レペゼン地球DJ社長⇒解散後の夢は海外で「大麻ビジネス」か?

レペゼン地球 解散後 大麻ビジネス

↓ 吸い応え抜群!誰でも簡単に禁煙できるのは「ニコレス」だけ ↓

ニコレス

2020年12月26日(土)に福岡にあるPayPayドームで解散ライブを行った事で今最も注目されているレペゼン地球ですが、ライブ中にデカい夢があると発言しており解散後はどうなるの?と感じている方も多いのではないでしょうか?

しかし、様々な配信者の暴露などで有名なコレコレが同日の配信でレペゼン地球は海外で大麻を販売する大麻ビジネスを行うと話していたようです。

そこで今回は、レペゼン地球DJ社長のデカい夢は大麻を販売するディスペンサリーなのか?についてお話していきます!



レペゼン地球の解散後について

レペゼン地球は約5年間もの間YouTubeで配信を続けてきましたが、2020年12月26日(土)に行われた解散ライブをもってレペゼン地球は解散となりました。

冒頭でもご紹介したように解散ライブ中には新しい夢がある、世界一ビックな男になりたいとDJ社長は発言していましたが、解散後については多くは語られず解散後についての詳しい情報はまだ分かりません。

しかし、2021年1月1日の21時からレペゼン地球解散後について発表があるようです。

有名配信者のコレコレが解散後は海外で大麻販売すると暴露

解散ライブ同日の有名配信者コレコレの配信にて以下のように語られています。

解散した後やる事があるという話をいきなりDJ社長が語りだしたんですよ。びっくりしたですけど海外で大麻販売するんだって。これガチで本人が言ってた。

なんか「やりたい夢があるんですよ」とか言って「僕ら海外で大麻販売するんですよ僕ら」つってた。

ほんとかどうかは知らんけど

出典:YouTube

1時間24分あたりに嫌いなYouTuberとしてリスナーがDJ社長の名前を挙げた時にコレコレはレペゼン地球のDJ社長が言っていたと話しています。

解散後にやる事があると言っていたという風に話しているので、レペゼン地球は解散後に海外で大麻を販売するという噂は信憑性がありそうですね。

解散後は海外で大麻を販売するという噂を聞いた人の声

レペゼン地球の解散後の海外で大麻販売には賛否両論ある

海外では大麻の販売が違法ではない国もあるので違法じゃなかったら良いという声もありますが、ただの噂だと思っているリスナーが多いという印象でした。

コレコレが言っていた解散後にレペゼン地球は海外で大麻販売するという話は、1月1日に行われる解散後についての発表まで確かな事は分かりません。

しかし、MVにも大麻のようなものを吸っているシーンがあったりなど海外で大麻販売するという説が濃厚なのでは?と感じている方も多いのではないでしょうか?

レペゼン地球のDJ社長は英語を勉強していた

レペゼン地球のDJ社長は英語を勉強していたようですし、解散ライブでも世界一のビックな男になると発言しています。

大麻を販売するディスペンサリーの話は別として、世界一ビックな男になると発言している時点で海外進出は確定と考えても良さそうですね。

大麻が合法となっている国での大麻を販売する行為自体は問題ないのでなんとも言えませんが、とにかく解散後についての発表を待ちましょう。

cbd とは 医療

【完全解説】CBDと医療用大麻の違いとは?日本で合法化されるのか

2020年11月18日

海外では有名人のディスペンサリー業界へ参入している

ディスペンサリー 海外

ここまで、有名配信グループのレペゼン地球の解散後は海外で大麻を販売するという噂についてお話しましたが、実は海外では既に多くの有名人がディスペンサリー業界へ参入しています。

ディスペンサリーというのは大麻を販売している薬局の事を言い、医師の推薦状さえ持っていれば違法ではなく合法的に大麻を購入する事ができます。

日本とは違う海外の大麻事情

海外のディスペンサリー業界へ参入した有名人として大きく取り上げられたのは、ラッパーとして活躍しているゲームです。

日本では大麻を販売するなんて考えられませんが、海外では大麻をディスペンサリーに買いに行くツアーを行っている国もあります。

老人ホームで生活している方たちは痛みを和らげる為に使用している方も多く、あくまでも海外では医療として大麻を使用しているという認識の方が大きいのかもしれません。

2021年にはディスペンサリー業界にバブルがくる

先ほどご紹介した通り、海外では日本のように大麻は危険なものではなく、もっと身近なものとして認識されています。

全てが合法というわけではないので各国で大きくは取り上げられませんが、大麻ビジネスはかなり今勢いがあると言われているビジネスの一つです。

タイミング的にもレペゼン地球の解散後の海外で大麻を販売するという説は、より信憑性が高まってきましたね。

大麻が合法とされている国で大麻を販売する行為自体は悪い事ではないので問題はありませんし、解散後には投稿してきた動画を全て削除しているのでかなり真剣に取り組もうとしている事が分かります。

それと同時にCBDにも注目が集まっている

大麻ビジネスが勢いを増していますが、それと同時に海外ではCBD(カンナビジオール)も注目されています。

CBDは大麻草の違法ではない成分のみを抽出して製造されているのですが、不安の緩和や痛みの抑制、リラックス効果などがあります。

日本では大麻は違法とされていますが、CBDは日本でも合法なので身近にあるドンキホーテなどでも販売されています。

日本でCBDを使用している方も増えてきているのと同じように海外では使用目的によっては必要なものと認識されているのかもしれませんね。

ドンキで買えるCBD

CBDリキッド・オイルはドンキで買える?値段の安い順でランキング

2020年12月11日

レペゼン地球DJ社長のやりたい事は海外で大麻ビジネス?まとめ

この記事の要点まとめ
  • レペゼン地球解散後は海外で大麻ビジネスという噂は本当かもしれない
  • 2021年1月1日21時から解散後について発表される
  • 日本では大麻は違法だがCBDは合法

この記事では、解散となったレペゼン地球のDJ社長が言っていたデカい夢は海外で大麻を販売することなのか?についてお話しました。

海外で今大麻ビジネスは勢いがあると言われていること、英語を勉強していたこと、コレコレが解散後にやりたい事とハッキリ言っているところを考えると解散後に海外で大麻ビジネスをするという噂は否定できません。

どちらにせよ2021年1月1日21時から解散後について発表があるようなので、解散後についての発表を待つしかありません。

レペゼン地球 解散後 大麻ビジネス
CBD

最強CBDリキッド「+WEED」のスターターキットがタダで貰える!

日本製で安心安全のCBDリキッドブランドとして絶大な支持を得ている+WEED(プラスウィード)から、最強効果のCBDフルスペクトラムリキッドが登場!

プラスウィードのCBDリキッドは国内最高濃度の60%を実現しており、これまで市販のCBDリキッドでは効果を実感できなかった人こそ試すべき逸品。超高濃度のCBDリキッドだからこそ満足感も高く、効率よく確実な効果を得られるのはプラスウィードだからこそ!

なんと今なら下記の「公式サイトで購入」のボタンからの購入で、プラスウィードキット(本体)5,000円相当が実質無料で手に入るんです…!

スペシャル特典は期間限定のキャンペーンとなっており、早期終了してしまう可能性もございます。売切れで購入できなくなってしまう前に、公式サイトを今すぐに確認してみてください!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

【監修者】NAKAMU

家族に喫煙者が多く、なんとなく吸い始めたのがきっかけで今では喫煙歴が10年以上。紙巻きタバコやアイコスなど様々なタバコ製品に移行しましたが、今は加熱式タバコのプルームテックプラスや海外製のニコチン入りリキッドを電子タバコで愛煙中です!