9betaHHCリキッドは日本で違法?合法?規制後に所持で逮捕される?

9betaHHCリキッド 日本 違法 合法 規制後 所持 逮捕

HHC(ヘキサヒドロカンナビノール)の仲間で知られている9beta-HHCですが、現状日本で違法か合法かが気になる方はとても多いです。

本記事は9beta-HHCリキッドが日本で違法か合法化かを解説!9beta-HHCリキッドを規制後に所持すると逮捕になるかもお伝えします。

結論から言うと、9beta-HHCリキッドは日本で合法ですが規制後に所持すると逮捕されます!


\本場完全再現の大麻リキッド/
規制間近の大麻リキッド「HHC-O」でブリブリにキマれるのは今だけ。
業界人気No.1のDiceが数量限定で最高品質HHC-Oリキッドを発売中!!

注意
本記事で取り扱う「9beta-HHC」には違法成分が含まれておらず、薬機法・大麻取締法に抵触しておりません。また、当サイトは国内で違法な大麻成分の使用を推奨しておりません。なお、大麻由来成分が含まれている製品は”自己責任”でご購入頂きますようお願い致します。

合成カンナビノイド使用の9beta-HHCリキッドが日本で違法か合法か解説!

合成カンナビノイド 9beta-HHC リキッド 日本 違法 合法

早速、合成カンナビノイド使用の9beta-HHCリキッドが日本で違法か合法か解説していきます。結論から言うと、合成カンナビノイド使用の9beta-HHCリキッドは日本で現状合法となっています。

しかし、9beta-HHCの原料は日本で指定薬物となっているHHC(ヘキサヒドロカンナビノール)の代謝物質。したがって「9beta-HHC原料の製造」は日本で行う事はできませんよ。

代謝物質(Metabolite)は、代謝の過程の中間生産物及び最終生成物である。 代謝物、代謝産物、代謝生成物ともいうが、代謝物質というと代謝をうける前の物質もいうことがある。 通常は小分子に限られる。 一次代謝物質は、生物の成長、進化、生殖に直接関わるものである。

出典:Wikipedia

合成カンナビノイド使用の9beta-HHCリキッドは日本では合法で取り扱える

合成カンナビノイド使用の9beta-HHCリキッドは日本で合法的に取り扱えます。よって『販売・購入・使用・製造・所持・譲り受け・輸入・授与』に制限が掛かっていません。

しかし、9beta-HHCは違法成分のTHC(テトラヒドロカンナビノール)や、2022年3月17日に規制となったHHCと同じ「陶酔作用(ハイになる作用)」があります。

そして、陶酔作用等の中枢神経系に作用する成分は遅かれ早かれ指定薬物として規制されるのです。したがって日本で合法で9beta-HHCリキッドを取り扱えるのは僅かな期間だと噂されています。

【予想】合成カンナビノイドの9beta-HHCは2022年7月上旬に規制される

合成カンナビノイドの9beta-HHCは2022年7月上旬に規制される事が予想されます。根拠は、2022年6月23日(木)に向精神作用を持つ成分の規制を決める薬事・食品衛生審議会が開かれるからです。

また、前回の指定薬物部会ではHHCの薬物指定が話し合われ規制となりました。よって、今回の審議会では9beta-HHC等の向精神作用のあるカンナビノイドが規制されると考えられます。

どのような成分に関して話し合われるかは分かりませんが、十中八九合成カンナビノイドについてです。9beta-HHCの規制が決まるかもしれないので動向は要チェックとなります!

9BETAリキッド 効果 危険性 ブリブリにキマる 体感

9betaHHCリキッドの効果や危険性とは?ブリブリにキマる体感は本当?

2022年6月28日

合成カンナビノイド使用の9beta-HHCリキッドは規制後に所持で警察に逮捕される?

合成カンナビノイド 9beta-HHCリキッド 規制後 所持 警察 逮捕

続いては、合成カンナビノイド使用の9beta-HHCリキッドを規制後に所持したら警察に逮捕されるかを解説!結論から言うと、9beta-HHCリキッドは規制後に所持していると警察に逮捕されます。

既に薬機法にて規制されているHHCですが、規制されてから既に複数人逮捕者が出ています。よって、HHCと同じ薬機法で規制される9beta-HHCリキッドは所持で逮捕される事は確実です。

合成カンナビノイド使用の9beta-HHCリキッドは規制後の所持で逮捕!


