HHC-Oリキッドの規制はいつ?所持で逮捕・警察に捕まるか解説

公開日: 
CBD

向精神作用があるとされるHHC-Oをリキッド化した製品「HHC-Oリキッド」ですが、HHCと成分名や効果が似ている事から規制される日が気になる方は多い事でしょう。

そこで本記事は、HHC-Oリキッドの規制がいつか?所持で逮捕・警察に捕まる日について解説していきます。HHC-Oリキッドを所持している方は必見です。

結論から言うとHHC-Oリキッドの規制は「2022年6月頃」です。

注意
本記事で取り扱う「HHC-O」には違法成分が含まれておらず、薬機法・大麻取締法に抵触しておりません。また、当サイトは国内で違法な大麻成分の使用を推奨しておりません。なお、大麻由来成分が含まれている製品は”自己責任”でご購入頂きますようお願い致します。

【規制間近】国内トップブランド「Dice」からHHC-Oリキッドが発売中!

Dice_hhc

国内規制間近となっているHHC-Oリキッドに興味を持ち始めた方は多いです。そこで本項では、国内トップブランドの「Dice」の研究に研究を重ねた高品質HHC-Oリキッドをご紹介!

大麻由来成分100%配合のDiceは「希釈液(かさまし液)」が入っておらずリキッド全てが大麻由来!その効果は絶大で本場の製品を思わせるブリブリ感とキマっている感覚を体感できます。

また、Diceはメーカー製ですが、他のHHC-Oリキッドの多くは個人事業で信頼性に欠けます。何が入っているか分からない個人のリキッドよりも、Diceの方が安全なのは明白な事実です。

そんな安心・安全のDiceは数量限定で「公式通販サイト」にて販売中!国内トップの販売実績があるDiceで、安心・安全のHHC-Oリキッドの驚きの効果を体感してみて下さい。

【結論】HHC-Oリキッド(HHC-O)の規制は2022年6月頃!規制の理由を解説

HHC-Oリキッド 規制

先ずは、HHC-Oリキッドの規制がいつ頃であるか解説していきます。結論から言うと、冒頭でお伝えしている通りHHC-Oの規制は、2022年6月頃が規制濃厚と考えられます。

根拠は、HHC-Oリキッドの規制を決める「指定薬物部会」の開催予定が無いからです。2022年3月17日に規制対象となったHHC(ヘキサヒドロカンナビノール)の規制も本部会で決まりました。

次項では、合成カンナビノイドのHHC-Oの規制を決める「指定薬物部会」の開催予定に合わせて、審議会・研究会等の開催予定についても合わせて解説していきます。

HHC-Oリキッド(HHC-O)の規制を決める指定薬物部会の開催予定が無い

HHC-Oリキッドの規制 指定薬物部会

※2022年5月17日に撮影した画像です。
出典:厚生労働省

上記画像は、HHC-Oリキッドの規制を決める指定薬物部会の直近の開催予定となっています。開催予定を見ると前回開催されたのは、HHCの規制対象入りが決められた第5回が最後でした。

なお、2022年度の指定薬物部会は第1回~第4回が開催されていない事から開催は不定期です。過去を遡ると第11回まで開催された年もあるので、開催日がいつか予想するのは困難です。

しかし、現状世に出回っているTHC-OやHHC-Oは全てHHCと同じ向精神作用があります。よって、HHCと同じく次の指定薬物部会には規制対象になるのではないでしょうか?

過去のHHC規制の前例を見ても規制予告から約1週間の猶予がある

過去のHHC規制の時は、2022年3月7日の官報にてHHC規制が公示されて17日に施行と、10日間もの猶予がありました。よって、HHC-Oも同様に約1週間の施行猶予があると予想できます。

また、審議会・研究会等開催予定には「概ね開催2日前」から開催予定に追加されます。この事から、間違いなく5月中にはHHC-Oが規制されて違法薬物になる事はありません。

よって、HHC-Oの規制は2022年6月以降が確定していると言えるでしょう。HHC-Oリキッド・THC-Oリキッドは施行日まで吸えるので、今の内に購入してHHC-Oリキッドを吸いましょう!

HHC-Oリキッドの規制を決める薬事・食品衛生審議会(指定薬物部会)とは?

