HHC-Oリキッドに害や危険性はある?加熱すると肺気腫になる噂を検証

HHC-O 害 危険性 加熱 肺気腫

2022年3月17日に規制されたHHC(ヘキサヒドロカンナビノール)から、新しい合成カンナビノイド「HHC-O」が誕生!そんなHHC-Oの有害性が気になる方を大勢見かけます。

そこで本記事では、HHC-Oリキッドに害や危険性があるか徹底解説!加熱したリキッドを吸うと肺気腫になる噂も検証します。

結論から言うと、リキッドの加熱により肺気腫になる可能性が僅かにある事が分かりました!


\いまさら人には聞けない/
※現時点で「ドクタースティック」という最強のタバコを知らない方は絶対にヤバいです。
上記リンクから話題の新型タバコが今だけ9,000円引き+全額返金保証付き!!

合成カンナビノイド使用のHHC-Oリキッドに害や危険性はある?

合成カンナビノイド HHC-Oリキッド 害や危険性

先ずは、合成カンナビノイドを使用しているHHC-Oリキッドに害や危険性があるか解説します。CBNやHHCに始まり、THC-O・HHC-Oといった様々なカンナビノイドが登場しています。

そんな合成カンナビノイドは、天然に存在しているカンナビノイドでは無く人工的に作られています。その為、THC-OやHHC-O等の人工カンナビノイドの有害性が危惧されているのです。

なお、THC-Oリキッドの有害性を独自に検証した結果、肺気腫といった重篤な病気になる事はありませんでした。検証結果が気になる方は、是非下記の記事もチェックしてみて下さい。

THC-Oリキッドの危険性・害・肺気腫で死ぬ噂を検証

THC-Oリキッドの危険性や害とは?加熱すると肺気腫で死ぬ噂を検証

2022年5月12日

【結論】HHC-Oリキッドには危険性はあるが害は確認されていない

本記事の冒頭で前述している通り、HHC-Oリキッドの加熱により肺気腫になる可能性は僅かにあります。しかし、HHC-Oリキッド自体に害があるという事実は確認されていません。

では、何故「肺気腫になる可能性がある」と言われているのか解説すると、THC-Oリキッドを加熱する事により『ケテン』と呼ばれる有毒な気体が発生すると噂されているのです。

なお、ケテンが発生する・発生しないを決定付けるエビデンスは公表されていません。よって、可能性は0では無いが肺気腫になる可能性・危険性があると結論付けられます。

HHC-Oリキッドに害・危険性がある理由①:ケテンが発生する噂

では「HHC-Oリキッドを加熱するとケテンが発生する」という噂が立つ理由を解説します。結論を言うと、HHH-OやTHC-Oが「ビタミンEアセテート」と同じアセテートである事が原因です。

実は、電子タバコ()の黎明期にはビタミンEアセテートが成分として配合されていました。そして、ビタミンEアセテートが配合されている電子タバコを吸った方で多くの死者が出たのです。

なお、ビタミンEアセテートを加熱する事で発生したケテンが死者が出た原因とされています。同じアセテート故にケテンが発生すると言われているのが危険性が噂される1つの原因なのです。

HHC-Oリキッドに害・危険性がある理由②:肺がポップコーンになる噂

また、仮にHHC-Oリキッドを加熱してケテンが発生するのであれば、喫煙者の肺がポップコーンになるとも噂されています。文字通り、ポップコーンのように肺が破裂する症状です。

ですが、HHC-Oの加熱により肺胞が破裂し呼吸障害が出るというエビデンスは現状ありません。そんな根も葉もない噂に踊らされている方の発言により危険性・害があるとされているのです。

また、自然発生のカンナビノイドよりも人工生成のカンナビノイドの方が有害性が高いのは旧知の事実です。CBDやCBNで満足できるのであれば、人工を使わないに越したことはありません。

HHC-Oリキッドに限らず電子タバコ(VAPE)は少なからず害はある

実は、どのようなカンナビノイドのリキッドを吸っていようが、電子タバコ(VAPE)のように蒸気を吸っている時点で人体に少なからず有害性はあります。

電子タバコはタバコの一酸化炭素・タール等といった致死に繋がる物質は排除されています。しかし、様々な起因があり電子タバコによる急性の怪我や死亡が事実起こっているのです。

よって、ほんの少しでも身体への有害性を心配するのであれば、そもそもHHC-Oリキッド等のVAPEは吸わない方が良いという事を覚えておくと良いでしょう。

THC-Oの効果 違法 販売 輸入 規制

THC-Oの効果とは?日本では違法で販売や輸入も規制される?

