁です…!

ドクターべイプモデル2の強い吸い応えは喫煙者も絶対に満足すること間違いなし!非常に完成度の高いドクターべイプモデル2は売り切れ間近となっているので、在庫僅少になってしまう前に公式サイトを要チェックです!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

【監修者】NOGI

家族全員が喫煙者で小さい頃からタバコの煙と共に育ったせいか、タバコの臭い大好き幼少期を過ごす。どうせ吸っていなくても副流煙で体に害があるなら自分も吸わないと損じゃね?と言う理由で喫煙デビュー。メビウスをこよなく愛していましたが、今はアイコスユーザーです。