補足情報として、HHC-Oリキッドの規制を決める薬事・食品衛生審議会(=指定薬物部会)とは何か解説します。指定薬物部会は、厚生労働省に設置されている審議会の1つです。

部会の中で行っている事の中に、劇薬の指定・薬事関連の調査や審議があります。この指定薬物部会で有識者が話し合い、薬物の指定の可否を決定しているという訳です。

【最新】HHC-Oリキッドの効果はキマる?日本では違法か合法か解説

HHC-Oリキッドの効果が合法でキマる噂・違法性を解説!HHC-Oリキッドの効果がハイになる・キマるか、日本でHHC-Oリキッドが合法か違法かをご紹介します。カンナビノイドのHHCやTHC-O・HHC-Oの違法性やキマるか気になる方は必見!

【業界最大手】規制間近のHHC-Oリキッドは「bhang」で手に入れよう!

bhang

規制が近づいてきており、正真正銘人生最後のHHC-Oリキッドを吸える機会となりました。そこで本項では、業界最大手の高品質HHC-Oリキッド販売店「bhang」をご紹介していきます!

bhangは「HHC-O業界最大手の販売店」で、高濃度・高品質のリキッドを販売中!大麻由来成分100%のフルスペクトラムリキッドのアントラージュ効果でブリブリにキマる事ができます。

また、HHC-OリキッドにはCBDWAXやCBNといった複数のカンナビノイドが配合されています。安いだけの販売店では絶対に体感できない、魔法のような時間を過ごしてみませんか?

そんなbhangのHHC-Oリキッドは「公式通販サイト」にて販売中です。期間限定の割引価格で販売中ですので、今すぐHHC-Oリキッドでブリブリにキマりたい方はチェックです!

THC-Oの効果 違法 販売 輸入 規制

THC-Oとは?効果や危険性・違法でいつ規制されるか解説!

THC-Oの効果とは何か?違法性・危険性・規制について解説!合成カンナビノイドのTHC-Oを使うTHC-Oリキッドを吸ってビタミンEアセテートで肺気腫になる噂や、健康被害、サイケデリックな効果をご紹介します。副作用が気になる方も必見です!

HHC-Oリキッドの所持で逮捕・警察に捕まるリスクがあるか解説!

HHC-Oリキッド 逮捕・警察に捕まるリスク

HHC-Oリキッドの規制日を予想してきた所で、続いてはHHC-Oリキッドの所持で逮捕・警察に捕まるリスクがあるか解説していきます。

結論から言うと、HHC-Oリキッドを「HHC-O規制後」に所持していたら逮捕・警察に捕まります。よって、規制前に必ずHHC-Oリキッドを含む製品を全て処分しておきましょう!

【結論】HHC-O規制後にHHC-Oリキッドを所持していたら逮捕・警察に捕まる

HHC-O規制後にHHC-Oリキッドを所持していたら逮捕・警察に捕まります。よって、HHC-Oを所持している方は、HHC-Oリキッドの規制公示を警戒する必要があります!

HHC-Oリキッド規制の公示は、厚生労働省の「報道発表資料 医薬・生活衛生局」でご覧になれます。知らなかったでは済まされない情報なので、必ず頭に入れておきましょう。

また、Twitterを利用している方はTwitterで最新情報を待てば問題ありません。当サイトSUPARIの公式Twitterでも最新情報を呟いているので、是非フォローを宜しくお願い致します。

規制施行後にHHC-Oの成分が体内に残っていても逮捕・警察に捕まる

意外と知らない方が多いのですが、規制施行後にHHC-Oの成分が体内に残っていても逮捕・警察に捕まります。これは、THC-Oリキッドの所持と同義とみなされる為です!

よって、規制施行前ギリギリまで吸うのは絶対にNGです。体内からTHC-Oが検出されないように、規制施行の2日前までには吸い終えるように意識すると良いでしょう。

規制施行後にHHC-Oリキッド関係で逮捕・警察に捕まるリスクを無くすには?