上記は、薬機法で指定薬物に指定されているHHCを所持した疑いで逮捕されたニュースです。9beta-HHCも薬機法で規制が考えられる事から、規制後の9beta-HHCの所持で逮捕は確実です。

また、薬機法は所持だけでなく『販売・購入・使用・製造・譲り受け・輸入・授与』も逮捕されます。なお、薬機法に9beta-HHCが指定されれば厚生労働省の公式サイトで公示されます。

規制後の9beta-HHCリキッドの所持で3年以下の懲役・300万円以下の罰金

薬機法で規制された後に9beta-HHCを所持すると3年以下の懲役・300万円以下の罰金、若しくはその両方が課せられます。また、商売目的の所持だと「5年以下」「500万円以下」に変わります。

なお、9beta-HHCリキッドだけでなく「9beta-HHCが配合された製品」全てが該当です。リキッド・オイル・エディブルが全て違反になるので、リキッド以外であれば良いという訳ではありません!

THC-Oの効果 違法 販売 輸入 規制

THC-Oの効果とは?日本では違法で販売や輸入も規制される?

2022年7月1日

合成カンナビノイドの9beta-HHCが規制となる「薬機法」はどんな法律?

合成カンナビノイド 9beta-HHC 規制  薬機法  どんな法律?

続いては、合成カンナビノイドの9beta-HHCが規制となるであろう「薬機法」がどんな法律か解説していきます。薬機法は、保健衛生上の危害の発生・拡大防止の為に規制を行う法律です。

前述した薬事・食品衛生審議会の意見を聴いて厚生労働大臣が指定薬物に指定します。また、指定される薬物は中枢神経系に影響を与えて危害が発生する恐れがある物と決められています。

薬機法は保健衛生上の危害の発生・拡大防止の為に9beta-HHCを規制できる

その為、中枢神経系に作用して保健衛生上の危害を発生する恐れのある9beta-HHCは薬機法にて規制可能です。なお、9beta-HHCの保健衛生上の危害とは下記のような事を指しています。

9beta-HHCにおける保健衛生上の危害
  1. THCやHHCに類似した向精神作用がある
  2. ネットショップで誰でも購入する事ができる
  3. 9beta-HHCを用いた製品の安全が保証されていない

なお、現状9beta-HHCのように規制されていないTHC-OやHHC-Oも、上記の観点から指定薬物に指定される事でしょう。今後の規制の動向が気になる方は厚生労働省の公式サイトをチェックです。

【最新】HHC-Oリキッドの効果はキマる?日本では違法か合法か解説

2022年6月28日

【おさらい】9beta(9beta-HHC)がどのような合成カンナビノイドか解説!

9beta(9beta-HHC) 合成カンナビノイド

本記事の最後に、9beta(9beta-HHC)がどのような合成カンナビノイドか解説していきます。9betaは「9beta-hydroxyhexahydrocannabinol」の略称で9beta-HHCとも書きます。

過去に規制されたHHC(ヘキサヒドロカンナビノール)と成分名が似ていますが、9beta-HHCのHHCは「ヒドロキシヘキサヒドロカンナビノール」の英略となっています。

そして日本では、9beta-HHCがHHCの仲間である事を隠す意味も込めて「9beta」と呼ばれています。しかし、この気づかれない状況は長くは続かないので規制はスグそこですね。

9beta(9beta-HHC)は数あるHHC(ヘキサヒドロカンナビノール)の1つ

9beta(9beta-HHC)は数あるHHC(ヘキサヒドロカンナビノール)の1つです。他のHHC同様に、紫外線・熱への耐性がありTHCよりも劣化しない事が予想されます。

現在、一般的に確認されているHHCは9betaを合わせると全11種類です。なお、9beta-HHCの生成は日本国内では行えない為、海外からの輸入頼りとなっています。

