【増税前】JUULと紙巻きタバコを比較!加熱式よりもJUULが優れている点とは

tabakoJUUL

↓ JUULの販売店で最短3日到着を実現 ↓

この記事ではJUULと紙巻きタバコの比較やJUULが加熱式より優れている点などをまとめています。

日本国内外でも紙巻きタバコユーザーが決まって電子タバコのJUULを選ぶのは何故なのか?

紙巻きタバコの将来性やJUULを使う理由、メリットなどご紹介しています。

JUULと紙巻きタバコの不満点や悪い点・良い点もまとめていますので、これからの紙巻きタバコに不安を抱えている方は是非ご覧ください!

紙巻きタバコユーザーはなぜJUULを選ぶのか?

タバコ

紙巻きタバコは現代では肩身も狭く「増税値上げ」「受動喫煙」「喫煙所減少」「社会的に不利」など様々な問題を抱えている現状があります。

現在は多くの紙巻きタバコユーザーがJUULに移行してしまっている事をご存知でしょうか?

何故「紙巻きタバコを辞めてJUULを利用しているのか?」一緒に見ていきましょう。

紙巻きタバコの悪い点

紙巻きタバコは喫煙者にとって日本では満足のいく喫煙環境ではありませんが、世界基準で日本のタバコ政策は最低レベルです。

紙巻きタバコ利用者が感じた「紙巻きタバコの悪い点」をご覧ください。

  • 会社などで喫煙が出来ない環境にあり、喫煙所を探したり休憩時間のみの喫煙はストレスを感じる
  • 臭いがつきやすく、ヤニ汚れもするので部屋や車内などが汚くなってしまう
  • 喫煙者が減少しているので、周囲に配慮するのに神経を使う
  • 喫煙所なのになぜか後ろめたい事をしている気持ちになる
  • 増税による値上げで経済的な負担が大きくなっている
まだまだある紙巻きタバコの悪い点を確認する
  • 加熱式タバコも無害では無いけど、断然紙巻きタバコの方が健康被害が大きい
  • 灰や吸い殻・空ライターの処理や掃除などに手間がかかる
  • タバコの臭いはキツく、周囲にも悪影響を及ぼす懸念がある
  • 周囲が次世代タバコを始めていて、疎外感がある
  • 火を使うので、火傷や火災の危険性があり神経質になってしまう

多くの紙巻きタバコユーザーは加熱式では絶対に満足しない

ニコチン入り電子タバコJUUL

加熱式タバコは独特なポップコーン臭があり「紙巻きタバコよりマシ」という認識で利用する人が非常に多いですが、加熱式タバコも値上げ対象で紙巻きタバコと比較して大差ありませんよね?

それなら紙巻きタバコを吸っていた方が良いと考える人は多いですが、何故全米の大半の紙巻きタバコユーザーはJUULを選んでいるのか?という点です。

その大きな理由は紙巻きタバコ同様の吸いごたえですが、それ以外にも100種類以上のフレーバー・メンテナンス不要の手軽さ・短時間でも高濃度ニコチン摂取が可能なJUULが加熱式タバコと比較しても断然優れている点にあります。

それに加え、現代の日本では紙巻きタバコユーザーの印象は極めて悪く、有害物質含有量も他喫煙具より圧倒的に多い紙巻きタバコに、わざわざストレスを抱えながら投資する事の無駄を考え利用者が減っているのです。

紙巻きタバコが抱える問題とは?

紙巻きタバコは確かに日本で販売されているタバコで最も吸いごたえを感じられますが、現在ではデメリットの方が圧倒的に多い立ち位置です。

「受動喫煙防止条例」と「次世代タバコの登場」や「増税による値上げ」によって多くの喫煙者が減少し、紙巻きタバコの抱える問題打開策は「無い」といっても過言では無く、将来的にもっと喫煙者にとって厳しい環境となっていく事が目に見えている状態です。

JUULは「タールゼロ・ヤニ汚れ無し・紙巻きタバコ同様の吸いごたえ・高コスパ」という点から紙巻きタバコユーザーからの利用者が最も多く、タバコの有害性や周囲の迷惑を考えればJUULの移行者拡大は納得できると思いませんか?

JUULと紙巻きタバコを比較

タバコ

JUULと紙巻きタバコの【コスパ・性能・吸い心地】を比較しています。

以下の比較を見る事で「紙巻きタバコユーザーがJUULに移行する理由」が見えて来るのではないでしょうか?