規制施行後にHHC-Oリキッド関係で逮捕・警察に捕まるリスクを無くす為に出来る事を解説します。リスクを完全に無くしたい方は、下記のタスクを規制前に行っておきましょう。

逮捕・警察に捕まるリスクを無くすチェックリスト
  1. 規制の2~3日前には必ずHHC-Oリキッドを廃棄する
    ※廃棄後も自宅に存在するのはNG!ゴミ回収等で自宅から無くして下さい。
  2. 規制の2~3日前にはHHC-Oリキッドを吸わないようにする
    ※体内にHHC-Oの成分が残っていてもアウトです。
  3. 友人から受け取らない・友人に譲らない
    ※あなたの周辺の人にリスクを背負わせないように!
高濃度CBNリキッドのおすすめ通販・販売店40選ランキング

高濃度CBNリキッドのおすすめ通販・販売店40選ランキング

高濃度CBNリキッドのおすすめ通販・販売店をランキング40選で解説!合法でキマる効果を体感できるおすすめの高濃度CBNリキッドをご紹介します。CBNリキッドを販売する全てのおすすめ通販サイト・販売店、カンナビノールの効果を知りたい方は必見!

2022年6月頃に規制されるカンナビノイドHHC-Oはどんな成分?

2022年6月 規制 カンナビノイド

本記事の最後に、2022年6月頃に規制されるカンナビノイドのHHC-Oがどんな成分か解説していきます。結論から言うと、HHC-OはHHCと同じ向精神作用を持つ成分です。

精神に強く作用するという観点と、有害性のエビデンスが少なく危険性があるという側面があります。また、HHC-Oは違法成分のHHC(ヘキサヒドロカンナビノール)から作られる成分です。

2022年に規制対象となったHHCから作られている成分という事もあり、規制が間近である事は確定しています。今の内に吸いたいと思う方は、吸っておくと良いでしょう。

補足説明
HHC-Oは天然のカンナビノイド(CBD・CBN)では無く、完全な人工カンナビノイド(合成カンナビノイド)です。使用は完全自己責任ですので気を付けて商品を選んでみて下さい。

2022年6月頃に規制されるカンナビノイドHHC-Oは向精神作用がある

では、向精神作用があるHHC-Oの効果を簡単に見ていきましょう。HHC-Oの効果には、既存のカンナビノイドような「リラックス感」や「多幸感」や「食欲増進」があります。

カンナビノイドのHHC-Oの効果一覧
  1. リラックス感
  2. 多幸感
  3. 睡眠作用
  4. マンチ(食欲増進)
  5. 鎮痛作用

このように良い効果が沢山ありますが、悪い効果ははっきり分かっていません。しかし、Twitter等の口コミを見ている限り、悪い効果を受けている方は目立っていないのです。

よって、規制される前で「責任を持てる方」であればHHC-Oは吸っても大丈夫です。下記の記事で有害性の検証をしているので、気になる方はチェックしてみて下さい!

HHC-O 害 危険性 加熱 肺気腫

HHC-Oリキッドに害や危険性はある?加熱すると肺気腫になる噂を検証

HHC-Oリキッドの有害性や危険性・加熱すると肺気腫になる噂を解説!肺がポップコーンになる・加熱した煙が危険で害がある噂をご紹介します。カンナビノイドのHHC-OリキッドがビタミンEアセテートと同じように加熱で害のあるケテンを出す噂も解説!

同じ効果があるカンナビノイド「THC-O」と一緒に規制される噂が流れている

カンナビノイドのHHC-Oと同じ効果がある「THC-O」がある事をご存じでしょうか?実は、次の規制対象に「HHC-OとTHC-Oの両方が包括規制されるのでは無いか」と囁かれています。

この噂ですが、HHC-OとTHC-Oが一緒に規制されるのは確実だと言えます。同じ向精神作用がある成分ですし、これらを製造する大本の成分はTHCとHHCの違法成分だからです。

よって、THC-Oが気になっている方は吸える内に吸っておきましょう!おすすめのTHC-Oの販売店や効果検証も解説しているので、気になる方は是非チェックしてみて下さい。

THC-Oの効果 違法 販売 輸入 規制

THC-Oとは?効果や危険性・違法でいつ規制されるか解説!