2022年5月12日

【実機レビュー】HHC-Oリキッドの加熱・吸入で肺気腫になる噂を検証!

HHC-Oリキッド 加熱 肺気腫

続いては、実物のHHC-Oリキッドを吸って加熱・吸入で肺気腫になる噂を検証していきます!HHC-Oリキッドの購入を検討している方は、是非本記事を最後までご覧下さい。

なお、今回の検証では2週間に渡り慢性的にHHC-Oリキッドを吸ってみました。また、2週間吸った後の健康診断の胸部X線結果も掲載しているので検証の信憑性は確かです!

HHC-Oリキッドの加熱・吸入で肺気腫になる噂の検証①:検証1週間目

先ずは、HHC-Oリキッドの加熱・吸入で肺気腫になる噂の検証1週間目から見ていきます。1日目からパフ回数は飛ばし気味で、HHC-Oリキッドを限界回数吸ってみる事にしました。

1日目からHHC-Oリキッドの効果は確かに感じられて、とてもリラックスした体感になれました。しかし、3日目には強い倦怠感・4日目からは頭痛や強烈な眠気に襲われる事になります。

理由として考えられるのが、3日目からHHC-Oの効果が薄くなってきたように思えた事から、パフ回数を急に増やした事が原因と推測できます。恐らくキャパオーバーだったのでしょう。

しかし、肺の痛みや違和感は1週間時点では感じられず、検証以前と何ら変わりませんでした。よって、1週間程度の慢性的な喫煙では肺に異常をきたさない事が分かりました!

HHC-Oリキッドの加熱・吸入で肺気腫になる噂の検証詳細

DAY/検証項目 1日のパフ回数 体調の変化
DAY1 55回 体調に変化無し
DAY2 63回 体調に変化無し
DAY3 78回 倦怠感
DAY4 70回 頭痛・強烈な眠気・倦怠感
DAY5 50回 頭痛・強烈な眠気・倦怠感
DAY6 94回 頭痛・眠気・倦怠感
DAY7 100回 頭痛・眠気

HHC-Oリキッドの加熱・吸入で肺気腫になる噂の検証②:検証2週間目

続いては、HHC-Oリキッドの加熱・吸入で肺気腫になる噂の検証2週間目を見ていきます。2週間目は、1週間目の体調の変化を引きずりつつも頭痛でかなり苦しみました…。

また、自分の適切なパフ回数を知る為に回数を減らしていった結果、1日60回程度が良い事が判明しました。しかし、毎日吸っているせいか60パフではリラックス感も感じられません。

なお、13日目・14日目はパフ回数が多い割には体調は至って普通でした。1度限界を超えておくとキャパが増えるのでしょうか?その日の体調もありますがHHC-Oに耐性が付いた感じです。

結果として、1週間目と変わらず肺に違和感や痛みは感じられませんでした。体の変化としてもHHC-Oに多少耐性がついて効果を感じにくくなった位と言えるでしょう。

HHC-Oリキッドの加熱・吸入で肺気腫になる噂の検証詳細

DAY/検証項目 1日のパフ回数 体調の変化
DAY8 110回 頭痛・倦怠感
DAY9 90回 頭痛・眠気
DAY10 84回 頭痛・眠気
DAY11 70回 頭痛
DAY12 60回 頭痛
DAY13 80回 体調が元に戻る
DAY14 73回 体調が元に戻る

【まとめ】HHC-Oリキッドの加熱・吸入で肺気腫になる可能性は限りなく低い

HHC-Oを2週間に渡り吸ってみた結果のCT画像

本記事は、THC-Oリキッドの検証と同時期に行いました。

検証をまとめると、HHC-Oリキッドの加熱・吸入で肺気腫になる可能性は限りなく低い事が判明しました。よって、短期間の慢性的な喫煙では肺に異常が見られる事は無いと言えます。

しかし、長期間でHHC-Oリキッドを喫煙し続けるとどうなるかは分かりません。また、その日の体調によっても結果は大きく変わりますので参考程度に捉えて下さい!

そして、HHC-Oリキッドの有害性が気になるのであれば、CBNやCBDといった天然のカンナビノイドがおすすめです。気になる方は、是非下記の記事を参考に手に入れてみて下さい!