【比較】JUULと紙巻きタバコの違い

JUUL紙巻きタバコ
値上げの可能性 無し有り
喫煙回数 1カートリッジ:約50パフ1本:約14パフ
有毒性物質量の対比 1140.5
タール 無し有り
フレーバーの種類 100種類以上各銘柄10種類程度
サイズ (高さ)95mm(幅)15mm(重さ)約50g(長さ)85mm(重さ)約1g(1本)
充電時間 1時間無し
消耗目安 喫煙量制限無し/2日(電池切れまで)無し
吸いごたえ ★★★★★★★★★★
キック感 ★★★★★★★★★☆
ニコチン感 ★★★★★★★★★☆

【比較】紙巻きタバコの問題全てがJUULで解決する

紙巻きタバコは火を使うので、タールの発生、ヤニ汚れや灰・吸い殻処理なども非常に手間がかかるので、本当に吸いごたえ以外にメリットが全くありません。

増税値上げや周囲からのストレス、意味の無い神経を使って病気に恐れているくらいなら、周囲にも迷惑をかけないJUULを使う紙巻きタバコユーザーが増加しているのは当然と言えます。

周囲を改めて見てみれば加熱式や電子タバコ利用者の方が多く、紙巻きタバコの有害性は周囲に想像以上の被害を与えている事や、間違い無く自分自身の身体に大きな影響を与えているという事です。

これほど多くの喫煙者が紙巻きタバコを辞めている理由を改めて考え直す必要があるのではないでしょうか?

【レビュー】紙巻きタバコを吸って感じる事

紙巻きタバコを吸って感じる事は何より「強烈な臭い」で、吸いごたえはJUULと同じ満足感はありますが、それ以外の利点は全くありません。

今の日本の現状で紙巻きタバコを楽しむ余裕は無く、必死で臭いを消したり吸った痕跡を残さない事、嫌煙家からの冷たい視線や子供が歩いてきた時の配慮、増税ごとの値上げの不安など正直な所大きなストレスが喫煙毎にのしかかってきました。

他の喫煙具よりも比較的高い金額を負担して、喫煙の度にこんな気分になるならメリットは「吸いごたえ」だけで不満しか無く、それ以外の悪影響やデメリットが多すぎるのです。

JUULに移行した殆どの喫煙者が「紙巻きタバコを辞めて良かった。リスクが多すぎる」と感じていて、紙巻きタバコユーザーはもっとメリットよりもリスクを考えるべきではないでしょうか?

紙巻きタバコユーザーがなぜJUULの虜になるのか?

JUUL

紙巻きタバコユーザーがJUULの虜になる理由は既に明白とも言えます。

喫煙は損得では語れませんが、それ以上に「ストレスを溜めずに自分が楽しめる事」が最も重要なのではないでしょうか?

JUULは紙巻きタバコのようなストレスが全く無い

紙巻きタバコは一度吸い始めれば最後まで吸わないと損だし、臭いの消臭にも費用がかかり、喫煙場所も無く「吸いごたえ」だけを求めるならJUULを使わない理由はありません。

それ以上にJUULなら喫煙所も多く、タールゼロ、臭いゼロ、掃除不要、軽量、好きなフレーバーを好きなだけ楽しむ事ができるので、紙巻きタバコの将来を考えれば誰もがJUULに移行するのは納得の結果です。

JUULなら紙巻きタバコのように「ストレスを溜めて喫煙する」という無駄な時間を過ごす必要が無いので、同じ吸いごたえなら誰もがコスパが良く選択肢やメリットの多いJUULを選びます!

JUULを選ぶ紙巻きタバコユーザーはやはり、加熱式タバコのようなクセの強い臭いは好まず、吸いごたえを強く感じる事のできるJUULを断然選んでいます。

JUULの良い点

ここまでで多くのメリットがあるJUULですが、紙巻きタバコユーザーが率先して移行する理由とは何でしょうか?