THC-Oの効果とは何か?違法性・危険性・規制について解説!合成カンナビノイドのTHC-Oを使うTHC-Oリキッドを吸ってビタミンEアセテートで肺気腫になる噂や、健康被害、サイケデリックな効果をご紹介します。副作用が気になる方も必見です!

THC-Oリキッドの危険性・害・肺気腫で死ぬ噂を検証

THC-Oリキッドの危険性や害とは?加熱すると肺気腫で死ぬ噂を検証

THC-Oリキッドの危険性や害・吸うと肺気腫で死ぬ噂を検証!ビタミンEアセテートの加熱のようにTHC-Oリキッドの加熱でケテンが発生するか?肺気腫で肺がポップコーンになる等の危険な有害性があるかご紹介します。HHCと同じ規制になるかも解説!

【最新】THC-Oリキッドの販売店や通販サイト36選まとめ

【2022年最新】THC-Oリキッドの購入方法や販売店・通販サイトまとめ

2022年最新のTHC-Oリキッドの販売店・通販サイト全15店舗を解説!おすすめのTHC-Oリキッドの販売店や通販サイト・購入方法をご紹介します。大麻由来合成カンナビノイドのTHC-Oが危険な噂や効果・舌下タイプやリキッドタイプ等の商品も解説!

HHC-O・THC-Oに限らず合成カンナビノイドは今後も数を増やしていく

最後に、今後の合成カンナビノイド界隈の未来について解説していきます。今後の見通しですが、カンナビノイドと規制はいたちごっこの関係であり続けます。

THCがTHC-Oになり、HHCがHHC-Oになったように今後も合成カンナビノイドは幅を広げ続けるでしょう。そして、その広がりと共にカンナビノイドは危険な成分になっていきます。

既に、THC-PやHU-210といった合成カンナビノイドが出ていますが、効果の強さは計り知れません。いつか後悔しない為にも、引き際を見極めて使用するようにしましょう。

ドンキホーテ 買える CBDグミ おすすめ 値段 売り場

ドンキで買えるCBDグミおすすめ9選!値段や効果・副作用を解説

ドンキで買えるCBDグミが知りたい方必見!ドンキで買えるおすすめCBDグミの値段や効果等の詳細、ドンキのどこにCBDグミ売り場があるのかご紹介します。また、CBDグミの副作用や有害性を確認し、ドンキ以外で買えるCBDグミの値段や効果も解説!

HHC-Oリキッドが規制されて所持で逮捕・捕まる日の解説まとめ

dice_new_banner
この記事の要点まとめ
  • HHC-Oリキッドが規制される日は2022年6月以降!
  • HHC-Oリキッドは規制後の所持で逮捕・捕まる
  • 規制の2~3日前には必ず自宅外に廃棄するように!

本記事では、HHC-Oリキッドが規制されて所持で逮捕・捕まる日を解説してきました。私の予想では、HHC-Oリキッド(HHC-O)は2022年6月中には規制されると考えられます。

また、HHC-OリキッドだけでなくTHC-Oリキッドも規制される噂が流れています。流行しだした時期的にも同時規制は十分にあり得る話なので、常に最新情報を追い続けましょう!

なお、本記事は常に最新情報に更新し続けていきます。HHC-Oリキッド規制の最新の動向が気になる方は、是非本記事をブックマークして定期的にチェックしてみて下さい!

全記事に適用【マーカー関連】

3連>CBD(HHC-O) pc/sp出し分け

書き出しBOX(HHCO)

カテゴリー CBD
CBD-HHCO

ブリブリにキマると話題の「THCHリキッド」をDiceで手に入れよう!

Dice

ブリブリにキマると話題の大麻由来成分「THCH」を吸えるTHCHリキッドの購入を考えている方は、国内最大手ブランド「Dice」がおすすめ!Diceは業界で最も進歩的なプロセスと科学を扱う専門店です。

THCHリキッドで最も重要とされるアントラージュ効果に重きを置く、業界最高峰の配合を実現!人生で体験した事の無い、魔法のような新体験を存分に愉しめるリキッドを製造しています。

そんな、本場の大麻を思わせるDiceのTHCHリキッドは、Diceのオフィシャルサイトにて絶賛販売中!規制間近の合法リキッドですので、ほんの少しでも気になる方は是非チェックしてみて下さい。