高濃度CBNリキッドのおすすめ通販・販売店40選ランキング

高濃度CBNリキッドのおすすめ通販・販売店40選ランキング

2022年4月26日

【Q&A】HHC-Oリキッドに人体への有害性・危険性を感じた方の口コミをご紹介

HHC-Oリキッド 有害性 口コミ

本記事の最後に、HHC-Oリキッドに人体への有害性・危険性を感じた方の口コミをご紹介していきます。HHC-Oリキッドの購入に際して不安が残る方は是非参考にしてみて下さい!

また、本項でご紹介する内容は「HHC-Oのエディブルは安全?」「THC-Oとどっちが安全?」の2つについて詳しく解説していきます。

HHC-Oリキッドに有害性・危険性を感じた方の口コミ:エディブルは安全?


先ず、ご紹介するHHC-Oリキッドに有害性・危険性を感じた方の口コミは「エディブルは安全?」です。エディブルは、食べて摂取する固形物の事でクッキーやグミがあります。

結論から言うと、エディブルは販売店によっては安全と言えます。誰が作っているか分からないような販売店であれば不安ですが、食品衛生責任者がいる店舗は安心ですよね。

よって、HHC-Oのエディブルの購入を考えている方はTwitterのレビュー等で高評価な店舗で購入すると良いです。また、企業が製造販売する商品が最もおすすめの選択肢と言えるでしょう!

HHC-Oリキッドに有害性・危険性を感じた方の口コミ:THC-Oと安全の違いは?


続いてご紹介するHHC-Oリキッドに有害性・危険性を感じた方の口コミは「THC-Oとどっちが安全?」です。やはり類似成分のTHC-Oとの安全性の違いが気になる方は多いようです。

結論から言うと、THC-OとHHC-Oの有害性・危険性は同程度のリスクがあります。というのも、THC-OもHHC-Oも有害性に関するエビデンスが無く、憶測でしか危険性を語れないからです。

また、THC-OとHHC-Oの効果の強さが度々比較されていますが、この強さの比較には意味がありません。使う人の体調や製造方法で強さは変わるので、これらの成分の比較は難しいのです。

【最新】THC-Oリキッドの販売店や通販サイト36選まとめ

【最新】THC-Oリキッドの購入方法や販売店・通販サイト37選まとめ

2022年5月11日

HHC-Oリキッドの害や危険性・加熱すると肺気腫になる噂の解説まとめ

この記事の要点まとめ
  • HHC-Oリキッドで害や危険性・肺気腫になる可能性は限りなく低い
  • 検証した結果HHC-Oリキッドで肺の痛み・異常は感じられなかった
  • HHC-OとTHC-Oの有害性はエビデンスが無く危険性を断定できない

本記事では、HHC-Oリキッドの害や危険性・加熱すると肺気腫になる噂を解説してきました。検証した結果、短期間の慢性的な喫煙では肺に異常が起きない事が分かりました。

なお、HHC-OリキッドもTHC-Oリキッドも有害性を断定できるエビデンスがありません。よって、今後の研究次第では有害性・危険性が浮き彫りになってくる事でしょう。

また、HHC-OやTHC-Oの害や危険性に不安がある方は、有害性が一切無いCBDやCBNリキッドがおすすめ!少しでも気になる方は、コチラの記事をチェックしてみて下さい。

全記事に適用【目次下にdivフィールドpc】

CBD3連PC

HHC-O 害 危険性 加熱 肺気腫
CBD

CBD濃度60%の+WEEDスターターキットが今だけ無料で貰える!


純度99%の高品質な日本製CBDリキッド「+WEED(プラスウィード)」は、国内最高CBD濃度の60%を実現!他社と比較にならない心身のリラックス効果・ストレス・睡眠効果を得られます。

そんなプラスウィードですが、CBDを始めとする4種類の成分を抽出した「フルスペクトラムオイル」をリキッドに配合!通常のCBDとは違い、相乗効果で高い効果を得る事が出来ます。

現在、プラスウィードのスターターキットが公式サイトからの購入で無料で手に入るキャンペーンを開催中!しかも本体保証付きで、1年間に4回まで無償交換を受けられます。

他にも、送料無料・CBD用アトマイザーが無料で毎月貰えるなど、豪華特典が目白押し!数量・期間限定の無料で手に入る機会なので、在庫が無くなって損をする前に必ず購入しておきましょう!

ABOUTこの記事をかいた人

タバコを吸ってみたいと思っていた所、有害物質が一切含まれていない電子タバコと出会いました。それ以来5年以上電子タバコを愛用しています。ドクタースティックなどの電子タバコを色々使ってきて、現在は自作リキッド作りに没頭中!