9beta(9beta-HHC)を含む全11種類のHHCをご紹介

成分名|英語名
HHC Hexahydrocannabinol
7-9α-OH-HHC 7-oxo-9α-hydroxyhexahydrocannabinol
7-OH-HHC 7-hydroxyhexahydrocannabinol
8-OH-iso-HHC 8-hydroxy-iso-hexahydrocannabinol
9α-OH-HHC 9α-hydroxyhexahydrocannabinol
9β-HHC 9β-hydroxyhexahydrocannabinol
10α-OH-HHC 10α-hydroxyhexahydrocannabinol
10α-ROH-HHC 10aR-hydroxyhexahydrocannabinol
HU211 1,1-Dimethylheptyl-11-hydroxytetrahydrocannabinol
HU243 11-Hydroxy-3-(1′,1′-dimethylheptyl)hexahydrocannabinol
HDHHC 3-Dimethylheptyl-11-hydroxyhexahydrocannabinol

9beta(9beta-HHC)のリキッドを吸うとHHCと同じような体感になる!


9betaリキッド(9beta-HHCリキッド)はHHCと同じような体感を楽しむ事ができます。既に多くの方が9beta-HHCをレビューしており、下記のような効果を体感できたと呟いています。

9beta-HHCリキッドで体感できた効果(個人差あり)
  1. 瞼が重くなる
  2. 満足感・多好感がある
  3. BADに入りにくいかもしれない
  4. 効きが早くて抜けが早い
  5. マンチ(食欲増進)

「BADに入る事は無いかも」と呟いている方が多い事から、THC-OやHHCと比べて強力では無い事が分かります。よって、9beta-HHCリキッドの体感はアントラージュ効果が重要になります。

アントラージュ効果とは「同時に複数の成分を摂取することで個々の効果が増幅され、より高い効果/相乗効果が見込める」という理論です。麻にはCBDやTHCなどのカンナビノイド成分やその他の植物成分が含まれているので、CBD単体で摂取するよりも、同じ麻に含まれる複数の成分を同時に摂取した方が良いということです。食べ物の組み合わせに似ていますね。

出典:SUPARI

HHC-Oリキッド 販売店 通販サイト

【最新】HHC-Oリキッドの購入方法や販売店・通販サイト17選

2022年7月1日

9beta-HHCリキッドが日本で違法か合法か・所持で規制後に逮捕される噂まとめ

dice_new_banner
この記事の要点まとめ
  • 9beta-HHCリキッドは現在日本では合法で所持しても逮捕されない
  • 9beta-HHCリキッドが日本で違法になれば所持すると逮捕される
  • 9beta-HHCリキッドは保健衛生上の危害が原因で規制されるかもしれない

本記事では、9beta-HHCリキッドが日本で違法か合法か?所持で規制後に逮捕されるかについて解説してきました。現状9beta-HHCは日本で合法ですので、所持・使用しても逮捕される事はありません。

なお、9beta-HHCが規制になる際は「薬機法」にて取り締まられます。薬機法を違反すると、3年以下の懲役・300万円以下の罰金が課せられるので絶対に違反しないようにしましょう。

全記事に適用【目次下にdivフィールドpc】

HHC-O3連PC

9betaHHCリキッド 日本 違法 合法 規制後 所持 逮捕
CBD

「+WEED」は高濃度60%のフルスペクトラムCBD!


国内最高峰のCBD濃度60%を実現したフルスペクトラムCBD「+WEED(プラスウィード)」は、ストレス軽減や睡眠改善を感じられる圧倒的なリラックス感で他製品を圧倒!

複数の大麻由来成分を配合するフルスペクトラムCBDはアントラージュ効果(相乗効果)も抜群!高いリラックス効果などの普段は体験できない夢のような時間を堪能できます。

また、本体保証付きなので故障が起きても年4回まで本体の無償交換が受けられます。しかもリキッドは全て日本国内で生産されており、品質の高さと安全性は国内随一です!

他にも送料無料やアトマイザー無料プレゼントなど、プラスウィードにはお得な特典が盛りだくさんです。少しでも気になった方は、今すぐ公式サイトをチェックしてみて下さい!

ABOUTこの記事をかいた人

タバコを吸ってみたいと思っていた所、有害物質が一切含まれていない電子タバコと出会いました。それ以来5年以上電子タバコを愛用しています。ドクタースティックなどの電子タバコを色々使ってきて、現在は自作リキッド作りに没頭中!