以下ではJUULの良い点をまとめています。

  • 紙巻きタバコや他の喫煙具よりコスパが高く、メンテナンスも一切不要で利用できる
  • 大満足の吸いごたえで紙巻きタバコを吸いたいと感じない
  • 喫煙毎のゴミが無く、好きな時に好きなだけ強いニコチンを感じる事ができる
  • 煙の量も想像以上の爆煙で、自分の好みのフレーバーを吸いたい時に使替えるだけで楽しめる
  • 紙巻きタバコよりもムラが無く、最後まで均一な味わいを楽しむ事ができる
  • 紙巻きタバコの抱える問題が全く無く、喫煙時に一切のストレスを感じない
  • 味わいに全くクセが無く、ダイレクトに自分の好きなフレーバーを味わえる
  • バッテリー持ちも最大2日と他デバイスの倍長持ちするので充電が面倒ではない
  • わずかな休憩時間でも、取り出して吸うだけなので時間を無駄にしない
  • ニコチン濃度の調整が可能なので、短時間で多くのニコチンを摂取する事も可能

JUULが紙巻きタバコより優れているのはなぜ?

JUULは世界で最も売れている電子タバコですが、全米の紙巻きタバコユーザーがJUULに移行している実績があります。

全米の多くの紙巻きタバコユーザーが「何でもっと早く始めなかったんだろう?」と感じていて、JUULなら紙巻きタバコのような値上げの心配も一切無く、周囲への配慮も殆ど気にする事も無いのです。

メンテナンス不要で強いニコチンを存分に感じられるJUUL以上に紙巻きタバコユーザーが納得できる次世代タバコは無いと断言できます。

これから紙巻きタバコのポジションは更に悪くなっていく事は確実なので、自分だけでなく家族や周囲の人の為にもJUULを始める事が最も最良の選択なのではないでしょうか?

JUULと紙巻きタバコの辛口評価!レビューや比較まとめ

電子タバコJUULで禁煙

JUULは世界で最も優秀な電子タバコで大半の喫煙者がJUULへ移行しています!

メンテナンス不要・ヤニ汚れ無し・ニオイ移り無し・値上げの心配不要・抜群の吸いごたえ・強いキック感などどこを取っても紙巻きタバコよりも優秀です。

世界中の紙巻きタバコユーザーが移行したJUULを使えば、大満足の喫煙時間を過ごす事ができるので、JUULの購入ならどこよりも早い最短3日のお届けができるBeyondvape Nicから購入して、価値ある喫煙時間を過ごしませんか?

この記事の要点まとめ
  • 紙巻きタバコユーザーが最も選ぶ喫煙具はJUULである
  • 紙巻きタバコユーザーは加熱式よりもJUULを選んでいる
  • 紙巻きタバコの環境は今後利用者にとって向上しない
  • これからも紙巻きタバコは値上げしていく
  • JUULには紙巻きタバコや加熱式タバコにあるような問題が一切無い
  • JUULと紙巻きは長期的な目で見るとコスパは倍違ってくる
  • JUULと紙巻きは同じ吸いごたえの強さでニコチンの満足感がある

JUULと紙巻きタバコの比較やレビューなどの辛口評価をご紹介しました。

紙巻きタバコユーザーがJUULを選択する理由やどんな点でJUULが優れているのかなど、比較する事でいかにJUULを利用するメリットが多いのかが分かりました。

限られた喫煙時間を有効に利用するにはJUULが最も適していて「吸いごたえがある物が無い」「値上げが負担」「喫煙所が無い」「無駄な労力」このような悩みから解放してくれるJUULは紙巻きタバコユーザーにとって救世主とも呼べる存在です。

紙巻きタバコよりコスパが高く、値上げの心配無く大満足の吸い心地を提供してくれるJUULであれば、思い描いたストレスの無い喫煙時間を楽しむ事ができます。

無駄な時間・ストレス・費用を削るのであれば、間違い無くJUULを使った方が良いと思いませんか?

tabakoJUUL

国内で大流行中の「DR.VAPE」が今一番おすすめ!

発売開始から1年足らずで累計販売本数100万本を突破したDR.VAPE(ドクターベイプ)は、日本国内で今最も勢いのある最先端の電子タバコです!

ドクターベイプを永久保証付きで超お得に手に入れるのであれば、公式オンラインショップの「プレミアムプラン」を利用するのが断然おすすめ!今なら下の「公式サイトで購入」ボタンから通常価格8,500円のスターターキットと交換カートリッジが3,500円(税抜)で購入可能なんです!

5,000円も安く購入できるのは公式サイトだけ!Amazonや楽天など、他の販売店では絶対に真似できない価格を実現しているのは公式サイトだからこそです。さらに送料も無料なので、この機会に利用しないと絶対に勿体ないですw

ドクターベイプは吸い応えや満足感も非常に強く、コストパフォーマンスも抜群!禁煙にも節約にもなるドクターベイプを今すぐゲットするのであれば、公式サイトを要チェックです!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です